fc2ブログ
2014-05-18

懐かし、愛おし 大分

今回は一泊二日で大分へ・・・。

P5060110_convert_20140518003326.jpg

初めて乗った九州新幹線「さくら」。



P5050040_convert_20140518003042.jpg

座席は両脇に2席づつ。

「ああ、飛行機のエコノミークラスの座席もこのくらいの広さならいいのに!」

ゆったりとした幅でクッションもいいし、足元も広くて快適



新神戸から小倉まで行き、小倉から青いソニックへ。

P5060108+(2)_convert_20140518003805.jpg


P5060109_convert_20140518003845.jpg

座席はミッキーマウスの頭みたいな形でファンタジーの世界へ行く列車みたい(うふっ、め~る~へ~ん~



P5050046+(2)_convert_20140518003130.jpg

さて、今回は途中下車してちょこっと観光気分を♪


P5050048_convert_20140518003210.jpg

別府と言えば、温泉でしょう!



しかし!温泉なんぞ、どこでも入れる!

せっかくならば、一味違った温泉に行こうじゃあ~りませんか!


それが!

P5050050+(2)_convert_20140518004757.jpg

砂湯ざんす!



P5050051+(2)_convert_20140518004832.jpg

10年くらい前に車で行ったことがあったのですが、今回はバスで。

別府駅から亀の井バスが30分に一本出ています(いろんな番号のバスが次々に来るし、わかりにくい)。




P5050056_convert_20140518004908.jpg

さて、これが砂湯です。

浴衣に着替え、四角い枠の中の砂の上に寝転ぶと係りのおばちゃんが上から砂をかけてくれます。

ずっしりと温かな砂が体に圧し掛かってくる感じ。

顔だけ出してあとは砂の中。

これで15分間待ちます。


この砂浜全体が温かいのかと思ったら、この四角の枠の中を掘って温水が通る管を埋めているそうです。
だから、下からじんわりと温められ、砂をかぶって蒸し鶏状態(蒸し豚・・・?)


P5050057_convert_20140518004949.jpg

15分経ったらシャワーで砂を流し、温泉で温まります。


P5050058_convert_20140518010252.jpg

外には足湯もあるけん(大分弁)



P5050060_convert_20140518005036.jpg

別府駅まで戻って商店街をブラブラし、竹細工のお店でも見る・・・というつもりだったけど、別府駅に戻るバスよりも大分駅に行く本数の方が多かったので、プラン変更してバスで大分駅へ・・・。



P5050061_convert_20140518005114.jpg

昔はフェリーで神戸から大分へ帰ってきたものです。




P5050062_convert_20140518005147.jpg

子供の頃はマリンパレスという古~い水族館だったけど、今は「うみたまご」という名に・・・。

この建物のすぐ向かいにあるのはボス猿が失踪して話題になった「高崎山」があります。




P5060098_convert_20140518011717.jpg

大阪駅も変わったな~と思ったけど、大分駅も新しくなっていました。



P5060096_convert_20140518011749.jpg

駅内で小さな汽車に・・・。
お子ちゃまに人気だそうです。



P5060102_convert_20140518011845.jpg

何だか銭湯の入り口みたいなトイレ


P5060100+(2)_convert_20140518012238.jpg



P5060084+(2)_convert_20140518011632.jpg

升盛り!






P5060063+(2)_convert_20140518011110.jpg



今回の目的は高齢のお婆ちゃんに会う事と祖父母のお墓参りだったので、お風呂に入った以外は観光はしませんでしたが・・・。


久々に親戚と語らい、お酒を酌み交わすことができて良かったです。






P5060067_convert_20140518011317.jpg






P5060078_convert_20140518011542.jpg







P5060077_convert_20140518011504.jpg







P5060072_convert_20140518011245.jpg


お爺ちゃんが毎日散歩に出かけていた神社





P5060070+(2)_convert_20140518011351.jpg


「いつもここで一休みして帰るのよ」




その場所で静かに微笑んでいるお爺ちゃんの姿が見えた気がしました。





家族のためにいつも足を運んできてくれていたんだね。




ありがとう。







P5060073+(2)_convert_20140518011425.jpg








P5060074_convert_20140518011204.jpg




これからもずっと、ありがとう。








theme : 大分県情報
genre : 地域情報

2010-12-02

神戸・大分 ちょっくら旅気分 お土産編

今回は「旅」ではなかったけど、旅気分を味わいたい・・・!

