FC2ブログ
2020-03-22

保存食にもアノ味

うちにある保存食を見直したら、いくつか今月末までのモノが・・・。






P2230004_convert_20200321235707.jpg








P2230008_convert_20200322000244.jpg



P2230009_convert_20200322000309.jpg

パンが2個入っているようです。

食感が気になりますね~










P2230005_convert_20200322000142.jpg




P2230006_convert_20200322000218.jpg

アルファ米とは、お米を美味しく炊き上げた後に乾燥させたもので、お湯か水を注ぐだけで煮炊きせずに美味しいご飯になります。





P1240014_convert_20150131231332.jpg

これとはまた違ったメーカーのものですが、中身はこんな感じ。






P1240016_convert_20150131231407.jpg

袋に中身を入れ、お湯を注ぎます。





P1240017_convert_20150131231440.jpg

15分待ちます。






P1250019_convert_20150131232830.jpg

出来上がりはこんな感じ。

過去記事によると、食感は雑炊みたいな感じで味はまぁまぁだったとか。

やっぱり、普通の炊き立てのお米とは違う「びみょ~な食感」でしたが、まぁ、市販の保存食パックの袋に入っていたので…。







P2230013_convert_20200322000338.jpg

これも一緒に入っていました。




P2230016_convert_20200322000406.jpg

ファイアレスヒーター

火を使わず、水だけで簡単に食品を温められる簡易ヒーター。

発熱剤を取り出して袋の底に平らに置き、その上に食品を入れて、水130ccを入れます。

発熱剤が加熱し、水を沸騰させ蒸気で食品を温めます。

食品によりますが、約20分で出来上がるとか。



まぁ、一度はちゃんと使ってみる方が良いのでしょうね


緊急時の時に頭がパニックになっていたら、慣れないと危ないかも・・・。








今回、保存用にコレも買いました。



P2240024_convert_20200322000438.jpg

ホテイフーズの「やきとり缶詰」。



なんと、この缶詰が宇宙食に採用されたそうです(たれ味とゆず胡椒味)。





P2240026_convert_20200322000531.jpg


宇宙食に採用されるには、いくつかのハードルがあるのだとか。




①宇宙空間で飛び散らない

②常温で1年半以上の賞味期限

③限られた設備で調理可能




ホテイフーズでは、2017年3月に宇宙食に向けた取り組みを始め、2年7ヵ月かかったとか。


宇宙食にも「日本食」というカテゴリーがあり、現在は家庭料理のカレーやラーメン、ご飯類が中心で寿司や天ぷらなどは今のところ宇宙食にはないそうです。


現在、JAXAが認証している「宇宙日本食」は、36品目・20社団体。



●レトルト・ビーフカレー(ハウス食品)●しょうゆラーメン(日清食品HD)●わかめスープ(理研ビタミン)●羊羹(山崎製パン)

●サバの味噌煮(マルハニチロ)●亀田の柿の種(亀田製菓)など。

そこに、今回この「やきとり缶詰」が加わったということですね~




ちなみに、宇宙食の「やきとり缶詰」の商品と中身は同じですが、缶のデザインは無地だそうです(なぜ?)

また、無重力空間で缶を固定させるマジックテープ状のものがついているのだとか。





P2240027_convert_20200322000503.jpg



宇宙空間で耐えうるこれらの食品は、地上の非常食としても役立ちそうですね~






P2230011_convert_20200322002433.jpg

たまに食べるとめっちゃ美味しい、リッツ・・・。

非常時にもっと食べたくなったらどうしよう







スポンサーサイト



theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

2020-03-15

アレで外に出てみた

ついに・・・



ついに、アレをつけて外に出てみました・・・。





P2150051_convert_20200315150730.jpg

以前、ブログで紹介した「キッチンペーパーで作るマスク」ですよ





P2150050_convert_20200315150802.jpg

今回は、キッチンペーパーを2枚重ねにし、間にフィルターとして100均の不織布を挟んで蛇腹折にしてホッチキスで留めました。



P2150125_convert_20200315151316.jpg

本物のマスクの素材は不織布なので、まぁ、若干目が粗いとしても少しはマシなんじゃ・・・






パッと見、「それっぽいマスクの形」なのですが、実際にソレをつけて外に出たら他人はどんな反応をするんだろう?






