2018-02-01

作ってみる?立春大吉のお札

2月になりましたね~

春の兆しどころか、今夜から雪の予報・・・

先月ほどは降らないと言われていますが、果たしてどうなんでしょう?




さて、2月4日は立春ですね。

暦の上では旧冬と新春の境目として、この日から春になります。ちなみに、八十八夜は立春から数えます。




「2月4日 立春の日」とうちのカレンダーにも書かれていますが、必ずしも2月4日が立春とは決まっているワケではないそうです。



2月4日が立春の日なのは、2020年までで、2021年以降は、2月3日という年が出てきます。

過去には、2月5日という年もあったそうですよ~
※日付が動くのは、4年に1度うるう年がある事と同様の理由によるものです。




旧暦では、正月の前に立春を迎えることがあり、年内立春と言い、逆に、正月を迎えた後に立春が来る場合を新年立春と言ったそうです。


旧暦1月1日=立春では無かったのですが、まれに(約30年に1回)重なる年があり、それは朔旦立春(立春正月)と呼ばれ、非常に縁起のいい日とされています。


平成4(1992)年が、朔旦立春にあたり、次に朔旦立春が訪れるのは、2038年と予測されています。

その頃の世の中はどうなっているのでしょうね?





さて、皆さんは「立春大吉」というお札をご存知ですか?

厄除けのお札で、禅宗のお寺様の習慣からきているものです。


縦書きに書くとこんな感じ













真ん中に線を引くと、4つの文字すべてが、左右対称になっていますね。

表から見ても、裏から見ても、立春大吉と読むことが出来ます。


なぜ、厄除けなのか?



鬼が玄関に立春大吉のお札が貼ってある家に入ってふと振り返ると、同じように立春大吉と書いてあるお札が目にとまります。
(裏から見ている状態)

鬼は、まだこの家には入っていなかった!と思い込み、逆戻りして出て行ってしまいます。


こうして鬼がやってきてもまたすぐに出て行ってくれるので、一年間、平穏無事に過ごせる、ということです。




「立春大吉」のお札を作ろう!




●用意するもの

できれば裏が透ける和紙か半紙を縦長に細く切る

墨か筆ペンで縦に「立春大吉」と書く

最後にフッフッフッと自分の息を吹きかけましょう



こだわって作りたい方は、立春の日の0時~午後7時22分の間に書くと良いそうです。



●貼る時間

・立春の日の早朝に貼る

・立春から雨水の間に行えば良い
(雨水はその年によって変わります)

・正式な立春時間(立春の日の深夜1時頃)を
 過ぎてから貼る

などなど・・・



●貼る場所

・玄関に向かって右に貼る

・玄関の内側に貼る場合は右の目線の位置に貼る

・神棚に供える






お札は自分で書いたものがパワーがあるそうなので、今年こそは良い年にしたい!と思う方はお札を作ってみては?

※このお札は出雲大社相模分祠で頂くこともできるそうです。








スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2018-01-23

一夜で銀世界

週間予報でも22日は雪の予報でしたが、皆さんもご存知の通り、ばっちりその予報が当たりました






P1050040_convert_20180123172518.jpg

マンションの中庭の木々も真っ白





P1050044_convert_20180123172557.jpg

駐車場も雪まみれ







P1050054_convert_20180123173039.jpg

自転車も凍えてる・・・






P1050073_convert_20180123172945.jpg

アスファルトの道も雪で埋もれていますね~







今回、樹氷を見に行くために買ったスノーブーツが埼玉でも役に立つとは・・・。


PC180124_convert_20180109233540.jpg


買ってて良かった、スノーブーツ。今頃買いに行っても売り切れだったかも・・・。








さて、雪も降り込む寒いベランダでもうすぐ咲きそうなのが・・・。



P1050076_convert_20180123173817.jpg

カニサボテン(シャコバサボテン)





P1050078_convert_20180123174023.jpg


鉢植えで管理します。4月から10月までは屋外でしっかり日に当てて締まった株に育てますが、梅雨明けから9月上旬までは真夏の直射日光が当たらない半日陰で管理します。涼しくなって、さらに日も短くなる秋に花芽をつけるので、秋以降は夜遅くまで明るい場所に置くと、花芽がつきにくくなります。

晩秋の霜が降りる前に室内に取り込み、窓辺など日当たりのよい場所で管理します。蕾がついた株を移動させると落蕾、落花することがあるので、蕾の大きさが1cm以下のうちは、できるだけ移動させないようにしてください。冬は5℃以上を保ちますが、暖房の効きすぎも落花の原因になるので注意しましょう。
(NHK趣味の園芸より)





ちゃんと置き場や気温に気をつけてあげなければならないのですが、うちの場合はスパルタ生育法(?)なので、あっつい夏も、さっむい冬もベランダ育て。




それでも健気に毎年時期になると蕾をつけ、花を咲かせていました。


しかし、昨年は蕾を一つつけたのに、結局咲ききらずに枯れてしまいました。




「あっら~、もう寿命かしら」(買ってから10年以上経つ)

・・・と、思っていたら、今年はこんなにたくさんの蕾をつけました。



P1050081_convert_20180123174118.jpg


よく聞く話に「病人の出る家の花は咲かない」だとか「植物が枯れる」って言いますが、昨年は家族がケガや治療などで入院・手術をしました。



まったく思わぬ出来事でしたが、なんとなく「お知らせ」だったのかな?と思います。



今年はいつもと変わらず、たくさんの蕾をつけてくれたので、勝手に良い年になるのでは?と思っています





P1060116_convert_20180123174422.jpg


毎年5月に花を咲かせる蘭。



P4290009_convert_20170514012208.jpg



P4290012_convert_20170514012248.jpg



大事に育てていた蘭ですが(でも、スパルタ式)、ある時台風で先っぽが折れてしまいました。


でも、葉っぱがあまりに艶やかで茎もしっかりあったので捨てるのが忍びなく、水栽培していたら立派な白い根っこがたくさん出てきたので、鉢植えに植えてみたら・・・


P1060117_convert_20180123174500.jpg

順調に伸びて来ました。

そして、いつの間にかもう一本横から生えてきた♪


う~ん、何年かしたら花が咲くまで育ってくれるかな?





PB230132_convert_20161209114509.jpg

こんなに立派に咲いていたシクラメン。

何度も全滅したのに、何度も何度も復活。


なのに、2016年の12月、エダシャクガの幼虫によって葉を食べられ全滅。

昨年はとうとう新しい葉っぱも出てこず、諦めてその鉢に折れた蘭の茎を植えたのですが・・・。


P1060119_convert_20180123174552.jpg

今頃になってやっと新しい葉っぱが出てきました♪

今までお休みしてたのね

また元気に育って花を咲かせてくれるかしら?




PC130121_convert_20180109233720.jpg

3本全部咲ききったヒヤシンス。

花が枯れて来たので、枯れた花の茎をカットしたら、また新しく花が咲きました。



P1060096_convert_20180123174219.jpg

おや?なんだかまたいい花の香りがするぞ?と思ったら・・・


P1060098_convert_20180123174255.jpg

小さい蕾がいくつかついてました。

ヒヤシンスってほんの2輪ぐらいでもいい香りを放つものなんですね~




P1060100_convert_20180123174329.jpg

球根の横からまた新しい茎が出てきた♪どこまで育つかな~?





P1060121_convert_20180123174621.jpg

クリスマス前に買ったポインセチアもまだまだ元気です





theme : 季節を感じる
genre : ライフ

2017-12-13

幾つの願いを星に?ふたご座流星群

今朝の天気予報を見て知った方も多いのでは?

今夜から15日の明け方にかけて三大流星群の一つ、ふたご座流星群が見ごろを迎えるそうです。




PB260006_convert_20171213173916.jpg





ネットでもこんな記事が出ていました↓

冬の天体ショー開演迫る!14日は太平洋側を中心にふたご座流星群を見るチャンス


14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となり、比較的雲の少ない太平洋側や沖縄・奄美では、流星観測に期待ができそうだ。


ウェザーニューズは、三大流星群のひとつである、“ふたご座流星群”の観測のため、見頃となる14日夜~15日明け方の全国の天気傾向を発表した。

14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となり、比較的雲の少ない太平洋側や沖縄・奄美では、流星観測に期待ができそうだ。一方、西日本では、高気圧の縁をまわって流れ込む湿った空気と前線の影響で雲が広がりやすくなる。日本海側では雲の隙間を狙っての流星観測となり、九州南部では観測には難しい条件となりそう。また、北陸や北日本の日本海側も雲が多く、観測が難しい予想が出ている。
 この時期としては寒さが控えめとなるところが多い予想ではあるが、晴れるエリアでは、放射冷却現象で冷え込みが強まる。流星観測をする際は、寒さ対策を万全にして星空を楽しんでほしい。

三大流星群のひとつ“ふたご座流星群”は、毎年ほぼ確実にたくさんの流星が出現するのが特徴で、中継でも毎回多くの流星が観測されている。また、“ふたご座流星群”は早い時刻から流星が出現し始め、ほぼ一晩中流星が出現するため、子どもたちをはじめ多くの人にとって観察しやすい流星群といえるだろう。

 今年は出現ピークが新月直前にあたるため、月明かりの影響を受けず絶好の条件で観測することができそうだ。出現ピークは14日16時頃と予想されており、13日夜や14日夜は流星の見頃となる。特に、放射点が空高く上がってくる21時以降の観測がおすすめ。
 流星群はふたご座の周辺のみに出現するわけではなく、放射点を中心に四方八方に流れるため、夜空のどこにでも現れる。街明かりのない、空が開けたところでは、1時間あたりに40個程度の流星が期待できるかもしれない。


(@DIME 12/13(水) 6:30配信  文/編集部 )




PB260003_convert_20171213173842.jpg






PB260043_convert_20171213193023.jpg



ところで、三大流星群って呼ばれるけど、何があるんでしょ?


毎年ほぼ安定して、多くの流星が流れる3つの流星群「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」は、「三大流星群」と呼ばれているそうです。




しぶんぎ座流星群

一年の最初に見られる流星群


しぶんぎ座流星群は、三大流星群のひとつとして数えられますが、流星の出現数は年によってかなりムラがあり、どのくらい流れるか予想するのが難しい流星群でもあります。

熟練の観測者によって1時間あたり100個程度見られた年もありますが、通常は1時間あたり20個から50個程度。

流星群は1月に入った頃から流れ始めますが、日本国内で数が比較的多く観察されるのは、1月4日未明(3日深夜)3時半頃となり、日本では好条件で観察できるものと期待されます。




PB260028_convert_20171213190638.jpg




ペルセウス座流星群

年間でも常に1・2を争う流星数を誇る流星群。条件がよい時に熟練の観測者が見ると、1時間あたり60個以上の流星が観測されます。

ペルセウス座流星群は、7月の下旬には流星が流れ始めると言われています。ただし流星数が増えるのは8月の中旬になってから。極大の時期がお盆の直前なので、夏休みなどの時期と重なり多くの人が注目しやすい流星群です。




PB260034_convert_20171213190759.jpg



ふたご座流星群

毎年ほぼ一定して多くの流星が見られるという点では、年間最大の流星群と言えるそうです。

条件の良いときに熟練の観測者が観測すると、1時間に100個程度の流星を数えることは珍しくありません。


12月の上旬から流星が流れ始めると言われおり、12月中旬に入って数が増加します。

見られる時間帯は、夕方から明け方まで。ただし、夕方の早い時間帯は放射点が低いので、本格的に流れるのは、およそ21時以降。深夜の2時頃には、放射点がほぼ天頂に位置するため、流れ星が真上から降ってくるように見られるそうです。

おススメの観測時間帯は、12月13日深夜~14日明け方や、14日21時~深夜頃。



PB260039_convert_20171213190726.jpg





よく、❝流れ星に願い事をすると、願いが叶う❞と言いますが、このルーツはキリスト教の考え方のようです。

キリスト教では、神が地上の様子を見るために天界の扉を開けると、流れ星が流れると考えられていたのだとか。

その天界の扉が開いている時に願い事をすれば、その願いは直接神に届く・・・と考えられ、叶う可能性が高まるのでは?!と・・・いう・・・。



PB260026_convert_20171213192511.jpg




信じる者は、なんとやら。



流星群が見られる可能性が高いこの時に、ぜひとも叶えたい夢を焦って忘れないように心に留めておきましょう




どうか、皆さまがたくさんの流れる星を目にすることができますように!(^^)!






2017-11-08

綺麗な紅葉のつくり方

近所の並木道の街路樹も色づき、毎年この季節は嬉しくなります。


赤や黄色や緑など、この街路樹を植える時に「一色ではなく、いろんな色が楽しめるように・・・」と専門家が考えたのかな~なんて・・・。




PA210029_convert_20171108093337.jpg



夏のイキイキとした緑色の葉もそれはそれで素敵なんですが、紅葉の季節になるとそれぞれの木々たちの変化が楽しめます


ところで、なぜ、秋になると緑の葉が色を変えるのでしょう?


PA210023_convert_20171108093427.jpg




普段の緑色は、 葉緑体の中にあるクロロフィルという色素のせいだとか。

クロロフィルとは、光合成の明反応で光エネルギーを吸収する役割をもつ化学物質で、葉緑素(ようりょくそ)とも言われます。



秋になって日が短くなると、光合成を行ってエネルギーを作り、葉を維持していることで失われるエネルギーが大きくなることから葉を落とす準備をするそうです。



PA210015_convert_20171108093736.jpg





秋になって気温が下がりだすと、葉に糖分や水分の供給を送るのがストップされ、葉緑体が壊れます。


その結果、それまで目立たなかったカロチノイドという黄色の色素が目立ってきます。イチョウの葉が黄色くなるのは、このカロチノイドのせいだそうです。



また葉に残った糖分によって、アントシアニンという赤い色素ができ、これが赤い葉になり、紅葉となるそうです。



PB130119_convert_20161128184627.jpg




カロチノイドにアントシアニン?お馴染みの栄養素ですね


カロチンはニンジンやカボチャに含まれているし、アントシアニンはブルーベリーなどに含まれている栄養素。



P4030023_convert_20170417173508.jpg



P4030025_convert_20170417173532.jpg







一般的には、明け方の最低気温が6度から7度ぐらいになると紅葉が始まる、と言われています。

紅葉も当たり年とハズレな年がありますね~

ナゼなんでしょ?




PB130135_convert_20161128192103.jpg





なんでも、一度冷え込んだあと、また暖かい日が続くと、葉の中に作られた糖分を使うことになり、見事な赤になりにくいのだとか。


天気が悪くなると、糖分が作られないので、そうなると葉の色が綺麗に色づかない原因にもなります。


かと言って、乾燥しすぎると葉がポロポロと枯れてしまう事に・・・



綺麗な紅葉になる条件は、天気がいい日が続き、夜にはしっかりと冷え込むこと。

それに、適度な湿り気があること。



これらの条件が揃った年は、見事な紅葉を楽しむことができるそうです。


PB130140_convert_20161128184735.jpg



皆さんはお気に入りの紅葉スポットはありますか?




PB130079_convert_20161128183940.jpg



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-10-13

衣替えのタイミングで断捨離

皆さんはもう衣替えをしましたか?




私は先週早々に衣替えしてしまったので、数日暑かった日はかろうじて少しだけ残していた夏服で乗り切りました。





また、今週末からしばらくは雨の予報なので、晴れている時にせっせと冬物を洗濯・・・。

羽根布団も干して風を通しておきました。




これでいつ寒くなっても大丈夫だわ・・・ふふふ






さて、衣替えと言えば制服などは一般的に6月1日と10月1日が「衣替え」の日となっていますね。




日本での「衣替え」は平安時代の宮中行事から始まったそうで、もともとは中国の宮廷で旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を入れ替えていたことから始まった習慣だそうです。




そして、平安時代頃~室町時代、江戸時代にかけて、四季に合わせて式服を替える習慣が定着しました。



当初は、貴族社会だけの習慣で、年に2回、夏装束と冬装束に替えるだけでしたが、江戸時代の武家社会では年に4回になり、期間も着るものもそれぞれ定められたのだとか。




・4月1日から5月4日までが袷(あわせ)という裏地付きの着物

・5月5日から8月末までは帷子(かたびら)という裏地なしの単衣仕立ての着物を着用

・9月1日から9月8日までの1週間程、また袷を着用

・9月9日から3月末までは綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)を着用



・・・などなど、かなり細かく決められているのですねぇ




明治維新で新暦が採用されると、夏服は6月1日~9月30日、冬服が10月1日~5月31日となりました。

学校や官公庁、制服のある会社などは、現在もこの日をめどに衣替えを行っています。






P9240007_convert_20171012175256.jpg





大半の地域では衣替えは6月1日と10月1日に行なわれるそうですが、比較的寒冷な北海道では、半月ずつずれた6月15日と9月15日に衣替えをすることが多いとか。




出雲地方では6月初旬の出雲大社「凉殿祭」をもって衣替えとする伝統が残っているそうです。



また、温暖な気候の南西諸島では、衣替えは毎年5月1日と11月1日に行われており、夏服・合服を着用する期間が本土より1か月ずつ長くなるそうで、中学校・高等学校の場合には、新入生は入学時の4月から合服・夏服を着用させるところもあるのだとか。



小さな国でありながらも、こんなに差があるんですねぇ






さて、その衣替えですが、私は常々「衣替えのタイミングで断捨離したい!」と思っていました。



毎年、服を入れ替える時に「ああ、今年はこの服を着なかったな~」とか「以前はよく着てたけど、そろそろ飽きたな」とか「出し入れしてもどうせ着ないのに・・・」と思う事が多々ありました。



なので、せっかくならこの「入れ替えの時」を断捨離決行日にしよう!と思ったのです。



で。




P9180088_convert_20171012173444.jpg

これだけ出ました・・・。



衣類だけでなく、バックや靴、雑貨、食器などなど・・・。




リサイクルショップでは、季節外のモノは値段がつかないのですが、一度「いらない!」と判断したものを来年まで持ち越したくなかったので、夏服も秋・冬服と一緒に出してしまいました(もちろん、その分は値段がつかず。でも、引き取っては貰える)




丸一日かかって、夏服の入っている箪笥やクローゼット、冬物衣類が入っているスーツケース3つを片っ端から開けて整理しました。


選別するポイントは・・・


●トキメクかトキメカナイか?

●着るか、着ないか?

●着回しがきいたか、きかなかったか?

●着たか、着なかったか。それでも残してまでもいつかは着るか?

●捨てて後悔しないか?

●見た目の劣化

●流行

●衣類の重さ(昔の服は重い)

●素材の品質(安っぽい素材ではないか?)

●デザインの鮮度


などを、

❝瞬秒決め❞


どれもこれも、買う時にそれなりに悩んだり、気に入ったりして買ったモノなのに、年数と共に変わって行くんですね


そのモノに対する、情熱が・・・。





P9100013_convert_20171012173359.jpg


まぁ、この本を読んでそんなに影響は受けてないけど(古本で200円で買ってまた売った)、捨てて後悔した服や雑貨が一つもない・・・。

高級ブランドなんて持ってないし~



なぜフランス人は服を10着しか持たないのか?本当の自分らしさをもたらす小さなクローゼットのつくりかた




また、良い効果もありました。

普段はスーツケース2つ分に衣類が入っているので、それしか開けなかったけど「せっかくだし・・・」ともう一つ開けたらずっと探していたコートが出て来ました・・・。



こ、ここにしまっていたのか!!!


P9240005_convert_20171012175200.jpg

光沢のあるシャーベット・グリーンの生地


タイに住んでいた時に日本に一時帰国する時に着るちょうどいいコートがなくて作って貰ったもの。



P9240004_convert_20171012175223.jpg

もともと持っていたコートを見本にジム・トンプソンのアウトレットのソファー生地で(!)

ソファー生地だから生地も厚めで、裏生地もつけて貰ったので、これからの季節に着られる!



いったい、どこにしまったのか?それとも、リサイクルショップにでも売ったんだろうか?と思っていたので、見つかって良かったです。





また、11日に誕生日を迎えたのを機に今までもったいなくて使わなかったコレもとうとう使う事に・・・。


P9250011_convert_20171012175938.jpg

カトラリーセット・・・・。




P9250014_convert_20171012180019.jpg


キラキラすぎて使うのをためらっていたけど、今使わないとこの先使わないまま安っすい金額でリサイクルショップに引き取られるのがオチ・・・(シルバー製でもないし、有名ブランドでもない)


P9250016_convert_20171012180043.jpg





P9250025_convert_20171012180109.jpg

IKEAのカトラリーセットは全部袋にまとめてしまいました(愛着があるので処分はしない)




P9260029_convert_20171012180141.jpg

でも、めっちゃスッキリ

引き出しを開けるのがいちいち新鮮





P9260034_convert_20171012180208.jpg

イランに赴任した時にお客さんをもてなす食器がなくて慌てて通販で買ったもの・・・どうするよ?12セットも・・・。





P9260037_convert_20171012180239.jpg

アフタヌーンティなんて、自宅でしないよな・・・




P9260052_convert_20171012180310.jpg

盛るモノがないので、キラキラ盛り




P9260048_convert_20171012180353.jpg

100均のペーパーウェイト・・・。安いのにクリスタル並みの輝き

隣は「砂漠の薔薇」という化石(砂漠の砂の中で水が結晶化したもの:その結晶が薔薇の花のように見えることからデザート・ローズと呼ばれています)




P9260075_convert_20171012180426.jpg

拭き掃除もしやすくなりました






断捨離って言葉には違和感があったけど、確かにいろんなしがらみがこもったモノを処分したらスキッとしました。



そして、今まで自分が集めたモノがまた再度好きだと思え、大事にしたいと思えるようになりました。




季節は冬に向かっていくけど、なんだか気持ちはポカポカしていい気分です!(^^)!

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
フリーエリア