って、事で向かったのは地元のスーパー・マーケット♪

皆さんは旅に出ると、地元のスーパーには行きますか?

たいていは、ホテル近くのコンビニとかお土産屋さんには行くけど、スーパーは近くにないと行かないものかも?

旅のおみやげ図鑑 (幻冬舎文庫)旅のおみやげ図鑑 (幻冬舎文庫)
(2005/02)
杉浦 さやか

商品詳細を見る



でも、行ってみるとそこはパラダイス

スーパーマーケットマニア アジア編スーパーマーケットマニア アジア編
(2005/08/03)
森井 ユカ

商品詳細を見る



お土産ってだいたいどこのお店でも似たようなものを売っているし、案外ぱっとしないモノも多いし・・・。

スーパーだと、価格も手ごろだし、意外な掘り出し物が見つかりますよ~


カボス焼酎

カボス果汁入りポン酢は大分ならでは!

冬は鍋を食べる回数が多いので、ぜひに♪


そして、お隣は「カボス・リキュール」。

昔から実家のサイドボードの中にはこの瓶が入っていました。
アルコール度25度とかなり強いので、水割りとか好みの濃さに割って飲みます。
紅茶に数滴入れても美味しいそうですよ


しつこいけど、大分って言ったら「カボス」なのですよ。

でも、カボスってユズとかスダチと違って知名度が低いのかな?

大きさは、スダチが30~40グラム程度なのに対してカボスは100~150グラム程度で、緑の小粒ミカンって感じでしょうかね。

柑橘:カボス4~5号ポット柑橘:カボス4~5号ポット
()
園芸ネット

商品詳細を見る


あまりにも「カボス大好き」大分には、なんと「カボスひろし」とかいうローカルタレントもいるとか。

か、カボスひろし?
演歌歌手みたいな名前だなぁ・・・
しかも、一発屋っぽい名前だし・・・キワモノ?

ひろしはブログも書いているよ!(←呼び捨てか!)

カボスひろしの大分でカボッス!と叫ぶろぐ!!!



また「かぼすタイム」という、テレビ番組もあるし、2003年に大分で開催された全国都市緑化フェアのマスコット「カボたん」も、カボスをモチーフとしたもの。フェア終了後も様々なイベントで親しまれていて「みうらじゅん」からゆるキャラに認定されているそうです。

全日本ゆるキャラ公式ガイドブック全日本ゆるキャラ公式ガイドブック
(2009/10/17)
みうら じゅん

商品詳細を見る


ううむ、大分県よ・・・。
埼玉県といい勝負してるんじゃあ・・・?



さてさて、お土産ネタに話を戻すと・・・。

ジュース

リキュールはお酒だからお子ちゃまは飲めないけど、こっちなら大丈夫♪

「つぶらなカボス」と「はちみついり かぼすドリンク」。

どちらも爽やかな味♪

レモンよりも酸味がきつくなく、初夏の味(な、気がする)


ところで、カボスの成分として驚きなのが2006年7月にエコノミークラス症候群等の血栓症に対して予防効果がある可能性が高いとの研究結果が発表されたこと!

ヘスペリジンを多く含んでいることから善玉コレステロールを増やし、血栓溶解につながると見られているそうで、商品化への取り組みが行われているとか。

頑張れ、カボス!そして、世界に羽ばたけ~!
まずは、ウチの近所のスーパーで販売してほしいぞ、カボス!(売ってないのよね)



そうそう、大分で有名な料理と言えば「とり天」かな?

「とり天」とは鶏肉の天ぷらのことです。

大分県民にとっては極めて一般的な料理であり、県下各地のレストランや定食店、喫茶店、中華料理店、弁当屋で定番料理の一つとして供される。とり天を看板料理とする店は大分、別府、竹田、湯布院を中心に極めて多い。また、スーパーや精肉店などでも惣菜として売られている他、近年はコンビニエンスストアの弁当としても売られるようになってきた。家庭でもよく作られており、大分県民の家庭の味ともなっている。

ウィキペディアより

「とり天のたれ」とかも売っているけど、ウチではカロリーが高そうなので作った事がありません。
子供の頃は何度か食べた記憶はあるけどなぁ・・・

とりてん
街にもこういうお店がいっぱいあるよ


たきこみごはん

九州では昔から鶏肉のことを「かしわ」と呼ぶそうです(あんまり記憶にないけど)。

大分駅の売店でも「かしわ飯」のおにぎりが売っているのですが、人気で出してもすぐ売り切れてしまい、今回は食べられませんでした。

「鹿児島かつお・ふりかけ」「博多めんたい・ふりかけ」・・・
どっちも埼玉では見た事がないです。

うううっ、どんな味なのかな~?惹かれるわ~ん♪


あと、九州って言ったらラーメンも気になりませんか?

ラーメン

あんまり馴染みがないラーメンですが、惹かれるなぁ~
どれもとんこつ味だけど、どう違うのでしょうか・・・。


そうそう、お世話になっている人へのお土産もスーパーで買えました。
【お歳暮ギフト2010】 ざびえる【お歳暮ギフト2010】 ざびえる
()
大分県物産協会

商品詳細を見る


むか~しから祖母がよく送ってきたお菓子です。
ビロードの箱に入って、とっても高級感のあるお菓子です。

・・・が。

毎回毎回送ってきたので、今では飽きてしまいました。

でも!

白餡をビスケット生地で包みこんでふっくら焼き上げてあって、餡の丁度いい甘さと濃厚なバター風味の皮が絶妙に調和・・・。
洋菓子のような、和菓子のような不思議なお菓子なので、地方の人には喜ばれると思います。

ざびえる本舗


こっちは大分土産ではないのですが、非常に懐かしかったお菓子「鶴の子」。

鶴の子4つ

祖父母が博多に住んでいる時に(祖父も転勤族でした)、よ~く送ってきたお土産の「鶴の子」。

たまご型のマシュマロの中に白餡が入っていました。

今回は少量パックを買いましたが、もう少し量が多いと鶴の絵が描いてある楕円形の箱に入っています。

もう、何年も食べていなかったのでJR小倉駅の売店で見つけた時はとっても懐かしかったです。

鶴の子本舗・石村萬盛堂 



おまけ
キティ

カボス風呂に入っているキティと、めんたいになったキティ・・・。

キティ・・・。こんなところまで来て・・・。


今回はなんだか「めっちゃ濃いぃ九州ねた」になってしまいました。


でもぉ・・・


あ~、旅した~い!

そして、地元のスーパーで買い物した~い!


・・・と、思いませんか?


皆さんの「これは、おススメ!」なモノがあれば、教えてくださいね




2010-11-30

神戸・大分 ちょっくら旅気分 ④

さてさて、大分駅にやっと着きましたよ~

風景①
高崎山のサルが描かれています

かぼす
そりゃ、大分って言ったら「カボス」ですが、カボスの椅子ですか?

竹製品
大分って言ったら「竹製品」も有名です。
竹網目


別府竹製品協同組合(油布昌孝理事長)はこのほど、若手竹職人を中心に組織した「青年部」を設立した。研修会、新規事業の開拓などを行って職人同士の情報交換や仕事の共有を図り、竹産業の振興、後継者の養成を目指す。青年部は「若手が中心になっていかないと、日々変化する時代や環境に対処していけなくなる。次世代に受け継いでいけるような活動をしたい」としている。

(大分合同新聞の記事より抜粋)

大分竹製品・製作・販売 竹巧彩

今は便利で安いものがたくさん出回っていますが、昔からの技術を受け継ぐ製品も消えることなく愛されていきますように・・・。

駅前①
大分駅前です。
ヤシの木が南国ちっく?
向こうに見える銅像は「大友宗麟銅」。
他の場所には「滝廉太郎」の銅像もあります。

駅前2
とりあえず、パルコはあるけど、これと言って洒落たファッションビルはなし。

商店街
大分で遊びに行くとか買い物に行くとしたら、この商店街でしょうか。


大分駅に着いたらまず、祖父母(父方の方)のお墓参りに行きます。
祖父母が好きだったものをコンビニで買って持って行ってお供えします。

祖父母の家では庭にお堀を掘って錦鯉を飼っていました。
朝起きると噴水のスイッチを入れ、鯉たちに餌をやって、縁側のソファーに座ってくつろぐのが楽しみでした。
父と祖父が隣の和室で囲碁をやっていて・・・と、いう風景を思い出します。


そして、夏休みとか冬休みに遊びに行くと千円札を何枚かチリ紙に(ティッシュとは言わない)包んで「お父さんとお母さんにはだまっちょきよ!」(大分弁で黙っておきなさい、の意味)と、言ってこっそりとお小遣いをくれた祖母・・・。

菊

なんだか、大分に行ったらそんな記憶がよみがえります。


山
母方の祖父母は久々に会いましたが、2人とも元気でした。
階段や家の中に手すりをつけたり、と、少し様子も変わりましたが・・・。

私にとっては、昔から「おじいちゃん」「おばあちゃん」なので、少しは年を取ったなぁ・・・って感じだけど、自分の親となるともっと切実に衰えを感じるのでしょうね。

祖父母や両親にはいつまでも健康なまま元気でいて欲しいものです。

theme : 大分県情報
genre : 地域情報

2010-11-28

神戸・大分 ちょっくら旅気分③

ではでは、お待ちかねの「ソニック21」に乗り込みましょう。
ソニック
※この写真は大分から小倉に帰る時に撮ったので、大分駅でのものです

なんだか、スペースワールドとかにありそうな電車だなぁ・・・。
九州の電車は東京の電車と違ってオシャレなデザインが多い気がします。


乗務員
まるで、デパートガールかスッチーのような(今は客室乗務員って言うのよね)係員のお姉さん(なんて呼べばよいのでしょう)

床
入ると車内は木の床です。
白木の床で温かみがあります。

手洗い
お手洗いのドアも湾曲していて、何気に素敵なデザイン。
中も広々として使いやすかったです。

では、座席へ移動しましょうか。
座席
革張りでゆったりとした座席です。
座席2
まるで、自宅のソファーでくつろぐかのような気分で旅ができるのですね

かぼす
大分って言ったら「かぼす」でしょう!

「かぼかぼ うすきいろ」の方は、かぼす果汁に蜂蜜が入ったような味で少し甘いです。
もうひとつの「つぶらな カボス」は、かぼすの果汁と果肉が入っていて、さっぱりと爽やか

ちなみに、この「つぶらな カボス」はソニックの中の車内販売で購入すると1本150円。大分駅の中のコンビニで買うと120円。そして、地元のスーパーで買うと100円なんですねぇ・・・。

あまりに美味しかったので、スーパーで4本買いました。

ソニックキーホルダー
一人で留守番しているダンナのために、お土産を・・・。
「ソニックキーホルダー」700円でした。


では、出発です。

しゅっぱつ

おおぅ、これからどんな風景が見られるのでしょうか?

風景1
のんびり、ゆったりした風景が見えてきました。

別府1

実は私たち母娘は勘違いして違う座席に座っていました。
座席でのんびりとくつろいでいると、隣の2人連れのビジネスマンから「あの~、お宅さまのお席はこちらですが・・・」と言われました。

慌てて謝って席を譲ろうとすると「いえいえ、そちらでも良いのなら構いません」とおっしゃって下さり、結局この席に居座る事になりました。

・・・が、大正解!(申し訳ない)

風景2
青く澄んだ別府湾が見えました(反対側の席だと山しか見えぬ)。

別府駅
別府駅前です。

のどかで何にもないところでしょ?

別府は昔「東洋のナポリ」と呼ばれていたのですよ。
この駅前の道をず~っと突き進むと海です。

ちなみに「東洋のナポリ」と呼ばれている土地は他にもあるようですね。
例えば熱海とか。
ちょっと「いかにも!」なイメージでしょうかね?

他にも「東洋の○○」とつく場所があるようです。

東洋のアルカディア(ギリシャ)→置賜
東洋のカスバ(アルジェリア)→九龍城砦(香港)
東洋のガラパゴス→小笠原諸島
東洋のサンモリッツ(スイス)→ニセコ
東洋のジブラルタル→シンガポール
東洋のシリコンバレー→バンガロール(インド)、クアラルンプール、…
東洋のスイス→諏訪
東洋のスコットランド→シロン(インド)
東洋のチロル(オーストリア)→由布川峡谷
東洋のドーバー→屏風ヶ浦
東洋のハワイ→海南島、済州島
東洋のパリ→ホーチミン、プノンペン(カンボジア)
東洋のベニス→堺、蘇州、バンコク、…
東洋のポンペイ→草戸千軒町
東洋のマイアミ→湘南
東洋のマンチェスター→阪神
東洋のモンテカルロ(モナコ)→澳門
東洋のローマ→ゴア(インド)

ううむ。行った事があるところだと「なるほど!」と思うのかな?

皆さんの行った場所で「あそこは東洋の○○よ!」と思い浮かぶ場所はありますか?


風景3

ところで、話を大分に戻すと・・・。
私は大分県大分市生まれですが、父が転勤族だったのであまり大分に長く住んでいませんでした。

でも、子供の頃は神戸港からフェリーに乗って、大分に行っていました。

長距離フェリー界の星 さんふらわあ みと&つくば(苫小牧⇒大洗) [DVD]長距離フェリー界の星 さんふらわあ みと&つくば(苫小牧⇒大洗) [DVD]
(2007/01/24)
趣味

商品詳細を見る


夜に神戸港を出発し、深夜に松山港に立ち寄り朝には別府港に・・・。

なので、今でも別府港を見ると「ああ、おじいちゃん・おばあちゃんに会える!」と気持ちが沸き立ちます。

うみたまご

昔は「マリンパレス」って名前でしたが、今は「うみたまご」という名前になっている水族館です。
この水族館の向かいには、おさるさんがたくさんいる高崎山があります


うみたまご


では、そろそろ大分駅に到着します。
お忘れ物のないように~



と、東洋のナポリぃ?

theme : 大分県情報
genre : 地域情報

2010-11-26

神戸・大分 ちょっくら旅気分 ②

今回乗った新幹線は「のぞみ」。
小倉で乗り換えです。

博多行き
こちらのホームを利用して出かけるのも久しぶりです。

新幹線

新神戸を出ると岡山駅・広島駅・小倉駅・博多駅に到着します。

風景1
いつも見ている景色とは違う景色がびゅんびゅん飛んでいきます。
風景2
紅葉もキレイ
風景3
お、広島スタジアムが見えました。
風景4
広島の街です。
宮島とか観光地には行った事があるけど、街の中心部はまだ歩いた事がありません。
いつか行ってみたいなぁ。
風景5

小倉には12時26分に着いて、今度は12時43分の「ソニック21」という電車に乗り替えます。
大分に着くのは14時。
小倉駅
乗り換え時間が短いので、急いで移動。

鳥栖
普段は見かけない地名にドキドキ・・・。

ああ、旅情を掻き立てられるわぁ~

門司
10年くらい前に駅前を通った事があるけど、門司駅はハイカラな駅だったなぁ~

まっぷる山口・萩・下関 門司・津和野 2011 (マップルマガジンシリーズ) (マップルマガジン 中国 7)まっぷる山口・萩・下関 門司・津和野 2011 (マップルマガジンシリーズ) (マップルマガジン 中国 7)
(2010/03/15)
不明

商品詳細を見る


新婚の頃、山口・萩・津和野・北九州を車で旅しました。

どこも落ち着いた静かな観光地だったなぁ~


↓ところで、これを知っていますか?
ひよこのたまご

あの、有名なお菓子「ひよ子」の「たまご」なんですね~

ひよこ

これが「ひよ子」。
今や、東京でも購入できる福岡の有名なお菓子です。

名菓 ひよ子本舗吉野堂 


その「ひよ子」の「たまご」の形をしたお菓子なんですな。

たまごの中

ほんのりとオレンジの爽やかさを感じさせるスポンジ、黄身部分には甘夏のジャムが。
そして、周りをホワイトチョコレートでコーティングしていて、見た目は「たまご」。


この「ひよ子」シリーズも「たまご」だけでなく、いろいろな商品が販売されているようです。


「ひよ子のやきもち」に「塩ひよ子」「ひよ子ピナンシェ」「ひよ子サブレ」「ピヨピヨもなか」など・・・。


でも、この「ひよ子のたまご」は博多駅・小倉駅新幹線売店でしか売っていないそうです。
知らなかった~


味ですか?

ん~。

美味しいけど、ちょっと甘いので2個目はくどい!かな?

では、そろそろ「ソニック」に乗り込みましょうかね。

ソニック

この電車の中、ちょ~っと驚きですよ!

theme : 大分県情報
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア