FC2ブログ
2018-10-14

シゲキ、カンゲキ!ドキドキ、ワクワク?!

さいたまスーパーアリーナで開催されたイベントに行って来ました。


P9230017_convert_20181014174425.jpg







P9230016_convert_20181014174355.jpg

年に一度、確定申告の時期にしか行かないけど・・・。





P9230018_convert_20181014174821.jpg

「こんなイベントに来る人、そんなにいる?」と思っていましたが、わりとにぎわっています。





P9230021_convert_20181014174916.jpg






P9230024_convert_20181014174757.jpg







P9230026_convert_20181014175048.jpg

カボチャの花器って・・・斬新!







P9230035_convert_20181014175158.jpg







P9230033_convert_20181014175230.jpg






私の目的は国際フェアです。


P9230029_convert_20181014175021.jpg

ロシアのブース






P9230032_convert_20181014175121.jpg

アフリカ布のエコバック






P9230036_convert_20181014175254.jpg

愛用しているネパールの女性を支援するNPO法人 ミランクラブジャパンが支援している、ネパールの女の子たちが作ったガーゼのタオルが劣化してきたので、また新たに買いそろえました。








P9230023_convert_20181014181245.jpg







P9230019_convert_20181014174709.jpg







P9230028_convert_20181014174951.jpg

国際協力NGO アイブジャパン

P9230027_convert_20181014174852.jpg

学校建設やビエンチャン職業訓練校、木工家具職人訓練校支援などの支援活動を行っている団体だそうです。





買ったもの


P9230044_convert_20181014181832.jpg

ラオスの少数民族が作ったバック



P9230045_convert_20181014175536.jpg

ポケットが4つあるので(真ん中で2つに分かれています)、イベントのお釣りの振り分けや、こまごまとしたものの分別など旅行時にも活躍しそう♪





P9230041_convert_20181014175353.jpg

フンドーキン醤油株式会社


フンドーキンとは聞きなれない人も多いと思いますが、大分県臼杵市に本社のある醤油屋さんです。


両親は大分県出身で、親戚も大分に多くいるので、ウチでは馴染みのある会社です。


まさか、埼玉まで営業に来ているとは・・・。


イベント価格とは言えども「ホントに、そんな価格でいいんですか?!」というお値段・・・。

写真の商品+もう一本、無添加醤油を足して全部で800円でした・・・。






P9230039_convert_20181014175324.jpg

珍しいサケの削り節。どんな味がするのかな?楽しみぃ~





P9230056_convert_20181014175603.jpg

埼玉県鴻巣市で親しまれている「いが饅頭」。

さいたま市とは距離があるため、同県でありつつも「聞いたことはあるけど・・・」というモノでしたが、初めて手に入れることができました。



P9230060_convert_20181014175736.jpg

赤飯の中に「こし餡」が入っているもの、だと思っていましたが「普通のお饅頭を赤飯で包んで丸めたもの」なんですね~

赤飯の塩気と甘すぎない餡で、なかなか素晴らしいハーモニーでした!(^^)!






異文化・・・と言えば…


P9220012_convert_20181014175916.jpg

弟をウチに招いて「たこパー」(たこ焼きパーティ)







P9220009_convert_20181014175830.jpg

出張で関西に行って実家にも寄る、ということだったので「たこ焼きの粉」と「たこ焼きソース」を頼みました。

たこ焼きの粉は関東でも手に入るのですが、たこ焼きソースが売ってないんですよね~




「たこ焼きって、おやつでしょ?!」というダンナに「たこ焼きは立派なメイン料理じゃ!」と、教え込んだ記念すべき日でもありました。






P9220015_convert_20181014175941.jpg

母からのダンナへの愛の贈り物♪


たこ焼きで満腹なのに、なぜか、別腹の鶯ボール






P9230052_convert_20181014175705.jpg

弟からの誕生日プレゼントのウィスキー

ウィスキーのプレゼントって・・・

う~れ~し~いぃ~











スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2018-10-09

台風が来てるけど、ナマステ~!

うちのブログではお馴染みのイベント、グローバルフェスタ。


ですが、今年は台風の影響で行く予定だった日に行けず、翌日はイベントが中止となってしまいました。



去年の記事↓
グローバルフェスタ2017



なので、今年はもう一つ行きたかったイベントがちょうど日にちが重なったので、台風が来る前にサッサと行って来ました。



namaste2018_550.jpg







毎年、この時期に代々木公園で開催されているイベントなのですが、同じく毎年同じ時期に開催されるグローバルフェスタと日にちがかぶることが多く、ここ数年は行けていませんでした。



2日間開催するのは毎年同じですが、9月30日は「関東地方は夕方ごろに台風接近」という予報でした。


なので、HPで確認すると30日はなんと、13時までの開催でイベント終了。





当日の朝まで行けるかどうか不安でしたが、当日の朝は雨も止み、風も吹いておらず、電車も普通に動いていたので、イベント開催と同時に会場に乗り込むつもりで向かいました。




P9090015_convert_20181008195137.jpg

やっぱり、人もまばらですね~





P9090016_convert_20181008195202.jpg

人気のあるインド料理の屋台もすいています。



P9090017_convert_20181008195542.jpg



ホントは、食べ歩きでもしたいところですが、今日のワタシはハンター!

そんな暇なんぞ、ないのよ!






どんどんと見て回って、電車が止まったりしないうちに帰りましょう



P9090018_convert_20181008200227.jpg







P9090020_convert_20181008200251.jpg








P9090028_convert_20181008200318.jpg








P9090030_convert_20181008200349.jpg








P9090025_convert_20181008200434.jpg








P9090032_convert_20181008200525.jpg








P9090037_convert_20181008200503.jpg









P9090034_convert_20181008200411.jpg







P9090042_convert_20181008200640.jpg

インドのスパイス入れ。各家庭ごとに料理のたびにブレンドして使うのだとか。

P9090041_convert_20181008200617.jpg





P9090046_convert_20181008200735.jpg

カレーなどを入れる食器






P9090044_convert_20181008200709.jpg

誰よ?











P9090049_convert_20181008200802.jpg

だんだん混んで来ました。みんな13時までって知ってる?







