2015-04-01

休日おでかけパスで春の港へ・・・真鶴②

4月になりましたね~
あっという間に桜も満開になり、春爛漫

でも、お天気は下り坂だそうで、せっかくの4月スタートなのに曇り空です。
今週末や来週初めも雨だと言うし・・・。
今年は桜を長くは楽しめないんですかね



さて、旅の続きです。

ケープ真鶴には貝類博物館がありました。


さすがに全部の写真は撮れないので、何枚かご紹介(バスの時間が迫っていたし)



P3210086_convert_20150401084127.jpg








P3210092_convert_20150401084202.jpg






P3210085_convert_20150331234644.jpg







P3210098_convert_20150331234725.jpg

なんだか職人さんが彫ったような模様がついてますね~



P3210100_convert_20150331234809.jpg







P3210079_convert_20150329002914.jpg

巻貝の断面





ところで、カタツムリやナメクジも貝の仲間だそうです。

カタツムリは「軟体動物門・腹足綱」に属する巻貝の一種で、ナメクジは背負った貝殻が退化して無くなったカタツムリも含まれているのだとか。



P3210061_convert_20150329192023.jpg



陸貝

陸貝(りくがい)は、陸生の貝類である。陸産貝とも言われる。カタツムリとナメクジをあわせたものである。

基本的に、鰓は失われ、外套腔を肺として使い肺呼吸をする。ただし詳細な呼吸の機構はさまざまである。

陸生の貝類は腹足類(巻貝のなかま)にのみ見られる。ただし、腹足類のさまざまな系統で独立に陸への進出がなされており、それぞれの間には腹足類という以上の類縁性は少ない。

有肺類が最大グループで、ほとんどの種が陸生である。ただし一部の種は貝殻を失いナメクジとなっている。

(ウィキペディアより)




P3210090_convert_20150331235548.jpg


カタツムリもラッキーアイテムだそうです↓
ヨーロッパのラッキーアイテム






カタツムリの殻の螺旋模様には不思議な力が宿るとされ、春になると殻から出ることからイエスの墓から転がり出た石、あるいは復活のシンボルとされているそうです。
また、ドイツでは女性が大切に持っていたカタツムリの殻を、好きな相手に手渡すとその恋は叶うといわれています(いや~、殻なんか貰っても困るけど)





誰よりも、ゆっくり進もう カタツムリの物語誰よりも、ゆっくり進もう カタツムリの物語
(2014/10/23)
ひすい こたろう

商品詳細を見る








P3210106_convert_20150401001451.jpg

貝のイラストの切手・・・。こんなにあるんですね~



ところで、関西にも貝類博物館があります↓

西宮市貝類館


むか~し、電車を乗り継いで行った事がありますよ~
個性的な建物は、世界的に有名なあの安藤忠雄さんが手がけたものだそうですよ~(たしか)


近くにマリーナもあるし、爽やかな季節にいかがですか?





P3220006_convert_20150329192219.jpg

売店で買ったアクリルたわし。
売り上げ金は地域活動支援センターの活動に使われるようです。








バスで駅に戻り、枝垂れ桜が有名な公園へ・・・。



P3210115_convert_20150401001411.jpg







P3210121_convert_20150401001527.jpg

花が大きいから迫力があります。


P3210119_convert_20150401001602.jpg

木蓮の花ですか?







P3210130_convert_20150401001733.jpg








P3210136_convert_20150401001915.jpg









P3210139_convert_20150401001829.jpg








P3210123_convert_20150401003325.jpg







P3210141_convert_20150401003436.jpg






P3210122_convert_20150401001643.jpg

おばあちゃんたちの大正琴の演奏。
曲は「恋のバカンス」でした・・・





P3210183_convert_20150401003854.jpg

なんと、猿回しまで始まったよ






P3210179_convert_20150401002029.jpg








P3210184_convert_20150401003926.jpg

後ろ姿がカワイイ・・・




有名な観光地というワケでもなさそうで、地元の人ばかりでした。
手作り感万歳な、ほのぼのとしたいいお祭りでした。

駅に「ただいま、三分咲き」という看板があったせいか、人もすいていてゆっくり鑑賞できました。



しかし・・・。

猿回しに大正琴の演奏に満開の桜


ここは極楽浄土か~!







P3230003_convert_20150401004140.jpg


帰りは駅前の干物屋で金目鯛の干物を・・・。
こんなに大きいのに2枚で800円でした。

絶妙な塩加減で、骨と皮も簡単に取れて美味しかった・・・。





P3240028_convert_20150401004214.jpg

八百屋で湘南ゴールドというミカンを購入


湘南ゴールド


湘南ゴールド(しょうなんゴールド)は、神奈川県が開発した柑橘類の品種。「今村温州」と神奈川県西部で採れる「ゴールデンオレンジ(黄金柑)」の交配により作られた。交配後その実生の中から選抜、増殖を行いながら特性の調査を継続し、1999年にその特性が安定していることを確認して育成を完了した。交配後、12年かけて品種登録を行い、2006年から出荷を開始している。神奈川県の県内農林水産物の選定制度である「かながわブランド」に選ばれている

(ウィキペディアより)




正月以来、寒かったり風が強かったり花粉が飛んでたり、なぜか週末だけ天気が悪かったりで遠出できませんでした。


これから街歩きにもいい季節なので、そろそろモグラの着ぐるみを脱いで出かけたいと思います。





旅行は開運にもいいそうですよ~↓
ゲッターズ飯田の旅占い

スポンサーサイト

theme : 神奈川
genre : 地域情報

2015-03-30

休日おでかけパスで春の港へ・・・真鶴

上野東京ラインが3月14日に開業したので、今までは途中で乗り換えて行っていた神奈川県の熱海方面にも埼玉(大宮)からも乗り換えなしで行けるようになりました。



JRE_TokyoArea_SuburbanLines_UTL_svg.png
(ウィキペディアより)



今回、利用したのはJR東日本が販売している「休日おでかけパス」という切符(当日限り有効:2670円)


P3220007_convert_20150329192124.jpg

割引区間を越えてしまったので、追加の切符も購入



このパスを使うと、東京近郊のフリーエリア内の普通列車(快速含む)普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)全線、東京モノレール線全線が乗り降り自由

別に特急券やグリーン券等を購入すると、新幹線・特急列車・普通列車グリーン車等も利用できます。



熱海とか伊東、湯河原は知名度が高いけど、真鶴って?という印象ですよね~
簡単に言えば、熱海駅の3つ手前の駅ざんす。

駅前には特にコレといった観光名所もなさそうですが、漁港があるので美味しいお魚が食べられるかも?


300px-TokaidoLineEastStations.png
(ウィキペディアより)



真鶴半島

真鶴半島(まなづるはんとう)は神奈川県足柄下郡真鶴町にある小さな半島である。海岸は高さ20mほどの岸壁が続く。陸上には松や楠、椎などの常緑樹の大木と、シダ類が生い茂る原生林が残されている。先端の真鶴岬の先には神奈川県の名勝地である三ツ石(正式には笠島という)がある。引潮の際にはこの三ツ石まで歩いて渡ることができる。真鶴半島でしか採取されない石として本小松石がある。なお、この真鶴半島の先端から、三浦半島の先端を結んだ線から北の海域を相模湾と呼ぶ。
(Wikipediaより)




P3210001_convert_20150328204337.jpg


メジャーな熱海なんかと違ってひっそりとしてて観光客も少なく、静かに雰囲気を楽しみたい人向け・・・って感じですかね~
なので、今までは通過ばかりで一度も駅に降りた事がありませんでした。



一駅手前の根府川駅には青春18きっぷを利用して下車したことがあります(乗り降り自由だしね)↓

降りた事のない駅で降りてみようシリーズ☆根府川




P3210003_convert_20150328204408.jpg


まずは、駅前の観光案内所で有名な観光地の地図やおススメの食事処を聞いて・・・。





P3210006_convert_20150328204437.jpg

活魚料理のお店のお任せセット1500円。

おおぅ~!お頭つきだわ♪

私はアジとかサバとか匂いのする魚は苦手ですが、刺身も干物も美味しかったです。





では、せっかくなので港の方までバスで行ってみましょうかね~

P3210015_convert_20150329000235.jpg

目指すは「ケープ真鶴」。

いったい、どんなところなのでしょう?




370px-Manazuru_Peninsula_Aerial_photograph_1983.jpg
真鶴半島(ウィキペディアより)








P3210013_convert_20150329000057.jpg









P3210012_convert_20150329000129.jpg

スキューバダイビングをしている人たちが・・・。
私も独身時代は週末にダイビングに行っていました。






P3220011_convert_20150329192151.jpg

潜った回数や場所、天候、海況、水温、潮流、潜った時間、最大水深、タンクの重さやタンクの中の空気の消費量、腰につけた重りの重さ、一緒に潜ったメンバーなどの記録を書くためのノートです。








P3210112_convert_20150329191940.jpg









P3210016_convert_20150329001221.jpg

JR真鶴駅から20分くらい。
どんどん山道を上がって行きます。

真鶴旅行 豊かな自然あふれる半島の真鶴






P3210020_convert_20150329000207.jpg

さ~て、では見どころの三ツ石海岸に行ってみましょう。




P3210025_convert_20150329001648.jpg


初島や大島、伊豆半島、さらには晴れて空気の澄んでいるときには、房総半島まで見渡すことができるそうです。






P3210026_convert_20150329191838.jpg









P3210028_convert_20150329000319.jpg









P3210035_convert_20150329000405.jpg








P3210038_convert_20150329001937.jpg

波で削られたんですかね~







P3210042_convert_20150329002342.jpg









P3210049_convert_20150329002012.jpg









P3210054_convert_20150329002125.jpg









P3210055_convert_20150329002053.jpg








P3210063_convert_20150329002210.jpg









P3210058_convert_20150329002309.jpg








P3210033_convert_20150329003029.jpg








P3210077_convert_20150329002957.jpg

こんな平和そうなところに・・・幕末嘉永三年に築かれた砲台跡






わが立てる 真鶴崎が 二つにす 相模の海と 伊豆の白波
与謝野晶子








ちょっと長くなってしまったので、続きはまた次回に~






P3210018_convert_20150329004521.jpg

遠藤貝類博物館



P3210102_convert_20150329004451.jpg




theme : 神奈川
genre : 地域情報

2010-05-14

ラーダ・ダンナ ぶらり旅・ふたたび 伊東・伊豆多賀

湯河原での出来事・・・。笑って頂けたようでなによりです。はい。

しかしまぁ、日ごろの行いの良い者はちゃ~んとブログネタを神様が用意してくれているのですね。
あっはっは・・・(乾いた笑い)

その証拠に、湯河原から伊東に移動したら晴れてました。

おーまいがっ

今回利用したプランは往復電車の時間も座席も決まっています。
なので、4時までは何とか時間をつぶさねばなりません。

12日の伊東駅
前回、伊豆に行ったのは去年の9月21・22日でした。
連休だったので、激混みだし、ついでに言えば天気もあまりよくありませんでした(途中で晴れたけど)
それに前回は海岸も人が多くて、波が荒れてごみがいっぱい落ちていました。

では、今度はこの曲で雰囲気を盛り上げましょう。
サザン・オールスターズの曲では一番この曲が好きです。



伊東の海

ラーダの影


伊東 波しぶき


ところで、みなさんは一度も降りたことのない駅だけどなぜだか「惹かれる駅」ってありますか?

伊豆多賀

その駅で降りてみたところできっと、観光するようなものは何もないのだろうけど、なぜだか気になる場所・・・。

私たちは前回の伊豆旅行の時に通過した「JR伊東線 伊豆多賀」という駅が気になっていました。

多賀駅

山のてっぺんに駅があって、改札から青い海が見えます。
そこで下車する人もほとんどおらず、ひっそりとした駅。


今回は時間もあったので、降りてみました。
しかし、電車は30分ごとにしか来ないので、それに乗り遅れると帰りの電車の切符も無駄になるというリスクもありました。

でも、もし、この駅で降りてみなければずっと記憶の中に残り、わざわざこの場所に行くためだけにまた来ることになるかも・・・という気がしました。

では、みなさん。
一緒にその駅に降りて海まで行ってみましょう・・・。

たがのおか

想像していたとおり、とても好きな場所でした。

午後2時過ぎ・・・。まるで時が止まったかのような錯覚がありました。

みかんの花

どこからか甘い香りが漂ってくる・・・と思って見れば、蜜柑の花が・・・。
蜜柑の花の香りって、柑橘系の香りなのかと思っていたのですが、なんだかジャスミンみたいな香りなのですよ~

こんな童謡を思い出しました。
「みかんの花咲く丘」。

みかんの花が 咲いている
思い出の道 丘の道
はるかに見える 青い海
お船がとおく 霞んでる


知っていますか?
子供のころによく母と歌いながら、手遊び(せっせっせ、ヨイヨイヨイ♪みたいなの)をしたのを思い出します。その頃に持っていた童謡の本の挿絵の風景そっくりでした。

緑の小道

急な坂を下りながら、くねった道を行き、海を目指します。

続く道

ここの海岸は人も少なく、砂浜も綺麗。
夏には海水浴に良さそうです。

多賀海岸

伊東や熱海みたいな観光地じゃないから、地元の人がひっそりと犬を散歩させたり、釣り糸をのんびりとたらすような場所ですかね~

つつじの咲く駅


また、なんでもない日にこっそりと来たい場所です。

伊豆つつじ


皆さんにはそんな場所がありますか?

今回は最初こそどうなるかと思いましたが、結果は印象に残るいい旅でした。

流木
伊東の海岸で拾った流木。ディスプレイに使えそう・・・

theme : 神奈川
genre : 地域情報

2010-05-13

ラーダ・ダンナ あの日湯河原で ~踊り子号に乗って

ゴールデンウィークに遠出しなかったので、今日は有休をとって湯河原に行ってきました。

踊り子号
今回は「びゅう★日帰り 湯河原坦々焼きそばの旅」プランを利用しました。

往復のJR線乗車券および特急券と昼食の坦々焼きそばの食事利用券がついたプラン(一人4800円)です。
※指定の温泉施設の割引特典もあり

湯河原駅

湯河原は熱海や伊東に行く途中で通るものの、まだ一度も下車したことがありませんでした。

湯河原駅前

熱海駅前なんかと比べればひっそりとした印象です。

湯河原と言えば、サスペンスなどの舞台でよく登場しますね。

では、サスペンスちっくにこの曲を聴きながらこの先をお読みください・・・へっへっへ・・・




今日は日帰り温泉に行って入浴した後に坦々焼きそばを食べ、街を散策する予定です。

こごめの湯
こごめの湯
湯河原温泉 こごめの湯

駅の観光案内所で近場のお勧めの施設を紹介してもらったところ「こごめの湯」というところを紹介されました(午前中から行って入浴できるところ)。

ちょうど駅前にそちら方面へ行くバスが出ていたので、飛び乗りました。
旅先で地元の人が利用するバスに乗るのはなんだか新鮮な気分です。

湯河原かわぞい

湯河原の街は、熱海とは違って普通の住宅街という雰囲気でした。
お土産屋さんもあるものの、生活するには湯河原の方が便利そうだし、静かな気がします。
バスの利用者には高齢者が多かったです。

源泉
湯河原の源泉

10分も乗らないうちに最寄り駅に到着。

湯河原の川

天気予報では、朝のうちに雨が上がって晴れると言っていたのに何やら怪しげな空模様・・・。
ますますサスペンスちっくになってきましたよ・・・・。

つつじの家

「こごめの湯」は急な坂を上ったところにあり、ゼエゼエ言いながら上ります。
途中、なんとも「これぞ、イメージする温泉地よ!」な風景が・・・。

夫婦たぬき

施設の入り口には2匹の狸がお出迎え。
「なぜに、狸?」
その謎はあとでご説明します。へっへっへ・・・(もう、ええっちゅうねん)

平日の午前中なので、利用者もまばら。
これはゆっくり、お風呂を楽しめそう・・・。

案の定、脱衣所にいるのは数人でもう帰り仕度をはじめていました。
露天風呂から一人出てきて、人がいなくなったのを見計らって露天風呂に移動・・・。

とうとう降り出した雨の音を聞きながら「雨の音を聞きながらの温泉。こりゃ、風流だねぇ」としみじみしていたのですが・・・。

シトシトという音がジャンジャン、ごおおおお~っに変わって行きました。
「月さま、雨が・・・」
「春雨じゃ、濡れて行こう」
などと、雨月物語のワンシーンを想像していたのが、今度はうって変って石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」の激しくドラムを叩くイメージに・・・。

そのうち、脇にあった小さな滝の流れがどどどどどどど!に代わり、風呂から見える竹林はゴーゴーダンスを踊る踊り子たちのごとく、激しく揺さぶり合って・・・

いや~、どこまで平和な人だったんでしょう、私・・・。

そろそろ、屋内に戻るか~と腰を上げたら・・・

風呂露天
ま、誰もいなかったのでヨシということで・・・。

出入り口が泥水につかって埋もれてました。
まるで、離れ小島・・・。
風流に並んでいた踏み石も見えなくなっており、外に追い出された状態に。

豪雨と激しい雷の音・・・。出入り口のまわりは池と化し、どこからか流れきた枯れ葉で埋め尽くされている・・・。

裸の女が嵐の中で立ち往生・・・。

・・・開けましたとも。
出入り口のドアを・・・。
すると、泥水と共に枯れ葉もどわ~っと流れてきて・・・。
※排水溝に流れて行ったので、中の浴槽(?)には入りませんでしたが

「風と泥とごみと共に来たる! 謎の裸の女」

・・・。

脱衣所に出るとお客さんのお婆さんが「良かった~!あなたが閉じ込められて出てこれないのかと思って助けに行かないと!って思っていたのよ」と裸で駆け寄ってきました。

自分がのんきに風呂に使っている間に他人さまの心を痛めさせていたかと思うと・・。よよよ、申し訳ない・・・
※でも、しっかり屋内の湯船につかりなおし温まってきましたよ

湯河原のまち

しかし、こんな雨ではとりあえずバス停までも行けぬ。
その前に昼食の「湯河原名物 坦々焼きそば」を頂くことにしました。

坦々焼きそば

これが、坦々焼きそばです。
見た目は普通の焼きそばなのですが、味はう~む、ピリ辛上海焼きそばって感じかな~。
ソース味の焼きそばではなく、ごま油とトウガラシと鶏がらスープとあと何かで味付けされている気がします。結構美味しいので、もし、近場で食べられるところがあれば食べたいくらいでしたよ。

さて、なぜ「坦々焼きそば」なのか。また、なんで「狸」なのか。

それには、こんな伝説があります。
昔、湯河原に一匹の雄の狸がおったそうな。ある日、土地の猟師の弓で傷つけられ、狸は山間に流れる河原に湯の出る場所を見つけ傷を癒すことにしました。
そうしていると、そこに足にやけどを負った雌の狸がやってきました。
やがて、傷も治った二匹はこの湯のご恩を忘れることなく、人間に化けては湯河原の温泉の素晴らしさを説き、旅人の願いを叶え、福をもたらす神のつかいとなったそうな。そして、今でも湯を守りつづけておるそうじゃ・・・。

※自分たち(?)を傷つけた人間を恨まない狸は偉いのぉ・・・

狸福神社

そして、なぜ坦々焼きそばなのか。
それは、この温泉を見つけたと言われる狸にあやかり、親しみやすい歌のフレーズ「たんたんたぬき・・・♪」から、坦々焼きそばのメニューを考案したそうな。

たぬきうどんにも入っている(関西だっけ?関東だっけ?)揚げ玉(天かす)も入っていましたよ~

ちなみに、この坦々焼きそばの内容はお店によって違います。
観光案内所などで「坦々やきそばマップ」が貰えるので、興味のある人は行ってみてはいかがでしょう~

湯河原町商工会 坦々やきそば

つづく

※なが~い記事ですみません

theme : 神奈川
genre : 地域情報

2009-09-29

ラーダ・ダンナ 伊豆珍道中★3

伊豆旅行記事、もう、ええんとちゃう?・・・な感じですが。

宿泊した伊豆長岡にあるホテルから駅までホテルのバスで送ってもらい、とりあえず三島駅へ。
青い電車

電車は観光客に交じって地元の人らしき人も多い。普通にここで生活を営む人たちがいるんですね~。当たり前だけど。

「修善寺行き」・・・。なんとも魅力的な響き・・・。

こういう観光地に住んでいる人の日常ってどうなんだろう?
温泉地に住んでいる一般の人たちは、観光客のように温泉施設には行かないものなのかしら?
いとこが大分の由布院に住んでいた頃は、町営の温泉に行っていたと聞いたことあるけどなぁ・・・。

駅三島
三島駅。駅前には特に何もなし。

いちゃつく鳩
噴水の水たまり前でいちゃつく鳩たち・・・。なんやの自分ら、付き合い初めのカップルなん?
近くで撮影してもこちらに目もくれず・・・。まったく、最近の若者は・・・。ぶつぶつ・・・

※大阪・神戸では自分=アナタ。他人のこと自身をさすことを「自分」と言います。なんで?
(例)アナタはどこから来たのですか? 訳:自分、どっから来たん?
(例)アナタたちは、新婚さんなのですか? 訳:自分ら、新婚さんなん?

つい、何かの事柄に突っ込みたいときに関西弁になっちゃうんですよね・・・。それが例え鳩が相手でも・・・。

三島駅にさっさと見切りをつけ、初日にあまり散策できなかった熱海へ移動。
熱海海岸
なんだかほのぼのとした雰囲気です。
子供の頃に行った海水浴を思い出します。さすがに9月半ばで泳ぐ人はいないだろう・・・と思っていましたが、非常に少数の人たちが泳いでました。
自分ら、夏を惜しむ蝉か!

熱海海岸旅館

目の前が海岸で非常にロケーションがいいのに、ぱっと見た感じ「ここに泊まってみたい!」という宿がない。なんとなく古くてうらぶれた感じ。こんなところに外資系の素敵なホテルが(しかもそんなに高級じゃないレベル)できたら、お客は殺到するのだろうか?

古くてもそれなりにどこも客が入っているのか?それとも、やっぱり別のところに泊って車で海岸まで来ているのかしら。駐車場もいっぱいだし・・・。

帰りは熱海駅までバスで戻ることに・・・。来るときは歩きで来たけれど、ものすごい坂道で帰りはくじけそう・・・。

バスもタイミング良く来て座れてラッキー。坂道からの風景も余裕を持って見られます。

蕎麦
「たぬきそば」。ピンボケですが・・・。

「たぬきそば」って関東と関西では中身が違うんですよね~。
関東では天かす(揚げ玉)、関西では・・・何だっけ?きざみアゲだっけ?(自信なし)

「たぬきそば」。なんだかものすご~く久しぶりに食べたかも。ダンナはカレーうどん。
この人はどこに行ってもカレーうどんを食べている・・・。

皆さんは蕎麦屋さんやうどん屋さんに行くと「絶対これ」と決めているタイプですか?
私の場合は「天麩羅うどん」か「鴨南蛮そば」ですかね。
でも、天麩羅入りを食べるほどおなかがすいていなくて、雰囲気を味わいたい場合はたぬきそばでもOKかも・・・。安いし。

ひもの
最初の予定では熱海から小田原駅まで行って、小田原を少し散策して電車を乗り換えて帰る・・・というプランでした。

しかし、一本前の時間の電車でも乗り換えがスムーズに帰られるので、結局「平塚駅」まで行って乗り換えて帰ることに・・・。
熱海駅から埼玉の大宮駅まで湘南新宿ラインのグリーン券を購入。

すでに馴染みある風景になった幾つかの駅と景色を見ながら平塚駅へ。

平塚駅で湘南新宿ラインのグリーン車に乗車。高崎線だと普通車の他に何両かがグリーン車になっています。

新幹線のグリーン車とまではいかないけど、シートもゆったりとしていてクッションもいいし、足もとも余裕があり快適です。途中で車内販売がやってくるし・・・。

しかも、今回のツーデー・パスなら熱海から大宮駅までの切符の料金はカバーできており、別途必要なのはグリーン車の料金だけ。

熱海から大宮駅までのグリーン券の価格は750円!
750円別に払うだけで、こんなにゆったりした車両で帰られるなら絶対こっちで帰るわ!
※グリーン券の料金は距離で変わる

ちなみに、このグリーン券。
購入しても席が満席なら座れません。その場合は、別の空いた電車に乗るか、席が空くまで立って乗って行くか・・・。

「お金を払っても乗れないかもしれない、って言ったら絶対関西の人は怒るよね。何でやねん!って」
「そりゃ、そうやろな」

でも、時間のタイミングを見ればたいていは座れるものですよ~

帰りはいつものごとくビールを買って音楽を聴きながら、豪快に居眠りして帰って来ました。

今回の旅はいろいろあったけど、今までの旅よりも充実してたかも・・・。


引っ張るに引っ張った、伊豆旅行ネタ。
ああ、ネタもまた切れました・・・。


theme : ちょっと、お出かけ
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
フリーエリア