FC2ブログ
2018-06-27

皿の上の恋  

皆さんは、お持ちの食器の柄をじっくりと鑑賞したことはありますか?





飾り用の食器だと飾って絵柄などを楽しむものでしょうが、日常使いの食器って料理や飲み物を入れて使ってこその役割なので「なんとなく、こんな感じの絵だったような・・・」という印象。




そんなワケで「なんだか、中国風の風景だったような・・・」とまでは記憶にあったのですが、思いがけず、その食器の絵柄に物語があると知りました。



このブログでも何度か見たことはあると思いますが、このお皿です。



P6050100_convert_20180627091059.jpg


ロイヤル・ドルトンの「ブルー・ウィロー」。



“ウィロー”は英語で柳のことで、 柳、二羽の鳥、楼閣、橋、小舟などを描いた図柄を「ウィロー・パターン」と呼び、白地に青で描かれた製品が多いことから「ブルー・ウィロー」とも呼ばれてます。



P6070156_convert_20180627091638.jpg

これって、柳だったのか?!




中国風の絵画ですが、デザインはイギリス人によるもので、ウィロー・パターンは18世紀後半に、英国の陶磁器メーカー「ミントン」の創始者トーマス・ミントンによって創作されたといわれています。






その後、このウィロー・パターンは、ウェッジウッドやロイヤル・ドルトンなど数多くのメーカーによって生産されるようになった人気の柄だそうです。



実は、これらのデザインは中国人の男女の悲恋物語をモチーフにしたもので、「中国版・ロミオとジュリエット」のようなストーリーがあるそうです。




昔むかし、中国に「クーン・セ」という裕福な家に一人娘がいました。

彼女は、父の秘書である「チャン」と恋に落ちました。

しかし、そのことを知った父は激怒し、娘を屋敷内に閉じ込めてしまいました。


彼女は悪徳高官である父により、無理矢理に軍人の「ター・ジン」という男と結婚させられることになってしまいました。


彼女の婚礼の日、婚礼の席に潜り込んだチャン。


チャンはクーン・セを連れて逃走。


しかし、大軍を連れたター・ジンにチャンは敗れてしまいます。


それを悲しんだクーン・セも自ら命を絶ち、後を追いました。


現世では結ばれなかった二人は、二羽の鳥に姿を変え、一緒に空を舞い続けるのでした。





P6070157_convert_20180627091711.jpg




どっひゃ~!まさか、普段使っている食器のデザインにそんなストーリーがあったとは・・・。




他にも、いろんなバージョンがあって、身分の違う男女が駆け落ちして船に乗り、嵐に遭って溺れ死んでしま うが、不死の鳥になって永遠に空を舞う・・・という説。


そして、身分の低い男が、政略結婚させられそうになる花嫁と駆け落ちして小島で幸せに暮らしていたが、花婿の軍に攻められ、家に火を放って自ら死を選び、二羽の小鳥となって永遠に飛び続けるという話などなど・・・。



う~ん・・・。


おめでたいお話ならまだしも、悲恋って・・・。


まさか、皿の上にこんなストーリーが?!



しかも、なんとこのお話は中国で生まれた話がイギリスに伝わったのではなく、ミントンが発案したもの。



あの~・・・



もっと食欲が増すような、おめでたい話にしてくれれば良かったのに!





このウィロー・パターンですが、「大草原の小さな家の小さな家」にも登場するそうです。

十七世紀ごろイギリスに持ち込まれた青い磁器はヨーロッパで大流行して、十八世紀になってアメリカにも広がったようです。




大草原の小さな家のローラは、ブルー・ウィローのパターンが好きで、紅茶のセットやお皿など、いろんな食器を取り揃えて、お客様をもてなしていました。


ローラは亡くなる時、すべてをローズに遺し、「できたらあなたに使って欲しい」と遺言したそうです。

それぐらい、ブルー・ウィローのセットがお気に入りだったのですね。


ちなみに「赤毛のアンシリーズ」でもブルー・ウィローが登場するシーンがあるようです。




日本の食器に描かれている文様にもいろんな意味がありますが、時にはじっくりと描かれている絵や模様などに想いを馳せても良いかもしれませんね!(^^)!







電気屋さんでこんな機械を見つけました。





P5300023_convert_20180627001349.jpg

「ポケトーク」


翻訳機を超えた、夢の「通訳」機


POCKETALK™ は、互いに相手の言葉を話せなくても、まるで通訳がいるように対話ができる音声翻訳機です。
超小型ながら、英語はもちろん、中国語、韓国語 ロシア語、フランス語、タイ語、ベトナム語など、
63の言語で双方向のコミュニケーションができます。
(商品説明より)



ポケトーク




P5300027_convert_20180627001420.jpg






P5300029_convert_20180627001447.jpg



もうすでに、有名チェーン店の喫茶店やアパレルメーカーなどで、外国人客にも対応できるよう、接客に取り入れられているそうです。



滑舌の悪い人での声でもちゃんと通訳してくれるんですかね~









最近、FMやらお店のBGMでよくかかっている曲です。







初めて聞いたとき「カモンベイビー アメリカ・・・・って・・・何これ、ダッサ~!80年代のアニメの曲とか?」って思ったのですが・・・。



ブックオフでおばちゃん二人が「そうそう、この曲流行っているんだってね」と話してました。




ホントかよ~、おばちゃん!






YouTubeで検索したら、まさかのDA PUMP(ダ・パンプ)


まだ活動してたんだ・・・(メンバーはISSAしか残ってないけど)





しっかし、めっちゃキレッキレのダンスにドヤ顔



これって・・・真面目に受けとめる曲じゃなくて、ダサい曲をかっこよく歌って踊る遊び・・・なの?





この曲が流れるたびにイラつくけど、ついつい動画をまた見てしまうのはナゼ?







スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2018-01-29

ちょこちょこ掃除でリサイクル

掃除道具の「クイックルワイパー」の詰め替え用がなくなってしまい、考えました。


もっと、手軽に使い捨てできるならいいのに・・・。


まぁ、普段からきちんとマメに掃除していれば、こんなにすぐには汚れないだろうけど。


そこで、汚れたらパッと捨てられ、また、再度新しい状態で使える方法はないかと考えました。



じゃ~ん




P1010015_convert_20180129180311.jpg

皆さんは使い終わった食器用スポンジってどうしてます?


うちでは、料理で油を使った後に不要な油をしみ込ませて捨てたり、カレーを作った鍋を最初に洗う時用や(普段用のスポンジを最初に使ってしまうとスポンジに色や匂い、油が移ってしまって取れない)、ごみ箱の掃除用に使っています。


しかし。それでも使い古しのスポンジはたまっていくものですね。



そこで!


P1010011_convert_20180129181447.jpg


じゃじゃ~ん!

スポンジ2枚でワイパーの芯を挟み、輪ゴムで留めています(ずれたり外れたりしないように)





んで。

P1010010_convert_20180129180414.jpg

100均で売っている不織布フィルターの登場!






P1010020_convert_20180129180532.jpg

それをスポンジにかぶせるだけ~






P1010022_convert_20180129180606.jpg

一袋55枚入りなので、ストレスなく使って汚れたらポイ♪

中のスポンジも汚れたら洗って乾かせば何度も使えます。





P1010025_convert_20180129180641.jpg

クイックルワイパーの芯だと角度も変えられるしね♪





ドアの側面とか壁の角とか、意外と埃がついているものです。

あと、網戸の掃除にもいいですよ~

背伸びしなくても、棒の長さがあるので隅々まで拭けます♪

不織布は埃や塵をキャッチして離さないので、お掃除にとっても向いてます!(^^)!






P1010003_convert_20180129180727.jpg

掃除用ブラシはいつもの場所でスタンバイ。

柄の長い細いブラシはテーブル用。

パンくずなどもさっと掃けます。



ミニ箒とちり取りはちょっとした床のゴミ取用。

わざわざ掃除機を出さないぐらいのゴミに使います。





P1010036_convert_20180129180807.jpg

これ、何だと思います?

障子貼り用の刷毛です。


年明けのスーパーで売れ残って45円でした。

今どき、大掃除で障子の張替えなどをする古風なお宅があるのかしら・・・。

刷毛も柔らかく繊細なので、何かの掃除に使えるかも~!と思って買ったけど、さて、どこの掃除に使おうかな?




しっかし・・・。


こんな「素敵な奥さん」(雑誌)に出てくるようなネタを発見して喜んでいる私って、安上がり



おまけ








theme : 片付け・収納・お掃除
genre : ライフ

2017-09-08

そっと薫りを忍ばせて・・・ お財布に匂い袋

皆さんはお財布の中にお金やカード以外に何か入れていますか?



P8240035_convert_20170908165940.jpg

私はコレですね~

麻の袋に入ったに「におい袋」です。





P8240037_convert_20170908170004.jpg

財布や通帳袋などに入れています。

そうすると、開けるたびに白檀の雅やかな香りが


ほわぁ~ん


・・・と、漂います。


人の手から手へと渡って来たお金さま・・・

どうぞ、うちのお財布の中でリラックスして下さいまし・・・


・・・と、星野リゾートチックなおもてなし♪





箔座は金沢にあるお店ですが、東京の日本橋にも直営店があります。

箔座




しばらくお財布に入れていて、香りが薄れて来た頃に日本橋に買いに行くのですが、まあ、ねぇ・・・。



P8240039_convert_20170908170024.jpg

「似たようなもの、作れないかな?」と、袋を開けてみると細かい香木みたいなのが入っていますね




京都とかだったら、お香専門店とかあって匂い袋の中身とかも買えそうだけど、この辺にそんなお店はないしな~(仏具屋さんとか?)




ちなみに、今は500円玉と100円玉を集める小銭貯金もしていて、その貯金箱の中にはこれを入れてます。

P8140085_convert_20170908165719.jpg

だいぶ前に100均で買った、アロマオイルを垂らして匂いをつけるもの・・・。

素焼素材みたいなもので、香りをつけてクローゼットなどに入れておくと


アラ~

お洋服がいい香り、ルン♪

・・・みたいな。


これは結構香りが長持ちしていいのですが、財布に入れるわけにはいきませんしね・・・



香水を吸水性のいいコースター的な厚紙にしみこませて代用する?


・・・とか、いろいろ考えたんですが・・・。


ここで、ふと、ヒラメキました


「ふみ香」はどうだろう?


今はメール時代で昔ながらにお手紙書いて白ヤギさんが届けてくれる時代ではなくなってしまったけど、でも、そういう雅やかな遊びが好きな粋人もまだいるかも・・・。



あれって、どこに売っているのかな?


老舗の文具店?鳩居堂とか?


しかし。


できるなら、家であるもので作れないかな?(せこい)



調べてみると、こんなサイトが・・・↓

文香の作り方 ふみ香の作り方まとめ




ほほう、だいたい皆さん同じような材料で作ってますね~


P8140065_convert_20170908165423.jpg

用意するのは、線香(100均のでもいいけど、それなりのモノはそれなりの香りだそうです)




P8140073_convert_20170908165500.jpg

ビニール袋に2・3本折って入れ、固いモノで砕きます。





P8140075_convert_20170908165524.jpg

こんな感じ。





P8140077_convert_20170908165552.jpg

砕いた線香はティッシュなどに包んで、小さな小袋に・・・





P8140081_convert_20170908165623.jpg

粉が出てこないように、まわりを糊付けしてシール等を貼って完成





P8140082_convert_20170908165651.jpg

きゃっほ~い♪

可愛くできました




肝心の香りですが、う~む・・・


香木に比べてイマイチですが、文香として使えば封筒の封を開けた時にほのかに薫るのかな?




今年の秋は手作りの文香を入れて、久しぶりにお友達に手紙とか書いてみます?





P8240030_convert_20170908172854.jpg

晴れていた空が、あれよ・あれよ・・・と言ううちに曇り、豪雨。


あたりが雨で真っ白になった、と思ったら、物凄い勢いで雲が去り、真っ青な空が・・・・。



久々の、秋晴れです

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-08-17

ミィと萌えキャラ

P8020006_convert_20170817165541.jpg

前回、「ミィをしばらく休みます」って記事を書きましたが・・・。




P8020020_convert_20170817165436.jpg

ダンナがお土産を買って来てくれました。


付録本です。





P8020005_convert_20170817165509.jpg

トートバックとしても使えます。


表のポケットが大きくて、長財布が入るのがいいですね~





P8020010_convert_20170817165609.jpg

背面にも大きなポケットが♪





P8020013_convert_20170817165642.jpg

内側にも鍵などを入れられるポケットがついているし、結構深いのでたくさんモノが入ります。





P8020015_convert_20170817165711.jpg

背面の全面ポケットはスナップつき(ファスナーで横からも開けられる)







P8020016_convert_20170817165740.jpg

背面のポケットからショルダーストラップを出して金具につなげば、リュックとしても使えます。





そして!

P8020026_convert_20170817165811.jpg

折りたためば、内ポケットに収納でき、コンパクトサイズに!




ううむ・・・。これで、1,980円+税



素材も悪くないし、たっぷり入りそうだし、コンパクトにもなるし、よく考えられているな~!




しかし、見本の写真のようにスッキリと上手く納められないのはナゼかしら~?








P7300001_convert_20170817165845.jpg

これは、雑誌についていた付録。




P8020029_convert_20170817165918.jpg

トレーのセットとポーチ。








P8020037_convert_20170817165950.jpg


これも雑誌の付録。

いろんなサイズのバック3枚セット。








P8020033_convert_20170817170021.jpg

こんなモノまで・・・。





P8020035_convert_20170817170049.jpg


旅行先の甲府の郵便局で買いました。


んも~、やめてよ~ 郵便局まで・・・。







ちなみに、こういうのを買って来るのは私ではなく、ダンナです・・・・。




「プロレス雑誌と一緒に女性誌を買う人」



本屋の店員さんは「?????」」でしょうね~







さて、最近私のお気に入りキャラがあります。



P8020063_convert_20170817170235.jpg

東京ガスのキャラクター「電パッチョ」と「パッチョ」。







P8020061_convert_20170817170203.jpg


「電パッチョ」は、とっても明るくて楽しい「電気の国からやってきた王子」だそうです(知らんかった)


❝下ばっかり向いている人間たちに、希望の光を照らして来なさい❞と、王様に言われてやってきたのだとか。


おへそがコンセントになっています。青いカラダの「パッチョ」とは友だちです。







P8020058_convert_20170817170130.jpg

んも~、この「ぷりっとしたお尻」がたまらん








theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-08-07

理想とのギャップ

こんなにもまだ暑いのに、暦の上では今日は立秋だそうです・・・。

台風の進行も気になりますね~

関東地方では今晩から明日にかけて警戒だそうです。

今のところ、ヘンな黒い雲はあれど雨は降らず、外で蝉がワンサカ鳴いてます・・・



ところで、皆さんの夏休みのご予定はいかに?


うちは、8月の半ばあたりになりそうです。


ホントは金沢に行って九谷焼のハデな「ごはん茶碗」を探したかったんですけどね・・・関東から行くとなると、なかなかお安いプランがないんですわ。


笠間焼に益子焼、瀬戸焼・・・と、焼き物の産地に行ってお気に入りの茶碗を探したり、買ったりしましたが、自分の不注意で欠けさせてしまい、次の茶碗が見つかるまでは陶器市で買った清水焼の茶碗を使っていました↓


SLに乗ってお気に入りの器を買いに・・・栃木県・益子焼


ラーダ・ダンナ 茶碗を探して旅ガラス ~水戸・笠間~


台風に追いかけられて・・・ラーダ・ダンナ 茶碗探しの旅・瀬戸






でも、そろそろ、本気で長い事使える茶碗探しの旅に出かけたいな~・・・と思っていた時に、出会ってしまいました





P7150043_convert_20170807171028.jpg


ああああああああ・・・・!!!!!!




こっ、こだわりの、ホントにお気に入りの、長らく愛用できそうな茶碗を探すハズだったのにぃ~!


ううううっ





これは、出会ったが最後、買わないといけないじゃないかぁ~!


しかも、残り一個だし!!!




オサレな、

大人の、

エレガントで、

味わいのある茶碗を探しに出かけるハズが、


出かける理由がなくなってしまいました







P7150050_convert_20170807171106.jpg


しかも、日本の食器って軽くて使いやすいサイズなんですよね・・・(これは、なんだろ・・・シチュー皿?)




あああああ・・・・





年相応の、


土とかの味わいのある、


色も落ち着き、


食材の色も栄える、


そういう「こだわりの」器が欲しかったのに・・・

(ええ、確かに「ミィ」もこだわりなんですよ・・・。こだわり、だけどさ・・・)







夕暮れの闇が部屋を満たす頃、アンニュイな表情の女が憂いに満ちた瞳で探すのは、やっと輝き出した空の星・・・



その、魅力的な女が身につけていた衣類は・・・







P7230004_convert_20170807172339.jpg



これで~す





おっかしいな~


ちゃ~んと、自分の理想のライフスタイルがあるのにな・・・


どんどんかけ離れていく・・・・







P7130023_convert_20170807174208.jpg

ブックオフで500円♪


無印良品のシリーズかな?普通に買うとめっちゃ高いです(確認しに行った)





P7130026_convert_20170807174327.jpg

紙袋がすごい事になってます・・・・(銀色のお盆は「星座早見盤」です)







P7130033_convert_20170807174242.jpg

新聞の回収の時に入れて出す紙袋のストック






P7130036_convert_20170807174404.jpg

スキッとまとまりました。

ここに入る以上は増やさないようにしなきゃ・・・





アジアや中東の古いバザールみたいな「なんか、面白いモノがありそう」な空間が好きだけど、いつか「異国のよろず屋」になりそうな気が・・・・

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
フリーエリア