P9090050_convert_20181008200826.jpg








P9090056_convert_20181008201012.jpg









P9090058_convert_20181008201039.jpg








P9090054_convert_20181008200948.jpg









P9090052_convert_20181008200919.jpg








ビンディ








買ったもの





P9100060_convert_20181008201151.jpg

めっちゃ目立つバッグ









P9100063_convert_20181008201218.jpg


インドのアゲハ蝶みたいな服。2980円が580円に値下げって・・・ほんまかいな

P9100075_convert_20181008201553.jpg










P9100068_convert_20181008201351.jpg



「ただいまより、こちらのラックにかかっている商品、全品1000円にお値引きしま~す」と、閉店時間が迫っているせいか、お店もたたき売り状態に・・・


ラッキー♪


P9100070_convert_20181008201414.jpg

ろうけつ染めのところをさらに刺繍でゴージャスに・・・。








P9100067_convert_20181008201319.jpg











P9100082_convert_20181008201624.jpg


インド風「あっぱっぱ」


P9100084_convert_20181008201655.jpg


エスニック柄が素敵♪680円に値下げ










P9100078_convert_20181008201452.jpg


シルクのような光沢が素敵な巻きスカート(リバーシブル)680円


P9100079_convert_20181008201521.jpg









P9100087_convert_20181008201724.jpg

お店のエコバックはサービスで♪








P9100094_convert_20181008201802.jpg

クラフトノート








P9100095_convert_20181008201834.jpg


おでこに貼るビンディのシール









P9100099_convert_20181008202038.jpg


孔雀のバングル。一個500円って安すぎでしょ。選べなくてまとめ買い。





P9100106_convert_20181008202235.jpg

孔雀モチーフのもの、集めてます。








P9100108_convert_20181008202156.jpg










P9100113_convert_20181008202117.jpg











P9100114_convert_20181008201911.jpg

材料を集めて自分で作るより、買った方が安い・・・







P9100126_convert_20181008202012.jpg


そのうち、作品に活かします。


P9100120_convert_20181008201942.jpg









P9100141_convert_20181008202321.jpg

インドでは有名なお香。

火をつけるよりも、そのままの方がいい香りなので、パジャマなどの着替えの引き出しに入れてます。







P9100148_convert_20181008202427.jpg

インド舞踊のCD






P9100151_convert_20181008202504.jpg

ティースパイス


P9100153_convert_20181009003323.jpg

体を温めるスパイスがたくさん入っているので、これからの時期にいいですね~

鍋で牛乳と水と紅茶を沸かしたところに少量入れ、茶こしでこして飲みます。






P9100149_convert_20181008202357.jpg

スパイスどれでも4つで1000円




P9100154_convert_20181008202538.jpg

ダンナ土産のインドの弁当箱(ステンレス製)


「はい、お土産♪」と渡したら「これって、自分が欲しかったんでしょ?お土産じゃないじゃん」と言われてしまいました。


バレた~





ものすごい通勤ラッシュのインドでは、各家庭のお弁当を職場に届けてくれる配達屋さんがいるらしい。



お弁当の中身はやっぱり、カレー・・・。


ホントに入れても漏れないのかな?





今回買った中で一番高かったのが、お弁当箱1200円・・・。


こんなにもお安いモノだけど、テンションが上がるなんて・・・



ディズニーランドぐらい楽しい!(^^)!




P9100173_convert_20181008202615.jpg

インド占星術・・・ものすごい的中率らしい。

興味はあるけど・・・インドまでは行けないな~





theme : 小さな幸せ
genre : ライフ

2018-05-03

国際友好フェア2018

毎年、5月になると我が家の「イベント巡り」が始まります。


今年は天候の不安がありましたが、雨が止んだ隙に行って来ました。



P4130010_convert_20180503225156.jpg

朝方まで雨だったせいか、少し出足が悪いようですね~




P4130035_convert_20180503225015.jpg

お天気が回復するにつれ、人出も多くなってきました





P4130020_convert_20180503225835.jpg

うちの場合は会場についたら、まず、それぞれが見たいブースを見るために別行動。




P4130014_convert_20180503230017.jpg

毎年買っている支援団体のブース




P4130051_convert_20180503230402.jpg

「ミランクラブジャパン」の製品は数年前にグローバルフェスタで知り合い、とても良かったのでリピート買いです。


ミランクラブジャパンは、教育の機会に恵まれないネパールの女の子の就学支援活動に取り組んでいるNPO法人です。


ネパールの里子が作っているダブルガーゼのタオルとハンカチの使い勝手の良さにハマり、使い続けています。

支援団体に入って一緒に活動することはできませんが、毎回購入し、使い続けることが自分なりの支援活動だと思っています。


ミランクラブ






他にも・・・


P4130059_convert_20180503230438.jpg


ビーズのピアス。ペンダントトップなどに使っても良さそうですね



キラキラプロジェクト

ケニアの就学前の児童の成長と発達を支援し、彼らが後に勤勉・勤労で礼儀正しい生徒となり、自立でき社会に貢献できる人間になれるような基礎をつくる活動



P4130028_convert_20180503231950.jpg



P4130029_convert_20180503230128.jpg










P4130018_convert_20180503225944.jpg





P4130013_convert_20180503233001.jpg







P4130022_convert_20180503225910.jpg







P4130023_convert_20180503230055.jpg

いろんな外国の料理





P4130039_convert_20180503233258.jpg

毎年、このケバブ屋さんで買ってます

P4290029_convert_20140504191648.jpg






P4130024_convert_20180503230627.jpg






P4130034_convert_20180503230247.jpg






P4130041_convert_20180503230555.jpg

今年買ったのは、赤いハイビスカスの鉢





P4130042_convert_20180503230327.jpg

数年前、このイベントで買った蘭の鉢。

この良い天気で花も開きました!







まだ、金土日とある休日。



さてさて、いったいどうやって過ごそうかな~

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2018-04-30

ゴールデンウィークはアラビアへ 

ゴールデンウィークですが、皆様はいかがお過ごしですか?


ウチはカレンダー通りのお休みなので、あんまり遠出せず、毎年行っている近所のイベントに行ったりとのんびり過ごす予定です。




さて、ゴールデンウィーク初日の28日はサウジアラビア王国に行って来ましたよ


ええ、電車に乗って・・・




P4080043_convert_20180429234545.jpg

場所は上野にある、東京国立博物館 表慶館です。


P4080042_convert_20180429234422.jpg

国立博物館には行ったことがあるけど、表慶館は初めてです。




P4080051_convert_20180429234515.jpg

ゴールデンウィークに博物館なんて混んでいるんじゃない?と思いましたが「アラビア王国の至宝展」って、他の人はそんなに興味ある?
・・・とか、思ったりして。


案の定、すていました。


全館写真撮影OKということで、急かされることなくのんびりと見学し、写真も撮れたのでラッキー♪


・・・と、思っていたら、3月までだったのが好評につき5月13日まで延期されていたのですね。

しかも、3月には来場者が10万人達成。

見に行きたいとは思いつつも、機会を逃していたけど、結果、とてもいい状況で見学できて良かったです





アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝

古代より交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島。

本展では、その躍動的な歴史と文化を示すサウジアラビア王国の至宝を日本で初めて公開します。100万年以上前にさかのぼるアジア最初の石器、5000年前に砂漠に立てられた人形石柱、ヘレニズム時代やローマ時代に賑わった古代都市からの出土品、イスラームの聖地マッカ(メッカ)のカァバ神殿で17世紀に使われた扉、サウジアラビア初代国王の遺品(20世紀)など、400件以上の貴重な文化財をとおして、アラビア半島の知られざる歴史をお楽しみください。

(HPより)



展示物は第5章にわかれて紹介されています。

第1章 人類、アジアへの道
第2章 文明に出会う道
第3章 香料の道
第4章 巡礼の道
第5章 王国への道



興味深いテーマではあるものの、とても説明できるほどの理解度でもなく、単なるミーハー気分で見学してきたので、アホ丸出しでまともな解説ができません。


まぁ、しかし、せっかく写真撮影OKで滅多に見られない貴重なものなので紹介しますね~



まずは、展示物 第1章 人類、アジアへの道から


100万年以上前にさかのぼるアジア最初期の石器、5000年前に砂漠に立てられた人形石柱など、先史時代の人々の活動を展示。


ここでは矢尻や猟犬や羊、馬などの石の人形(?)みたいなものが展示されていました。

矢尻はどうやってここまで鋭利に彫れたのかわからないけど「完璧に殺せそう」・・・という完成度でした。



P4080045_convert_20180430000036.jpg

人形石柱 カルヤト・アルカァファ出土 前3500~前2500年頃 サウジアラビア国立博物館蔵


サウジアラビア王国の至宝 アラビアの道展のメインキャラクター

アラビア半島全土に広がる人々の活動を示しているそうです。





第2章 文明に出会う道

前2500年頃からメソポタミア文明とインダス文明をつなぐ海上交易で反映したアラビア湾(ペルシャ湾)沿岸地域の出土物を展示。



P4090054_convert_20180430001701.jpg

割れないまま出土されるなんてすごいですねぇ




P4090055_convert_20180430001747.jpg

石の器


P4090058_convert_20180430001818.jpg

なんとも細かい彫刻ですね

古代西アジアで好まれた、ナツメヤシの文様だそうです。
ナツメヤシの実(デーツ)は中東では好まれて食され、スーパーや土産物屋でも売っています。



P7110050_convert_20130713144358.jpg

これは以前、maoさんから頂いたドバイ土産

P6240031_convert_20130713144540.jpg


ナツメヤシは生命や豊穣の象徴とされています。

この器はペルシャ製(現イラン)で前2500~前2000年頃のもの






P4090063_convert_20180430001858.jpg

おお~
今にもウケそうなトライバル柄風ですね

トライバル柄;部族や種族ごとに独自のデザインを持つ民族的文様のこと






文明が発達してくると洒落た装飾品も身に着けるようになるんですね~

P4090064_convert_20180430003929.jpg


ネックレスやブレスレット 前1000~前400年頃


P4090068_convert_20180430002008.jpg







P4090072_convert_20180430002134.jpg

顔、濃すぎ




P4090077_convert_20180430002227.jpg

いいカラダ・・・・


P4090078_convert_20180430002257.jpg

後ろ姿もセクシー




第3章 香料の道

前1000年以降に香料交易で賑わったオアシス都市の出土品を展示。



P4090106_convert_20180430010308.jpg


紀元前1000年頃には運搬にラクダが用いられるようになり、香料などを載せた隊商がアラビア半島を行き交い、内陸の交易都市は目覚ましい発展を遂げました。




P4090094_convert_20180430010204.jpg






P4090114_convert_20180430010352.jpg


両脇についた取手に紐を通して肩やラクダに背負わせたのかな?水筒のようなものですかね~?



P4090116_convert_20180430010615.jpg


P4090117_convert_20180430010507.jpg





P4090120_convert_20180430010540.jpg

ガラスの器


P4090123_convert_20180430010653.jpg

一世紀頃のガラス鉢



ちなみに、日本でガラスが発見されたのは、弥生式文化の時代の遺跡から。それより古い縄文式文化の時代にはガラスは知られてなかったようです。

実際に、弥生時代の遺跡である静岡市登呂の遺跡からはアルカリ石灰ガラスの紺色と青色の小玉が発見されているそうです。

ガラスの歴史って思っていたよりもかなり前からあったのですね~



P4090119_convert_20180430010432.jpg

現代にも通じるデザインですね~





P4090133_convert_20180430011741.jpg

ランプ




P4090136_convert_20180430011825.jpg

銀製のお玉?





P4090150_convert_20180430012009.jpg

葬用マスク
6歳ぐらいの少女の墓から金製品とともに出土されたそうです。




P4090158_convert_20180430012203.jpg

こんな感じで。

きっと「ええとこ(良家)のお嬢様」だったのでしょうね~



P4090153_convert_20180430012043.jpg





P4090156_convert_20180430012120.jpg





P4090166_convert_20180430012329.jpg




第4章 巡礼の道

マッカ(メッカ)、マディーナ(メディナ)という2大聖地を擁するアラビア半島への巡礼がテーマ。



P4090175_convert_20180430012946.jpg



P4090174_convert_20180430013028.jpg






P4090177_convert_20180430013143.jpg

金貨




P4090180_convert_20180430013110.jpg

笠間焼で似たようなものを見たな~(全然違うけど)





P4090181_convert_20180430013352.jpg

「瀬戸焼の織部です」と言われたら「ああ、そうですか」とか言ってしまいそう・・・

ちょっと日本の茶道の茶碗に似てません?



釉薬をかけて焼くという製法がもうこの時代にあったとは驚きです

釉薬は一般的には木灰釉で、灰釉は1000度以上の高火度で溶けてガラス質の皮膜となり、焼物の器表を覆います。水漏れを防止し、耐久性を強める効果があるそうです。




P4090182_convert_20180430013429.jpg

ウチにもイランのバザールで買った似たようなものが・・・

P4090184_convert_20180430013503.jpg

当時はこんな色だったのかな?↓

P4090290_convert_20180430013540.jpg


唐の時代になると、中国各地の窯で陶磁器が盛んに作られるようになり、シルクロードを通って運ばれました。陶磁器の輸送にあたっては、海のシルクロードが主役を果たしました。重くて割れやすい商品の輸送には、陸路より海路の方が向いていました。しかし、当時の船は季節風を待って航海したため、中国とアラビアの間を往復するのに、普通は4年かかったそうです。海難も多く、輸送コストは高いものでした。ですから、磁器は同じ目方の黄金の器と交換されたなどどという伝説が生まれたくらいでした。中国の磁器は、イタリア商人によってヨーロッパに持ち込まれ、王侯貴族、高位聖職者、豪商だけが磁器を持つことができ、ステイタス・シンボルになっていました。

青花

シルクロードの中間地点のペルシアでは、何とかして中国と同じ白磁を作りたいと思い、いろいろとやってみましたが、どうしてもできませんでした。9世紀のアッパース朝では、陶器の全面に錫釉で化粧がけをして(焼くと錫釉は真っ白になる)、コバルトで絵付けをした、見た目は中国の「青花」のように見える陶器を作る方法を考え出しました。これは、イスラム文化と共にイベリア半島に伝わりました。

(HP世界の陶磁器の歴史 中東より)





P4090185_convert_20180430153758.jpg






P4090190_convert_20180430153931.jpg

預言者モスク、シリア扉のカーテン







P4090194_convert_20180430164458.jpg

カァバ神殿の扉 17世紀から聖地マッカのカァバ神殿で実際に使われていた扉

オスマン朝時代・1635または1636年
サウジアラビア国立博物館蔵




P4090201_convert_20180430154029.jpg

クルアーン(コーラン)
オスマン朝時代・16~17世紀
サウジアラビア国立博物館蔵

わかる、イスラムの教え



第5章 王国への道

現在のサウジアラビア王国の初代国王となったアブドゥルアジーズ王の豪華な遺品を展示。




P4090226_convert_20180430160103.jpg

アブドゥルアジーズ王の上衣 20世紀




P4090221_convert_20180430155834.jpg

アブドゥルアジーズ王の刀





P4090224_convert_20180430160142.jpg

アブドゥルアジーズ王のクルアーン(コーラン)





P4090206_convert_20180430155005.jpg

装飾品

P4090207_convert_20180430155048.jpg

ベルト


P4090208_convert_20180430155126.jpg

ネックレス


P4090209_convert_20180430155210.jpg

アンクレット(足環)



P4090212_convert_20180430155305.jpg

クフル入れ(クフル;伝統的なアイライナー)







P4090214_convert_20180430155715.jpg

香炉

ドバイではショッピングセンターにも伝統的なお香屋さんがあり、あちこちでお香を焚いていました。




P4090219_convert_20180430155919.jpg

アラビアンコーヒー用のポット



P7110048_convert_20130713144325.jpg

ウチにもあるけど、飾り用で使ってません・・・・






P4090220_convert_20180430155958.jpg

アラビック・コーヒー


P7110052_convert_20130713144501.jpg

アラビックコーヒーは、浅く炒ったコーヒー豆と、緑色のカルダモンを細かく砕いたものがブレンドされていて、暑い国で飲むのにはぴったりな爽やかな香り・・・(コーヒーの味や香りはしません・・・。う~ん、エキゾチックな漢方茶って感じ)





P4090216_convert_20180430155755.jpg

コーヒー焙煎用ヘラ




いかがでしたか?

あと、国立博物館表慶館の中も素敵なので、紹介します。




P4080049_convert_20180430004923.jpg

天井のドーム部分



P4080048_convert_20180430162529.jpg





P4090084_convert_20180430162501.jpg





P4090088_convert_20180430162604.jpg







P4090168_convert_20180430162643.jpg





P4090173_convert_20180430162725.jpg


長々とお付き合い頂きましたが、ゴールデンウィークにアラビアに行った気分を味わって頂けましたか?ふふふ・・・


湿度の高い日本や東南アジアでは、ここまで綺麗な状態では発見されなかったでしょうね


サラッサラな塵のような砂の中に埋もれていたからこそ、傷ついたり欠けたりすることも少なかったのかな?



P4110002_convert_20180430163558.jpg

デザートローズ 「砂漠の薔薇」


デザートローズは、世界中の砂漠から発見される、バラの花の形をした石のこと。地底から染み出した水が周囲のミネラル分を溶かして形成した石で、砂でできた薔薇のような形状をしています。


P4110006_convert_20180430163634.jpg

薔薇と言われれば薔薇ですね




P4090256_convert_20180430163345.jpg

サウジアラビアの至宝・・・の、イメージで製作しました♪






5月13日まで開催中↓

国立博物館 アラビアの道







theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-10-29

花は花なれど、華になる。 日本橋高島屋 草月いけばな展

PA120014_convert_20171029004948.jpg

草月流家元 勅使河原 茜 先生の作品



日本橋高島屋で開催中の草月いけばな展の招待券を頂いたので、行って来ました。


私もタイで4年、草月流の生け花を習いましたが、今やすっかり基本すら忘れてしまいました・・・。




初代家元・勅使河原蒼風が形式主体のいけばなに疑問を持ち、「個性」を尊重した自由な表現を求めたことから草月のいけばなは始まりました。
草月のいけばなは「型」にとらわれることなく、常に新しく、自由にその人の個性を映し出します。いけ手の自由な思いを花に託して、自分らしく、のびやかに花をいけていきます。また、時代と共に変化してきた草月のいけばなは、それぞれのご家庭で楽しむことはもちろん、ウインドーディスプレーや舞台美術など、社会のあらゆる空間に植物表現の美と安らぎをもたらしています。

(草月流のHPより抜粋)



生け花の流派は数あれど、草月流は花材も自由で、あまり厳しい制限もなく華やかに活けるイメージです。


それは知っていたけど、いや~、まさに「芸術は爆発だ!」な会場でした。





めっちゃスゴイ人やん!

てっきり写真撮影はダメでしょ?と思っていたら、あちこちで撮影大会。

ホントのお花好きな人もいるだろうけど、お教室の先生や仲間が出展しているのでご挨拶に・・・みたいな人も多かったです。


う~ん、それも大変だな~





それでは、数ある中で心惹かれた作品や驚いたもの、斬新だな!と感じた作品を紹介します。



PA120017_convert_20171029005015.jpg

葉っぱをいろんな角度に折り曲げて、面白い動きを演出しています。








PA120019_convert_20171029005404.jpg

紫陽花は乾燥させて色をつけているようです。








PA120025_convert_20171029011815.jpg

こういう形の照明器具がありそう・・・。








PA120028_convert_20171029005112.jpg









PA120031_convert_20171029005338.jpg

葉っぱだけってのが潔いですね。どうやって固定させているんだろう?








PA120033_convert_20171029005314.jpg









PA120036_convert_20171029005210.jpg









PA120039_convert_20171029005457.jpg










PA120041_convert_20171029005246.jpg









PA120027_convert_20171029012807.jpg









PA120043_convert_20171029005431.jpg








PA120045_convert_20171029005556.jpg

栗のイガ!

PA120046_convert_20171029005627.jpg

発想が面白いですね。刺すのは大変だろうけど・・・。






PA120049_convert_20171029005658.jpg







PA120052_convert_20171029005741.jpg

テーマは何だろう?

PA120053_convert_20171029005808.jpg

作品のタイトルは何?斬新だわ~







PA120048_convert_20171029012738.jpg

個人的にはこういうシンプルな(?)作品に惹かれます







PA120057_convert_20171029005848.jpg








PA120047_convert_20171029012832.jpg










PA120059_convert_20171029012906.jpg









PA120040_convert_20171029013522.jpg










PA120060_convert_20171029012934.jpg










PA120063_convert_20171029005920.jpg










PA120062_convert_20171029013011.jpg









PA120067_convert_20171029013041.jpg










PA120068_convert_20171029013111.jpg






花は一本でも綺麗だし、可憐だったりするけど、生けようによっては女性が化粧をするように化けるのですね。





いや~

いいものを見せて頂きました。




眼を堪能した後は、胃袋を満たしましょう♪



PA120070_convert_20171029010027.jpg

上野に出たら行く焼肉屋さんでランチ!(^^)!




PA120075_convert_20171029010138.jpg

上野でパンダ!

PA120079_convert_20171029010215.jpg

モフモフであったか(*´ω`*)



雨は降ったけど、結局傘もほとんどささないで家に戻れました。





PA120010_convert_20171029015600.jpg

またまた四季島に遭遇!(2度目)





theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア