2017-09-11

てくてく散歩 旧岩崎邸庭園

新聞屋さんで「都立文化財9庭園」のチケットを頂いたので、気持ちいい秋晴れの日に出かけて来ました。


P8240002_convert_20170911165918.jpg

上野・不忍池




P8240004_convert_20170911165949.jpg

花は終わってシャワーヘッドだけになってました。






P8240005_convert_20170911170015.jpg

弁天様の後ろにまわって行きます。




P8240007_convert_20170911170041.jpg





P8240011_convert_20170911170123.jpg





P8240013_convert_20170911170219.jpg







P8240017_convert_20170911171545.jpg






P8240021_convert_20170911170325.jpg

上野には何度も来ているけど、こんな庭園があるとは知りませんでした。





P8240022_convert_20170911170357.jpg






P8240042_convert_20170911170708.jpg


旧岩崎邸庭園

旧岩崎邸庭園は1896年(明治29年)に岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として造てられました。往時は約1万5,000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいましたが、現在は3分の1の敷地となり、現存するのは 洋館・撞球室・和館の3棟。

※室内・その他は国や都の文化財に指定されているので撮影禁止でした。








P8240029_convert_20170911170501.jpg

木造2階建・地下室付きの洋館は、鹿鳴館の建築家として有名な英国人ジョサイア・コンドルの設計で近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。




近代日本住宅を代表する西洋木造建築 「旧岩崎邸庭園」


明治29年(1896年)、三菱創設者の岩崎家本邸として建てられた旧岩崎邸庭園は、ジャコビアン様式の装飾が随所に施されている本格的なヨーロッパ式邸宅で、近代日本住宅を代表する西洋木造建築です。

この建物を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドルは、終生日本を愛した人物として知られています。ジョサイア・コンドルは日本政府の招聘により来日後、工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の初代教授に就任し、東京駅の設計で知られる辰野金吾や、赤坂離宮を設計した片山東熊などが彼の指導を受けました。

ジョサイア・コンドル自身、多くの戯画や風刺画を残した河鍋暁斎につき日本画を学び、日本文化をほどよく融合させた日本で最初の設計事務所を開設、日本人女性である前波くめを妻とし、大正9年(1920年)、67歳で日本で亡くなりました。

500円で抹茶と和菓子をいただくことができるので、ゆっくりと時間を忘れてくつろぐことが出来ます。春になると庭の桜が咲き誇ります。西洋建築にさくらが映えるのは、ジョサイア・コンドルの日本愛、そのせいかもしれません。

(All About 旅行「華麗なジャコビアン様式建築 旧岩嵜邸庭園」より)



こういう西洋建築に興味のある人は「OH~,ジャコビアン様式ね!」ってピンと来るかもしれませんが、私はまったく知りませんでした。




ジャコビアン様式とは


エリザベス様式に続く17世紀初頭のイギリスのルネサンス期の様式。

直線的で重厚な傾向が強く、家具ではねじり棒型や挽物(ひきもの)などの脚に特徴が見られる。

(住宅建築専門用語辞典より)





P8240025_convert_20170911170434.jpg

列柱の並ぶベランダはコロニアル様式(東南アジアの植民地と発達したコロニアル様式)