P2190002_convert_20200315150840.jpg

目立たないように、いつものお団子頭をやめ、髪を下ろして帽子をかぶります。

そうすると「輪ゴム」が髪に隠れて見えないので、より「マスクっぽい」のです。





感想としては・・・





案外、人は人のことなんて見てない。



あれって、何?へ~ん(変)!


って、思われたら嫌だな~と若干、迷ったのですが。




まぁ、アレ?と思ったとしても「今はこんな時期だもんねぇ~。手作りマスクでもしょうがないよ」と温かい目で見ないふりしてくれたのかも・・・。





アナタは、



手持ちのマスクが減っていくのに耐えられますかぁ~?



電車に乗るとか、人の多いところに行かないといけないときは市販のマスクをしますが「ちょっとそこまで買い物」に行くぐらいで、貴重なマスクを使えるかぁ~!



・・・と、開き直りました。

帰ったら、手洗い・うがいをしっかりするし。




で。






第2弾の「作ってみた」。




P2150079_convert_20200315150934.jpg

100円ショップで白い布とゴムを買いました(マスク用ゴムなんて、とっくに売り切れてますがな)





P2150083_convert_20200315151010.jpg

ネットで見ればマスクの型紙の紹介があると思いますが、とりあえずキッチンペーパーのサイズで切ってみました。





P2150117_convert_20200315151234.jpg

こ~んな感じ。







あ、カメラさん!これ以上は寄らないでください!


ズボラな性格がバレますが、布は切りっぱなしです・・・。縫い目も粗いですね~


まぁ、固い生地なので、ネットに入れて洗えばそうそうほつれませんが。






P2150120_convert_20200315151123.jpg

裏はポケットになっています。




P2150087_convert_20200315151614.jpg

フィルターの代わりに、無印良品の大判のコットンを入れました。




P2150084_convert_20200315151050.jpg

ちょうど、鼻と口が隠れるぐらいの大きさです。





しかし。


せっかく作って顔にあててみたら・・・。




なんか、大きすぎてバランス悪くね?

のぺ~っとした迫力があるというか・・・。





ちゃんと、既製品のマスクのサイズを測ってから作ればよかったですね~







第3弾「ミニ・ハンドタオルでマスク」


P2150123_convert_20200315151200.jpg

掌が隠れる程度の小さなガーゼのハンカチをどこかで貰ったのですが、手を拭くには小さすぎるし、ガーゼが「ほわほわ」と柔らかすぎるしぃ~・・・と、使わなかった今治のガーゼ・タオル。






P2160134_convert_20200315151350.jpg

四隅が縫ってあるので、ほつれる心配なし。





P2160135_convert_20200315151418.jpg

フィルターを入れられるようにしました。


サイズはちょうどいいけど、ポケットが大きすぎたのか、たまにフィルターが「こんにちは♪」


う~ん、中身が飛び出さないようにスナップボタンでもつけないとダメか?


無印のコットンはちょうど入るけど、ちょっと蒸れます。短時間ならOKか・・・。








P2160140_convert_20200315151458.jpg

切って残った不織布は眼鏡拭きになります。


ピッカピカ!









ラジオから流れて来るとテンションのあがる曲★














theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

2020-03-12

ラジオのチカラ

皆さんはラジオを聴いています?


今日は久々に何も用事のない日だったので、午前中からFMを流していました。



3月11日は東北の震災から9年目ということで、震災関連の話題が多かったです。



震災直後は計画停電が朝からあるときもあれば、夜から開始されるときもあり、そんなときはラジオの声に励まされました。





関西に住んでいた学生時代は神戸のkiss FMや大阪のFM802を毎日のように聴いていました。



阪神大震災の後は、FM COCOLOのバイトに行ったことがあります。



FM COCOLO(エフエム・ココロ)は、1995年10月16日にFMラジオ局としては全国で46番目、大阪で3番目に開局した超短波放送局(FMラジオ)で、日本初の外国語放送として開局した局である。

1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の際に(とりわけ英語圏以外の)外国人への情報提供メディアが乏しい現状が浮き彫りとなり、外国語放送局の設立が早急に進められた。

このことは放送事業を管轄する郵政省(現在の総務省)も積極的で、1995年までに大阪と東京で外国語放送局用の周波数割り当てと免許交付を行っている。

大阪では主要株主となる関西電力など企業連合が関西インターメディアを設立し、開局に至った。

現在は外国語放送局が形成するネットワークMegaNet参加局のひとつ。

(ウィキペディアより)



震災で倒壊した長田の商店街で、番組のチラシやバナナを春巻きの皮で巻いて揚げたもの(フィリピン料理)を配ったり・・・。


まだ若かった私は「こんなところで、こんな事して何になるの?」とサッサと辞めてしまったけど・・・。







そのラジオですが、民放ラジオ101局特別番組「WE LOVE RADIO, WE LOVE MUSIC 桑田佳祐のお家(うち)でRADIO~こんな時こそラジオでSMILE!~ supported by SUUMO」、民放ラジオ101局で3月20日放送決定 だそうです。



普段、ラジオを聴かない人もこの機会にいかがですか~?






11日、いろんなFM曲で流れていた曲がこちら






震災による自粛ムードで曲を提供していたJR九州「祝!九州キャンペーン」のCMが放送中止となる中、ある個人が動画投稿サイト「YouTube」にアップロードしていた同CMのアクセス数やコメント数が急増する現象がおきた。すると4月22日、日本テレビ系列『スッキリ!!』が、同CMの作成秘話や放送中止の過程、動画へのコメント、CM曲を提供したヒラサワへのインタビュー映像などを全国放送した。5月18日には同CM曲となっていた "Boom!" が発売され、5月30日付のBillboard JAPAN「Hot Top Airplay」で第1位となった。同CMは6月2日にギャラクシー賞を、6月下旬に開催されたカンヌ国際広告祭2011では、アウトドア部門で金賞、メディア部門で銀賞、フィルム部門で銅賞を受賞し[15]、CM曲を提供したヒラサワへの注目も集まった.。

(ウィキペディアより)




2020-03-07

シアワセ回覧板


ニュースを見れば、気持ちが暗くなる話題が多いですが、久しぶりにちょっと心が和んだニュースがありました。






皆さんのお住まいの地域では「回覧板」って、回って来ます?





昔ながらの回覧板を次のお宅に回すなんて、いったい何時代だよ?と思っていたのですが・・・。







普段はパラパラとめくってサッサとお隣さんに渡すのですが、何気なく見てみると近所の小学校の活動レポートが。







なんでも、この学校では「届けよう服のチカラプロジェクト」という、ボランティア活動に参加したそうです。








「"届けよう、服のチカラ"プロジェクト」は、子どもたちが主体となって、着なくなった子ども服を回収し、難民の方々など世界中で服を本当に必要としている人々に届ける活動です。


活動の前には、ユニクロ・ジーユーの従業員が講師となって、難民問題や服の役割について出張授業を行います。実際の衣料支援活動に結びついた、ユニクロ・ジーユーならではの次世代教育プログラムです。

(HPより)




届けよ服のチカラプロジェクト








ユニクロ・ジーユーの社員が学校を訪問し、講師となって出張授業を実施。



普段、自分たちが着ている服にはどのようなチカラがあるのか、そして、回収した服はどのように役立てられているのかなど、写真や映像を見ながら授業を受けるようです。



子供たちは自分たちなりの方法で服を回収し、自分たちにもできる社会貢献があるということに気づくきっかけを得ることが目的なのだとか。






回覧板にはこの学校の校長の言葉が・・・


「皆様方のご協力により、世界の困っている子供を救うことができただけでなく、この活動を企画した子供たちはその実現のために必要なことや多くのことを学んだり、企画をやり遂げた達成感から自己肯定感の高まりを感じたりすることができたと思います。私からも、心よりお礼申し上げます」





