2017-05-29

愛の名前は、薔薇

P5130015_convert_20170529175007.jpg

今年も近くの薔薇園へ電車に乗って行って来ました。



そして・・・


毎度毎度、学習しない夫婦は毎年毎年「枯れかけ」の薔薇を見る事になります・・・。


遠くで見たら、パッと見はキレイなんですけどね~


・・・と、いうワケで、まだ見るに耐える薔薇だけをご紹介・・・



P5130009_convert_20170529174736.jpg





P5130013_convert_20170529174834.jpg





P5130014_convert_20170529174810.jpg






P5130016_convert_20170529175039.jpg











P5130024_convert_20170529175138.jpg

プチトリアノン・・・。

マリーアントワネットが夫の目の届かないところで恋人と戯れる、秘密の花園の名前です。




P5130026_convert_20170529175939.jpg

愛の宮殿の周りにはこんな可憐な薔薇が咲いていたのでしょうかね~





P5130023_convert_20170529175110.jpg

なぜ、薔薇のハチミツってないの?についての過去記事です↓

伊奈バラ祭り 2014




P5130028_convert_20170529175228.jpg






P5130033_convert_20170529174905.jpg







P5130039_convert_20170529174943.jpg

ノスタルジーという名前の薔薇。これが一番好き



P5130041_convert_20170529180323.jpg






P5130044_convert_20170529180420.jpg





P5130045_convert_20170529180506.jpg





ところで、皆さんはエチオピア産の薔薇を見た事があります?


私は2011年に行ったグローバルフェスタでその存在を知りました↓

グローバルフェスタ☆2011






エチオピアのバラ

グローバルフェスタの記事内でリンクした記事がうまくアクセスできないので、気になる方はこちら↓

エチオピアン・ローズ・プロジェクトとは


バラ


エチオピアで輸出用バラ栽培を始めたのは2000年代に入ってからだそうですが、今やその年間輸出額は1億2000万ドル(2009年)。

コーヒーに次ぐエチオピアの輸出品目としてエチオピアの経済を支え、貧困からの脱出や女性の経済的自立、子供の教育など、重要な課題を解決する新しい産業と期待されています。





P5150092_convert_20170529181512.jpg

また、女優の夏木マリさんも音楽とエチオピアの薔薇で子供の教育とその母親たちを雇用・支援するプロジェクトを開催されています。


音楽とバラで、途上国の子供たちの教育環境、そしてその母親でもある働く女性たちの

雇用整備の向上を目指す支援活動です。
継続的に途上国を支援し、子供たちの健全な教育と地域の振興を支えていきたいと考えています。
また、労働者が誇りを持って仕事に従事出来るよう、生活基盤の向上を目指します。

(One Of LoveプロジェクトHPより)

One Of Love プロジェクト




ウチが行くところは地元のボランティアさんたちが集って、年間を通してお手入れしてくれる小さな町の小さな薔薇園です。


P5150094_convert_20170529182606.jpg



P5130019_convert_20170529181646.jpg

来年はせめて、もう少しいい時期に行こう・・・




P5140059_convert_20170529181616.jpg

薔薇の見ごろは逃したけど、ウチの蘭はただいま満開!(結構長い間綺麗な状態で咲いてます)



P5150067_convert_20170529181551.jpg






P5150072_convert_20170529181713.jpg

今年もアロエの蕾が出て来ました。もう、そんな時期なのね~





mini_170526_08400001.jpg


母の日に贈ったクローバーの球根から四つ葉のクローバーが!(ピンボケですが)

スポンサーサイト

theme : ちょっと、お出かけ
genre : 地域情報

2017-05-05

国際友好フェア 2017

P4190028_convert_20170504163315.jpg

今年も毎度おなじみ、近所の国際友好フェアに行って来ました。





このイベントの趣旨は、市民及び市内・近隣地域在住の外国人市民による各種展示などを通じて、市民同士の触れ合いの場と世界の文化等を理解する機会を設るためにあります。また、相互理解と友好親善を図ることで、お互いが住みやすい地域づくりを促進するために開催されるそうです。









P4190026_convert_20170504163659.jpg







P4190009_convert_20170504163500.jpg



欲しいモノを買って、それが活動資金として役立つのならいいですね



P4190010_convert_20170504163435.jpg








P4190011_convert_20170504163527.jpg







P4190016_convert_20170504163630.jpg








P4190017_convert_20170504163602.jpg


バナナBAGとはバナナの木の葉を一枚一枚割いて乾燥させた物を短冊状に切り、手作業で編んでいるバックだそうです。






P4190039_convert_20170504164047.jpg

お昼ご飯は毎年おなじみのお店でチキンケバブを♪






P4190036_convert_20170504164017.jpg

インドのビール、一本400円







P4190035_convert_20170504163919.jpg

花と緑の祭典も同時開催なので、大人から子供まで楽しめます。





P4190004_convert_20170504163344.jpg






P4190006_convert_20170504163407.jpg








P4190032_convert_20170504163946.jpg






P4190033_convert_20170504171817.jpg






P4190019_convert_20170504163830.jpg

今年は家の中用の箒が欲しかったのです。





P4190020_convert_20170504171944.jpg

どひゃ~!1,000円台から4・5,000円するものも・・・。
その差はいったい何?





P4190023_convert_20170504163802.jpg

「おひつ」が欲しいんだけどな~

「おひつ」に炊いたご飯を入れておくと冷めてもお米がベタっとならず、適度に湿気も取れて美味しいらしい。






【今回買ったもの】


P4190052_convert_20170504164123.jpg

アフリカを支援する団体の布バック

いろんな国際ボランティアのイベントに行くとアフリカの布とか雑貨ってお高いんですよね~


このバックも高いんだろうな~と思って値段を聞いたら300円でした!

お金を払ってテントを出た時、お客さんのおばちゃん数人に「ねえねえ、そのバックっていったい幾らだったの?」と聞かれて答えたら「あら~!もっと高いのかと思ってた!いい買い物したわね!」と褒められました(*´ω`*)




P4190066_convert_20170504164329.jpg

サイザルの鍋敷き

サイザルとは、東アフリカのサバンナ地帯に生える多年草植物で、長さ1~2mの多肉な葉が叢性します。葉の集まりの中央部から高さ約6~7mに達する花茎を伸ばし、白色の花を多数つけたりもするそうです。

そのサイザル麻の葉を刈り取り、その繊維で糸を作り、精製し麻やロープなどの原料になります。

また、カラフルな色を出すには編みこまれる前に色々な色に染められてバックなどに使われます。繊維はとても強靱で、一つ一つ手織にて長時間かけて作られているので長年使用できます。

染める技術は伝統的でケニアの女性たちは現在でも母親の世代から娘へと受け継がれていきます。中には芸術とも言えるほどの非常に高い染める技術を持った人々もいます。繊維はとても強靱で、一つ一つ手織にて長時間かけて作られています。

(ピース・オブ・アフリカのHPより)


P4190068_convert_20170504164358.jpg

こんなに手間がかかっているのに、一つ200円だなんて・・・。




P4190080_convert_20170504164518.jpg

ビーズのワニ200円



P4190087_convert_20170504164621.jpg

お腹もリアルだな~





P4190078_convert_20170504164439.jpg

ライオンはちょっと作るのが難しいから300円






P4190090_convert_20170504164552.jpg


ミランクラブジャパンは、教育の機会に恵まれないネパールの女の子の就学支援活動に取り組んでいるNPO法人です。

ネパールの里子が作っているダブルガーゼのポーチに入ったオーガニック・コーヒー400円






P4190095_convert_20170504164730.jpg

去年、マトリョーシカ好きの友達に送ったあと、自分も欲しくなったのでまた買いました・・・。





P4190098_convert_20170504164803.jpg

ロシアのチョコレートって美味しいのかな~






P4190057_convert_20170504164251.jpg

インドの子供たちを支援する団体のもの。新聞は現地のものなのかな~




P4190065_convert_20170504164213.jpg

かなり前にいいお値段で買ったのに・・・。これだけ入って500円(ガラス製)



P4190134_convert_20170504165143.jpg

インドの「ディワリ」というイベントの時にキャンドルを入れてあちこちに飾るらしい。






P4190135_convert_20170504165222.jpg

ウズベキスタンを支援する団体のもの。


P4190139_convert_20170504165252.jpg

イランの絵画でもよくこんな感じのがあります(近いし)








P4190100_convert_20170504164836.jpg

竹製のザル

福島県の根曲竹細工






P4190105_convert_20170504164905.jpg

3個セットで1,350円

これからの時期、茹でた枝豆とかトウモロコシとか入れようっと♪




P4190092_convert_20170504164657.jpg

竹製のスライサー

以前、竹細工の有名な別府に行った時に見たけど、買えなかったのがずっと引っかかっていたので・・・やっと買えたわ♪





P4190106_convert_20170504172306.jpg

さすがに5,000円の箒には手が出ませんでした。


1,650円・・・。


P4190110_convert_20170504164951.jpg

すごく丁寧な作りなのに、その差は何だろう?



P4190120_convert_20170504165028.jpg





P4190123_convert_20170504165107.jpg

ところで、皆さん「箒」の正体ってどんなのか知ってます?






PA100047_convert_20131015175817.jpg

これです「コキア」。






PA100033_convert_20131015181657.jpg

赤いマリモじゃありません。





PA100063_convert_20131015181211.jpg






PA100054_convert_20131015182128.jpg

どど~ん!


その時の記事はこちら↓

真ん丸で真っ赤な山のある公園





今年も楽しい我が家のイベントはじめです









あの曲も世代が変わるとまた違った雰囲気になりますね・・・

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

2016-11-21

懐かしさは、新しさ

もう、4年くらい前になりますが、約4年間・私は近所のカフェで自分のアクセサリー作品を販売して頂いていました。

PB080048_convert_20161120231447.jpg

お店の名前は「エルクール」↓

手作り雑貨エルクール




4年前に閉店してしまったので、お店はありませんが、今でもその付き合いは続いています。

さよなら、エルクール ありがとう、エルクール



エルクールのスタッフお2二人もハンドメイドが好きで、それぞれに作品を製作しています。
このお店では、いろんなジャンルの「ハンドメイド作家」さんが集い、お店で委託販売させて頂いていました。



おかげで、自分だけの趣味だったアクセサリー製作でしたが、発表する場を頂き、売れる喜び、イベントで販売する喜び・お客様と交流する喜び、スタッフや他の作家さんと触れ合い刺激を受ける喜びをたくさん・たくさん頂きました。


いわば、第二の青春の場・う~ん・・・。
「第二の文化祭」的な場・・・かな?


お店が閉店しても、作家仲間や常連さんたちとのお付き合いは女子会・ハンドメイドのイベント、メールやリアルなお付き合いなどで細々とは続いていました。



PB070011_convert_20161120232832.jpg

今回は久々にまた再会できる機会に恵まれました


PB080036_convert_20161120233349.jpg

会場は住宅展示場。



PB080037_convert_20161120233307.jpg

住宅展示場はいつからか、手作り雑貨のイベントや子供に人気のキャラクターのショーや、小動物と触れ合えるミニ・動物園などと、いろんなイベントを開催しています。

なかなか「本当に家を買いたい人」だけをターゲットにするのは難しいんでしょうね・・・。


PB080022_convert_20161120233040.jpg





こちらが、エルクールのブース。

PB080020_convert_20161120233004.jpg


エルクールのお二人にも久々にお会いし、また、次々に懐かしいお顔が・・・!

「元気だった!?」
「最近、何かイベントに出てる?」
「今、どんな作品作ってる?」
「○○さんと連絡取ってる?」
「また女子会しよ~よ!」

・・・と、まぁ、同窓会でした♪



PB080024_convert_20161120233119.jpg

ああ、懐かしいエルクール・テイスト・・・。




PB080026_convert_20161120234412.jpg





PB080028_convert_20161120234347.jpg

これは白い布をカットし、花びらに色をつけ、自分でカタチ作るそうです。



PB080040_convert_20161120233226.jpg

色合いがキレイですね~
お客さんのオーダーに応じて花を選んでブーケにし、素敵なブローチに変身していました!

そういう、可愛らしい女子力・・・私にはないなぁ


PB080032_convert_20161120234910.jpg


やはり、それぞれが「エルクール」という、共に過ごした“心の基地“があったせいか、久々に集ってもすぐに「あの頃」へ戻れるものなのですね。



エルクール




タイから本帰国し、仲の良かった友達たちはあちこちに転勤になって離れ離れになり、新居に越して落ち着いた頃には心にはぽっかりと穴が空いていました。




知り合いはタイ時代の友達がいたけど、毎日会うわけにもいかず、他には身内しか知り合いもなく、不慣れな街になんとなく馴染めなかった頃にエルクールに出会いました。






誰に求められたワケでもないけど「毎月、ディスプレイと作品のテーマを決めて入れ替えること」を自分に課したことで、徐々にそれが張り合いになってきました。


そのうちに常連のお客様もついて「毎月、楽しみにしているよ~」って言葉を聞いて励みにもなりました。


もみじの森




ディスプレイ





ディスプレイ図





ディスプレイ






ディスプレイ






京劇シアター





ロータスガーデン




どこか電車やバスに乗って遠くまで行く・・・という事ならば、途中で挫折したかもしれないけど、自転車や徒歩でも行ける距離に「行けば話す相手がいる」という事はとても大きなことでした。



ランチ

作家交流会




作業1

オシャレ布ボックス製作の講習会





使い方

女子木工部

糸巻き

刺激されて電気ドリル、買いました!





027_convert_20120719230553.jpg

お料理講習会





飲み会

忘年会




PB080051_convert_20161121003003.jpg

以前からの変わらぬ「これぞ、エルクール・テイスト」が嬉しい♪





PB080053_convert_20161121003037.jpg

カード入れ。
ポイントカードとかたくさんあるなら、こうやって分けて持てばいいのね




PB080059_convert_20161121003110.jpg

レースが可愛いポーチ




PB080063_convert_20161121003157.jpg

リバーシブルになります♪






PB080068_convert_20161121003228.jpg

レースが可愛い縁取りに(*´ω`*) 立体的なので、BOX風にもなります♪








PB080042_convert_20161121002826.jpg





PB080046_convert_20161121002931.jpg

「会いにきてくれたから」と、帰り際にプレゼントしてくれました。

ありがとう!

大事にするよ~ん!







PB080057_convert_20161121004145.jpg





また、エルクール繋がりで仲良くなった作家さんとも久々に再会!

声をかけられて、思い出話に花が咲きました。

なんと、カラーセラピーの勉強もされ、今はカラー・セラピー&ハンドメイド教室も開催されているそうです。







PB080016_convert_20161120232937.jpg




PB070013_convert_20161120232901.jpg


ちなみに、この4本が私の選んだ色です。

ボトルそれぞれに意味があるそうです。


1本目のボトルの示す意味は「過去」
選んだのはゴールドでした

ゴールドには、知識を与える・ビジネスなどの意味があるようです


2本目のボトルは「グリーン」。
これは、現在を表し、意味としては人と関わる・調和・チームワークなど

3本目のボトルは「ターコイズ」。
これは未来を表す、自分らしい色・ヒーリングカラー

4本目はブルー
これは、近い未来を表すそうです。
意味は自己表現・平和・信頼・コミュニケーション



トータルで見ると自分の思うがまま、良い流れであるようです。

一つ一つの意味を聞いていると、自分の思っている事がやはり色に現れるのですねぇ・・・。


自分なりに川の流れを読むがごとく、冷静にタイミングを計り、でも、心は自由で、身をまかせつつ流れていく~・・・みたいな?また、人との関わりも大事でコミュニケーションをとりつつ、自分の知識なども広め・・・的な?


す、すまん・・・。

アホな子みたいな解釈で・・・



PB080002_convert_20161121085335.jpg

自分の持っている本に少し説明があったので、付け足しでご紹介・・・


色にはポジティブな作用とネガティブな作用(?)があるようですね


●ゴールド・山吹色(ポジティブ)

・知恵がある・自己価値が高い・自尊心がある

(ネガティブ)

・成果にこだわる傾向・自己顕示欲が強い・プライドが高い


●グリーン(ポジティブ)

・安らぎを与える・協調性がある・聞き上手

(ネガティブ)

・八方美人になる・となりの芝生が青く見える・優柔不断になる


●ターコイズ(ポジティブ)

・人道的・創造的・自由な芸術的表現ができる

(ネガティブ)

・思っていることが言えない・理想が高い傾向・劣等感がある


●ブルー(ポジティブ)

・平和的・信頼できる人である・冷静な判断が出来ている

(ネガティブ)

・言いたい事が言えない・孤独な面がある・権威に弱い



PB080004_convert_20161121085417.jpg

う~ん、よくわかりませんが、確かにネガティブな要素もポジティブな要素も当てはまっている気がしますねぇ

心理状況によってバランスも変わるんですかね~


・・・って、ちょこっと本を読んだりした程度では理解が浅いですね
これは、本当に奥の深い世界だと思います





ちなみに、私もカラーセラピーに興味があって一度だけ「オーラソーマ」というのを習いに行った事があります。

taiken.jpg

106本の様々な色の組み合わせのボトルから、4本を直感で選ぶと自分の心理が見えてくるとか・・・。
(この時はもう少し少ない本数から選びました)


106本から選んでみよう!↓

オーラソーマ無料カラー診断 ミニ・リーディング




ちなみに、私のバースデイ・ボトルはコレでした。

kiaka.jpg

「サンライズ」。


ボトルNo.5 ◇The Sunrise/Sunset (サンライズ/サンセット)

 頭が良く、好奇心が旺盛でユーモアがあり、周囲の人を楽しませる事のできる人です。未知の領域の開拓者として枠組みから抜け出し、次の世界を垣間見ている様な自由人です。内面的には、冷静で決してわれを忘れて溺れる様な事はなく、様々な価値観が共存する事から、時に混乱する事も。



誕生日から計算して出すそうですが、こちらで簡単に調べられますよ~↓

オーラソーマ・バースデイボトル



この2色に分かれたボトルと一色のみのボトルとの違いは何だろう?
オーラソーマとはまたちょっと違うのかしら?

もし、またお会いできたらいろいろ教えてね~



それぞれがそれぞれに4年間を乗り切り、自分なりの魅力をパワーアップさせていて、そんな時にまた会えて良かったです



懐かしくて、嬉しくて、会えばまた、元気になれる。


そんな関係でずっといたいな




theme : より良く生きる!
genre : ライフ

2016-10-06

グローバルフェスタ2016

今年もグローバルフェスタに行って来ました。



グローバルフェスタ2016


グローバル・フェスタとは、国際協力活動を行っている政府機関、NGO、企業などが一堂に会する国内最大の国際協力イベントです。





P9200001_convert_20161005164014.jpg





グローバルフェスタJAPANとは

「グローバルフェスタJAPAN2016」は、一般国民(若い世代からシニア層まで)を対象に、楽しく分かりやすい行事を通じて、来場者に国際協力をより身近なものに感じてもらうと共に、ODA を含む国際協力の現状や必要性、政府とNGO ・市民社会の協力などについての理解と認識を深めてもらうこと、及び、これらを通じて国際協力への参加を促進することを目的としています。

(グローバルフェスタJAPAN2016 HPより抜粋)





昨年から会場がお台場センタープロムナードになりました。

去年行った時の様子はこちら↓
グローバルフェスタ2015



2008年から毎年行っていますが、その時々でさまざまな学びがあります。

「国際協力」とか「ボランティア活動をする」と言うと何やら敷居が高そうですが、自分が支援したい団体の欲しい製品を買ったりするだけでも立派な協力です。


キリンビールの「熊本づくり」も一本買うと10円が熊本地震の復興支援にあてられるそうです。
それも素晴らしい計らいですね。

一番搾り 熊本づくり






日本の企業もグローバルにいろいろな活動をしています。

今回、驚いたのは「関西ペイント」の活動です。


「関西ペイント」は総合塗料メーカー。

関西ペイント




関西ペイントは、これまで外国人留学生への奨学金支援やインターシップの機会提供、医療・福祉施設への塗料提供など、さまざまな国際協力を行ってきました。


そして、2015年、日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日経産業新聞賞を受賞した塗料がこちら↓


P9200033_convert_20161005170541.jpg

室内のビニールクロス壁面や塗装壁面に塗装できる虫除け塗料「アレスムシヨケクリーン®」




P9200024_convert_20161005170441.jpg

皆さんは「世界で一番人を殺している動物」は何だと思いますか?


鮫や熊、蜂や蛇ではなく、実は「蚊」だそうです。

その被害者は世界で70万人を超えるとも言われているのだとか。


関西ペイントが開発したのは「壁に塗ることで、虫が寄り付かなくなる虫除け塗料」。


P9200031_convert_20161005170612.jpg


なんでも、この虫除け塗料「アレス ムシヨケクリーン」を壁に塗り、その壁に蚊が止まると神経が麻痺して常に興奮状態になり、吸血行動を起こさない状態になるそうです。



つまり「血ぃ吸うたろか~ アヘアへ~」と、蚊がプ~ンと室内に入って来て、「アレス ムシヨケクリーン」を塗った壁に止まると「なんや、血ぃ吸う気なくなったわ ほな、さいなら~」と変化するのだとか。


塗料に虫が嫌う成分を配合することで、虫の侵入を防いだり、神経を麻痺させて血を吸う力を喪失させるのです。

つまり“虫にさされない“ため、危険な感染症にかかるリスクも減るということです。



南アフリカ共和国ヨハネスブルクのNGOが運営するHIV患者の終末医療センターの施設すべての病室・子供部屋に日本大使館のサポートにより、塗装を実施。とても良い効果が出ているようです。


また、南アフリカの他にもインドネシアやマレーシアにもこの製品は輸出されています。

日本の技術が世界中の人々をウイルスや菌による感染リスクを減らす手助けに役立っているのですね。



この優れた機能をもった壁紙やステッカー、タペストリーなども製品化される予定で、そうなれば災害地の仮設住宅や塗装することが難しい場所でも使用可能になるようです。




P9200002_convert_20161005170000.jpg


他にもいろんなボランティア団体のブースを回りました。

こちらは、NPO法人 レインボー国際協会


NPO法人 レインボー国際協力




P9200042_convert_20161005170840.jpg

2014年のグローバルフェスタで出会って購入した革の定期入れがとても丈夫で使い勝手が良かったので、今年も覗いてみました。


レインボー国際協会は、病気や貧困のために親の養育を受けられない子供たちを引き取り、自立に向けた具体的活動を行う自立支援施設「ひまわりホーム」の運営を支援し、子供たちが安心して生活し、教育を受けるための資金を援助しています。

また、学費を払えない極貧家庭の子供たちの教育費を支援しているのだとか。




P9200039_convert_20161005170811.jpg

レインボー国際協会ではワークショップを2011年から開始。

彼らが製作した作品は、日本での催しで販売したり、ホーム来訪のお客様にお買い上げ頂き、その売上金を子供たち一人一人の預金口座に貢献度に応じて貯めているそうです。




P9200045_convert_20161005170910.jpg

柔らかい革の名刺入れ。1,000円




P9200048_convert_20161005170936.jpg

使い勝手の良さそうな小銭入れ。700円。



これらの売り上げ金等は、いずれ彼らが施設を出て就職したり、結婚したり、高等教育を受けたりする時に活用される予定だそうです。


もちろん、支援になるから購入する・・・という考えもありますが、使い勝手が良く丁寧に作られている製品はとても可愛らしく、魅力的です。そういう製品を作るために、スタッフたちの試行錯誤があるのでしょうね





P9200052_convert_20161005171042.jpg

毎度おなじみ「NPO法人 ミランクラブジャパン」のガーゼタオル400円。


ミランクラブが支援しているネパールの里子たちが作ったタオルです。

ガーゼで包まれたネパール伝統のダガ織柄の布。吸収性が良いので、私は行くたびに購入しています。
今ではグローバルフェスタだけでなく、他のイベントにも出店されているので購入しやすいです。


ネパールの女性を支援する ミランクラブジャパン





P9250074_convert_20151004212241.jpg

自分が良いと思ったものは人に勧めたいタイプなので、そのかいあってか今ではこの製品のファンも増えました♪


「毎日使っています」「イベントで毎回買ってます」「人にも勧めています」と、団体をお手伝いしている方に伝えるととても喜んでもらえます。

それがまた、作っている子供たちの励みになってくれるといいなぁ




P9200065_convert_20161005171225.jpg

カンボジアシルクのバック。

この製品も私のまわりでも人気が高いです。
日本にはない、独特の色彩と輝きですね




P9200062_convert_20161005171253.jpg

2014年に買った時は1000円だったのに、去年のグローバルフェスタでは1,500円でした。


「去年は1,000円で買ったんですけど」と売り子さんに言いました。

お店の人は「それは小さいサイズの方でしょ?」と言うので「いいえ、これと同じ大きさで同じデザインです」と言ったら「税金が上がったのよ!だからよ!」・・・って言われ「チャリティなのに、そんないい加減でいいわけ?人の足元見てんじゃね~よ!」と腹が立ちましたが・・・。

今年は1,000円でした・・・。去年のアレはなんだったんですかね・・・




P9200055_convert_20161005171114.jpg

こちらも、カンボジアシルク。
肩からかけられるポシェット(?)500円。

ポケットが幾つもあって使い勝手が良さそうです。
これも人気製品なんだとか。




P9200066_convert_20161005171325.jpg

NPO法人 アジア教育支援の会のカレー

「チキンカレー」とか「茄子とひき肉のカレー」とか「チャイスパイス」など、いろんなスパイスがあります。

今回買ったのは「バターチキン・カレー」。
カレースパイスを2袋購入すると、一人の子供が1ヵ月学校へ通う事ができるそうです。



NPO法人アジア教育支援の会




P9200005_convert_20161005170038.jpg





P9200006_convert_20161005170416.jpg




P9200009_convert_20161005170123.jpg





P9200016_convert_20161005170158.jpg





P9200018_convert_20161005170227.jpg





P9200071_convert_20161005171351.jpg

フェアトレード製品のカタログも出ています。

フェアトレード クラフトリンク




P9200076_convert_20161005171549.jpg



●フェアトレードとは

適正な賃金の支払いや、労働環境の整備などを通じ、持続的に労働者の生活改善と自立を目指すしくみ。




P9200072_convert_20161005171423.jpg

ネパールの可愛いニットや手織り布のバック。

大震災発生後、仕事を続けるのが難しい状態だった生産者たちも現在は無事に職場復帰し、生産を再開できたそうです。




P9200073_convert_20161005171516.jpg







P9200082_convert_20161005171628.jpg

タイに住んでいた時に雇っていたお手伝いさんの出身地・チェンマイのシルク。

一枚の布ですが、無地の部分と刺繍が入った部分に分かれています。
これでも3,000円もしないのです(シルクの質はピンキリですが)


P9200080_convert_20161005171730.jpg

お手伝いさんの住んでいる地元の「町の仕立て屋さん」で仕立ててもらいました。
ブラウスとワンピースを仕立てても5、000円しないくらい。

バンコクの駐在員御用達の仕立て屋だとその倍くらいの価格です。

しかし・・・いくら安く仕立てても日本でクリーニングに出すとお高い




P9230158_convert_20161005171804.jpg

さてさて、私のブログの横にこんな感じのイラストがありますね。



これは、グリムスというサービスで、ブログを投稿するごとに樹木が成長していきます。

自分のブログにブログパーツを貼り付けるだけで、エントリー(投稿) と共に苗が成長します。大人の樹へ成長すると実際の森へ植林されます。つまり、ブログでどんどん樹を育てて苗に変え、世界中に緑を増やして行こう!という活動なのです!(^^)!


ちなみに、今回大人の樹になりました。
これで13本目です。

グリムス




P9220089_convert_20161005171838.jpg

今年も赤い羽根の共同募金の時期がやって来ました。

さっそく、住んでいるマンションでも募金が回って来ましたよ~


身近な地域を支援するための活動・・・これも大事なことですね。



今朝見たニュースでは、長野県在住の方が熊本の仮設住宅に住んでいる方々に手作りの表札をプレゼントするというボランティアをされていました。

慣れ親しんだ家を離れ、慣れない仮設住宅に住む方々も力強く彫られた木の表札を手にして意識が変わってきたと言います。


できる事をできる方法で、できる時にする。


毎年、そんな事を思いながらイベントに参加しています。



theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

2016-05-05

国際友好フェア2016

我が家には毎年、必ず行くイベントがあります。

この、近所の公園で行われる「国際友好フェア」が第一歩。


ゴールデンウィークは遠出をせずに、地元のイベントに行ってまったり・・・です。



P4220003_convert_20160504190559.jpg


国際友好フェアとはなっていますが、地元野菜や植物なども販売されるので、毎年ものすごい人でにぎわいます。

最寄りの駅から、その会場の公園へ向かって様々な年齢の方々が向かっています。


マスコミに取り上げられるような派手なイベントではないのですが、毎年、近隣の住民は楽しみにしています。


ウチは暑くなる前の午前中に行きますが、勝利品を抱えた人とすれ違うたび、なんだか、嬉しくなるんですよね~






P4220035_convert_20160504190501.jpg

埼玉に住んでいる外国人やその支援団体によるショーなども行われます。




P4220004_convert_20160504191023.jpg

私は去年、お台場で開催されたグローバルフェスタという国際協力イベントで出会った「ミランクラブ」をお買い物で支援しています。


グローバルフェスタ2015




P4220005_convert_20160504191053.jpg

ミランクラブジャパンは、教育の機会に恵まれないネパールの女の子の就学支援活動に取り組んでいるNPO法人です。

ネパールの里子が作っているダブルガーゼのタオルとハンカチの使い勝手の良さにハマり、この団体が出店しているイベントまで出向き、買っていました。


P9250074_convert_20151004212241.jpg


埼玉支部があるから、うちの近所のあのイベントでも販売してくれないかな~と思っていたところ、なんと、今年は出会う事ができ、さらに買い足し・・・。

そのことを告げると大変喜んで下さり、こちらも嬉しかったです。

一生懸命子供たちが作ったものを気に入って買ってもらえる・・・って、やっぱりウレシイ事だと思うのです。


ミランクラブ





P4220015_convert_20160504193425.jpg

ロシアのブースで。

埼玉にもいろんな国の人が住んでいます。


P4220016_convert_20160504193451.jpg

マトリョーシカの顔のスプーン、カワイイ・・・。




P4220045_convert_20160504193809.jpg

マトリョーシカが好きな友達用に♪(まだ好きかな?)





P4220043_convert_20160504193735.jpg

自分用には「サモワール」の絵のものを。



P4220048_convert_20160504193842.jpg

イランでも使っていた「サモワール」。


サモワール(ロシア語:самовар, IPA: [səmɐˈvar] ( 聞く)サマヴァール、ペルシア語: سماور‎、トルコ語: semaver)はロシアやその他のスラブ諸国、イラン、トルコなどで湯を沸かすために伝統的に使用されてきた金属製の容器である。簡単に言うと給茶器。

沸かした湯は通常紅茶をいれるのに利用されるため、多くのサモワールは上部にティーポットを固定して保温するための機能が備わっている。その起源には諸説あるが、中央アジアで発明されたといわれている。古くは石炭や炭で水を沸かしたが、現在生産されるサモワールの多くは電熱式である。

なお、名称はロシア語の「サミ(自分で)」と「ワリーチ(沸かす)」を結合したものである。

素材は銅、黄銅、青銅、ニッケル、スズなどで、富裕層向けには貴金属製のものや非常に装飾性の高いものも作られた。胴部に水を入れられるようになっており、伝統的なサモワールは胴部の中央に縦に管が通っていて、そこに固形の燃料を入れて点火し、湯を沸かした。胴の下部には蛇口がついていて、そこから湯を注ぐ。湯を沸かして火を消した後、上部にティーポットを置いて保温できるようになっていた。小型のサモワールは、行楽に携行されることもあった。

イギリスには「Tea Urn」(ティーアーン)と呼ばれる似た装置がある。

(ウィキペディアより)


ロシアの紅茶はよくわからないけど、イランの紅茶は濃かったので、それぞれが好みでお湯で薄めていました。

ウチのは直接火にかけられるタイプのモノですが、他の家には電熱式のものが多かったです。




P4220023_convert_20160504194825.jpg

毎年、このお店でチキンケバブサンドを買います。



P1010016_convert_20130504193319.jpg

「毎年、このお店で買っているんですよ!でも、ここが一番美味しいね!」と、言ったらチキンをたくさんサービスしてくれました♪






P4220007_convert_20160504193320.jpg






P4220011_convert_20160504195733.jpg






P4220013_convert_20160504193353.jpg








P4220021_convert_20160504194751.jpg

インカコーラ、一本250円



インカ・コーラ(INCA KOLA)はペルーのJosé R. Lindley社が発売しているコーラ。


ペルーの首都リマ市の建設400年を記念して1935年に発売された。アメリカ合衆国ではゴールデンコーラの名称で、カナダドライが製造している。

黄色のコーラで、甘味が強く炭酸はあまり強くない。ペルーの飲料で、コカ・コーラをおさえてペルー国内シェアNo.1のコーラである。

1999年、コカ・コーラ社とリンドレー社は、コカ・コーラ社がリンドレー社に3億ドル出資するジョイントベンチャー契約を締結した。これにより、両社はペルー国内での飲料製造販売事業を統合し、コカ・コーラ社はペルー国外でのインカ・コーラの製造販売権を取得した。

(ウィキペディアより)


飲んだことがあるダンナいわく、味はコーラっぽい味だそうです。
なんで、黄色いんですかね・・・?


ちょっと調べてみたら、マンガ「孤独のグルメ」でも取り上げられたそうです。

店主のペルー人いわく「黄色じゃなくて、金色」と言っていることから「金=神聖な飲み物(の、イメージ)」なのではないかと・・・。


いつだったか、確か日本だったか(タイだったか?)違う色のコーラが販売されましたね。

だから、コーラ=茶色ではなくても「それっぽい味は作れる」んですかね・・・。



P4220020_convert_20160504201327.jpg

どんな年代の人も楽しめるイベントです




P4220027_convert_20160504201359.jpg





P4220030_convert_20160504201430.jpg





P4220038_convert_20160504201503.jpg

ウチでは、ユリの鉢を買いました。一鉢、800円!

普通に花屋で買うと2、3,000円しません?




P4240062_convert_20160504202049.jpg

うちに帰って来てから、2日間、あたたかい気候だったのでベランダに出したら・・・。

どんどん、蕾が開いてきてしまいました・・・。


ちょっと、待って!ちょっと待って、ユリ姉さん!(ラッスンゴレライ風に)

もう少し、もう少し、じっくり楽しませてぇ~!





P4240067_convert_20160504202321.jpg

ウチの蘭はあいかわらず、ジラしてくれます・・・。


今日咲く?明日咲く?・・・・いつ・・・咲くの?





今年も爽やかに、イベントの始まりです。


theme : 埼玉県
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア