FC2ブログ
2019-09-12

ラーダ・ダンナの夏休み ④ 伊東温泉競輪場

電車に乗り換えて行った場所は・・・




P8050165_convert_20190911153158.jpg

伊東温泉競輪場


伊東温泉競輪場(旧・伊東競輪場)は昭和26年に作家の坂口安吾がレースに不正があったとして地方検察庁に告発状を提出。伊東競輪告発事件で世間を騒がせましたが、なんともまぁ、山と川に囲まれたのどかな場所にあります。


競輪という切り口 坂口安吾






P8050179_convert_20190911234652.jpg

ダンナは電車の中で競輪場の広告を見て行ってみたいと思ったそうです。







P8050176_convert_20190911235405.jpg

とは言え、まったく馴染みがないので、社会科見学のようなものですかね






P8050182_convert_20190911233953.jpg

見ていると、わりとたくさんの方々が働いているのがわかります。



何か所もある券を買う窓口には一人一人、受付のお姉さんたちがいるし、選手がレース場に入ってくる前に自転車に乗って周囲を点検して回る係員たち。


掃除の人、警備員、売店の売り子さんたち・・・。


競輪場も立派な雇用先なんですね~








P8050184_convert_20190911233706.jpg

どの人も強そうな気がする・・・







P8050186_convert_20190911235124.jpg


券の買い方がわからないので、ネットで検索して買い方を調べました。


ウェアの色によって、どの色が強いとか弱いとかのレベルがわかるようですね~


また、出身地エリアとかで2・3人でチームを組んで他の選手の邪魔(?)をしたり、うまくリードしたりして走るようです。






P8050178_convert_20190911234430.jpg

何やら難しそうだったので、私は約束通りビールと串揚げを買ってもらい、おとなしく観戦。










P8050173_convert_20190911234154.jpg










P8050188_convert_20190911234836.jpg

ダンナは、9レースで1・2・3着を当てましたが、かたいレースだったのか(人気の選手だった?)800円分買って110円の損失でした




まぁ、下手に高額を当ててしまってはまったら困るので、これぐらいの損失で済んで良かったです((+_+))









P8050189_convert_20190912001925.jpg

また最寄り駅まで歩いて行って、電車に乗り換えるの面倒だな~と思っていたら、競輪場から伊東駅まで無料送迎バスがあったので乗れました。



クーラーもガンガンに効いててラッキー


伊東温泉競輪場からは伊東駅のほかに、下田や沼津の競輪場まで無料送迎バスが出ているようです。


普通に電車で行こうと思ったら結構なお値段になるのに、無料だなんて・・・


競輪場行きにとりあえず乗って、そこから移動する方法もあのかも・・・(いいのかな)






P8050191_convert_20190912002042.jpg

ラーメン餃子セットにご飯まで・・・これをオーダーしている人が多かったです(ダンナも)


熱海駅の隣のビルに浜松で行った浜松餃子のお店があったので、遅い昼食兼、早めの夕食です・・・(この時、夕方5時)





ラーダ・ダンナの夏休み 後編に長らくお付き合いくださり、ありがとうございました!(^^)!




さて、これで青春18きっぷを4回分使いました。


あと、1回分残っていますが、どう使いましょうかね~








スポンサーサイト



theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

2019-09-07

ラーダ・ダンナの夏休み 後編 ③ 断崖絶壁の城ヶ崎海岸






ふふふ・・・。



皆さんの推理は当たりましたでしょうか?



P8050116_convert_20190907001803.jpg


伊豆高原エリアを代表する有名観光地でありながら、なぜか交通の便が悪くバスの本数も少ないので大室山からタクシーで移動しました。







P8050159_convert_20190907002258.jpg

中学生のころ、家族と一緒に来ているのですが、こんな灯台はあったっけ~?記憶にないな







P8050122_convert_20190907002735.jpg

階段を下りて景色を見てみましょう






P8050127_convert_20190907002909.jpg

大室山の噴火によって流出した溶岩







P8050120_convert_20190907002523.jpg


城ヶ崎海岸 (伊東八景)

城ヶ崎海岸は、大室山が約4,000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出し、海の侵食作用で削られてできた、約9kmにわたる雄大な出入りの激しい溶岩岩石海岸です。








P8050131_convert_20190907003737.jpg

では、つり橋をわたりましょうかね~






P8050132_convert_20190907004017.jpg








P8050133_convert_20190907004305.jpg







P8050135_convert_20190907004516.jpg

サスペンスちっくな波・・・






P8050137_convert_20190907004808.jpg







P8050138_convert_20190907005054.jpg








P8050139_convert_20190907005312.jpg








P8050143_convert_20190907005516.jpg







P8050147_convert_20190907005829.jpg








P8050158_convert_20190907010926.jpg








P8050153_convert_20190907010403.jpg

記憶の中ではもっと長い橋だったんですけどね~







P8050155_convert_20190907010557.jpg









P8050160_convert_20190907011247.jpg

桜並木を通って駅に向かいます。


車は進入禁止なので、人通りも少なくゆったり歩けます。


前から歩いて来るカップルを見送ったあと、ダンナがポツリと・・・。





「そういえば、朝に乗った電車で不自然なカップルを見た・・・・」






実は朝に乗った電車でなんとなく、違和感のあるカップルを見かけました。




女性はワンピースを着ておしゃれをしているのに、男性はカジュアルな格好で、若いカップルみたいに女性は妙にはしゃいでかわい子ぶっている感じ。





中年カップルか?新婚か?と、訝しみ手元を見ると女性の左薬指には結婚指輪が・・・。



男性は・・・?と、さり気なくチェックすると指輪はなし。





まぁ、奥さんだけ指輪するのも変じゃないけど、ダンナ相手にこんなにはしゃぐものかね?




4人掛けの座席で混んできても、二人にはほかの人が目に入らないみたい・・・







「ありゃ、おかしいね。ヤバイやつだね」




「平日の夏休みだし、この辺なら十分に日帰りできるしね~」





「素知らぬ顔して、ダンナが帰ってくるまでに家に戻れるね」



「そうそう、、息子は夏期講習とかで夕方まで帰ってこないしね」(勝手な想像)






上り坂がきついのに、足取りが妙に軽い。



ジリジリと照り付ける日差しが、潮風をはねつける。






「明日の朝、ニュースで見たりしてね」



「あ、この人、電車の中で見た女の人だ!って?」






“どこか、不自然なカップルだな~って思って記憶に残ってたんですよぉ でも、まさかねぇ・・・“





「ニュース番組のモザイクのかかった画面の向こうで、そんなことを言ったりしてね」




きっと、家の冷蔵庫の中には昨日の晩から作っておいたビーフシチューがタッパーに入ったまま残っているんだよ・・・

ラップのかかったサラダも野菜室でキンキンに冷えててさ・・・







P8050162_convert_20190907011531.jpg

な~んて、電車の中で見たカップルをネタに「火曜サスペンス劇場ごっこ」をしたのでした。










P8050164_convert_20190907013937.jpg

さて、この後はどこへ行くのでしょうか?








旅はまだ終わりません。







ヒントは「ビールを買ってあげるから」。





つづく




theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

2019-09-03

ラーダ・ダンナの夏休み 後編 ② 大自然のテーマパーク 大室山






さてさて、気になるお天気ですが、どうなんでしょう?




P8050033_convert_20190903155344.jpg

おお~!雨は降っていないようです。





P8050034_convert_20190903155445.jpg

初島も見えました!(^^)!







チェックアウトした後は、ホテルの車で熱海駅まで行き、そこからまた電車に乗って伊東駅まで向かい、伊東駅前からバスに乗ります。



P8050036_convert_20190903155624.jpg

終点まで行った先は・・・






P8050037_convert_20190903155926.jpg

大室山です。

伊豆シャボテン公園は有名ですが、その裏(?)にあるのが、大室山。






P8050040_convert_20190903160205.jpg

この、大室山をロープウェイで登ります。






P8050042_convert_20190903160357.jpg

ロープウェイに乗るのは何年振りかな~







P8050046_convert_20190903160701.jpg

大室山は標高が580mあり、伊豆・伊東・伊豆高原のランドマーク的な存在です。

山頂へはリフトで5分。






P8050047_convert_20190903162034.jpg

空がちか~い!







P8050053_convert_20190903162226.jpg

ロープウェイでの山登りはいろんな場所で経験していますが、こんな場所は初めてですね~!







P8050052_convert_20190903162153.jpg

70m下って行けば、アーチェリーも楽しめます。

下るのはいいけど、帰りが辛そう






P8050056_convert_20190903162356.jpg

では、周囲を歩いてみましょうかね~







P8050057_convert_20190903162421.jpg

皆さ~ん、あちらに見えるのが・・・






P8050059_convert_20190903162449.jpg

人です・・・・。


一周、約30分くらいだそうです。





一周?!





皆さん、この大室山がいったい、どんな形をしていると思います?






こ~んな、カ・タ・チ💛








P8060199_convert_20190903162523.jpg

まるで、お椀を伏せたような形と言われています。


この山は360℃見渡せる、すり鉢状の形をした山なのです。




大室山(おおむろやま)は、静岡県伊東市にある標高580mの火山。独立峰で山焼きが毎年行われるため一年生植物で覆われてよく目立ち、伊東市のシンボル的存在である。山体は国の天然記念物および富士箱根伊豆国立公園に指定されている。


大室山は伊豆東部火山群の活動の一つとして約4000年前に噴火した単成火山のスコリア丘である。以前は大まかに約5000年前の噴火で形成されたと言われてきたが、工事現場で火山灰に埋没した木が発見され、年代測定によってそのように考えられるようになった。

スコリア丘とは、火口からマグマが噴き上がってできたスコリア(塊状で多孔質のもののうち暗色の石)が、火口の周囲に累積し、円錐台の丘を形成したものである。

(Wikipediaより)




「お鉢めぐり」では 富士山をはじめ南アルプス、伊豆七島、房総半島まで見渡せるそうですよ~





ふふふ・・・




天然の、蟻地獄でんがな・・・・




な~んつって







P8050060_convert_20190903164559.jpg








P8050067_convert_20190903164742.jpg








P8050069_convert_20190903164819.jpg

上り下りが結構あります。






P8050072_convert_20190903164852.jpg








P8050073_convert_20190903164920.jpg







P8050080_convert_20190903165048.jpg








P8050084_convert_20190903170543.jpg








P8050093_convert_20190903165121.jpg








P8050097_convert_20190903165156.jpg

柵もないので、高所恐怖症の人は怖いかも・・・







P8050098_convert_20190903165228.jpg

ロープウェイはワンちゃん連れもOKなので、たくさんのワンちゃんを見かけました。







P8050099_convert_20190903165259.jpg








P8050105_convert_20190903165330.jpg

下り坂もくねくね・・・







P8050108_convert_20190903165407.jpg








P8050109_convert_20190903165441.jpg

いい運動になりました。そろそろ、下りましょう






P8050111_convert_20190903165529.jpg

上るとき、下るとき、それぞれに見える景色が違うんですね







P8050114_convert_20190903165601.jpg








P8050115_convert_20190903165631.jpg

わざわざ海外に行かなくても、日本にはまだまだ知らない、面白い場所があるんですねぇ・・・






さて、次はサスペンス劇場でも見たことがあるかな?!な、場所に行きます。





さて、どこでしょう・・・






チャンチャンチャーン、チャンチャンチャーン(火曜サスペンス劇場のテーマ曲にのって、つづく)






theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

2019-09-01

ラーダ・ダンナの夏休み 後編① 湘南モノレール・江ノ電・小田原漁港




9月になりましたね~



今年の夏は雨が長引き、肌寒い日も多く、暑かった日が少なかったような気がします。




そのせいか、9月で秋の気配を感じるようになると、どことなく「夏を思いっきり楽しめてないような気がする」という、心残りが・・・。



とは言っても、いつまでも夏を惜しむキリギリスでいるわけにもいきませんしね~







さて、7月初めに伊勢と鳥羽、豊橋と浜松に行ってきましたが、数日間夏休みが残っていたので出かけてきました。







今回は「青春18きっぷ」を利用した旅です。




青春18きっぷは、全国のJR線の普通列車が1回あたり2,370円で1日乗り放題。1人で5回分、または5人までのグループ利用ができます。




電車も乗り降り自由なので、いろんなところに途中下車できます。









P8040001_convert_20190901000950.jpg



今回は、湘南モノレールに乗ってみたかったので、大船駅で途中下車します。









P8040002_convert_20190901001039.jpg

初めて乗りましたが、こじんまりとした電車ですね~









P8040003_convert_20190901001104.jpg


下に線路がないので、普通の電車よりも左右に揺れる感じですね~



また、結構な斜面を上り下りするので、ブルンブルンと揺れます。



家と家の狭い隙間や山の中を走ったりするので、遊園地のアトラクションのようでした。







280px-Smonorailhonsha.jpg
(Wikipediaより)



P8040005_convert_20190901001130.jpg

駅の改札がビルの中にあります・・・。







日頃の行いが悪いのか、モノレールの駅から江の島方面に向かったのですが、まさかの暴風・暴雨










P8040006_convert_20190901001158.jpg


乗る予定はなかったのですが、江ノ電に乗り、目的地へ向かいます。








P8040007_convert_20190901001227.jpg

青い江ノ電もあるんですね~






P8040008_convert_20190901001300.jpg

おなじみの緑色の江ノ電









P8040016_convert_20190901001521.jpg

小田原まで向かってまた電車を乗り換え、一駅隣の漁港のある早川駅で下車です。







P8040009_convert_20190901001326.jpg

傘が吹っ飛び、服の裾をムササビのように膨らませながら、漁港にある食堂へ向かいます。







P8040015_convert_20190901001448.jpg

小田原ちょうちん型の灯台









P8040013_convert_20190901001421.jpg

まだ夏休みなせいか、どこのお店も混んでいます。









P8040010_convert_20190901001354.jpg

漁師のまかない丼









P8040019_convert_20190901001608.jpg

またまた乗り継いでやっと、熱海へ・・・









P8040020_convert_20190901001634.jpg

新しくなった熱海駅へ行くのはこれで2度目









P8040021_convert_20190901001702.jpg

駅前の足湯には片足をつっこむスペースすらありません・・・









P8040027_convert_20190901001732.jpg

商店街を抜け、坂道を下ってエンヤコラサとホテルへ・・・






全室オーシャンビュー






P8040025_convert_20190901001803.jpg

初島が見えます。






これが、いいお天気なら見える海の色も違っただろうに・・・







さて、翌日のお天気はどうなるのでしょうか?






翌日も暴風・暴雨だったら、いったい何のために熱海まで行ったのかってことになりますねぇ・・・




よよよ




ヤモリちゃん、どうか翌日は晴れにして~!





theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

2015-04-01

休日おでかけパスで春の港へ・・・真鶴②

4月になりましたね~
あっという間に桜も満開になり、春爛漫

でも、お天気は下り坂だそうで、せっかくの4月スタートなのに曇り空です。
今週末や来週初めも雨だと言うし・・・。
今年は桜を長くは楽しめないんですかね



さて、旅の続きです。

ケープ真鶴には貝類博物館がありました。


さすがに全部の写真は撮れないので、何枚かご紹介(バスの時間が迫っていたし)



P3210086_convert_20150401084127.jpg








P3210092_convert_20150401084202.jpg






P3210085_convert_20150331234644.jpg







P3210098_convert_20150331234725.jpg

なんだか職人さんが彫ったような模様がついてますね~



P3210100_convert_20150331234809.jpg







P3210079_convert_20150329002914.jpg

巻貝の断面





ところで、カタツムリやナメクジも貝の仲間だそうです。

カタツムリは「軟体動物門・腹足綱」に属する巻貝の一種で、ナメクジは背負った貝殻が退化して無くなったカタツムリも含まれているのだとか。



P3210061_convert_20150329192023.jpg



陸貝

陸貝(りくがい)は、陸生の貝類である。陸産貝とも言われる。カタツムリとナメクジをあわせたものである。

基本的に、鰓は失われ、外套腔を肺として使い肺呼吸をする。ただし詳細な呼吸の機構はさまざまである。

陸生の貝類は腹足類(巻貝のなかま)にのみ見られる。ただし、腹足類のさまざまな系統で独立に陸への進出がなされており、それぞれの間には腹足類という以上の類縁性は少ない。

有肺類が最大グループで、ほとんどの種が陸生である。ただし一部の種は貝殻を失いナメクジとなっている。

(ウィキペディアより)




P3210090_convert_20150331235548.jpg


カタツムリもラッキーアイテムだそうです↓
ヨーロッパのラッキーアイテム






カタツムリの殻の螺旋模様には不思議な力が宿るとされ、春になると殻から出ることからイエスの墓から転がり出た石、あるいは復活のシンボルとされているそうです。
また、ドイツでは女性が大切に持っていたカタツムリの殻を、好きな相手に手渡すとその恋は叶うといわれています(いや~、殻なんか貰っても困るけど)





誰よりも、ゆっくり進もう カタツムリの物語誰よりも、ゆっくり進もう カタツムリの物語
(2014/10/23)
ひすい こたろう

商品詳細を見る








P3210106_convert_20150401001451.jpg

貝のイラストの切手・・・。こんなにあるんですね~



ところで、関西にも貝類博物館があります↓

西宮市貝類館


むか~し、電車を乗り継いで行った事がありますよ~
個性的な建物は、世界的に有名なあの安藤忠雄さんが手がけたものだそうですよ~(たしか)


近くにマリーナもあるし、爽やかな季節にいかがですか?





P3220006_convert_20150329192219.jpg

売店で買ったアクリルたわし。
売り上げ金は地域活動支援センターの活動に使われるようです。








バスで駅に戻り、枝垂れ桜が有名な公園へ・・・。



P3210115_convert_20150401001411.jpg







P3210121_convert_20150401001527.jpg

花が大きいから迫力があります。


P3210119_convert_20150401001602.jpg

木蓮の花ですか?







P3210130_convert_20150401001733.jpg








P3210136_convert_20150401001915.jpg









P3210139_convert_20150401001829.jpg








P3210123_convert_20150401003325.jpg







P3210141_convert_20150401003436.jpg






P3210122_convert_20150401001643.jpg

おばあちゃんたちの大正琴の演奏。
曲は「恋のバカンス」でした・・・





P3210183_convert_20150401003854.jpg

なんと、猿回しまで始まったよ






P3210179_convert_20150401002029.jpg








P3210184_convert_20150401003926.jpg

後ろ姿がカワイイ・・・




有名な観光地というワケでもなさそうで、地元の人ばかりでした。
手作り感万歳な、ほのぼのとしたいいお祭りでした。

駅に「ただいま、三分咲き」という看板があったせいか、人もすいていてゆっくり鑑賞できました。



しかし・・・。

猿回しに大正琴の演奏に満開の桜


ここは極楽浄土か~!







P3230003_convert_20150401004140.jpg


帰りは駅前の干物屋で金目鯛の干物を・・・。
こんなに大きいのに2枚で800円でした。

絶妙な塩加減で、骨と皮も簡単に取れて美味しかった・・・。





P3240028_convert_20150401004214.jpg

八百屋で湘南ゴールドというミカンを購入


湘南ゴールド


湘南ゴールド(しょうなんゴールド)は、神奈川県が開発した柑橘類の品種。「今村温州」と神奈川県西部で採れる「ゴールデンオレンジ(黄金柑)」の交配により作られた。交配後その実生の中から選抜、増殖を行いながら特性の調査を継続し、1999年にその特性が安定していることを確認して育成を完了した。交配後、12年かけて品種登録を行い、2006年から出荷を開始している。神奈川県の県内農林水産物の選定制度である「かながわブランド」に選ばれている

(ウィキペディアより)




正月以来、寒かったり風が強かったり花粉が飛んでたり、なぜか週末だけ天気が悪かったりで遠出できませんでした。


これから街歩きにもいい季節なので、そろそろモグラの着ぐるみを脱いで出かけたいと思います。





旅行は開運にもいいそうですよ~↓
ゲッターズ飯田の旅占い

theme : 神奈川
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
フリーエリア