2017-06-12

そら豆のほら話?

P5160004_convert_20170612125145.jpg


八百屋で目に入って、なんか惹かれて買いました。




どっちかと言うと、私は特に好きなわけでもないので「自分で買う」というのは珍しいのですが、今が旬!とか言われちゃうと、

ああ、新鮮でいきいきしたモノを食べたい!

その魅力に触れたい!


・・・と思うんですよね


と、いうワケで「そら豆」です。



そら豆は、世界最古の農産物の一つと言われているそうです。


名前の由来は、サヤが空に向かって伸びることからとも言われ、蚕の繭に似ているとか、蚕の季節に豆がなるため「蚕豆」とも言うのだという説があるようです。


世界最古の農産物の一つと言われるだけあって、古代ローマやエジプトでは、儀式に使ったという記録も残っているほど、古い歴史のある食材なのだとか。









P5160006_convert_20170612125002.jpg



なんと、そら豆には死者の魂が宿ると考えられており、紀元前5世紀頃のエジプトでは、死者の魂が宿るそら豆を神官が嫌ったため、庶民もそら豆を食べなかったということが記録に残されています。



古代ローマやギリシャでもそら豆は死者の魂や出産と結びつけて考えられており、死者の供養にそら豆が用いられました


またピタゴラスの定理で有名な、古代ギリシャの数学者ピタゴラスは「死者の魂が眠る」などと言って、弟子たちに畑に近づくことも、そら豆を食べるのを禁じたりもしていました。


ピタゴラスは、そら豆アレルギーだったのではないかと言われています。



ピタゴラスの最後についてはいくつかの説が・・・。

●その一つはそら豆に関連しています。
敵に追われて逃走したピタゴラスはそら豆畑に行き当たり、そら豆畑に入る以外に逃げ道がなくなったため、やむなく逃げるのを断念して敵に捕まって処刑されたという説

●ピタゴラスも死者の魂がそら豆に宿ると信じていたので、死を目前にしてそら豆畑に入ることを嫌い、苦しいアレルギー症状よりも死を選んだのではないかという説


ホントのところ、どうだったんでしょうね~?





でも、実際に、そら豆の原産地である地中海周辺や中近東地域のスペイン、イタリア、ギリシャ、アルメニア、ユダヤなどではそら豆アレルギーの人が多くいるそうです。



そら豆に含まれる毒性物質によって起こる食中毒=ソラマメ中毒というものがあり、そら豆による中毒症状は「ファビズム」と呼ばれます。



「ファビズム」とは遺伝病の一種で、地中海沿岸、アフリカ、東南アジアの人たちが発症することがほとんどです。


そら豆による中毒症状は、発熱、黄疸が起こったり、溶血性貧血によって最悪の場合は死に至る場合も・・・。


花粉を吸い込むだけでも、危険だともいわれています。

これは遺伝的病気だと考えられており、特にそら豆を生で食べたり花粉を吸うと発症しますが、加熱したそら豆でも発症の危険があるようです。



ですが、ソラマメ中毒は地中海沿岸、北アフリカ、中央アジアなどでよくみられますが、日本ではあまり報告がないそうです。



日本での発症報告数が少ない理由は、発症が多くみられる地域のようにそら豆を準主食とはせず、日常生活であまり食べないこと。



また、地域により、栽培されている品種も違うので日本人の発症は少ないのです。





しかし・・・。

そら豆のサヤはあんなに大きいのに、剥いてみると2粒か3粒くらいしか入ってませんねぇ

全部サヤを剥いてみて「ええ~?これだけ?」と、ちょっとびっくり。


でもまぁ、あんまりたくさん食べすぎず、少しづつ美味しく旬の味を楽しみましょう(って、ピタゴラスやアレルギーの話をした後にナンだけど)






  



P5160003_convert_20170612125043.jpg

ところで、最近はそら豆の豆苗があるのですね~

個人的には、大豆の豆苗よりも食べやすいのでリピート買いしています。

炒め物として使ってもシャキシャキ食感が残り、味にも癖がないです。

また野菜では珍しくポリフェノールがたくさん含まれています!(^^)!




豆苗は、収穫される量も時期も限られており、かつては中華料理店でしかお目にかかることがない高級食材だったそうです。

1995年頃から日本でも栽培が始められ、今では大量に生産されており一般家庭でも安価で入手できるようになりました。
スポンサーサイト

theme : 生活・暮らしに役立つ情報
genre : ライフ

2017-05-14

幸運の「オマケ」 四つ葉のクローバー

5月14日は母の日ですね

皆さんは何か贈り物をしましたか?



ウチでは毎年、母の日は「花」を贈ります。


今年は、ピンク色のカラー

mini_170511_0951.jpg

ネットで注文したら、日付設定できなかったのですが「母の日ギフトなんだから、母の日に届くんじゃないの~?」と思っていたら、なんと、金曜日に届いてしまいました。

早ッ


まぁ、遅れて届くよりは良かったのですが・・・ねぇ・・・



しかし、なんと、思わぬ嬉しい「オマケ」がついていたそうです。



カラーの鉢の他に四つ葉のクローバーの球根も一緒に入っていたそうです。

そんな事は、ネットの記事にも書かれていなかったような・・・(見落としていたのかな)




Four-leaf_clover.jpg
ウィキペディアより


四つ葉のクローバー(よつばのクローバー)は小葉を4枚持つ白詰草(クローバー)で、普段見られる三つ葉のそれの変異体に相当する。 その発生は稀であり、(特に偶然にも)それを見付けられた者には幸運が訪れるという伝説が在る。 その伝説によれば、四つ葉のクローバーの小葉は、それぞれ、希望・誠実・愛情・幸運を象徴しているとされる。


クローバーは4枚以上の小葉を有し得る。 四つ葉のクローバーの発生頻度は三つ葉のそれに対して1万分の1程度になると推定されている。

その他にも、五つ葉・六つ葉・七つ葉・八つ葉なども発見数は少ないながらも確認されている。 なお、ギネス世界記録認定の最多記録としては56葉が認定されている。

(ウィキペディアより)



なんと、このギネス認定の56葉のクローバーは岩手県で見つかっているのですよ~




岩手県花巻市の農業小原繁男さんが昨年5月、自宅の畑で見つけた56葉のクローバーが、ギネス世界記録に認定されたことが20日、分かった。これまでの記録は小原さんが持っていた18葉。

 56葉のクローバーは0・5~1・5センチの葉が何層にも重なり、全体の大きさは約4センチ。

 小原さんは多葉株を自然交配で掛け合わせ、葉の数を増やすことに取り組むなどの研究を60年以上続けていたが、今年5月に85歳で亡くなった。

 静岡市に住む長男の静岡県立大講師一男さん(59)が小原さんの代わりに認定書を受け取った。

 一男さんは「もう少し届くのが早ければ父に見せることができたが、世界記録として認定されてうれしい。父が毎日、畑の手入れをしていたからこそだと思う」と誇らしげだった

(“56葉クローバーがギネス記録 岩手県で発見”. 47NEWS (全国新聞ネット). オリジナルの2013年11月18日時点によるアーカイブ。 2010年9月20日閲覧)

img_news.jpg



ところで、NHKの「べっぴんさん」でも紹介されましたが、クローバーの葉の枚数によってさまざまな意味があるそうです。


クローバーの葉の枚数は少ないものでは1枚から、多いものでは10枚以上のものまであるそうです。
(56枚のクローバーも見つかっていることだし)






P4290019_convert_20170514012314.jpg

ウチにも友達にもらった四つ葉のクローバーの種があります。





P4290025_convert_20170514013342.jpg

今頃の時期が良さそうなので、晴れた日に植えようっと♪






1~10枚のクローバーの葉の意味

1枚: 困難に打ち勝つ
2枚: 平和、素敵な出会い
3枚: 希望、信仰

アイルランドでは、クローバーのように3枚に分かれた葉をシャムロックと呼びます。
ちなみに、シャムロックはアイルランドの国花だそうです。


3つの葉がキリスト教の三位一体の教えを表していると言われています。


4枚(四つ葉): 幸運

4枚の葉がそれぞれ「希望」「誠実」「愛情」「幸運」を表していると言われています。
イギリスでは、四つ葉それぞれが「名誉」「富」「恋人」「健康」をもたらすとされています。

5枚: 経済的繁栄
6枚: 地位、名声
7枚: 無限(最大)の幸福
8枚 :子孫繁栄、家内安全
9枚 :神の運
10枚 :完成、成就

では、56枚葉の意味はなんでしょうね・・・「奇跡」とか?




ちなみに、どんなところで探せばいいのかというと、

人や動物が踏みつけると、クローバーの葉は増えるそうなので、多くの葉をもつクローバーを見つけるためには、人や動物がよく入る土地で探せばいいそうですよ~




誕生日の花があるそうです。皆さんの花は何でしょうね~↓

花の意味と対応する誕生日・誕生花





カラーの花言葉

「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」。



クローバーの花言葉

「私を思って」「私のものになって」「幸福」「幸運」「復讐」。





P4290009_convert_20170514012208.jpg

蘭がこんなに開きました♪



P4290012_convert_20170514012248.jpg

今年も可愛いのぅ・・・



デンファレの花言葉

「わがままな美人」 「お似合いのふたり」「魅惑」「有能」



theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2017-04-07

桜づくし、本づくし

P3230003_convert_20170407183218.jpg

桜の咲くころになると、ご近所の「桜スポット」巡りの始まりです。





P3230008_convert_20170407183254.jpg








P3230014_convert_20170407183325.jpg







P3230029_convert_20170407184601.jpg

静か~な住宅街にある桜並木なので、観光客の姿もなく、この場所の存在を知っている人たちがそれぞれ立ち止まって見上げたり、写真を撮ったり・・・。



すぐ近くに大宮公園という大きな公園があって、そこは毎年すごい花見客なのですが、ここは地元の人のための大事な憩いの場なのでこの場所がどこかは秘密♪





P3230027_convert_20170407183543.jpg







P3230030_convert_20170407183615.jpg







P3230022_convert_20170407183503.jpg








P3230039_convert_20170407183653.jpg

木曜日はすごい突風で、桜も少し散らされてしまいましたが、でも、まだまだ楽しめています。
週末の雨にもなんとか耐えて~








P3230012_convert_20170407183357.jpg

家では薔薇とジャスミンと桂花茶を楽しみます。

薔薇の蕾と乾燥ジャスミンは中華街で買ったものですが、お安いお茶でもちょこっとだけいい香りが移って優雅な気持ちになれます。





P3240043_convert_20170407183722.jpg

桜づくしを楽しんだ後は、本づくしです。



私がチェックするのはブックオフの108円コーナー・・・。

今回はお気に入りの作家さんの本がたくさんあってラッキー♪


益田ミリさんは朝日新聞のエッセイでもお馴染みの方。
群ようこさんの「かもめ食堂」は映画でも見ました。

酒井順子さんは辛辣だけどクスリと笑えます。





気に入った作家さんの本以外にも何か面白い本はないかな?と探します。

失敗したとしても、108円だったら惜しくないし~



P3240045_convert_20170407183819.jpg

以前、みうらじゅんさんが般若心経の解釈を何かの雑誌で紹介していたのが面白かったです。



その時の言葉が「は~ら~ぎゃ~て~ はらそ~ぎゃ~て~ ぼ~じ~ そわか~」だったのですが、たまたまテレビでお坊さんが般若心経を読んでいる時にこの言葉が耳に残りました。



みうらじゅんさんいわく、この言葉の意味とは「彼岸へ行こう!みんな一緒に彼岸に行こう!みんな揃って悟りの彼岸へ行き着こう」って意味だそうです。


その時は「へ~、ただ意味のわからずに聴くよりも意味がわかった方がより有難いんだろうな~」という程度でした。





P3240048_convert_20170407183851.jpg

そのうち、いったいどんな事を言っているのか調べてみたいものじゃの~とか思っていたので、少しづつかみ砕いて説明されていて、なおかつ読みやすいようにルビがついているので、入門編としては良さそうです。


●依般若波羅蜜多故(えーはんにゃーはーらーみーたーこー):人生を空(くう)と知りつつ、人生を仮と知りつつ、しかもこの人生を真剣に生きよ



●是大明呪(ぜーだいみょうしゅ):言葉だけ美しくて実行が伴わないのは、色あって香りのない花のようなものである。


●是無上呪是無等等呪(ぜーむーじょうしゅぜーむーとーどーしゅー):相手にひどい目にあわされたら貸しができて、相手をひどい目にあわせたら借りができたと思うべし。



よくわかんない「スピリチュアルなんとか」の人が書いた本よりも、長い時間をかけて伝わってきた言葉にはもっと心に感じるものがある気がします


108円の棚のご縁ですね




P3240044_convert_20170407183750.jpg

今、読んでいる本。


レディ・ガガ11歳、紫式部35歳、金子みすゞ26歳、安室奈美恵20歳、オノ・ヨーコ47歳、マーガレット・サッチャー54歳・・・など、古今東西の有名女性27人の転機となった年齢にスポットを当てて書いた、その人の人生を読み解くエッセイ集です。






名前とか顔や歌とかしか知らず、特に親しみも感じた事のない「あの人」にもある、それぞれの“転機“。





それを乗り越えて来たからこそ、名を残す有名人となれた・・・。
そのバイタリティーのすごさは、やっぱり凡人とは違うのよね~


でも「へぇ~・・・。アンタも苦労してきたのねぇ・・・」と、ちょっぴり親近感を感じてみたり・・・。



「はて、自分のターニングポイントはいつだったっけな?」なんて、振り返ってみたり・・・。






ポカポカ陽気のこの時期。




桜づくし、本づくし・・・してみませんか!(^^)!



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-04-03

マルシェで花と米を買って

P3190030_convert_20170403162641.jpg

近くの公園で農業祭があったので、キンギョソウの鉢を買いました。

一鉢、500円




P3190036_convert_20170403162720.jpg

キンギョソウ(金魚草)と呼ばれていますが、それは、花の姿が金魚の形や金魚の口に似ていることに由来するといわれます。


でも、英名ではスナップドラゴン(Snapdragon)。

「かみつきドラゴン」という意味で、花の形がドラゴンの口に似ていることにちなみます。



花言葉は、「おしゃべり」「でしゃばり」「おせっかい」。
金魚が口をぱくぱくさせて話しているような花の姿に由来するそうです。

西洋ではこの花が仮面に似ているともいわれ、そこから「推測ではやはりNO」の花言葉が生まれたといわれます。







P3190019_convert_20170403162602.jpg

梅の枝がなんと4本で200円♪


枝の下の方まで蕾がたくさんついているので、剣山に刺して生けました。



P3190023_convert_20170403162445.jpg

皆さんは「プレバト」ってバラエティ番組を見てます?

俳句やらお料理の盛り付けやら絵画、華道などいろんなジャンルがあって、テーマを決めて芸能人の方が挑戦するのですが、才能あり~凡人~才能なし・・・まで、シビアな採点が・・・。





P3190017_convert_20170403162539.jpg

花の数は奇数が基本なのに、4本の梅を入れちゃった~

花瓶に生けたらせっかくついている蕾を取らなきゃいけないし・・・どの子も咲かせてあげたいの~




・・・って、んもう、ユルい話ばかりになってしまいました。




P3200066_convert_20170403173608.jpg

フリージア。


フリージアって黄色と白しかないのかと思ってたら、赤もあるんですねぇ


P3210087_convert_20170403163230.jpg

びっくりするくらい、可憐な香りですが、フリージアの天然香料はありません。

フリージアの香りをイメージした香水はいろいろ出ているそうですが・・・。






P3190001_convert_20170403162806.jpg

ところで、安い花束の中に入っていたある葉っぱ・・・。




P3190002_convert_20170403162906.jpg

葉の裏に秘密を持ってました・・・。





P3190005_convert_20170403162837.jpg

葉っぱの裏から蕾が出て来た・・・。


いったい、なんという名前の花なんでしょうね~

もしかしたら「ルスカス」かも?ちゃんと咲けばいいな




さて、本物の花もいいけど、家に余っているあるものでアロマを楽しみませんか?


・・・って、皆さんのお宅にはありませんか?



賞味期限の切れたお茶・・・。


自分では買わない、頂きもののちょっといい紅茶とか・・・。


大事に大事に出し惜しみしてたら、いつの間にか賞味期限が切れてた・・・。


けど、捨てにくいのよね~って




P3090001_convert_20170403162019.jpg

ティーバックの上からアロマオイルをたらしておけば、ラクだし香りがなくなってきたらまた足せばOK






P3090004_convert_20170403162051.jpg

木箱に入った紅茶も・・・




P3090006_convert_20170403162132.jpg

アロマオイルを垂らして蓋を閉めておいても香ります。インテリアにもなるし~



ホントはちゃんと飲み切るのが一番いいんですけどね・・・





P3210073_convert_20170403163033.jpg

お米ひとすくい、100円!

3回チャレンジして1.5㎏をゲット(300円)


ふふふ・・・。


安上がりに楽しめる女なのよ~、あたい。



おほほ~

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2017-04-01

お知らせ

P3180002_convert_20170401162546.jpg

今年も桜の咲く季節となりました。


今まで、何度そういう書き出しをしてきたことでしょう・・・





2008年からブログを始めましたが、よくぞここまで続いてきたものだ・・・・と思います。

それは、ブログに訪問し、読んで下さった方々のおかげです。






コメントを通してしか繋がりはないものの、お馴染みの「その人らしい」コメントを読んで勝手に「〇〇さんて、こういう感じの方かな?」と思ったり、テレビや新聞などで見聞きしたものを「あ、これは△△さん興味がありそうだな」とか「◇◇さんが言ってたのはこの事かぁ~」と思ってみたり・・・。


自分も、皆さまにとってそういう存在であったならば嬉しい事です。




P3180017_convert_20170401162446.jpg




しかし、長年ブログを続けていればメンバーがごそっと入れ替わる時もあれば、常連さんだと思っていた方がぷっつり来なくなってブログもずっと放置され、しまいには閉鎖なんてのを目にすると、ブログだけの付き合いとは言え、寂しい気持ちにもなりました。




まぁ、その「顔も知らない」「名前も知らない」付き合いというのは、人にとっては逆に「煩わしくなく、いつでも切りたい時に縁を切れる」という気楽さを感じるのかもしれませんね・・・。




自分はそうじゃないけど、いろんな考え方の人もいるわけだし、単に「最近のラーダさんてウザい」って思って離れていく場合もあるだろうし・・・。





P3180014_convert_20170401162301.jpg



いちいちウダウダ考える自分の性格にもちょっと疲れてきました。




それに、毎日毎日、ブログに書けるような面白い事や腹立たしい事があるわけでもないし、毎月旅行に行くワケでも、使命感を持って伝えたい事があるわけでもない。




ブログを続けるために、ない知恵を絞ってあれこれネタ探しの日々・・・。




正直、モチベーション不足です。






P3180006_convert_20170401163936.jpg




そんなワケで、とりあえず10年は続けようかな~と思っていましたが、4月の始まりの第一歩を「卒業の日」としたいと思います。




P3180019_convert_20170401162403.jpg

長らくお付き合い下さった皆様






P3180018_convert_20170401162123.jpg

本当にありがとうございました。













な~んて



P3150012_convert_20170401164530.jpg


騙されました?



エイプリールフールの冗談です


きゃはっ




P3150004_convert_20170401164504.jpg

調べたところ、エイプリールフールのウソって午前中までOKだそうですね



何日か経ってから読んでしまった方、すみませ~ん




P3150021_convert_20170401164439.jpg

でも、半分ウソだけど、半分ホント。



モチベーション切れです。


ちょっと、しんどい。




P3150030_convert_20170401165107.jpg




とりあえずは、10周年を目指して、そこからどうするか考えます





theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア