FC2ブログ
2019-05-30

ふっか~つ!

しばらく画像縮小のできなかったFC2ブログですが、やっと以前通りに使えるようになりました!(^^)!










ちょっとしたシステムの不具合でもいちいち落ち込んでしまって「もう、今まで通りにつかえないのでは?」なんて思ってしまいますが、それだけブログというものが自分の生活の一部になっているのでしょうね








ブログきっかけで、ブログでしかお付き合いのない皆さま方との縁がこのまま切れてしまって、もう、連絡のしようもない・・・となると寂しいというか、不義理はしたくないというか・・・。




たった数日間ですが、なんとも心落ち着かない日々でした。






また、たくさんのユーザーを抱え、システム障害を出してしまったFC2の管理側の方々も原因を探りつつ、責任に押しつぶされるような思いで問題を解決して下さったのだと思います。




本当に、お疲れ様でした。そして、ありがとうございます!(^^)!







P4280059_convert_20190529235056.jpg

ベランダと玄関用に箒を買いました。




「ふるさと箒」という名のこの箒、10年以上前に実家でも使っていました。

持ち手は竹で、箒の素材は芒草、籐の天然素材で作られていて良質なつくりです。




P4280064_convert_20190529235124.jpg


これで100円だなんて・・・(セリア)

「ずっとあの箒を探しているのに、どこにも売ってない!」という母のために2本持ってレジに並んだけど、セリアって確か実家の近所にできたような・・・。


100円のモノを送料をかけて送るの?と思いつつも、レジの順番が来たのでつい、買ってしまいました・・・。





ところで、たまたまブックオフで見つけて気になった買った本にこんなことが書いてありました。


P5020006_convert_20190529234016.jpg


「掃除道具と神様の関係」



箒には「箒神」という神様がついているそうです。


箒の「掃き出す」働きと、産道から赤ちゃんを出す出産が重なり、お産の神様として箒神は信仰されてきたそうです。


妊婦さんのお腹を箒でなでると安産になる、妊婦さんが箒をまたぐと箒神が怒って難産になると言われています。



日本においては、魂を「掃き集める」ことや邪を「払う」ことなどと結びついた民間信仰などがみられる。

菷は掃除の道具ではあるが、祭祀等にて用いられてきた神聖な道具でもあり、日本の庶民の間においても菷神(ははきがみ・ほうきがみ)という神が宿るとされた。

菷神は産神(うぶがみ)のひとつである。掃除の行為である「掃き出す」ということが出産と結びついたためといわれるが、古名である「ははき」が「母木」に通じるところからともいわれる。また箒の形が依代(よりしろ。神道において神事の際に一時的に神が宿るもの。たとえば榊の束)に似ているために信仰対象になったともいわれる。

妊婦の枕もとに立てて安産を祈る、産気づいたときに燈明を点けて妊婦に拝ませる、そしてその箒で妊婦の腹をなでるということも行われた。新品の菷で妊婦の腹をなでることが安産につながるとも信じられた。

このように、菷は神聖なものであるため、それを跨いだり踏みつけたりする等の行為を忌み、「罰(ばち)が当たる」等と考える風習は各地に伝わっている。

菷を玄関などに逆さに立てかけると、長居の客を帰すことができるとのまじないも伝わる。これは「掃き出す」のほか、「払う」ことからきていると考えられる。逆さにするということは、前述の「帚持」のスタイルを想起させる。

煤払いのときに用いた菷の扱いも地方により異なる。翌年まで神棚に納めておく地域もあれば、使用後に屋外に立て、神酒(みき)などを備える地方もあった。

(ウィキペディアより)



また、同じ掃除道具の「はたき」は、神職が修祓(しゅぱつ)で用いる大麻(おおぬさ)に似ており、家の埃を祓い清めるはたきのルーツだと言われています。






P4280094_convert_20190530002208.jpg

六本木ヒルズのスーベニアショップにて購入。


わざわざこんな場所で買わなくても・・・と思ったけど、こういう変わった本は出会いなので、出会った時に買わなければ・・・。




P4280100_convert_20190530002250.jpg


神様系図




P4280106_convert_20190530002345.jpg

古事記もわかりやすいけど・・・





P4280108_convert_20190530002320.jpg

知れば知るほど、あり得ない設定になぜにそれが信仰に繋がるのか・・・謎・・・



【ご利益情報満載! 神社めぐり携帯ハンドブック】 恋愛運、金運、健康運……運をアップさせるニッポンの神様大集合! キャラクター紹介に加え、家族構成、ご利益、祀られている神社などが早わかり。伊勢や出雲など神社参拝の前に必読! 有名神社から近所の神社まで、祀られているのはどんな神様? 神社めぐりがもっと楽しくなる。そして幸せも舞い込んでくる。

(Amazon 内容紹介より)





スポンサーサイト

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

2019-05-28

「違うやり方」をこの機会に・・・


FC2のツールで画像縮小がまだ使えないので、ヨッシィーさんに教えて頂いたペインター3Dを試してみました。


ヨッシィーさん。詳しく教えて頂き、ありがとうございます!(^^)!