まず、こういう活動があることも知らなかったし、地元の学校の生徒たちがこんな体験をして多くのことを学んだことも知りませんでした。




プロジェクトを企画したユニクロやGUはいわゆるファスト・ファッションブランドで、手ごろな価格で服を販売している企業です。


長く着るというよりは、流行りのファッションを手ごろな価格でコーディネイトできて楽しむ!という事を子供の段階で知っている彼らだからこそ今、この多感な年齢のときに「服の持つチカラ」や「可能性」を知ることが大事なんだろうな~






●このプロジェクトに参加した子供たちの声





わたしも少しでもこのプロジェクトのチカラになれるようにがんばって服を集めたいです。自分が何回か着た服でも難民の人たちが喜んできてくれるならすごくうれしいです。<小学生>



いままで、そんなに大切に服を着ようという意識がなかったけど、今日の話を聞いて、世の中には、服が欲しくてもなくて困っている子ども・大人がいることを知って、これからは、服を大切に着ようと思いました。<中学生>




たくさんの服が集まったことが嬉しかったです。作業は大変だったけれど、やりがいも感じたし、終わった時には達成感すら感じました。それはたぶん、自分のやっていることが、人の役に立つことだったからだと思います。<高校生>



告知から発送まで、すべて自分たちでやるということで少しびっくりしたけど、自分がやったことがどこかで喜ばれているならやってよかったって思えた。この授業がなかったら世界に服を必要としている人がいることも知らなかったし、こんな活動があることも知らなかったと思うから、この授業が受けられてよかったなと思った。<高校生>




●先生の声


ボランティアの学習を進める上で、児童が実際に活動することは欠かせません。服の回収を呼びかけた結果、とてもたくさんの服が集まり、児童は達成感を味わうことができました。自分たちの活動が世界の人々の役に立つことにやりがいを感じていました。自分たちの暮らしがいかに恵まれているかを考えるよい機会となりました。




生徒が予想以上に熱心に取り組んでくれており、正直驚いています。近隣小学校との連携体制が整い、本校生徒が直接教室にお邪魔して児童に協力依頼をする機会を得ることができました。小学校児童との異年齢交流という貴重な機会にも恵まれました。



今回の活動は、誰もがよく知っている企業との活動ということで関心を持って活動に取り組むことができました。また、講師派遣や送付の費用などを負担していただいたことが大変助かりました。



この活動を通して、地域に参加を呼びかけ、その効果が回収量という形で目に見えて表れることで、地域からの期待、地域への貢献、地域との連携といったテーマを理解し、生徒自身が感じとることができたかと思います。




●保護者の声



息子の方から「何かを持って行きたい!」と言い出し、紙袋いっぱいの洋服を嬉しそうに持って行きました。



「僕たちの着てた服がそういう困っている人たちの役に立つんだね」と言っていました。世界には、自分たちと全く違う環境や価値観の中で生きている子どもがいるということを親子で考えることができ、とても良い勉強になったと思います。ありがとうございました。



「着てくれるかなあ、誰が着てくれるんだろうね」とワクワクしていました。リサイクルの心が芽生え、遠いどこかの友人に思いをはせるいい機会となりました。

(HP 参加者の声より)





う~ん、安いから・・・とか、持ってたら着回しがききそ!と思って買ったけど、全然着てない服の多いことよ・・・。


持った時に「ときめかない」服は処分、という整理法(?)が数年前にベストセラーになったけど「ときめく」か「ときめかないか」で処分する事のなんと、傲慢なことよ・・・




まずは、適当に不要な服を買わないことだけど、不要な服もリサイクルに出すとかうまく活かすことを見習わなければ・・・と思ったのでした。










P2050003_convert_20200304153217.jpg

ゴミ箱を蓋つきのものに変えました。






P2050005_convert_20200304153247.jpg

使わなくなったゴミ箱は・・・







P2070016_convert_20200304153320.jpg

植木鉢カバーとして第二の人生を歩みます。






P2070020_convert_20200304153343.jpg

元・ゴミ箱の中で咲くヒヤシンス

いい香り~










theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2020-03-04

冷蔵庫の中をみれば・・・?

このところ、テレビを見れば不安になるようなニュースばかりだし、かと言って気分転換にどこかに出かけるってワケにもいかないし・・・。

いったい、いつまで続くんでしょうかね





ラジオを聞いていたら、こんな話題が・・・



「冷蔵庫の中を見れば貯まる家かどうかわかる」



興味深い内容なんですが、これは明日のテーマ


明日はこの時間にラジオを聴けないしな~
(ラジコでJ-WEVEの番組を一週間前にさかのぼって聴けます)








似たようなネタをどこかで紹介してないかな?と調べてみたら、ありました~



今は特にコロナウイルス感染防止のため、「人が多く集まるスーパーなどに買い物に出かけるのを控えたい」とまとめ買いをしがちですが・・・。





まとめ買いした食材でぎっしりの”魔窟冷蔵庫”では、一見して何がどのくらいあるかわからず、ないと思って買った食材が実はあったり、奥のほうにいつ買ったか覚えていない【何か】が干からびていたり、野菜室では葉物野菜が液体化・・・とか




イザと言うときのために、とか、安い!と思って買っても、使い忘れのせいで捨ててしまえばその代金も捨てたことになってしまう・・・。




★節約には「適量買い」。


適量買いは、買った食材の使い忘れ防止にもつながり、「買い物」「在庫管理」「使い切り」の食費節約トライアングルのうち、「在庫管理」がラクになる、つまり買ったものが無駄にならず、ちゃんと使い切れる・・・という話のようです。



そこで、「貯まる家は冷蔵庫でわかる」と、いう話になるのですが・・・





着実に貯蓄できる人の家は総じてモノが少なく、買ったものが無駄なくちゃんと使い切れる。


それは冷蔵庫も例外ではなく、何がどこにあるかわかりやすく整理されてもいる・・・。





では、どうすれば見やすい冷蔵庫になるのでしょうかね~?



そのポイントは「冷蔵庫の中を位置決めし、冷蔵室の棚ごとに、そこに入れるものや役割を決めること」。




●いちばん目につく棚は、消費期限が短い豆腐や納豆など、あるいは作り置きしたおかずなどを入れる棚にすれば食べ忘れが防げる。逆にみそや梅干しなど長持ちするものは上の棚でも良い。



●野菜室は、長持ちしない葉物は手前にまとめ、奥は根菜類というようにするか、緑のものは右、白いものは左――というように色別で分けてもいい。




どこに何を入れるかのマイルールを決めることで、買ったものをしまう手間や在庫管理も楽になる。


結果、二重買いや廃棄も減らせる・・・らしい。









P2080045_convert_20200304153525.jpg

このたび、13年使っていた冷蔵庫を買い替えたので、整理しました・・・。


冷蔵室は確かに(今は)スッキリしていますが・・・







P2080001_convert_20200304153549.jpg

2段ある冷凍室は冷凍野菜や作り置きの野菜スープの冷凍、肉や魚の小分け冷凍でぎっしり・・・






P2080002_convert_20200304153622.jpg

野菜室はこんな感じ・・・。





いや~



買い置きの食品等って別に冷蔵庫の中だけに納まってるわけじゃないですからねぇ



食品棚とか納戸など、今は特に保存食や飲料水などでいっぱいいっぱいで「きっちり整理」できている状態とは言えず、とても人様にお見せできる状態ではないっす。






冷蔵庫の中を見れば・・・とか、財布の中を見ればわかる・・・という話はたまに聞く話ですが「それだけでは・・・」って思ったりなんかして。





まぁ、確かに買い物に行く前に冷蔵庫の中のものを確認してからメニューを考えて必要なものを買い足してるので、今のところ買い物に行く回数は減らせています(節約は・・・・?う~ん)








P2070036_convert_20200304153453.jpg

最初は「使いこなせるかな~?」と不安だった豆鼓醤も意外と使う頻度が多く、ついに2本目です♪








theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
フリーエリア