FC2ブログ
2019-04-24

シンガポールに行ってから、トルコ  

久々に、タイ駐在時代の友達Hさんと会って国立新美術館で開催中の「トルコ至宝展~チューリップの宮殿 トプカプの美~」を見て来ました。


Hさんとはタイ時代は習い事も一緒で、ランチに行ったり中華街やインド人街に買い物に行ったり、第二の(?)多感な時期(?)を一緒に過ごせました。




そんなにしょっちゅうは会えないけど、話題を選ばすざっくばらんに付き合える友人です。









まずは、恵比寿で待ち合わせしてシンガポールチキンライスのお店に・・・。


P3300004_convert_20190424170050.jpg


タイにも「カオマンガイ」という、似たようなチキンライスがあります。




シンガポールのチキンライスも似たような感じで、鶏肉を煮たスープでご飯を炊きます。


違いと言えば、つけダレが少し違うぐらいみたいです。







P3300003_convert_20190424170116.jpg


こちらが、Hさんがオーダーした「ココナツ・チキンカレー」。

ココナツにトマトの酸味が利いた洗練された味のカレーって感じ。








普段は恵比寿も六本木もまったく縁がなく、行かない場所なので、いろいろなお店に連れていってもらい良い刺激を受けました。



P3310021_convert_20190424170341.jpg

ベトナムのバインミー(サンドイッチ)の屋台で売っていた、ベトナムコーヒー味のラスク。


ベトナムコーヒーは濃いコーヒーにコンデンスミルクをたっぷりと入れた甘いコーヒーですが、

とても良いコーヒーの香りがして美味しかったです







P3300005_convert_20190424170140.jpg

恵比寿から六本木まで電車で移動します。




P3300006_convert_20190424170201.jpg






P3310012_convert_20190424170225.jpg


今回は真面目に勉強のために見る、というよりは、貴重で珍しくてキラキラしたものを楽しんで見る・・・というスタンスです。


なので、会話も



「せっかく宝石をふんだんに使っているのに、研磨技術が今ほど完成されてないせいか、輝きがイマイチだね」


「今の時代に作ったら、もっと違う印象になったかもね」



と~か~





P3310014_convert_20190424170246.jpg


「この短剣の取っ手だけでも欲しいわ~(エメラルド)」



「でも、なんか、舐めかけの飴玉みたいじゃない?」






と~か~






貴重な織物を見ても


「こんなタペストリーほし~い!」






と~か~





中国製の貴重な大皿を見ても




「あんまり絵がうまくないね」



「タダでくれるって言ってもいらん」


・・・・とか、です





P4020002_convert_20190424170409.jpg

さて、チューリップですが、オランダが有名ですよね?


でも、実はチューリップの原産国はトルコ。




その語源は「チュルバン(tülbend)」で、トルコ人がかぶっていたターバンのことです。



250px-Gentile_Bellini_003.jpg

オスマン帝国スルターンであるメフメト2世(Wikipediaより)



トルコ駐在のオーストリア大使オージェ・ギスラン・ド・ブスベックが現地でチューリップを指し「これは、何の花か?」と尋ねたところ、通訳の方が勘違いして「花のかたちがターバンに似ている」と答えました。


そこでまた、勘違いしたのか「この花の名前は“チュルバン”」と伝わり、のちに「チューリップ」になったそうです。







展覧会の感想としては、最初に宝石をふんだんに使った装飾品など、きらびやかなモノを見たせいか、近代に近づくにつれ豪華さが薄れていった印象ですかね・・・。





外国との貿易で手に入れたヨーロッパの食器とか日本の甲冑とか焼き物なども展示されていますが「宝石ギラギラ時代はもう古い」って感覚になって来たのかな~?みたいな。


当時としては、それらの品々が珍しく、貴重なモノだと大事にされたでしょうが、今の時代の感覚で見ると「え~、地味ぃ」とか「お金、なくなったの?」という感じ。



そういう面では、時代や思考の変化を順を追って見ることができて面白いのかもしれません。






P3300007_convert_20190424173223.jpg

桂由美のウエディング・シャトー(って名前ではないと思うけど)

赤富士のドレス



P3300008_convert_20190424173249.jpg

浮世絵のドレス




たまには刺激を受けに大都会に出るのもいいものですね~



















スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2019-04-20

意外な薬の里 滋賀県





花粉の飛散量はピークを越えたようですが、皆さんは何かの症状が出ていませんか?






私は毎年、花粉の時期は目が痒くなるのがツライです。





P3280011_convert_20190420173308.jpg


今年は、ロート製薬の抗菌目薬を使っていました。





これはよく効いたのですが、そろそろなくなって来ました。





それで薬局に買いに行ったところ、同じような症状に効きそうな目薬が・・・。








P3280018_convert_20190420173617.jpg



滋賀県製薬株式会社・・・って聞いたことあります?↓

滋賀県製薬株式会社







価格が、有名な製薬会社の製品よりも200円ぐらい安いのです。






製品の価格って、原価は似たようなものでもドラッグストアのプライベートブランドだとか、あまり有名でなく広告やCMなどを出してない商品は同じような成分でも価格が安かったりします。



なので、個人的には有名製薬会社のものでなくても症状に合う薬なら、価格が安い方が良いのです。







そこで、ドラッグストアの薬剤師さんにどう違うのか確認しようと思って呼び出しベルを押したのですが、出て来ません。





近くにいた店員さんに「薬剤師さんはいらっしゃいますか?」と聞いたら、夕方でもう帰られたとか。





困ったな~と、店内をうろうろしていたら、別の店員さんが「薬剤師ではありませんが、薬の知識を持ったエキスパートがいますが、
聞いてみますか?」と声をかけてくれました。








成分表などを見比べて調べてくださったところ、ほぼ、同じような成分と薬効だとか。



また、製薬会社のブランドなどこだわりがなければ、これでも問題がないとか。







ロート製薬の今まで使っていた目薬も悪くはないのですが、容器の仕組みなのか、点眼薬の出に時間がかかるんですよね~

スムーズに出にくいというか。




たぶん、押したときにドバっと出すぎないように・・・などの配慮なのでしょうが、容器を持って押すときの力加減とか点眼薬の出るスピードが自分にとってはイマイチでした。






なので、試しに滋賀県製薬株式会社の点眼薬を買ってみたところ、点眼薬の出もスムーズだし、すぐ効果が出るのでとても良い買い物でした。









P3290001_convert_20190420175115.jpg

薬棚の前で・・・









ところで、お馴染みのコレも滋賀県で作られていますね~



P3280021_convert_20190420173642.jpg







もしかして、滋賀県って薬づくりの歴史でもあるのかな?と調べてみました。




すると・・・







滋賀県の薬の歴史って遙か古代にまで遡るのですね・・・






蒲生野東近江市船岡山に古代飛鳥の時代、額田王が大海人皇子に送った有名な万葉集の一節の石碑が立っているそうです。







「あかねさす紫野ゆきしめ野ゆき 野守は見ずや君が袖ふる」





これは滋賀県における最古の薬に関する記録だと言われているとか。







滋賀県は、昔から様々な種類の薬草が豊富で、薬草栽培に適した風土、自然環境に恵まれていました。

滋賀の最高峰の伊吹山は薬草の産地として有名です。織田信長公は植物の種類が豊富であった伊吹山に目をつけ、薬草園を開き、ポルトガルの宣教師に命じて薬草栽培を始めました。

そして、ヨモギを使った滋賀県の特産品、伊吹モグサなど、様々な薬草の山として名声を高めていったのです。





■ 忍者の常備薬として創り使われました。


万川集海甲賀市 (旧甲賀郡) には甲賀流忍術が伝わっていました。忍術の極意書、 「万川集海」 (ばんせんしゅうかい) の文面には忍者たちが薬草を育て、独自で加工し様々な生薬を生み出していたことが記されています。



そして、飯道寺山や、日野の綿向山等の山伏や修験者がお札を売り加持祈祷するとともに全国にくすりを広め、忍びと云われる者は町人や商人になり諸国を渡り歩きながら、独自で開発した常備薬や護身薬をつくり旅先での生計を得るため売って歩いたと云われています。



特に、甲南町の竜法師にある忍術屋敷で有名な望月本実家は伊勢の朝熊明法院の祈祷札を持って全国に朝熊信仰を広めた際、 「朝熊の万金丹」 などのくすりを配布した記録があり資料が残されています。

こうして竜法師、磯尾等の山伏が全国の情報を収集し、くすり創りにもたけ、火薬も取り扱う者 (当時のハイテク集団) が後世には 「忍者」 と呼ばれたものと云われています。




■ 「万川集海」 の忍者の薬

甲賀町田堵野大原家には忍術の伝書 「万川集海」 二十二巻が伝えられています。 この中には忍薬として飢渇丸・水渇丸のほか、敵をねむらせる薬、ねむ気をさます薬、敵を痴呆状態におとし入れる薬などが掲げられています。また、さまざまの救急薬も工夫されています。

(一般社団法人 滋賀県薬業協会 滋賀のくすりの歴史より)








しかも、甲賀市には「甲賀市くすり学習館」という博物館まであるのですね~↓

甲賀市くすり学習館






すごいぞ!



見直したぞ!



滋賀県!




これからも、お値段はそのままに、良く効く薬を作り続けてくださいませ~




P3280014_convert_20190420173336.jpg

普段使っているこれも、滋賀県製薬株式会社の製品でした

theme : わたしのお気に入り
genre : ライフ

2019-04-16

コレクション、ぞくぞく・・・( ゚Д゚)



このところ、ダンナの趣味が再熱しています・・・・。



P3250006_convert_20190416160318.jpg




Nゲージと呼ばれる、電車の模型です。






今、このNゲージのメンテナンスにハマってます(電気を通せば走る車両がある)。






子供のころからお年玉を貯めては少しづつ買い足していましたが・・・。






今では・・・








P3250004_convert_20190416160252.jpg








大人のおもちゃ箱や~!









あ、これ、ほんの一部です。





まだまだありますが、今のところ順番にメンテナンスをしています。






P3250009_convert_20190416160342.jpg

専用の麺棒・・・。




「あ、これ、細かい場所の掃除に良さそう!今度お店に行ったら買って来て」



とか言ったら、







P3250012_convert_20190416160405.jpg



次の日に早速、買って来ました







家では線路を組み立てて広げると私に怒られるので、狭い場所でちまちま動かしていますが、





なんと「マイNゲージを線路で走らせられるお店」を見つけたそうです。






30分や1時間をナン百円かで、線路を借りて自分の持っているNゲージを走らせることができるお店があるそうです。









こんな感じのリアルな風景の中でマイNゲージを走らせるとそりゃ、楽しいでしょうね~





そのために今、せっせとメンテナンス中・・・





そのうち「撮影係」として、私も駆り出されるのだろうか・・・







しっかし、男の方の趣味ってどうなのですか?






数あるものを揃えたくなるものなのですか?








P3250013_convert_20190416160431.jpg


ガンダムのプラモデル









P3250016_convert_20190416160458.jpg


巻数の多い歴史漫画と野球雑誌・・・・




P3250020_convert_20190416160545.jpg


歴史ものファイル・・・・










P3250018_convert_20190416160524.jpg


プロレスのDVD集







ま、私もビーズとか本とかいっぱいあるので、文句は言えないんですけどね

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2019-04-13

美味しいもの、ゾクゾク


P3220008_convert_20190413231115.jpg

広島に行った時に食べた、尾道ラーメンが美味しかったので取り寄せました↓


ラーダ・ダンナの広島・山口めいいっぱい堪能旅 ②尾道編





PC220034_convert_20190121001630.jpg

具はチャーシューとメンマと青ネギですが、スープが濃いので他の具もいけるかも・・・と思いました。




なので、


P3220010_convert_20190413231144.jpg

茹でもやしと茹で卵も追加。


尾道ラーメンの麺は細いので、お好みにもよりますが、だいたい1分ぐらいの茹で時間です。


なので、麺が茹で上がる前にスープを用意したり、具もすぐに乗せられるようにスタンバイをしておかなければなりません。




P3220012_convert_20190413231206.jpg

こんな感じになりました。



スープが濃いので、味も薄まることなく、美味しく頂けます。

ただ、麺が伸びるスピードも速いので、少々忙しいのが難点かも・・・。







あと、ふるさと納税で頼んでいた、山梨・韮崎市の赤ワインが届きました・・・。



P3180017_convert_20190412201857.jpg

一升瓶3本・・・。


保存するにはなるべくワインが空気に触れないように保存しないといけないみたいです。



調べてみたところ、真空ワインストッパーというものがあるようですね~




手動で瓶ワイン中の空気を押し出し、簡単に真空状態を作ることが出来るそうです。




真空状態にすれば、ワインの酸化を予防し鮮度を保てるとか・・・。






う~ん。それを買うべきなんでしょうか?






買ったとしても、とっても飲みやすいので、すぐなくなりそうです・・・





肝心の味ですが、





まるで、





葡萄の丸飲み?!





って、ぐらい





フルーティーで、想像するワインっぽくないです。





酒らしい酒の味(ワイン)っぽくなく、かと言ってジュースのような甘~い飲み物でもなく、








ピュアな「葡萄生娘」




って感じ(なんかエロい・・・)




これからしばらく楽しめそうです!(^^)!

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2019-04-10

マリーゴールドの予言

普段、色彩のパワーをあまり実感することはないものの、この花を店先で見た時にはハッと目を奪われました。




P3180025_convert_20190409170203.jpg

マリーゴールドです。





色彩の効果なんですかね~




風水的にも様々な効果があるそうです。







・太陽のような元気をくれる



・悲しみ、嫉妬・絶望で苦しんでいる心を癒し、元気にしてくれる








風水で「西に黄色のもの」とはよく聞きますが、黄色のマリーゴールドに少しのオレンジを混ぜて西に飾ると良いそうです。






また、 旅行計画があるなら、オレンジ色を東南方向へ飾ると安全な旅行パワーと、素敵な出会いを呼び寄せる可能性が高くなるんだとか。




東に赤いマリーゴールドに少しのオレンジを混ぜれば、健康アップ




この頃体調がすぐれないと思われる方は赤いマリーゴールドを東に飾る事といいらしい・・・




この方位は、仕事運アップにもつながります。






それって、花のパワーや形・うんぬんもあるけど、色の効果とかある程度の「いいかも!」という思い込みも重要かもな~と思っていたら、少し気になる情報も・・・





オレンジのマリーゴールドで「花占い」「予言」ができる(とか?)





なんでも、オレンジ色のマリーゴールドは、予言する力があると言われているそうです。





枕元に写真を忍ばせ、気になる未来を教えてもらえる夢を見るようにお願いするとか、



この花に心配な未来の結末を話しかけて、答えを貰うとか・・・





ど、どうやって教えてくれるんでしょ?






なんでも、花が言葉をかけてくれるわけではなく、普段の生活の中からヒントや成り行きをキャッチする情報を手に入れやすくなるという事です。




しっかし、なんでまた予言する力があると考えられたのでしょう?




その根拠って何?


・・・と、ひねくれている私は調べてみました。



マリーゴールドの名称・名前の由来ですが、





マリーは聖母マリア、ゴールドはそのまま黄金色の花色を示しています。




キリスト教では1年に何度かやって来る聖母マリアの祝日というものがあり、開花期の長いマリーゴールドの花はまさにその祝日を象徴するような花ということから、「聖母マリアの黄金の花」=マリーゴールドと言われるようになったそうです。





マリーゴールドは、キク科コウオウソン属のうち、草花として栽培される品種をさし、学名は「タゲテス(tagetes)」。




このタゲテスという名は、紀元前8世紀から紀元前1世紀頃にかけてイタリア半島の中部にあった国「エトルリア」に占術を伝授した神話の人物「ターゲス」にちなむものです。植物学者リンネが、この名を花につけました。





オレンジ色のマリーゴールドの花言葉のひとつが「予言」。



マリーゴールドのオレンジは別名「太陽の花嫁」とも言われています。オレンジ色で丸い形がそういうイメージなのでしょうか。





「予言」は聖母マリアの祝日に咲いたので、とても神聖な花とされ、「神につながる予言者の花」ということから「予言」という花言葉がつけられている・・・という説も・・・。






マリーゴールドの花言葉を調べてみると色によっていろんな花言葉があるようですが、あんまり明るい感じの言葉が少ないので、人に贈る場合は気をつけた方が良いようです。






花言葉の「予言」がらみの歌詞だったら面白かったのに・・・(どんなんや)







P3180001_convert_20190409235812.jpg

花をブレンドしたお茶を飲んでいます。

P3180008_convert_20190409235834.jpg

ジャスミン茶に菊花・クコの実






P3180010_convert_20190410000045.jpg

春におすすめのブレンドです。








theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア