fc2ブログ
2024-05-19

スペイン料理の後は・・・社会科見学 造幣さいたま博物館






P4020002_convert_20240517002247.jpg

久々にご近所友達のmaoさんとランチに行って来ました












P4020004_convert_20240517002312.jpg

ふふふ・・・オサレなスペイン料理ざます


P4020005_convert_20240517002337.jpg







P4020008_convert_20240517235927.jpg
ラムのマリネ


P4020009_convert_20240517235904.jpg

イベリコ豚のハンバーグ



イベリコ豚は、スペイン西部地方のみに生息するイベリア種というスペイン原産の黒豚。



その歴史は古く、古代ローマ帝国時代とも言われているそうですよ~







食事の後は軽~くショッピングモールを見て回って、とある場所へ行ってみることに・・・




P4020089_convert_20240518000356.jpg

ラグジュアリー・ホテル?






・・・ではなく~





P4020012_convert_20240518000424.jpg

造幣さいたま博物館



造幣さいたま博物館は、お金の歴史や貨幣・勲章の製造工程などを学ぶことが出来る博物館。



日本の貨幣の歴史に関する貴重な品も数多く展示されており、国民栄誉賞の盾などの金属工芸品や記念貨幣なども拝見できます。


平日には、見学通路から製造工場を自由に見学することもできるんですよ~(しかも、無料)










P4020016_convert_20240518001634.jpg

一階で受付をしてから2階へ上がります








P4020018_convert_20240518001022.jpg

自分の持っている硬貨の健康診断が出来るコーナー






P4020024_convert_20240518001204.jpg

試しに50円玉を入れてみましたが・・・





もしもニセモノだったら・・・?





どこかから


びびびびびびびびび!!!!!!



と、サイレンが鳴り





くせ者じゃ~!ひっ捕らえよ~!



・・・と、四方八方から警備の人が出てきたらどないしょ



な~んて、内心ヒヤヒヤしてました



P4020025_convert_20240518001415.jpg

ほ、ホンモノでした







P4020035_convert_20240518001250.jpg

千両箱を抱えてみることもできます


「よく、時代劇などで泥棒が千両箱を抱えて逃げるシーンがあるけど、あれは無理ですね」と、maoさんが言うほど、かなり重いです。





P4020036_convert_20240518001316.jpg

体験コーナーやクイズや硬貨を組み合わせるパズルのコーナーがあったり、お子様も楽しめるようになっています。

P4020032_convert_20240518003429.jpg



工場の中や勲章の写真・動画の撮影ができない場所も一部ありますが、それ以外は写真撮影はOKでした





P4020045_convert_20240518003538.jpg






P4020048_convert_20240518003703.jpg






P4020054_convert_20240518003810.jpg







P4020055_convert_20240518003849.jpg






●貨幣の製造工程


①銅・ニッケルなどの貨幣材料を電気炉で溶かし、連続鋳造装置で鋳塊をつくります



②熱間圧延・冷間圧延

・鋳塊を均熱炉で加熱し、鋳塊が延びやすい高温の間に所定の厚さに圧延します。(熱間圧延)

・常温で粗圧延、仕上圧延と貨幣の厚みにまで仕上げて巻き取ります。(冷間圧延)





P4020050_convert_20240518003739.jpg



③ 圧穿(あっせん)

・貨幣の厚みに仕上がった圧延板を貨幣の形に打ち抜きます。造幣局ではこれを円形(えんぎょう)と呼んでいます。



④ 圧縁

・貨幣の模様を出しやすくするため、円形の周囲に縁をつけます。圧縁の後、この円形を加熱してやわらかくします。


⑤圧印・検査

・表・裏の模様、ギザを同時につけた後、貨幣の模様を検査し、キズのある貨幣など不合格品を除きます。






P4020064_convert_20240518005213.jpg









P4020070_convert_20240518005242.jpg

ねずみ小僧が懐に忍ばせていたアレですかい?







P4020072_convert_20240518005316.jpg








P4020073_convert_20240518005349.jpg

昭和7年発行の幻の20円金貨 レアすぎて1000万円の値がついたそうですよ~





P4020077_convert_20240518005447.jpg


陶貨なんて存在を初めて知りました


P4020078_convert_20240518005512.jpg









P4020061_convert_20240518005106.jpg






P4020063_convert_20240518005135.jpg







P4020081_convert_20240518010457.jpg



ところで、紙幣の寿命はどれくらいだかご存じですか?




紙幣は丈夫な紙でできているとはいえ、人から人へと次々に渡るため寿命は短く、一万円札で平均4~5年程度、






五千円札や千円札は釣り銭等のやり取りで多く使用され傷みやすいため、1~2年程度だそうです。







日銀に戻った紙幣については、一枚一枚「銀行券自動鑑査機」に通され、偽造や枚数、破損や汚れをチェックしたうえで、再流通に適しているか選別されます。





こうした「鑑査」の結果、流通に堪えられる紙幣は日銀の窓口から再び金融機関に供給されますが、






傷みや汚れで流通に適さなくなったものは復元できないほど細かく裁断されます。





裁断処分される紙幣の量は、年間なんと約3000トン!






その裁断屑は、約半分が住宅用建材や固形燃料、トイレットペーパー等にリサイクルされ、残りは一般廃棄物として焼却施設で燃やされるそうです





小槌

日本銀行 金融研究所 貨幣博物館にて購入

招福小槌

1000円札を裁断したものが入ってます







一方、硬貨は金属でできているので半永久的に使えますが、






傷みが激しい場合は日銀に戻され、そこで再流通可能なものとそうでないものに分けられ、






使用不能な硬貨は造幣局に帰されて再度溶かして(鋳潰して)別の硬貨の材料となるそうです







新紙幣の発行は2024年7月3日






一万円札、五千円札、千円札の3種類が同時に新しく生まれ変わります。






紙幣のデザインが変わるのは2004年以来のことで、20年ぶりなんだとか・・・






そうなったら、旧札はどんな形に姿を変えているのかな~







P4020082_convert_20240519000318.jpg









P4020083_convert_20240519000353.jpg









P4020011_convert_20240519000649.jpg

さいたま新都心駅の地図でたまたま見つけた造幣局の見学



思わぬ流れで行くことになったけど、maoさん付き合ってくれてありがと~!







P4020088_convert_20240519000453.jpg

まさか、こんな場所に・・・でした~






★オマケ


P4020093_convert_20240519182636.jpg

今、日本では韓流スターだけでなく、タイのアイドルや俳優も人気なんだとか・・・

P4020095_convert_20240519182711.jpg


maoさん、今度DVD貸して~





スポンサーサイト



theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2024-05-11

大盆栽まつり 2024







P3270005_convert_20240512000534.jpg

ゴールデンウィークは国際友好フェアと同じ時期に大盆栽まつりも開催されます。








P3270017_convert_20240512001722.jpg







大宮盆栽村は、1923年(大正12年)の関東大震災で被災した東京・小石川周辺の盆栽業者が集団移住して形成された地区です。






P3030052_convert_20240410231432 (1)

桜の時期


P3270066_convert_20240512004112.jpg


今はこんな感じ








大宮盆栽村は、盆栽業者と盆栽愛好家が集まる村を目指して作られた経緯があり、





人気の高い彩花盆栽の清香園、エゾ松の蔓青園、雑木の芙蓉園、庶民的な藤樹園など6軒があって見学もできます。







P3270010_convert_20240512000635.jpg



1928年(昭和3年)には盆栽村組合が結成され、以下のような住民協約が結ばれました

●ここに居住する人は、盆栽を10鉢以上をもつこと

●門戸を開放し、いつでも、誰でも見られるようにしておくこと

●他人を見下ろし、日陰を作るような二階建ては作らないこと

●ブロック塀を作らず、家の囲いはすべて生け垣にすること




P3270004_convert_20240512001646.jpg


なんだか、昭和の時代にタイムスリップしたような長閑なエリアです。








P3270011_convert_20240512002012.jpg







P3270019_convert_20240512001753.jpg








P3270034_convert_20240512000614.jpg


盆栽の展覧会も開かれています





P3270039_convert_20240512001900.jpg

さいたま市長の作品

P3270041_convert_20240512001926.jpg







P3270042_convert_20240512235646.jpg


地元の小学校ではなんと、盆栽の授業があります







P3270056_convert_20240512002924.jpg







P3270060_convert_20240512003237.jpg



植木鉢や苔も売ってます

P3270028_convert_20240512002747.jpg








P3270044_convert_20240512002829.jpg

盆栽で小さな村?





P3270047_convert_20240512002853.jpg






P3270062_convert_20240512003344.jpg

私も何か小さい盆栽が欲しかったのですが、一度、茶色く枯らしたことがあり・・・




ダンナに「ちゃんと一度、盆栽の育て方を習ってから買った方がいい」と止められました・・・





と、いうワケで何も買ってましぇ~ん('◇')ゞ







P3060003_convert_20220408002742.jpg


家に帰って、とんでもない事になっているアロエを植え替えすることにしました。



P3060013_convert_20220408002807.jpg

キリンのように首がなが~くなっています







P3280188_convert_20240512004522.jpg

意外とあっさり取れました







P3280186_convert_20240512004559.jpg

根元からちっちゃいアロエが次から次へとできているので、解体するのも大変です








P3300190_convert_20240512004636.jpg

アロエはカットしてから一週間は乾燥させないといけないので、乾燥中



ああ、また土と植木鉢を買ってこなければ・・・



でも、またまたアロエが増えちゃうな~


こっそりマンションの庭に植えたろか





P3270084_convert_20240512004706.jpg

どんどん新しい葉っぱが出てくるので、プラスチックの鉢を叩いて解体し、大きな鉢に植え替えました



遠慮せず、大きくなれよ~





theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2024-04-26

きゃっ♡初体験 花ズッキーニのフリット





PA240004_convert_20201127235027.jpg



タイ赴任時代からの友人と、大宮から東武アーバンパークラインに乗って岩槻に行き、ヨーロッパ野菜を使った料理を食べて来ました。








以前も行ったお店ですが↓

埼玉でヨーロッパ?








PA240009_convert_20201127234904.jpg



「さいたまでヨーロッパの野菜が作れないだろうか」 こんなシェフの要望から、2013年春に「さいたまヨーロッパ野菜研究会」がスタートしました。





PA240008_convert_20201127234837.jpg

略して「ヨロ研」。





P3180028_convert_20240425231715.jpg




さいたま市内の若手農家グループ、地元シェフ、種苗会社のトキタ種苗㈱、食料品卸などが協力して、ヨーロッパ野菜を栽培し、レストラン向けに流通して地産地消を目指しています。






P3180029_convert_20240425231741.jpg

見たことも食べたこともない、ヨーロッパも野菜も購入できます。


P3180030_convert_20240425235028.jpg

紫小松菜・・・葉っぱがちょっと紫がかった色をしていました~








P3180015_convert_20240425231846.jpg

カフェのランチで食べてみて「食感がカブみたい!」とか「うわ~、こんな食べ方もアリなんだ」って発見できるのも良い機会ですね~







P3180017_convert_20240425232659.jpg

以前からHさんが「ズッキーニの花のフリットが食べたい」と言っていたのが、今回たまたまランチのメニューに入ってました!



P3180022_convert_20240425231919.jpg

花ズッキーニのフリットは、イタリア料理店の夏の定番メニューのようですが、なかなか出回らない素材のため一般的な家庭料理ではあまり馴染みのない食材のようです。





花ズッキーニの食べ頃は、花の咲いているほんの僅かな期間しかなく、しかも、花が開いている朝のうちに収穫してしまわなければならないので、時間限定の貴重な食材なのだとか・・・






ズッキーニの花は雌しべを取って中を丁寧に洗い、水気をふき取ったら花の中に具材を詰めます。






花の中にはモッツァレラチーズとアンチョビを和えたものが詰められていました






花ズッキーニはこんな味!というハッキリとした味ではないけど、中のモッツァレラチーズがモッチリでアンチョビの塩気もちょうどよく、カラッ揚がってて美味しかったです!(^^)!





P3180018_convert_20240425234128.jpg

豆がいっぱい入ったミネストローネ

P3180039_convert_20240425234840.jpg

学校の給食にも出されているそうな・・・

これなら、たくさんの種類の野菜が違和感なく食べられそう








P3180019_convert_20240425234321.jpg

いろんな種類の野菜が入ったサラダ






P3180021_convert_20240425234103.jpg

ハーブや野菜の入った水





しっかし、今はスーパーでも昔はなじみがなかったバジルやルッコラも販売されるようになりましたね~







1990年代のイタ飯ブーム、2000年代のエスニックブームなどが影響して一般家庭にもフレッシュなハーブは定着し、年々需要が拡大しているそうです。








国内では、愛知県豊川市が日本有数のハーブの産地だそうです。







埼玉のヨーロッパ野菜もがんばれ~






PB010004_convert_20151111135858.jpg

大宮に戻って量り売りのごま油を買い・・・


PA240094_convert_20201201010944.jpg








P3180043_convert_20240426000501.jpg

今回はこれも買ってみました


菜種油粕




P3130012_convert_20240426001716.jpg

以前、大規模修繕の時に洗剤がかかって枯れてしまった蘭がここまで復活しましたが、ここでストップ・・・


ここらで栄養をプラスしてみようかな~






P3130010_convert_20240426000526.jpg

こちらは花が満開でぼちぼち枯れる花も出てきたので、半額セールで買えました!(^^)!
















theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2024-03-04

家庭の味 肉汁うどん





皆さんは「うどん」をどうやって食べるのがお好きですか?







実は、埼玉県はうどん生産量全国2位を誇る「うどん王国」で、地域によっていろんな食べ方があります








興味のある方はこちら~(・・・と、丸投げ)↓

ちょこたび埼玉 埼玉はうどん共和国







P1110004_-_コピー_convert_20240303183445


幅10㎝もある鴻巣市の「川幅うどん」




インパクトはあるんだけど、ちょっと食べにくいかな~







P1110003_convert_20240303184552.jpg

ウチでもよく作って食べるのが「、肉汁うどん」です










P1040006_convert_20240303184621.jpg

麺は噛み応えがある、しっかりとした食感です




P1250008_-_コピー_convert_20240303185138

武蔵野うどんは、東京都多摩地域と埼玉県西部(かつての武蔵国の入間郡と多摩郡)に伝わるうどんのことで、「手打ちうどん」とも呼ばれています。







P1250006_-_コピー_convert_20240303185248

それを、このような具の入ったつけ汁に麺をつけて食べます







つけ汁は、かつおだしを主とした甘めの汁で、豚肉や油揚げ、玉ねぎやシイタケ、ネギなどを入れて煮込んだ温かいものです。








P1250011_convert_20240303191133.jpg







私は今までそういう食べ方をしたことがなく最初は驚きましたが、麺つゆだけで食べるものよりも具材の味わいがあり、食欲がわく味だと思います。








多摩地域から埼玉県入間郡にまたがる武蔵野台地は、関東ローム層に覆われており、浸水量が降雨量を上回るのが通常で水田を使用する米より良質な小麦の生産が盛んだったそうです。







こうしたことから、うどんが多く食べられるなど小麦主食の文化地帯となっており、各家庭でうどんを打つ習慣があったとか・・・。







武蔵野台地では江戸時代はうどんはハレの日の行事食でもあり、旧家では現在でも冠婚葬祭などの祝い事、親戚集まりには(細く長く良い事が続くように)うどんを出す事が多いそうです。








昔は、うどんが打てなければ嫁に入る事が出来なかったそうですよ~
 






この「肉汁うどん」のお店はここ数年で増えて来ていますが、


 




ダンナいわく「麺つゆに豚肉と油揚げ、玉ねぎなどを加え、味醂や砂糖で甘さ、昆布茶で旨味を加えれば家で作れるものをわざわざ外で食べる気がしない」・・・と言ってます。







うどんも讃岐うどんで代用できるし・・・








P1240001_-_コピー_convert_20240303190934

味のついた油揚げを入れるとさらに旨味が増すそうです







いつもの「うどん」に飽きたら、埼玉の「肉汁うどん」風の食べ方はいかがですか~?





2024-02-19

ギュギュっと、さいたま



NHKさいたま放送局で開催される、ラジオの公開収録の観覧券が当たったので行って来ました。







まずは、バスの最寄り駅の西川口駅で下車して昼食をとります。





埼玉・西川口のチャイナタウン









西川口はかつて風俗街として知られていましたが、10年以上前の一斉摘発で風俗店が激減し、空き物件が増加。







その空き物件に目をつけたのが、中国人やアジア系の人たち。





P1030005_convert_20180126175040.jpg

そんなワケで、今やあちこちに中華料理やアジア料理、それらの食材のお店などがあります



P1120042_convert_20240218175727.jpg










P1110019_-_コピー_convert_20240218175652



しかし、チャイナタウンとは言っても横浜や神戸のような観光客が押し寄せるような賑やかな場所ではなく、








あくまで、地元に住んでいる中国やアジアの方々が利用するエリアって感じですかね~









また、料理屋も「広東料理も北京料理も何でもアリ」な感じではなく、「雲南省料理」とか「四川省料理」とか「羊肉専門店」とかに分かれているので、








「そもそも、雲南省の料理ってどんなのよ?」というレベルでは、なかなか入りづらいかな~と思います。







んでも。







そんなことを言っていてはいつまでも昼食がとれないので、唯一「こんな感じじゃね?」と、想像できるお店に入りました。







P1110015_-_コピー_convert_20240218175409

四川料理かぁ~




唐辛子とか麻辣とか花山椒とか入ってる料理でしょ?





正直、私は苦手なのですが、ダンナはこれらの料理が好きだし、四川料理屋と言ってもチャーハンぐらいはあるでしょう・・ってことで、入ります。






P1110007_convert_20240218175435.jpg

ダンナがオーダーした麻辣麺(的な名前のもの)





ダンナいわく、まったく日本人向けにアレンジされておらず、現地で本物を食べたことはないけど、本場の味に近いのではないか?ということです。





店員さんもお客さんも中国の方らしく、まるで中国にあるお店で食べているよう・・・







少し味見をさせてもらいましたが「辛い!」という事はなかったですが、食べ続けていると舌がしびれてくるとか・・・






いつの間にかダンナの唇がオレンジ色に染まってました







P1110009_convert_20240218175500.jpg

私は無難に五目チャーハンを・・・。全然辛くなく、普通に美味しいです。





ランチセットでワカメのみそ汁がついてくるところが・・・ねぇ






P1110012_convert_20240218175534.jpg

途中でお店の人が「辛くしたかったらドウゾ」と持ってきてくれましたが、現地の方はチャーハンも辛くするんでしょうかね・・・






P1110014_convert_20240218175618.jpg

ダンナが味見したところ、「辛くはない」という事なので、試してみましたが・・・






辛みの少ないラー油に肉みそとフライド・ガーリックを足したうま味調味料って感じですかね~





以前、日本で「食べるラー油」というのが流行りましたが、ああいう感じに近いかもしれません。







チャーハンじたいは別の味になってしまいますが、これはこれで美味しかったです!(^^)!







では、バスに乗って会場へ向かいます







P1110020_convert_20240218182949.jpg

な~んで、こんなに不便な場所に作るかね?と思うけど・・・






P1110022_-_コピー_convert_20240218182800

ある程度のスペースが必要なんでしょうね・・・






P1110024_-_コピー_convert_20240218182727

会場のSKIPシティ





P1110026_-_コピー_convert_20240218183257

「ひるどき!さいたま~ずスペシャル」


公開収録 ~時代を超えた鉄音旅~  さいたま~ずフェスin川口






P1110028_convert_20240218183440.jpg


川口にあるNHKアーカイブスに残された、懐かしくて貴重な埼玉県を中心とした鉄道映像・音声資料を大迫力の大型画面と音響設備で観覧しながら、







大の鉄道ファンである出演者方々のトークショーを楽しめる公開収録だそうです。







貴重な映像を見ながら、それについてゲストの方々がマニアックな話を披露するのですが・・・






あの~





なんか、すみません・・・







物凄い倍率で当選したようですが、はぁ・・・とか、ほぉ・・・とか思うけど、







私にとっては「猫に小判」でした~






すみませぬ







P1120033_convert_20240218182832.jpg

今年、さいたま放送局は開局80周年を迎えるそうです。







theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア