2017-05-20

おしゃれ癒しタイム

リア友&ブロ友のまおさんとランチへ行って来ました。


ご近所友達なので、いろんなところにランチに行くのですが、だんだん行くお店のレパートリーもなくなって来ました。


ショッピングモールがあったりして、結局そこに行けばなんとかなるのですが、どの店もたいてい行きつくしてしまっていて新鮮味がないんですよね~


しかし・・・。せっかく行くなら「気になっていたけど、行った事のないお店」とか「ダンナは一緒に行ってくれないけど、洒落ているお店」とかに行ってみたいものなのですよ



そんなワケで、グルメサイトで探ってみると「ホントにこんな住宅街にあるわけ?」みたいな場所に本格的なイタリアンのお店が・・・。

しかも、予約をしないと入れないかもしれないほど・・・。


「ホンマかいな~?そうやって関心を引いているだけちゃう?」と思っていましたが、行ったけど入れなかった・・・では困るので、まおさんが予約してくれました。



P5050015_convert_20170520180329.jpg

セロリとホタルイカのトマトソースパスタとポルチーニ茸のクリームのフェットチーネ

味見させてもらったけど、どちらも美味しかったです。

ホタルイカとセロリのトマトソースって斬新!
ほんのりと磯の味がしました。




まぁ、あまりにもご近所すぎるのでお店の情報は載せませんが・・・。

いや~、しかし。


ホントにふつ~の住宅街で、お店も普通のビルの3階で・・・って感じですが、どんどこどんどこお客さんが来ました・・・。

知っている人は知っているのね・・・




女子の会話なんてそんなモノかもしれないけど、次から次へと話は尽きないものですね

そして「お土産交換会」



P5060108_convert_20170520180709.jpg

毎度毎度、いろいろと頂いてしまってすみません



P5060105_convert_20170520180753.jpg

ゴールデンウィークに静岡に行かれたそうで「静岡おでん」。


うちも何年か前に行ったけど、バスや電車の乗り継ぎなどで忙しくて結局、有名な静岡おでんを食べないままだったので嬉しいです






P5060113_convert_20170520181102.jpg

静岡の清水と言えば、マンガ「ちびまる子ちゃん」の作者の出身地ですね

清水には「ちびまる子ちゃんランド」という施設があるんですよ~


行けなかったけど・・・↓

いよ!惚れなおしたぜ!日本の風景 三保の松原



P5060115_convert_20170520180959.jpg

静岡おでん五箇条と言うのがあるようですね


①黒はんぺんが入っている

②黒いスープ(牛だし)である

③串にさしてある

④青のり、だし粉をかける

⑤駄菓子屋にある


静岡おでんは、長年継ぎ足して作られた真っ黒なスープで串にささった魚の練り製品や、牛すじなどのネタを煮込んだ静岡を代表するB級グルメだそうです。

子供の頃は駄菓子屋でおやつ感覚で楽しみ、大人になると居酒屋や屋台で楽しむものだとか。

おでん、と言えば冬のイメージですが、静岡ではプールの後やかき氷と一緒など夏でも食べるそうです。

仕上げには青のりとだし粉をふりかけて食べます




P5050031_convert_20170520180819.jpg

ああ・・・。パッケージが可愛すぎる・・・。

こけしとカモミールティって・・・なんか意外ですね

渋く「梅昆布茶」とか「ほうじ茶」みたいなイメージ・・・


蔵王連峰の爽やかなハーブティだそうです

蔵王も行った事があるけど、曇ってて寒かったです・・・ううう(しかも、強風でロープウェイにも乗れず)↓


山形へ行って来ました②蔵王温泉お土産編



P5060001_convert_20170520233335.jpg

きゃ~!ティーバックまでこけし!可愛すぎる・・・



カモミールって言うと安眠効果!と思いがちですが、いろんな効能があるのですね

・ 安眠、リラックス、疲労回復に作用する
・ 風邪の初期症状や月経痛を緩和する
・ 歯肉炎や口臭予防に役立つ
・ 抗酸化作用でガン予防&老化防止&アレルギー症状の緩和

カモミールの効能




P5060112_convert_20170520181139.jpg

これは赤のスパークリングワインだそうです。

KALDIで売っているそうですが、気づかなかったな~

白は季節限定なのだそうです。


個人的には、ワインと言えば「赤」なので、ウレシイですねぇ

うううっ、早く飲みたい・・・

今飲んでいるワインが終わったら開けよう♪

でも、飲みやすくて気づいたら「ええっ!こんなにも飲んじゃったの?!」という感じだそうです。

き・・・き・け・ん




私は毎度毎度、なんか、あちこちで買い集めたものの詰め合わせみたいな贈り物になってしまってますね~

P5050038_convert_20170520181026.jpg

こんな本、買ってみた(ブックオフで200円)


贈り物上手な人って、どんな人なんだろう・・・



P5040002_convert_20170520180410.jpg

知ってます?栃尾のあぶらげ(油揚げ)って・・・。




P5040004_convert_20170520180441.jpg

新潟県長岡市の名物だそうです

かなり分厚い「油揚げ」ですね~


長岡へ行った時の過去記事↓

新幹線でゆくその場所は

長岡で、み~つけた!




長岡で泊まったホテルの朝食でちょこっと食べた気がしますが、あんまり覚えてない・・・

埼玉のスーパーでも売っているけど、別に安くもないので買わなかったけど、今回は「お買い得価格」で109円でした!


長岡ではよく食べられているのですね~↓

あぶらげ(油揚げ)of 栃尾観光協会




P5040009_convert_20170520180521.jpg

パッと見、厚揚げなんですけどね・・・

魚焼きグリルで焼きます(フライパンでもいいのかな




P5040012_convert_20170520180549.jpg

厚揚げよりも表面がもっとパリッとする感じです。

香ばしくて美味しいです




P5040014_convert_20170520180617.jpg

かつお節に青ネギ、七味をかけ、生姜醤油で食べます



P5050040_convert_20170520180851.jpg

刻んだザーサイをトッピングしても美味しいです(^.^)/~~~



スポンサーサイト

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2017-04-22

ある日の贈り物 春のパンまつり

突然のピンポ~ン

「通販で特に何も注文しなないのに、何だろう?」って思いません?



そんな、ある日のピンポン。


P4050009_convert_20170420234251.jpg

学生時代からの友達の「手作りパンの詰め合わせ」のギフトでした!






P4050016_convert_20170420234438.jpg

ぶどうのカンパーニュ

原料は国産の小麦、てんさい糖、雪塩、バター、オーガニック・レーズン、天然酵母





P4050021_convert_20170420234515.jpg

チョコナッツ・ベーグル:大山小麦、てんさい糖、雪塩、ブラックココア、無添加無塩のミックスナッツ、チョコチップ、天然酵母
ブルーベリー・ベーグルは家の山で採れたブルーベリーを使用しているとか。





P4050014_convert_20170421234712.jpg

青のり・チーズベーグル:大山小麦、てんさい糖、雪塩、青のり、チーズ、天然酵母





P4060027_convert_20170420234807.jpg

さっそく、青のりチーズベーグルを焼いてみます。





P4060033_convert_20170420234608.jpg

ついでに、家で余っていたチーズもトッピング





P4060039_convert_20170420234710.jpg





P4060045_convert_20170420234835.jpg

表面はカリッとして、中はモッチリとしてちょうどいい塩気とほのかな青のり具合が絶妙♪

青のりとチーズを合わせるセンスがスゴイな~

トッピングしたチーズも香ばしく焦げ目がついて良く合いました!(^^)!





P4070001_convert_20170421235250.jpg

こちらも焼いてみます。




P4070004_convert_20170421235326.jpg

お~、ナッツがゴロゴロ入ってる♪




P4070008_convert_20170421235354.jpg

すぐに食べきれない分は冷凍庫で保存しましたが、しばらくは春のパンまつりが続きそうです




雪塩

宮古島の海から生まれたミネラル種類豊富な海の粉末「雪塩」は、通常の製塩法では取り除かれる「にがり」の成分まで含まれて、塩独特のとがりが少ないまろやかな味が特徴。


ミネラル豊富で、身体に余分な塩分は尿や汗になって排出されるのだとか。

雪塩を真水に溶かすと海水に変身し、魚が生活できるほどだそうです。



友人は別にパン教室に通ったわけでもなく、パン作りをする人に少し習った程度で後は独学なのだとか。

それでも、こんなに質の高いパンが作れるなんてスゴイなぁ

尊敬ざんす


theme : 小さな幸せ
genre : ライフ

2017-01-01

明けましておめでとうございます☆2017

明けまして、おめでとうございます!(^^)!

今年もよろしくお付き合いくださいね~





さて、今年は酉年ということで・・・・。


PC160002_convert_20170101005613.jpg


ダイソーで売っていた「楽園感・満載の塗り絵」










PC160004_convert_20170101005806.jpg

イラストはどれも「キィ~!」って思うくらい細かいです。





でも、皆さま一人一人に心を込めた年賀状を送るつもりで、根性を入れて塗り上げようではありませんか!!!!!
あ~りませんか!(リフレイン)







PC160006_convert_20170101005648.jpg

一緒に、20色入りの色鉛筆も購入しました。

ちょっと芯が固いっすね~







PC160011_convert_20170101005713.jpg

でも、芯が細いぶん、細かい箇所も塗りやすいです。





PC160008_convert_20170101005742.jpg

ちなみに、水で濡らすと絵の具のようになる色鉛筆もたくさん持っています。
メーカーによって「緑」でも、バリエーションが豊富で微妙な差があります。





じゃじゃじゃじゃ~ん!

PC170012_convert_20170101005832.jpg


こんなフクロウなんて、動物園にはいないけど「ラーダ諸島」にはいるんですわ~



ぜひぜひ、皆さま、ラーダ諸島に珍鳥を探しにいらっしゃいませ~



見つけたらいい事あるかも♪




PC170019_convert_20170101005901.jpg

「塗り終えた感」をシミジミと味わえます・・・

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2016-09-13

ドイツの宝箱

さてさて、前回の記事でちょこっと紹介した、くろろさんから頂いた「ドイツの宝箱」の中身です。


P8270067_convert_20160909173251.jpg

では、一緒に開けてみましょう♪




まずは、サンタ・クロースの袋のようなこの素敵なバック・・・。

P8270028_convert_20160913150604.jpg

毎回、お友達からのリクエストが多いという大手スーパーのエコバックです。

これはEDEKAというスーパーのものだそうですが、大きくて軽くて丈夫!
メールで他のスーパーのエコバック(お友達用に買ったもの)の画像も見せて頂きましたが、このオシャレな柄に一目ぼれ

最初は「今回は特にお土産のリクエストはないです」とか言っていたのに、結局いろいろお願いしてしまいました。




次に、これまた毎回リクエストがあるという「フレッツ布」・・・。

フレッツ布・・・って何ぞや?


P8270031_convert_20160913150635.jpg

いろいろと種類があるのですね~




P8270035_convert_20160913152010.jpg

これは、セルロースという素材でできているもので、土にかえるエコ素材だそうです。


セルロース

植物細胞壁の主要構成成分。自然界にもっとも多く存在する有機化合物であり、植物中で二酸化炭素と水とから光合成によってつくられている。繊維素ともいう

(日本大百科全書:ニッポニカより)


ドイツには日本のような「タオル生地の雑巾」というものがないそうです(タオルはあるけど)。
理由は雑菌がわいて衛生的ではないから・・・。



さっそく使ってみます。

P9020002_convert_20160913150756.jpg

吸収性が高く、例えば水たまりにこの布を浸すと全部の水分を吸い取ってしまうくらいだそうですよ~



P9020004_convert_20160913150822.jpg

でも、絞るとまた吸収力が戻ります。



P9020006_convert_20160913150854.jpg

こちらはもう少し布っぽいですね~

こちらも吸収性が良く、雑巾のように絞れます。
また、洗濯機で洗濯もできるので、水が飛び散りやすいキッチンと洗面所と台拭きに使う事にしました♪




さてさて、次は・・・。

P8270039_convert_20160913153116.jpg

これもお友達からのリクエストが多いという、クノールのスープ。

クノールというとスープのイメージですが、ドイツでは他にもいろんな食品が出ているそうです。
でも、日本人にはスープが馴染みがあり、特にアスパラガスとキノコのスープは人気なのだとか。

作り方は、500mlの水にスープの粉末を溶かし、火にかけるだけ~

「水からですか?お湯にではなくて?」
「お湯からだと粉が固まってダマになってしまうんですよ~」

ドイツ語で書いてあるので、ちゃんと説明を聞けて良かったです!(^^)!
食べるのが楽しみ




P8270044_convert_20160913153307.jpg

さてさて、この可愛らしい箱は何でしょう?




P8270045_convert_20160913153341.jpg

うふっ
中にもお宝が・・・♪




P8270052_convert_20160913153233.jpg

おっ、日本の輸入食材のお店でも見た事があるチョコレートに・・・。




P9020012_convert_20160913150945.jpg

これは、一見、ホワイトチョコレートですが、ココナツのお菓子だそうです。


食べてみると、すっごい「南国感!」

まるで、シンガポールとかマレーシアのお菓子みたい・・・。

でも、ドイツのお菓子・・・。それがなんだか驚きです。やるな~



P9020009_convert_20160913150918.jpg

「箱を持って来たのには、これを入れるためだったんですよ~」と取り出して見せてくれたのは、イタリアのお煎餅・・・。

「日本の炭酸せんべいみたいなんですよ」と言うだけあって、見た目も有馬温泉とかで売っている炭酸せんべいそっくり・・・。
食感もまさに、炭酸せんべい!

ほのかなチーズ味で甘くなく、すっごく意外!

「これにピザソースとか塗ったり、チーズとか何かトッピングして食べるのですか?」
「いいえ、そのままです」

・・・と、言われた通り、何にも乗せなくても美味しいです。

あっさりしたチーズをカリッと焼いたような感じでしょうか。濃い味の多い印象のあるイタリアにもこういうお菓子があるんですねぇ・・・




P8270055_convert_20160913153448.jpg

美味しそうなチョコレートって思うでしょ?



P8270053_convert_20160913153416.jpg

ハーブなどが入った、フルーティな香りの入浴剤です

あまりにもいい香りで・・・。

パジャマなどを入れているクローゼットの引き出しに入れると、ホワ~ンとリアルな香りが・・・




P8270036_convert_20160913153200.jpg

トルコ土産。

ピスタチオとザクロの入ったもので、ちょっとお餅みたいな食感です。


P9020001_(2)_convert_20160913155931.jpg

イランにも「ギャズ」という似たようなお菓子があって、同じようなものかと思いましたが、全然違っていました!



P9020002_(2)_convert_20160913155959.jpg

ギャズはピスタチオと薔薇水の入ったキャラメルっぽいものですが、これはザクロのフルーティな甘さとピスタチオの香ばしさが混じった、ゼリーっぽい餅って感じ?




P8270077_convert_20160913153557.jpg

これは、作品の依頼をされた、ペンダントトップと共に送られてきたトルコの有名・観光地「カッパドキア」のマグネットです。



青いガラスの目玉はトルコの魔除け「ナザール・ボンジュウ」です。


=_utf-8_B_44OI44Or44Kz44Gu6a2U6Zmk44GRLmpwZw==_=.jpg

くろろさんから送られて来た、お店の画像です。

目玉・目玉・目玉・・・・!のすごい迫力ですね~




「ナザール・ボンジュウ」

トルコ・ギリシャのお守りで、人の妬み・邪視から身を守るとされています。
邪視とは魔力を持った視線の事で、これに見つめられると怪我や病気、最悪の場合は死に至ると言われています。
邪視と妬みと強いつながりがあるとされ、この考えは地中海世界からインドにわたる広範囲で信仰されています。

トルコでは、赤ん坊を邪視から守るためナザール・ボンジュウをつける習慣が根付いています。
ナザール・ボンジュウが割れることは邪視から守る使命を全うしたことを意味します。
この場合、すぐに新しいものに付け替えなければなりません。

(世界のラッキーアイテム77 ヨーロッパ編/ダイヤモンド社 ダイヤモンド・ビッグ社 大和田聡子著より)



くろろさんのおかげで、私自身はトルコに行った事がないのに、ウチはトルコグッズでいっぱいです♪
ナザール・ボンジュウも幾つかあるぜよ~




P8270075_convert_20160913153527.jpg

ポルトガルのマデイラというところに行った時のお土産


santana-house-1.jpg

可愛らしいおうち



santana-house-2a.jpg

中はこんな感じになっているそうです。伝統的な民家だそうです。




くろろさんとはなかなかお会いできないけど、いろいろと気にかけてくれる姉さんって感じ。


これからも、人生の先輩としてよろしくお付き合いくださいませ


theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2016-09-09

「お題」のある作品

ブロ友・リア友でもある、くろろさんとお会いしました。


ドイツの方とご結婚し、ドイツにお住まいのくろろさんと息子さんが一時帰国中に国内旅行するという事で、新幹線の乗り換え地の大宮で一緒にランチをしました。




くろろさんは私のアクセサリー作品を自らセールスレディ(?)となって、ご友人たちに紹介して下さっています。


今までくろろさんを通じて私の作品がお友達の手元へ渡りました。



そして、今回はくろろさんがご友人から頂いたというペンダントトップを「作品にして欲しい」と言う事でご依頼を受けました。


P7090004_convert_20160909170125.jpg

マラカイト(孔雀石)という石です。







P7090002_convert_20160909170056.jpg


これは、プレナイトという石で、植物の葉か茎が閉じ込められているそうです。



さてさて、色の濃淡の違いはあれど、どちらも緑色の石です。


皆さんなら、これをどういう「作品」にするでしょうか?




じゃ~ん!こうなりました~

P8260013_convert_20160909170904.jpg

ガーネットのさざれ石が2重になってシックな色ながらも、華やかな印象に・・・



P8260050_convert_20160909171039.jpg

石の大きさが親指の爪くらいなので、シルバーレースのピアスをペンダントトップとして使いました。



P8260047_convert_20160909171002.jpg

後ろ姿にも彩りを・・・





P8260019_convert_20160909170827.jpg

こちらはロングタイプで・・・という、ご希望だったので。

濃い緑のマラカイトと違い、こちらは石の色が薄く周りの石の色が濃いとせっかくのペンダントトップの存在感が霞んでしまう・・・と思いました。

ペンダントトップの土台がシルバーなので、それが浮かず活かせるように、全体的に光沢のあるシャイニーな雰囲気にしました。




P8260043_convert_20160909171123.jpg

ペンダントトップは取り外す事もできます。






P8260024_convert_20160909171227.jpg

気分によって、装いによって変化します。




P8260030_convert_20160909171156.jpg

お手持ちのペンダントトップに付け替えて印象を変えてもOK





P8260026_convert_20160909172512.jpg






P8260036_convert_20160909172438.jpg



どちらも気に入って頂け、あまりあるお言葉を頂きました。


「今回はいつものラーダ色ではなかったですね。作風が少し変わりましたね」と、私が好きで良く使う色合いやデザインもご存知で「さすが!」な反応でしたが、嬉しかったです。



今までいくつもの作品をご覧頂きましたが、しっかりと私の好みをご理解下さっていたのだなぁ~なんて。



今回は「お題」があったので、このような作品になりましたが、それも良い刺激となりました





新幹線の乗り換えまでの2時間。

しっかり食べて飲んで(ドリンクバーで)、しゃべって・・・な、怒涛のような時間でした!(^^)!




お土産もリクエストしていたもの以外にも、あまりにもたくさんで「ドイツ版宝箱」でした。


その紹介は次回に~♪


P8270067_convert_20160909173251.jpg






P8270013_convert_20160909174428.jpg

約束の20分くらい前に駅に着いたので「ちょこっと見るだけ~」と、ファッションビル内のお店を覗いてみたら・・・。




P8270014_convert_20160909174516.jpg

後ろにも前にもチュールが・・・♪



「あっら~、カワイイ♪」とお値段を見てみると・・・。


980円。


安ッ!と思っていたら、さらに衝撃的なお言葉が・・・!


「2枚で980円で~す!」


ハァ?


「あの~、一枚だったら幾らになるんですか?」と聞いたら「一枚でも980円ですねぇ・・・。だから、2枚買った方が得です!」と、言われ、慌ててその2枚目を探して結局・・・。



P8270011_convert_20160909174557.jpg

こっちも2枚で980円!

カットソー生地のトップで、下はコットン。裏地もちゃんとついているから秋でも着られる・・・。
定価は3900円・・・


P8280081_convert_20160909174659.jpg

ベルトにはタッセルもついていてカワイイ♪




レジでお金を払う時に目についてしまった!


P8270017_convert_20160909174625.jpg


フェイク・スェードのサンダル!めっちゃ、好み~!


後ろにファスナーがついているから、脱ぎ穿きしやすい!

そして、価格は衝撃の1900円・・・!



うぉぉ~!


20分で試着して即決、大荷物を抱えて待ち合わせ場所に3分前に到着!



ウハウハでした


って、いい歳して安いオナゴでございます・・・。





theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
フリーエリア