涼しい入浴剤

おお~!できました!





サイズをちょこっと変更してみた

涼しい入浴剤3




いつもは縮小サイズ幅・高さ共に500pxに設定していますが、ペインター3Dで500に設定するとサイズが大きすぎてダメみたいです。


FC2の画像縮小が使えるようになるまで、いろいろ試してみたいと思います。


こういう機会に他のやり方を試してみるのもアリですねぇ・・・



暑くなりすぎた頭もクールタイプの入浴剤で冷やします



しっかし、入浴剤って今年から値上がりしたんですかね?


これは、去年の夏の終わりにセールになったものを買いました。


今年はもう、季節が過ぎてもこんな価格では販売しないのかな~

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

2019-05-25

ウチだけ?

あの~、つかぬ事を伺いますが、皆さんは写真をうまく縮小できてます?


左側の「ツール」から「画像縮小」の設定をしても、うまく機能せず、画像の縮小ができません。


縮小画面まで行って、数字を設定するのですが、それが消えてしまうんですよね~




それって、う~ん、ウチだけ?



だったら、原因はいったい何?


どうしたらいいの~?



綱渡り状態でパソコンを操作しているので、ちょっとした不具合にいちいちオタオタします


皆さんはいかがですか?

何か不具合はないですか?




250px-The_Thinker,_Rodin

(ウィキペディアより)





う~ん、まいっちんぐ

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

2019-05-22

香りの気配を消して

P4280085_convert_20190521233702.jpg

頂いたカタログギフトで注文した、アロマランプが届きました。



陶器製のアロマポットに水とアロマオイルを数滴入れ、電球で熱する熱で香りを広げます。






P4280067_convert_20190521233737.jpg

ラベンダーのアロマオイルの小瓶が一緒について来ましたが、気分によって香りをあれこれ変えたいのでアロマグッズのお店に行ってみました。


9種類のアロマ精油が入って1900円!かなりお得です!(^^)!





さて、こんなたくさんの香りですが、香りには人それぞれ好みがあります。


皆さんは、どんな香りが心安らぐでしょうか?




記録によると、フランスの皇帝ナポレオンは、沈香とオーデコロンが特別気に入っていたそうです。




特に、香水好きで有名で、フランスでは「オーデコロン狂」というあだ名が付けられていたほどだそうで、1806年の香料商の請求書にはオーデコロン 162瓶 423フランを仕入れた明細も残っています。


ナポレオンの好みの香りは現代のオー・デ・コロンのような比較的軽い香りのものだったようです。




ナポレオン最初の妻のジュセフィーヌも香水好きだったそうですが、ジュセフィーヌは、強い香りを特に好んでいたようで

中でも麝香(じゃこう) が一番好きだったそうです。


麝香と言えば、ムスク。


動物性の強い香りで、ジュセフィーヌの化粧室は麝香の香りが凄まじかったようで、ナポレオンが苦情を言っても聞き入れられず、結局は離婚に・・・。


ナポレオンは愛妻家だったそうですが「香り」が「臭い」となれば、苦痛でしかないですもんね~




香料のブームが起きたのが古代ギリシャだと言われています。



ギリシャ文明が絶頂期に達すると、香料の熱狂的ブームが起きます。



人々は、衣服や身体に香りをたきしめるだけでなく、身体の部分部分に、違った香料を擦り込んでいたととか。


また、ワインや飲食物、風呂に香料を入れ、さらには飼っている犬や馬にも香料を擦りつけていたそうです。





古代ローマでも香料は非常に珍重され、また大量に使用されたようです。

特に、皇帝ネロは派手好きで、宮殿の食堂の壁に客に香油を振りかけるためのシャワーを設置し、香りの強い花が振り撒かれる仕掛けを作ったとか。

そして、宴会のときには、香油をたっぷり付けた鳥を飛ばして、香りが部屋中に満ちるようにしたなどとも伝えられています。







たまにばったり会うお隣の奥様。


会釈を交わし、すれ違った後には



香りのけもの道


できています・・・。



彼女が通った後の階段にも「香りの気配」が・・・。



野生動物なら、一発で敵に襲われまっせ~




P4280072_convert_20190521233902.jpg

家で一人でいるときには、いろんな方法で香りを楽しみますが、ほぼ香水はつけないですね~




P4280076_convert_20190521233833.jpg

また、ダンナがいる時にもお香は焚かないし、アロマもしません。





P4280079_convert_20190521233802.jpg

塗香





こちらは心地いいと思っても、相手がそう思っているとは限らないのです。



なので、ダンナが寝たあとにこっそりとアロマランプを灯しています。



ふっ



そんな香りの横で、どんな夢を見ているんでしょうかね~





theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2019-04-10

マリーゴールドの予言

普段、色彩のパワーをあまり実感することはないものの、この花を店先で見た時にはハッと目を奪われました。




P3180025_convert_20190409170203.jpg

マリーゴールドです。





色彩の効果なんですかね~




風水的にも様々な効果があるそうです。







・太陽のような元気をくれる



・悲しみ、嫉妬・絶望で苦しんでいる心を癒し、元気にしてくれる








風水で「西に黄色のもの」とはよく聞きますが、黄色のマリーゴールドに少しのオレンジを混ぜて西に飾ると良いそうです。






また、 旅行計画があるなら、オレンジ色を東南方向へ飾ると安全な旅行パワーと、素敵な出会いを呼び寄せる可能性が高くなるんだとか。




東に赤いマリーゴールドに少しのオレンジを混ぜれば、健康アップ




この頃体調がすぐれないと思われる方は赤いマリーゴールドを東に飾る事といいらしい・・・




この方位は、仕事運アップにもつながります。






それって、花のパワーや形・うんぬんもあるけど、色の効果とかある程度の「いいかも!」という思い込みも重要かもな~と思っていたら、少し気になる情報も・・・





オレンジのマリーゴールドで「花占い」「予言」ができる(とか?)





なんでも、オレンジ色のマリーゴールドは、予言する力があると言われているそうです。





枕元に写真を忍ばせ、気になる未来を教えてもらえる夢を見るようにお願いするとか、



この花に心配な未来の結末を話しかけて、答えを貰うとか・・・





ど、どうやって教えてくれるんでしょ?






なんでも、花が言葉をかけてくれるわけではなく、普段の生活の中からヒントや成り行きをキャッチする情報を手に入れやすくなるという事です。




しっかし、なんでまた予言する力があると考えられたのでしょう?




その根拠って何?


・・・と、ひねくれている私は調べてみました。



マリーゴールドの名称・名前の由来ですが、





マリーは聖母マリア、ゴールドはそのまま黄金色の花色を示しています。




キリスト教では1年に何度かやって来る聖母マリアの祝日というものがあり、開花期の長いマリーゴールドの花はまさにその祝日を象徴するような花ということから、「聖母マリアの黄金の花」=マリーゴールドと言われるようになったそうです。





マリーゴールドは、キク科コウオウソン属のうち、草花として栽培される品種をさし、学名は「タゲテス(tagetes)」。




このタゲテスという名は、紀元前8世紀から紀元前1世紀頃にかけてイタリア半島の中部にあった国「エトルリア」に占術を伝授した神話の人物「ターゲス」にちなむものです。植物学者リンネが、この名を花につけました。





オレンジ色のマリーゴールドの花言葉のひとつが「予言」。



マリーゴールドのオレンジは別名「太陽の花嫁」とも言われています。オレンジ色で丸い形がそういうイメージなのでしょうか。





「予言」は聖母マリアの祝日に咲いたので、とても神聖な花とされ、「神につながる予言者の花」ということから「予言」という花言葉がつけられている・・・という説も・・・。






マリーゴールドの花言葉を調べてみると色によっていろんな花言葉があるようですが、あんまり明るい感じの言葉が少ないので、人に贈る場合は気をつけた方が良いようです。






花言葉の「予言」がらみの歌詞だったら面白かったのに・・・(どんなんや)







P3180001_convert_20190409235812.jpg

花をブレンドしたお茶を飲んでいます。

P3180008_convert_20190409235834.jpg

ジャスミン茶に菊花・クコの実






P3180010_convert_20190410000045.jpg

春におすすめのブレンドです。








theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア