2017-05-01

じゃがいもの取り扱い方

最近、スーパーのお菓子売り場で「ポテトチップスは一家族2袋までとさせて頂きます」という貼り紙が・・・。






原料のジャガイモの出荷不足によりポテトチップスの製造が追いついておらず、一部商品の販売の一時休売、または販売終了・・・と、いうことに。




P4170024_convert_20170501165117.jpg




ジャガイモが不足した背景には、昨年の8月から9月にかけて主要原産地の北海道に4つの台風が接近・上陸したことで調達が間に合わなくなったことが原因だとか。

国内調達の約8割が北海道産のため、大きな影響が発生したのですね~






皆さんはポテトチップスって食べます?

私はいつからか、なんとなく揚げ物系のお菓子にあまり惹かれません・・・。

ファーストフードのフライドポテトもちょっとツラいかも。

もう若くないわ~







ところで、以前こんな記事を読みました。




ポテトを高温の油で加熱すると、アクリルアミドという有害な化合物ができることが、最近の研究でわかってきました。アクリルアミドは神経毒として作用するだけでなく、発がん性も疑われる劇物扱いの化合物です。

ポテトチップやフライドポテトの食べ過ぎは、肥満の原因になるだけでなく、アクリルアミドという神経毒の観点からもさけたほうがいいことがわかります。

(『老けたくなければファーストフードを食べるな』(山岸昌一著・PHP新書)より)







P4170028_convert_20170501165018.jpg



「アクリルアミド」と呼ばれる化学物質が、ポテト加工品や黒糖菓子など多くの食品に含まれていることが近年の研究でわかったそうです。




その「アクリルアミド」が一般的な食品に多く含まれているとわかったのは、2002年・スェーデンでの研究によるもの。




野菜炒めやフライドポテト、トーストしたパンやクッキー、コーヒーなど、高温で調理されたあらゆる料理に含まれるという「アクリルアミド」は、食品中の特定のアミノ酸と糖質が高温で加熱されると、化学反応して生成されます。




それは、野菜や穀物などを揚げたり焼いたりするだけで自然にできてしまうため、コントロールが難しいのだとか。
(ただし、人の摂取量と発がんリスクとの因果関係はまだ詳しく解明されておらず、人への影響についてはデーターが少ない)





農林水産省は、アクリルアミドの食品中の含有量を分析。

ポテトスナックやフライドポテト、黒糖かりんとうの他、炒めたサヤエンドウやアスパラガス、ビスケットやコーヒーなど幅広い食品に含まれている事が明らかになっています。






しかし、含有量が多いといわれてきたポテトチップスについては、カルビーなど大手メーカーを中心に対策が進められ、平成19年から平成25年までの6年間でアクリルアミド濃度の低いポテトチップスを増やすことに成功しているそうです。




では、家庭ではどうやって対処したら良いのでしょう?

 





(おススメの料理法)

肉じゃが、マッシュポテト、じゃがバターなど、焼いたり揚げたりしないもの

水は最高で100度までしかならないから、水を使った調理法がおススメ。

蒸す、煮る、茹でる調理法を選ぶこと。120度以上の長時間加熱を避けることができる。




(保管方法)

じゃがいもは冷蔵庫の野菜室に入れない。8度以下で保存しないこと。

デンプンが還元糖に変化するので、常温で保管しているじゃがいもよりアクリルアミドが生成されやすくなる。





【じゃがいも調理法まとめ】


・ 冷蔵庫で保存しない(8度以下での保存はNG)

・ 常温で保存する(水気があると腐りやすいので要注意)

・ 120度以上の長時間加熱は厳禁

・ 焼く、油で揚げるは厳禁

・ 蒸す、煮る、茹でるがお薦め




P4170030_convert_20170501165047.jpg



【家庭で注意したい調理のポイント】

・生じゃがいもは常温で保存し、高温加熱しすぎない

・イモ類、野菜類は1度水にさらした後、調理する

・炭水化物の多いパンなどの食材を焼きすぎない

・炒めるときは火加減を弱くして、食材を早くかき混ぜる

・120度以下で蒸す、煮る、ゆでるなどの調理法を利用



ところで、じゃがいもをたくさん食べている国ってどこなんでしょうね~



国際連合食糧農業機関(FAO)の統計(2000-2002の平均)によれば、じゃがいもの年間1人当たりの消費量(生産量を人口で除したもので供給量ベース)は、世界全体で32.4kgに対して、1位はベラルーシで 172.7kg、2位はラトビアで 137.3kg

このほか、ウクライナ 135.1kg、エストニア 131.6kg、ポーランド 131.4kg、リトアリア 129.1kg、ポルトガル 129.0kg、アイルランド 120.9kg などがこれに次いで多くなっています。

日本は 24.6kgで82位、韓国は12.0kgで105位となっています。(日本の消費量には、でん粉としての摂取が含まれています)



う~ん、ウチでは一応じゃがいも・にんじん・玉ねぎはいつも家にありますが、考えてみればそんなに頻繁には食べてないですね~

じゃがいもなんか、うっかり放置で気づいたら芽が出てます・・・




しかし、身近な食べものにも思わぬリスクがあったのですねぇ・・・

(じゃがいもだけが悪者じゃないけど)



健康のために、いかに上手に調理して、必要な栄養を得るのか・・・

もう一度、見直さなきゃな~




P4170017_convert_20170501170713.jpg

ベランダの蘭にもまた蕾が・・・♪




P4170019_convert_20170501170741.jpg





P4170020_convert_20170501170822.jpg

今年も無事に咲きますように
スポンサーサイト

theme : 健康的な生活で楽しい人生を!
genre : ヘルス・ダイエット

2017-04-11

壺にお願い♪

以前、新幹線の車内誌の通販で見かけて「面白いな~」と思っていたグッズが、また別の雑誌でも紹介されていました。



・・・そんなに、需要はあるのの?







17675903284f3a2765e58cb.jpg
(写真はお借りしました






叫びの壺 ドリーム株式会社







ドリーム 叫びの壺

どうにも気持ちが収まらない!!大声出してストレス発散!! どんな「大声」も、小さな「ささやき声」に!! あなたの『ストレス』をゴクンと飲み干す不思議な壷が誕生。たまったイライラ、モヤモヤ、誰にも言えない秘密ごと…、叫びたい衝動を壷に向かって吐き出すだけで、たまった心もスッキリ。大きな声がささやきに変わるので、場所を選ばす『ストレス』を存分に吐き出せます。カラオケ練習や声の発声練習にも。

(Amazonの商品説明より)



ゴム製っぽいので、壺というよりは水枕の入れ物みたい・・・。





昔ばなしでもありましたよね~
「王様の耳はロバの耳」。


改めて読んでみると、こんな深い話だったのか~と驚き


よく知っているような話でも、大人になって読むとまた感じ方が違いますね





「王様の耳はロバの耳」


昔々ある国にとても帽子の好きな王様がいて、その王様は夏でも冬でも、耳まですっぽり隠れる大きな帽子をかぶっていたのです。

どんな時でも帽子を脱ごうとしない王様が、髪を切る時はどうするかとういうと、いつも床屋さんをお城に呼んで、散髪してもらっていたのです。

けれど、不思議なことに、お城へ行った床屋さんは誰一人帰ってこず、町の床屋さんはだんだんと少なくなっていきました。



「この国の床屋も、とうとう僕とおじさんの二人だけになってしまった。次にお城に呼ばれるのは僕なんだろうな。嫌だな。怖いな。」




若い床屋さんはいつもびくびくと震えていましたが、とうとう若い床屋さんにおよびがかかったのです。

床屋さんが怯えながらお城に行くと、王様が大きな鏡の前に座って待っています。

早速髪を切ろうと、床屋さんは王様の帽子を取ってみると、そこにはロバのように大きな耳がたれているではありませんか。




その姿があまりもおかしくて、床屋さんは笑ってしまいそうになりましたが、

「ここで笑ったら、きっと殺されちゃう」

そう思った床屋さんはじっと堪えて、どうにか笑わずに髪を切り終えると、王様は床屋さんに、「私の耳は長すぎると思うか」と尋ねたのです。


床屋さんは恐ろしくて、「いや、普通だと思います」


「そうか、ならいい。しかし、耳のことを誰かに話したら、命はないと思え」

「はい、絶対に誰にも喋りません」




それから、床屋さんはたくさんご褒美をもらって、街に帰ってきました。

町の人たちは、城から戻ってきた床屋さんに、王様の帽子をかぶっている理由を興味津々で尋ねましたが、床屋さんは 「王様がただ帽子が好きだけなんだよ」とはぐらかしていましたが、そんな風に嘘を付き続けるうちに、お腹がどんどん膨れてきて苦しくなってきました。


医者にみせると、

「おお、これは言いたいことを我慢過ぎてお腹膨れる病気だ。このまま放っておくと死んでしまうぞ。誰かに話すか、せめて穴を掘って、その中に叫びなさい。」


そう言われたので、床屋さんは早速、大きな穴を掘り、穴に向かって「王様の耳はロバ耳。王様の耳はロバ耳。王様の耳はロバ耳」 そう叫ぶと、気持ちがすっきりしました。



床屋さんはすっきりした気持ちで穴を埋めると、家に帰りました。

そのとき穴の中に木の種が一つ転がり落ちてきました。木はやがて大きくなり、たくさんの枝を付けました。



ある日、笛の好きな羊飼いがその木のそばを通りかかり、枝を折って、笛を作り、早速吹いてみると、不思議なことに、笛から「王様の耳はロバ耳」と聞こえて来るではありませんか。



変な笛だなと思った羊飼いは、みんなにその笛の音を聞かせてあげたので、王様の秘密は皆に知られてしまったのです。

その噂を聞いた王様は、かんかんに怒って、床屋さんと羊飼いを呼びつけ、


「誰かに喋ったら命はないと言ったはずだか」

「僕、僕は誰にも喋っていません、本当です。だた、穴を掘って叫んだだけなんです。」

「俺は、そこから生えた木で、笛を作っただけさ」

王様がその笛を吹いてみると、笛は「王様の耳はロバの耳」と本当に聞こえてきました。

王様は溜息をつき、「噂はもう広がっている。これ以上隠すのは不可能だな。まま、いい、隠す必要がなくなって、むしろ、楽になったよ。お前たちのおかげだな」

そう言って、床屋さんと羊飼いにたくさんの褒美を取らせました。

(昔話童話童謡王国より)




今は穴を掘って叫ばなくても便利な壺があるのですねぇ・・・


皆さんは、欲しいですか?


そっと心の叫びを受け入れてくれる壺






そういう便利な壺はないけど、意外と家にたくさん持ってました


背高壺

イランの背高壺





壺

イランの遺跡「プレセポリス」のレリーフが彫られてます。






壺

リサイクルショップで買った、壺風の花瓶





オウム

お土産で貰ったヨルダンの素焼きの壺

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2017-03-23

アレルギーは突然に

ある記事でこんな事が書いてました。

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意」




なんでも、果物アレルギーになる人が最近増えているのだとか。

果物アレルギーは花粉症との深い関係も指摘されており、中には「アナフィラキシー・ショック」を引き起こし、深刻な事態を引き起こす場合もあるそうです


例えば、ある日リンゴを食べていたら、口の中や喉の奥がかゆくなった。あまり気にしないでいたら、桃やさくらんぼでも同じような症状が起こった・・・とか。



このように果物で「連鎖的に」アレルギーが発症するケースが今、増えているそうです。


考えられる理由としては、果物や野菜には花粉と似た構造のアレルゲンを持つものが少なくないからだとか。



シラカバやハンノキの花粉にアレルギー反応を持つ人は、似たアレルゲンを持つリンゴや桃、さくらんぼ、キウイフルーツ、マンゴーなどにアレルギー反応を起こす可能性があります。

同じように、ブタクサの花粉症の人はメロンやスイカ、バナナなどに、イネの花粉症の人は、オレンジやトマトなどに反応することが考えられます。果物だけでなく、セロリやパセリなど一部の野菜でも同様のアレルギーになる場合があるそうです。



ただし、果物のアレルゲンは熱に弱いため、多くの場合は加熱処理することで食べられるようになります。ジャムやパイにしたり、ジュースは一度加熱するなどの対策が効果的だそうですよ~


(執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士)の記事より)





ところで、世界には人から理解されにくい「恐怖症」を持った人がいるそうです。

皆さんは「コレがダメ」とかあります?


私は尖ったものの先端、ブツブツしたもの(ドッチボールの表面とか)、極端に狭い密室、グロイ画像・・・かな~


目の前で勢いよく傘の先端を左右に振りながら歩いている人のそばを歩けません

なんか、傘の先端が目に刺さりそうで・・・。

できれば、その人から傘を奪い取ってへし折ってやりたいくらい。



さて、その「恐怖症」ですが、他人には理解できないような恐怖症が世の中に存在するのも事実で、その数およそ数百種類もの恐怖症が精神医学の進んだアメリカにて認知されていると言われています。




恐怖症は誰もが感じるような高所とか狭い場所とか昆虫などに対しての「怖い」とは違い、その恐怖心の「程度」が過度であったり、著しい恐怖反応を起こしたりし、日常生活に支障をきたすものだそうです。



●美人恐怖症(美人を見ると吐き気や不快感がおこる)

主に男性に発症することが多いそうで、「美人に対して」感じる恐怖心のこと。

「原因は過去に美人との関係上で大失敗した経験などがトラウマになっている」、「自分の容姿に自信がない」という2つだそうです。

この恐怖症の人の場合には、美人が周囲にいるだけで極度のストレスや恐怖心を感じ、呼吸が速くなり吐き気などの症状が起こるのだそう。

また、まともに顔をみることができない、挙動不審な行動を取る、頭が真っ白になるといった症状も見られ、かなり激しいストレスを感じるようです。




● ピーナツバター恐怖症

ピーナツバターとジャムサンドが常食のアメリカでは実在する恐怖症で、ピーナッツバターが口蓋にひっついたり、上あごにくっついてしまうのを怖れるという心理だそうです。

症状としては、ピーナッツバターがそばにあると、異様に汗が吹き出して身体が震え出し、上あごがざらざらして不快な気分になるといったものだとか。




●失笑恐怖症(絶対に笑ってはいけないと思えば思うほど笑ってしまう恐怖症)

この恐怖症は「笑ってはいけない場面で笑いがこみ上げてきて我慢ができなくなる」といった状況に陥ることに対して恐怖感を覚えるといったものだそうです。


私はちょっとあるかも・・・。

子供の頃、こういう場面でよく弟とふざけ合っていて「笑ったらいけない場面でおもろい事を言って笑かす」というのが2人の中の“お約束“でした。


例えば、エライ坊さんの有難い話を聞いているような時に、こっそりと「あ、坊さんが、屁ぇこいた」とか「ぷぅ~」って言ってみたり。


学校の給食の時間になると同じ班の男子が牛乳を飲む時にヘン顔をして、牛乳を噴き出させるとか。


「あかん、ここで笑ったらアカン」という焦りが、大人になった今でも時々こみあげてきて「落ち着け、落ち着け自分」とヒヤヒヤする時があります。


この恐怖症は、同様の事が繰り返し起こるにつれて、そういった状況に自ら出向くことに不安や恐怖を抱き始めるのが典型的な症例だそうです。



●左側恐怖症・右側恐怖症

ずっと左折ができないなんてことも。左側恐怖症

子供の頃に左利きから右利きに矯正されたという方に発症する可能性がありそうなのが、左側恐怖症だそうです。

今はわりと左利きの人を見かけますが、私が子供の頃はあまり良いふうには言われなかったような・・・


原因はこれだけではないそうですが、過去に強引に矯正されたという観念が強い場合には左側に対して「異常、悪い、危険」といった思い込みが生じるのです。

そのことによって「身体の左側にあるもの」、または「左利きであることや人」に対して恐怖を感じるようになるのだとか。

さらに、道を歩いていても「左側に曲がる」ことに恐れを抱き、目的地に着くまで右折をし続けるといった非効率的な方法をとって回避するような場合もあるそう・・・。


他には「長い単語恐怖症」(長い単語に恐怖を抱く恐怖症)

「恐怖症恐怖症」(恐怖自体に恐怖を感じてしまう恐怖恐怖症)

「集合体恐怖症」(多数のものが密集しているものに対して恐怖を感じる)




「恐怖症」と言っても、いろいろあるのですね・・・

ええ~、なんで?と思うような事でも本人にとっては深刻な問題ですもんね








突然始まるならアレルギーとかじゃなく、「恋」がいいなぁ

※星野源さんの歌に合わせて踊ったワケでもないのに、ぴったり合ってますね~
いったい、どんな曲で踊ってたんでしょ

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

2017-02-15

ありがとうございます!(^^)!

皆さま、このたびは、いろいろとご心配をおかけしました。


また、たくさんのあたたかいお言葉と、お心づかいをありがとうございました!(^^)!



突然の事で、充分な説明もないままブログをお休みし、申し訳ありませんでした。




とりあえずの「結果」が出て、やっと少し落ち着いて戻ってくることができました。



予想外の出来事が重なり、いろいろと慌てましたが、振り返ってみると「少しずれていたパズルが、次々ときちんとした場所にはまった」ような、良い状況となりました。


抽象的な表現で意味不明だとは思いますが・・・



今回はたくさんの人の惜しみない優しさ、愛情に触れた経験となりました。



とは言え、まだまだ先の事はわからない状態なので、もう少し、先の見通しが立つまではブログの記事の更新はお休みします。



P1010003_convert_20130313163754.jpg



時間が出来た時にはまた、皆さまのところにお邪魔します(^.^)/~~~


本格的なブログ再開まで、もう少しお待ちくださいね



ラーダ・ドゥーナ

theme : 最近の出来事。。
genre : ライフ

2017-02-04

お知らせ

突然ですが、諸事情により、しばらくブログをお休みします。


いつ頃再開できるかは、いまのところ、何とも申し上げられませんが、復活した際にはまた宜しくお付き合いくださいませ



P7100015_convert_20130713151025.jpg






P7100019_convert_20130713151125.jpg




お休み中はコメントを頂いても、お返事はブログ再開後となると思います。


すみません((+_+))
プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
フリーエリア