P8240027_convert_20170911170806.jpg

洋館と結合された書院造りの和館







P8240034_convert_20170911170534.jpg

コンドル設計の撞球室(ビリヤード場)は当時の日本では非常に珍しいスイスの山小屋風の木造建築。







P8240035_convert_20170911170603.jpg





戦後GHQに接収され、返還後、最高裁判所司法研修所かどとして使用(~1970年)されました。

昭和36年(1961年)に洋館と撞球室が重要文化財に指定。

昭和44年(1969年)に和館大広間は洋館東脇にある袖塀とともに、平成11年(1999年)に煉瓦塀を含めた敷地全体と実測図がそれぞれ重要文化財に指定されました。



旧岩崎邸庭園・公園へ行こう




賓客を招いてのパーティやプライベートな迎賓館として使用されていただけあって、モダンだし高級感もあるし、まんま「憧れの西洋建築」という感じですかね~

また、かつて留学していたアメリカの地を思い出す建物だったのかも・・・。



赤坂離宮迎賓館も見たけど、個人的には「そりゃ、一流の建築家を雇って銭かけて贅沢に作ればこんな感じでしょ~」っていう・・・。




同じお金持ちでも(レベルが違うけど)太宰治の生家の斜陽館とか素敵でしたねぇ・・・・↓

ラーダ・ダンナ 青森てくてく旅④弘前・金木・五所川原



昔ながらの日本人「暮らし」がある場にハイカラな洋のエッセンスも入っていて・・・でも、なんか、家族の愛情に恵まれなかった孤独な空気が漂っていて・・・




「暮らしや想い」が壁やガラス窓や寂し気な廊下などにも染みついている感じ・・・


だから、あんな作品が生まれたのね~・・・と、寄り添えるような・・・。



う~ん、でも・・・




今よりもまだ身近じゃなかった「西洋」に憧れを抱く気持ちもわからないでもないな・・・


西洋だって、日本の「ジャパネスク」なモノに憧れて、陶磁器とかのデザインに活かされたりするしね・・・




そうやって、いつの時代もいろんな「なんとか風」を受け入れながら、世界は回って行くのかな





P8240041_convert_20170911170901.jpg






P8240045_convert_20170911170742.jpg






P8240046_convert_20170911170834.jpg






P8260080_convert_20170911171111.jpg

帰りにアメ横で時計を買いました。

2つ買ってもその辺の時計屋さんで1つ買うよりも安い・・・。


1つはダンナが買ってくれました♪




P8240047_convert_20170911170940.jpg




P8240049_convert_20170911171007.jpg

パンダの東京観光地えびせん


スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-05-23

こんなところに?池袋のリトル・チャイナタウン

横浜の中華街で買って来たお茶や食材がそろそろなくなって来ました。

でも、お茶を買うためにわざわざ混んでる中華街まで行くのも面倒だしな~

上野のアメ横でも行く?

でも、あそこも混んでいるし、中国茶はどこで売っているんだろう?


・・・と、思っていたら、池袋にも横浜や神戸や長崎ほどじゃないけどリトル・中華街らしきものがあると聞きました。


池袋だったら、出かけたついでに行きやすいし、2・3ヵ月に一度くらいはそっち方面に行っているし・・・

でも、そんな場所あったっけ?




P5060042_convert_20170523172128.jpg


ありました!




P5060043_convert_20170523172902.jpg

んも~、そのまんま香港の街角って感じですね




P5060046_convert_20170523172200.jpg






P5060049_convert_20170523172235.jpg





P5060044_convert_20170523173020.jpg


他にもビルの中にある「THE (香港の)地元のスーパー」って感じのお店とか中華系の旅行社や書店もありました。

エレベーターを降りたらあの「中華街のにおい」。


花山椒やらザーサイの匂いやら、中国野菜に水槽にはお魚が泳いでいて・・・みたいな。

店員も店長も中国人。買いに来る人も中国の人(韓国の人もいるかも。韓国食材もあったし)

同じフロアには火鍋屋さんもありました。



しかし・・・。

ぱっと見、怪しげな雑居ビル・・・

そして、狭い通路を入ってエレベーターを目指すとそこには・・・


ぎゃっ?!し、死体?


なんと、若い男性が床に転がってました・・・


さすが、ブクロ!


たぶん、酔いつぶれて寝ているんでしょうが、周りにいた人たちは素通り(怖いし)


買い物を終えて1階に降りて来た時にも転がってました・・・


あ、あの人はいったい・・・????



お昼はせっかくなので、やっぱり中華が食べたいですね~

上海小籠包の専門店があって覗いてみたら、テイクアウトとかファーストフード的にちょこっと食べるお店みたいで席は埋まってました。

今度行った時はチャレンジしたいな~




P5060051_convert_20170523172302.jpg

しかし、そういうお店が多いみたい・・・ってだけで「中華街」ではないので、お店はあちこちに散らばっているようですね~






そんなワケで、目についたお店に入ってみます。

地下にあるお店で中の様子がわからない・・・ど、どうかな~


賭けのような気持ちで入ったら、当たりでした!


P5060057_convert_20170523172345.jpg

私たちは飲茶が食べたかったので、飲茶セットにしました。

サラダとお新香と飲茶、ご飯、メインの青梗菜とスペアリブ炒め、麻婆豆腐、卵スープ、杏仁豆腐までついて980円・・・。

ふ、太っ腹




P5060061_convert_20170523172416.jpg

久しぶりに本格的な飲茶を食べました


しかし、次々と入って来るお客さんは中国の人ばかり・・・。


お店の人も料理人も全部、中国人。

あちらの人って、飲茶はふだん食べないんですかねぇ


刀削麺(とうしょうめん)とかアラカルトでオーダーする人がほとんどでした。

中国にも「定食」とかあるのかな?日本だけ?




P5060060_convert_20170523172449.jpg

驚いたのが、青梗菜のおいしさ!

まるで、蝋で作ったかのような艶めき

シャッキリとした食感。

程よい、塩加減と旨み・・・。


正直、私の中の青梗菜のイメージは「存在感の薄い係長」みたいな立場でした。

あ~・・・、特にこれと言った個性もなく、特に嫌われもせず、主張せず・・・みたいな。


しかし、いや~・・・見直しましたねぇ

スペアリブの方が添え物みたいな存在感でした。

あれは、一体どうやって作るのだろう?

と、検索した結果、これが見た目的にもたぶん、食感的にも近い気がします↓

クックパッド 本格的に作る青梗菜の炒め物


ちょっと手間はかかりそうですね~

でも、確かに普通に炒めるだけでは作れない「料理」だと思います。

どなたか、チャレンジしたら上手くできたか報告して下さいね~




P5060117_convert_20170523173405.jpg

買って来たもの




P5060063_convert_20170523172529.jpg

これは旨い!



P5060065_convert_20170523172603.jpg

唐辛子と花山椒の味のついたスパイシーなピーナツなのですが、すっごく上品な味!
まぁ、子供にはウケないだろうけど、止まらなくなる味ですね~




P5060077_convert_20170523172632.jpg

台湾のパイナップルケーキ

これはダンナが買ったもの。「ケーキ」とついてますが、そのイメージで食べると全然違います。

中華菓子と洋菓子を合わせたような?

これはまだ食べてないけど、以前ダンナがお土産で貰ってきて個人的にはそそられない味・・・かな~




P5060119_convert_20170523173436.jpg

クコの実と菊花

クコの実は眼精疲労などにも良く、また、肝機能を高めてくれるスーパーフードです。
菊花も目の疲れ、充血、かすみ目などにも良く、また身体の熱をとってくれる解熱作用がある夏向きの食材です。

今まで、わざわざ中華街や巣鴨の漢方薬屋に買いに行っていたので、次回からはブクロに来ようっと♪




P5060123_convert_20170523173553.jpg

油で揚げて作るえびせん




P5060120_convert_20170523173518.jpg

わ~い、干ししいたけ安~い♪





P5060125_convert_20170523173622.jpg

八宝茶と茉莉花茶(ジャスミン茶)




P5060096_convert_20170523172713.jpg


身体に良いいろんな種類の薬効素材がブレンドされている八宝茶は気軽に楽しめる「漢方茶」です。





P5090002_convert_20170523185954.jpg




八宝茶の“八宝”とは、「大切なものがたくさん」という意味で、中華料理でお馴染みの【八宝菜】の“八宝”も同じ意味なのですね。

中国茶葉以外に、数種類の薬効素材をブレンドした、気軽に楽しめる漢方茶です。







P5060097_convert_20170523172740.jpg






元々は中国の西方、シルクロードのオアシスに暮らす人々が、夏の健康を維持するために飲んだのが始まりだといわれています。

体にたまった熱を取る作用があるため、夏の暑い時期や、辛い料理を食べた時などに効果的と言われています。

最近では、中国のレストランで、食後に飲まれることも多いお茶です。



P5060098_convert_20170523172834.jpg





蓋碗(ガイワン=蓋と受け皿の付いた中国茶用のお碗)で飲まれることから、もともとは蓋碗の容器を意味する「三泡台(サンパオタイ)」という名で、八宝茶そのものを指すことがあるのだとか。



チャイナ風

これが蓋碗(ガイワン=蓋と受け皿の付いた中国茶用のお碗)







P5060100_convert_20170523173219.jpg

まぁ、戸棚の奥からわざわざ蓋碗を出すのは面倒なので、これで勘弁を~



なんで、急須に入れて飲まないのかと言うと、煎じてお茶として飲むだけでなく、目で見て楽しんで、飲んだ後には、栄養がまだ残った中身を食べる事もできるからです。



日本人だと蓋つきの急須は蓋を取って飲みますが、あちらの人は蓋つきのお椀を蓋をずらしてその隙間からお茶を飲んだり、急須の代わりにして注いだり・・・と、いろんな使い方があるようです。







八宝茶によく使われる主な素材と効果効能

枸杞子 (クコ) … 老化予防、免疫力向上、血圧・コレステロール降下に効果的
紅棗 (ナツメ) … 胃の働きを助け、気を養う効果
桂円 (リュウガン) … 鎮静、健胃、めまい・不眠・健忘症などの緩和効果
菊花 (菊の花) … 眼精疲労の緩和、解毒効果
金銀花 (スイカズラ) … 消炎、解毒、抗菌、皮膚やノドを健やかに保つ効果
陳皮 (ミカンやダイダイの皮) … 健胃、咳や痰を鎮める効果
蓮芯 (蓮の実の芯) … 苦味があり心臓や肝臓に有効、解毒、精神安定に作用
山楂(サンザシ) … 抗酸化、抗ガン、疲労回復、高脂血症・動脈硬化の予防効果
銀耳 (白キクラゲ) … 滋養、免疫力向上、肌荒れ防止効果
氷糖 (氷砂糖) … ゆっくり溶けながら甘さをプラスし飲みやすくしてくれます


八宝茶はさまざまな素材をブレンドしたお茶なので、店によって、中身の素材が大きく異なります。




P5090004_convert_20170523190018.jpg



すべての中身をグラスや茶碗やポットなどに入れ、沸騰したお湯を適量注いで2~3分蒸らした後、そのまま飲めます。

お湯を注ぎ足して、3~5煎くらいはOK(甘味を氷砂糖の量や蒸らし時間を好みに調整)


角砂糖の入ったお茶に慣れてないと「なんじゃこりゃ!?」と思うでしょうが、アジアでは結構甘いお茶が飲まれています。


タイでもペットボトルの緑茶と言えば砂糖やらジャスミンなどの妙なフレーバーがついていて「かえって喉が渇くわ!」ってな感じでしたが、だんだんと無糖のお茶も販売されるようになってきました。



日本にいながらにして、異国気分・・・。


また、いろんなエリアを開拓したいです!(^^)!







P5060085_convert_20170523173110.jpg

「ガチャガチャ」から産まれてきた、お昼寝パンダ





P5060086_convert_20170523173255.jpg

ダンナの外歩き用バック





P5060088_convert_20170523173322.jpg

うしろ姿もカワイイ











theme : ちょっと、お出かけ
genre : 地域情報

2016-12-05

意外と穴場?休日のオフィス街散歩 虎ノ門

ちょうど東京に出たついでに、またまた運動不足解消のためにウォーキング。


なんと、東京のど真ん中にあの「金比羅宮」があるんですよ~
うちのブログは関西方面の方々も多いけど、香川県の金比羅山(こんぴらさん)には行った事がありますか?





香川の「こんぴらさん」の話はこちら↓
ラーダ・ファミリー 幸せかい?こんぴらさん






PA310001_convert_20161119143508.jpg

虎ノ門金毘羅宮

金刀比羅宮(ことひらぐう)は、東京都港区虎ノ門一丁目にある神社


万治3年(1660年)、讃岐丸亀藩の藩主京極高和が芝・三田の江戸藩邸に金毘羅大権現を勧請。
延宝7年(1679年)、丸亀藩江戸藩邸の移転とともに現在の虎ノ門に遷座。
平成13年(2001年)11月28日、東京都選定歴史的建造物に選定される。
平成16年(2004年)11月30日、虎ノ門琴平タワーが竣工。
(ウィキペディアより)



江戸城裏鬼門の位地にあり、江戸城の鬼門除けの神としても鎮座。以来、虎ノ門琴平大権現と称えられ、五穀豊穣、豊漁満帆、海陸安穏、万民太平の御神徳が広まり、東国名社の一つとして信仰を集めています。


■祭神:大物(おおもの)主(ぬしの)神(かみ)
■配祀:崇徳天皇






ビル街に囲まれた金刀比羅宮・・・。

PA310004_convert_20161119143619.jpg




都会のオアシス



PA310003_convert_20161119143543.jpg






PA310007_convert_20161119145125.jpg






PB060010_convert_20161119144816.jpg






PB060005_convert_20161119144718.jpg






PB060011_convert_20161119144841.jpg





PA310009_convert_20161119145157.jpg





PB060013_convert_20161119144906.jpg

おみくじ50円。

ちょうど自分の年齢の番号が出ました。
なんと、大吉♪いいことありそう💛





では、まだまだ歩きます・・・。

PA310012_convert_20161119150043.jpg

虎ノ門ヒルズ

できた時は話題になったけど、オフィスビルです(ホテルも入っている)




PA310013_convert_20161119150123.jpg





PA310015_convert_20161119150149.jpg

虎ノ門ヒルズ


せっかくなので、行ってみましょう。
休日だからすいてる~・・・・と、思いきや・・・。



PA310018_convert_20161204233742.jpg

何のイベントでしょう・・・。




PA310021_convert_20161204233829.jpg

青空ヨガ教室?




PA310022_convert_20161204233855.jpg

私も一時期ヨガを習っていましたが、家からたった10分のスタジオにヨガマットを持って行くだけでも邪魔だし、いったん休んだらサボり癖がついてしまってそのまま辞めてしまいました・・・。


皆がみな、こんな都会のど真ん中に住んでいるワケでもなかろうに、電車などに乗ってかさ張るマットを持って来てまでヨガをするって・・・。

休日のオフィス街は静かだけどさ~・・・。

気持ちよさよりも面倒さが先に立ってしまう私は女子力低いんだろうな





まだまだ歩きます。


PA310025_convert_20161204234607.jpg







もし、出世できるなら、アナタは馬でこの階段を駆け上がれますか・・・


PA310023_convert_20161204234507.jpg

愛宕山の標高26メートルの山頂には愛宕神社があり、ふもとから神社へ上る86段40度の急階段は「出世の階段」と呼ばれています。




PA310029_convert_20161204235944.jpg







PA310026_convert_20161204234639.jpg


「出世の階段」と呼ばれるには、次のような故事があります。



3代将軍家光が芝増上寺に父・徳川秀忠の墓参りに出かけた帰りに愛宕山の前を通りかかり、山上に梅の花を見つけて命じました。

「誰か馬で階段を駆け上り、あの梅の枝を手折(たお)ってまいれ」

そんな無茶ぶりに見事に応えたのが、丸亀藩の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)。


平九郎は家光から大いに賞賛されて面目をほどこしたと伝えられています。




PA310030_convert_20161204234721.jpg

この故事にちなんで、愛宕神社では2年ごとに「出世の石段祭り」が行われ、男たちが神輿をかついで急階段を登ります。


今では神輿ですが、過去に3人・この故事の通りに馬でこの急階段を上った人たちがいるそうですよ~



PA310032_convert_20161205000919.jpg

下りは別の緩やかな階段を降りて帰りました



愛宕神社

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2016-11-28

知っているようで知らない、紅葉スポット 平林寺

埼玉に住んで今年の12月で10年が経ちます。




今まで紅葉の時期になると東京に出向いて行ったり、鎌倉に行ったりしていましたが、今年は近場で・・・




新座という場所にある「平林寺」へ行って来ました。



ダンナは小学生の頃に社会科見学で来た事があるそうですが、普段は全然用事のない方面なので、同じ県内とは言えども遠足気分♪






PB130004_convert_20161128180853.jpg







PB130002_convert_20161128180948.jpg



野火止用水(のびとめようすい)は 、東京都立川市の玉川上水(小平監視所)から埼玉県新座市を通り新河岸川(志木市)に続く用水路。




もともと水源が乏しかった武蔵野の地には一面にススキ野原が広がっていたそうですが、松平信綱が玉川上水を開削し、さらに野火止用水を分水したことで地域は大きく発展していきました。





PB130015_convert_20161128181020.jpg






昭和43年に平林寺境内林は、武蔵野の風情を広くとどめる重要な文化財として、雑木林としては国内唯一の指定天然記念物に指定されました。






PB130007_convert_20161128181053.jpg

新座駅から平林寺までバスも出ていますが、散歩を兼ねて裏道を歩きます。








PB130010_convert_20161128180829.jpg

こんな看板、初めて見たわ!







PB130013_convert_20161128181119.jpg

そりゃ、野鳥どころか狸もいるでしょうね・・・








PB130189_convert_20161128182514.jpg





平林寺の本山は、京都の正法山妙心寺です。臨済宗では最大の妙心寺派に属し、妙心寺派においては 関東を代表する修行道場を備えています。平成28年(2016)は、中興開山鉄山宗鈍禅師没後400年にあたります。

平林寺








PB130023_convert_20161128182907.jpg

皆さん、それぞれに思い思いに写真を撮っています。









PB130027_convert_20161128182555.jpg

こないだ降った雪がまだ残っていました。








PB130047_convert_20161128182752.jpg










PB130048_convert_20161128182834.jpg

雪と紅葉ってそうそうない取り合わせですね







PB130031_convert_20161128182629.jpg









PB130037_convert_20161128183219.jpg









PB130053_convert_20161128183254.jpg










PB130056_convert_20161128183325.jpg





それでは、これから皆さんには「色まみれ」になって頂きましょう





野鳥になって自由に絵画の世界を飛んでみて下さいませ~







PB130041_convert_20161128183821.jpg










PB130067_convert_20161128183903.jpg











PB130079_convert_20161128183940.jpg











色彩600












PB130087_convert_20161128184322.jpg












PB130094_convert_20161128184356.jpg




誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが 見つけた

ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 見つけた

目かくし鬼さん 手のなる方へ

すましたお耳に かすかにしみた

よんでる口笛 もずの声

ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 見つけた



サトウハチロー「小さい秋みつけた」







PB130098_convert_20161128184426.jpg










PB130110_convert_20161128184513.jpg











PB130116_convert_20161128184550.jpg












PB130119_convert_20161128184627.jpg

「もみじ」

秋の夕日に照る山もみじ

濃いも薄いも数ある中に

松をいろどる楓(かえで)や蔦(つた)は

山のふもとの裾模樣(すそもよう)


溪(たに)の流に散り浮くもみじ

波にゆられて はなれて寄って

赤や黄色の色さまざまに

水の上にも織る錦








PB130140_convert_20161128184735.jpg










PB130149_convert_20161128185249.jpg











PB130125_convert_20161128184700.jpg










PB130164_convert_20161128184903.jpg











PB130135_convert_20161128192103.jpg











PB130128_convert_20161128185021.jpg











PB130153_convert_20161128184816.jpg











PB130173_convert_20161128184941.jpg










PB130161_convert_20161128185151.jpg











PB130169_convert_20161128185320.jpg


「木」

お花がちって
実がうれて、

その実が落ちて
葉が落ちて、

それから芽が出て
花がさく。

そうして何べん
まわったら、
この木はご用が
すむかしら。

金子みすゞ







PB130184_convert_20161128185105.jpg







いかがでしたか?紅葉の森は・・・


どの景色も美しすぎて、フル充電して行ったのにあやうく電池切れになるところでした(*´ω`*)




美しいものを素直に美しいって思える事。




ああ、シアワセだな~って思います

theme : 埼玉県
genre : 地域情報

2016-07-04

動き回るパンダ 上野動物園

久々に、上野に行って来ました。


「上野・東京ライン」が出来てから、上野で途中下車したり乗り換える事がなくなりました。



P6210001_convert_20160703232733.jpg

駅ナカで「ワッショイ!上野」というイベント中です。




P6210004_convert_20160703232838.jpg

どこもかしこもパンダ・・・。




P6210003_convert_20160703232812.jpg

靴にもパンダ・・・。パンダの顔のケーキだとかパンだとか肉まんだとか、パンダグッズもいっぱいです。





なんつ~か・・・。

P6210078_convert_20160703233202.jpg

こういう感じ?




心なしか、上野動物園のパンダも「わかってるな~」って感じでした。


P6210010_convert_20160703180738.jpg


客席(?)を楽しませるかのような振る舞い・・・。なんともアクティブで、サービス精神旺盛な感じ?

カメラを構えた客の前をグルリと回って歩き、時々、振り向いてポーズを取り、極めつけに「これぞ、パンダ的」に笹を抱えて食べる・・・。



P6210015_convert_20160703234240.jpg





P6210013_convert_20160703234314.jpg




P6210079_convert_20160703234649.jpg

パンダとは、汚いケツを客席に向け、ふて寝している動物なイメージでしたが「あんた、いったいどうしちゃったのよぉ~」な驚きでした。




P6210025_convert_20160703234932.jpg

アクティブと言えば、シロクマもそうでしたね~




氷を模した演出が少し涼し気です。

P6210030_convert_20160703234901.jpg

しかし、奴らはこのくそ熱い中、ラブラブなんですよねぇ

人前なのに、野性的なイチャイチャぶり・・・。



P6210029_convert_20160703235525.jpg

片方が水に浸かって片方が出てしまうと、寂しくなるのか、わざわざ水から上がって呼びに行くんですよね

「お前も入れよぉ~」

「やだ~、今そういう気分じゃないの~」


まぁ、実際に奴らがカップルなのかどうかはわかりませんが。




P6210038_convert_20160703235343.jpg

ラブラブ劇場を見せつけられた後のこの方の流し目はいいですね・・・。




P6210020_convert_20160704000009.jpg

ちょっと欲しいけど、白い生地は汚れが目立つしぃ~

P6210021_convert_20160704000048.jpg





P6210054_convert_20160704000253.jpg

メロンじゃないの。アルマジロよ~





しかし、今どきの動物園は進化しているのですね。
あちこちが改装中で、植物を植え混んでちょっとしたジャングル風になっていたり、ワイルドな雰囲気を演出していて昔ながらの動物園とは変化をつけている感じ。

「ここはシンガポールの動物園か?」

周りにいるのはアジア人の顔ながら、聞こえてくるのは中国語やどこか異国の言葉・・・。
外国人の姿が予想外に多くて驚きました。

動物園は言葉は関係なく楽しめるし、今や人気の観光地なのかな?




P6210069_convert_20160704000354.jpg

そう言えば、蓮の綺麗な時期に行った事がないかも・・・。




P6210067_convert_20160704000427.jpg






theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア