FC2ブログ
2019-09-24

大分土産ぞくぞく





せっかく大分まで行ったら、あれこれ買いたいものが・・・。





私はハンター




スーパーと空港の中を目を光らせて歩きます(庶民的なハンターですね)







スーパーで・・・




P8260105_convert_20190923235410.jpg




まず、忘れてはならないのが、フンドーキンの「さしみ醤油」。

関東では刺身にさしみ醤油を使わないので、さしみ醤油の種類が全然ないんですよね~

しかも、売っているものは私には味が薄い!

フンドーキンは大分県臼杵市に本社のある醤油メーカーで、ラーダ家では昔から「さしみ醤油」と言えば、フンドーキンです。



フンドーキン株式会社







P8250086_convert_20190920002725.jpg

そんなフンドーキンは味噌も販売していたのですね~(知らんかった)



麦みそは関東では買えないので、ここぞとばかりに1㎏入りを買いました。


麦みそは全国でも、四国と九州でしか生産されていないんですよ~




●麦みその特徴

•米麹ではなく麦麹を使用

•麹の配分(使用量)が多い

•塩分が非常に少ない

•甘みが強く香りも旨味も豊か

•食物繊維とタンパク質が豊富

•カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルが他の味噌より3倍以上含まれている


味噌は冷凍庫に入れても凍らないので、その日の気分によって使い分けています。







P8260112_convert_20190923234726.jpg

大分と言ったら、カボスですね


試しに、牛タンをレモンの代わりにカボス+塩・胡椒で食べたらおいしかったです。

レモンほど酸味がきつくないし、香りもさわやか






P8260111_convert_20190923234542.jpg

カボスドリンクも買わなきゃ♪

「つぶらなカボス」は大分県の県産ショップでも買えますが、そこで買うと一本150円。

でも、駅中の生協だと一本98円♪


かぼすリキュールは昔から実家のサイドボードの中に入っていたお馴染みのお酒です。






P8260103_convert_20190923233912.jpg

とり天を食べるときにも使う、カボスぽん酢。

鍋にも使えるので、これからの時期活躍するでしょう!(^^)!





P8260108_convert_20190923234412.jpg

鍋、と言えば、ゆず胡椒。

ぽん酢に溶いてもいいし、味噌汁にも合います






P8260100_convert_20190923233623.jpg

東日本では販売終了となってしまった、幻のお菓子「カール」。

チーズ味やらカレー味はあまり恋しくならないけど、絶妙なうま味たっぷりの「うすあじ」が食べられないのは悲しい!

広島に行った時も買って帰ってきたけど、今回は3袋買いました。


おかげで、3泊4日用のスーツケースが閉まらなくなって冷や汗が





空港で・・・


P8230082_convert_20190920002626.jpg

「冷やしから揚げ」というものがあるんですね~


甘辛い味付けの手羽先から揚げです。

冷凍されたものを、レンジなどで温めずに常温に戻して「ひんやり状態」で食べるから揚げです(あたため禁止)


大分県はから揚げが有名で、あちこちに専門店がありますが、まさかこんな変わり種まであるとは・・・。







P8230079_convert_20190920002559.jpg

叔父に勧められた、大分のワイン



P8230080_convert_20190923234645.jpg

「安心院」と書いて“あじむ”と読みます。


安心院ワインは、大分麦焼酎「いいちこ」を作っている三和酒類株式会社のワイナリーで作られているそうです。







P8260098_convert_20190923233504.jpg

懐かしのお菓子、大分銘菓「ざびえる」と、福岡のお菓子「鶴の子」。

どちらも、祖母がよく送ってくれたものです。

あまりにも毎度毎度、送ってくるので、今では食べる前から飽きてる感じ。

でも、ダンナが食べたいと言い張ったので。






空港は空港で、街では買えないお土産があるんですね~


別府駅では売り切れだった、地獄蒸しプリンも買えたし、珍しい安心院ワインも買えてよかったです( *´艸`)






おまけ



P8260091_convert_20190923234806.jpg

福岡みやげ「通りもん」。


名前は聞いたことがあったけど、食べたのは初めてです。


バターの効いたパイのような味のお饅頭の中に白あんが入ってます。

これって・・・

ざ、「ざびえる」の味にも似てるんだけど・・・。

あと、福島の「エキソンパイ」の味にも似てるなぁ・・・


まぁ、お土産・銘菓って名前は違えども似たような味のものは多いですね・・・







P8260092_convert_20190923234842.jpg

チョコレート



P8260095_convert_20190923234916.jpg

さて、何と読むでしょう?










スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2019-09-20

久しぶりの別府!




無事に法事と食事会が終わり、帰りの飛行機まで時間があります。



せっかくなので、関東3人組で別府の街を観光したいと思います。






P8220037_convert_20190920000915.jpg

両親と叔母の関西組は「青いソニック」に乗って帰ります。



P8220042_convert_20190920001355.jpg











P8220038_convert_20190920001254.jpg

ちょうど同じホームから別府へ行く普通電車が出るので、ホームでお別れ。










P8220043_convert_20190920001427.jpg

車窓から別府ののどかな景色が見えます。










P8220044_convert_20190920001503.jpg











P8220047_convert_20190920001538.jpg

シンプルでインパクトのある看板ですね~










P8220045_convert_20190920003724.jpg

ホームから見える景色。






「あと、5分くらいでお父さんたちが乗ったソニックが別府駅に着くから、こっそり隠れてソニックがホームに着いたらいきなり出て行って驚かしてみようか」と、ダンナの提案でしばし3人で待ちました。







P8260001_convert_20190920005324.jpg





「あの人ら、しゃべりに夢中で窓の外なんて見てないんちゃう?」




な~んて言っていましたが、無事に気づいてもらえ、3分程度また再会できました。





前後の席の方々、どうもすみません・・・









P8220048_convert_20190920001605.jpg

さて、無事に見送ったことだし、観光することにします。









P8220049_convert_20190920001639.jpg


よく見ると湯気の形がOITAとなっています









P8220050_convert_20190920001712.jpg


帰りは別府駅前から空港行きのバスに乗るので、まずは観光案内所で地図をもらいます。












P8220052_convert_20190920001744.jpg












P8220054_convert_20190920010018.jpg


別府は竹製品が昔から有名なので、今回はぜひ買いたいと思い、叔父や従妹などにどこで買えるのかいろいろ聞いていました。









P8220053_convert_20190920001817.jpg


メイン通りを外れたところで、素敵なお店を発見!


別府竹細工 Bamboo Bamboo









P8230073_convert_20190920002308.jpg


是非とも欲しかった竹製の湯飲みとターナーを買うことができました!(^^)!











P8230076_convert_20190920002344.jpg


お店の人によると、熱いものも入れられるそうです。







P8230075_convert_20190920002418.jpg


熱いジャスミン茶を入れてみましたが、陶器のように熱さがダイレクトに伝わってこないので、いい感じです。









P8220055_convert_20190920001851.jpg


しっかし、商店街はどこも閑散としてますね~












P8220058_convert_20190920001949.jpg


別府に天狗伝説が?







P8220059_convert_20190920002016.jpg




P8220060_convert_20190920011220.jpg





●やよい天狗



1973(昭和48)年から天狗が存在していますが、現在のものは3代目。東京ディズニーランドのシンデレラ城の建設工事に参加したレンゾー工房が製作したものです。


天狗とのご縁は、明治の初め、やよい天狗通りの流川通り入り口に、付近一帯の無病息災を祈念して天狗(神通力により火の厄除け及び自由自在の守り神本尊と日本書記に記載あり)の石碑が建立された時から始まります。

その天狗の石碑はのちに宇佐神宮に奉納され、現在別府にはありませんが、大火災が発生した折に、無病息災、温泉感謝の思いをこめて「やよい天狗」を創作しました。


毎年春の温泉まつりでは天狗御輿として繰り出します。50数名の担ぎ手により御輿が市中を巡ります。珍しさもありますが威風堂々のお姿は、いつも注目の的です。

(やよい天狗商店街HPより)







P8220061_convert_20190920002048.jpg











P8220062_convert_20190920012124.jpg










P8220065_convert_20190920002133.jpg


別府駅








P8220068_convert_20190920002655.jpg

足湯ならぬ、手湯











P8220067_convert_20190920002207.jpg


んま~、熊八ちゃんたらラグビー日本大会が大分であるからって、はしゃいじゃって!




油屋 熊八(あぶらや くまはち、1863年8月29日(文久3年7月16日) - 1935年(昭和10年)3月24日)は、日本の実業家。泉都「別府」の観光開発に尽力し、田園的な温泉保養地「由布院」の礎を築いた。

(Wikipediaより)








P8230084_convert_20190920002454.jpg

地元では人気の「地獄蒸し焼きプリン」。



別府駅では売り切れだったけど、空港で買えました♪





P8260116_convert_20190920002524.jpg


海地獄のお湯で蒸し焼きにしているので、ほんのり硫黄のにおいがします・・・。

カラメルがほろ苦くておいしい・・・












P5050060_convert_20140518005036.jpg

別府、よいとこ、一度はおいで♪











P8230071_convert_20190920002238.jpg


地獄で待ってるぜ・・・



別府地獄めぐり公式サイト












theme : 最近の出来事。。
genre : ライフ

2019-09-17

久しぶりの大分!

この連休は法事のために、家族で大分県に帰って来ました。





神戸に住んでいる両親は新幹線とソニックで、うちの夫婦と東京に住んでいる弟の「関東3人組」は飛行機で向かいました。









東京モノレールに乗る段階から旅気分・・・


P8210001_convert_20190916235104.jpg








P8210003_convert_20190916233303.jpg

いつも新幹線とか電車、バスの旅なので、飛行機に乗るのはなんと約10年ぶり






P8210006_convert_20190916233338.jpg

機内放送のチャンネルを「ジェットストリーム」に合わせて気分も盛り上げます。

今年からナビゲーターは大沢たかおさんなんですね~







P8210008_convert_20190916233403.jpg

大分空港内には足湯が。さすが、おんせん県♨






んが。

ゆっくりする間もなく、エアポートリムジンで大分駅へ向かいます。


P8210010_convert_20190916233433.jpg








P8220069_convert_20190916235233.jpg


ラグビーワールドカップ日本大会が大分県で開催されるとかで、盛り上がっているようですね~










P8210011_convert_20190916233459.jpg

大分駅








P8210012_convert_20190916233528.jpg

今回の宿泊場所は、JR大分駅に隣接したJR九州 「ホテル ブラッサム大分」。


ブラッサム大分は「ななつ星in九州」のデザイナー水戸岡鋭治氏による自然素材を生かしたあたたかな雰囲気のモダン和テイストにまとめられています。



最上階には大分の市街地や別府湾などが一望できる天然温泉があり、「天空の温泉」とも言われ、とても人気が高いホテルです。



ブラッサム大分





300px-Seven_Stars_in_Kyushu_at_Aso_Station_20131103.jpg

(ウィキペディアより)



豪華列車「ななつぼし」の利用客はこのホテルに宿泊するプランもあるとか。

ななつぼしの旅




この日は予定が立て込んでいますが、まずは大分名物で昼食。


P8210016_convert_20190916233601.jpg

とり天とだんご汁のセットです。




P8210017_convert_20190916233631.jpg

だんご汁、と言ってもお団子が入っているのではなく、山梨の「ほうとう」を短く切ったようなものが入っています。




昼食後、後から来た両親と合流し、しばらく会っていなかった親戚に会っておしゃべり。


関東生まれ、関東育ちのダンナはなかなか聞けない純粋な(?)大分弁に圧倒されつつも話の輪に入り盛り上がってよかったです。





P8210020_convert_20190916233706.jpg

夕方は奈良から叔母も到着し、ラーダ家+叔母+ダンナで夕食会のお店まで街を散策しつつ向かいます。






大分によく遊びに行っていたのは子供のころまでで、それ以降なかなか行くことがなかったので大分に「ふぐ」のイメージがなかったのですが・・・。






P8210021_convert_20190916233748.jpg

臼杵の夏ふぐです。




臼杵市(うすきし)は、大分県の東南部にあり、日豊海岸に面しています。


関アジ、関サバで有名な佐賀関と隣接しており、一年を通して新鮮な海の幸を楽しめる恵まれた場所です。


臼杵のふぐのおいしさの理由は、その育つ環境にあるそうです。

豊後水道にはアワビやサザエといったふぐの大好物が豊富にあり、 黒潮の急激な海流がその身を引き締めるのだとか・・・。

このお店のふぐ刺しは、新鮮すぎて薄くはひけないため、少し厚めになっています。





P8210025_convert_20190916233850.jpg


肝を醤油に溶かし、ふぐ刺しをつけて食べます。






P8210027_convert_20190916233927.jpg

関アジ







P8210032_convert_20190916234103.jpg

ふぐのから揚げ






P8210024_convert_20190916233820.jpg

湯引きの肝あえ







P8210034_convert_20190916234135.jpg

雑炊







P8210030_convert_20190916234002.jpg

香ばしいひれ酒





大分の叔母夫婦や従妹たちに久々に会い、時間のブランクを感じることなく話に花が咲きました。



身内ばかりのアウェイ状態のダンナも自然に場に馴染み、叔父の勧めてくれる大分の地酒もたくさん堪能しました。





P8210031_convert_20190916234033.jpg

よく見ると、こんなところにも小さなアピールが






翌日は午前中から法事なので、この日はこれぐらいで・・・






ふふふ・・・



ホテルに戻って天空の温泉に入るのが楽しみです!(^^)!




theme : 最近の出来事。。
genre : ライフ

2015-09-14

「新しい」と「懐かしい」

皆さま、お変わりありませんか?

元気に戻って来れたので、ブログも再開です




今回は、高齢の祖母に会いに行き、ご先祖様のお墓参りも出来ました。

気になった天候ですが、九州は雨も降ったけど、結局持って行った傘をささないで済みました。


P8310003_convert_20150914150458.jpg

新幹線の中でコーヒーを買ってチョコを食べたり、いろいろ話しているうちにあっと言う間に小倉に着きました・・・(写真は新神戸駅)





小倉で青いソニックに乗り換えて・・・。

P5060108+(2)_convert_20140518003805.jpg





P8310005_convert_20150914150431.jpg

ほのぼのとした田園風景・・・。
晴れていたらもっとキレイでしょうね~




P8310007_convert_20150914150407.jpg

大分県がアメリカに?
USAと書いて、宇佐という地名です。




P8310011_convert_20150914153021.jpg

大分駅もすっかりキレイになっていました。



P8310014_convert_20150914150606.jpg

ホテルやレストランも入った商業施設で、オシャレな雰囲気に・・・

大分県には別府や湯布院といった有名な温泉もありますが、駅に直結しているホテルでも日帰り入浴ができるそうです。
シンガポールのあのホテルみたいに「天空のプール」ならぬ「天空の温泉」が楽しめますよ~




JR九州ホテルブラッサム大分



さて、大分駅で叔母と待ち合わせて一緒に昼食です。

P8310009_convert_20150914150306.jpg

せっかく来たから大分名物が食べたいでしょ?ということで・・・。

お得な、とり天とだんご汁のセットを♪


P8310010_convert_20150914150340.jpg

だんご汁というと、平べったい団子と里芋や根菜類などがごろごろと入った味噌汁みたいなもの・・・かな?

干しシイタケで出汁をとり、白味噌を溶かします。これに、柚子胡椒を溶かして食べるのが大分流



とり天のレシピは以前、叔母に聞いて記事にしたので、ご興味のある方はどうぞ~↓
おうちで大分の味 とり天


お墓参りもし、祖母にも会って久々に話をして・・・。

日帰りの短い時間だったけど、楽しい時間でした。


P8310018_convert_20150914150703.jpg




P8310025_convert_20150914150530.jpg

帰りは乗り換えの小倉駅で鶏釜めしと秋味のビールを買って乾杯



弟は現在、ジャカルタに赴任しているので、年に一度会えるか会えないか・・・ですが、今回は遅い夏休み休暇で帰って来たので一緒に出掛けることができました。


7歳も年が離れていますが、頼りにならないお姉ちゃんなので「次に改札に入れる切符はど~れ?」とか「ね~ね~、ビールも買ってぇ」とか「郵便局!とにかく、郵便局探して!」などと頼ってばかり・・・。


さぞかし「キィ~!」とイラついたでしょうが、なんとか耐えてくれ(?)楽しい思い出になりました(?)
でへへ



P9050267_convert_20150914151107.jpg

郵便局で「ご当地フォルムカード」を買い、実家に送っていますが、今回は一人留守番だったダンナに送りました(湯布院の絵の方)



P9050268_convert_20150914150937.jpg

「風景印を押してください」と言えば、こ~んなスタンプを押してくれます♪




P9050269_convert_20150914150806.jpg

ちなみに、兵庫県だと姫路城と明石大橋。
今回は、明石大橋のカードを送りました。

この時はうっかり風景印を押してもらうのを忘れたけど、どんなスタンプかな?




短い期間だったけど、しっかり地元神戸でお買い物も♪

P9050274_convert_20150914150853.jpg


ハ~デ~だ~ね~

しかも、夏の終わりで半額だったから迷った末に2足買い






P9050286_convert_20150914160314.jpg


オシャレサンダル?

これぞ、ホントの(お)シャレコウベ・・・




theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

2014-05-18

懐かし、愛おし 大分

今回は一泊二日で大分へ・・・。

P5060110_convert_20140518003326.jpg

初めて乗った九州新幹線「さくら」。



P5050040_convert_20140518003042.jpg

座席は両脇に2席づつ。

「ああ、飛行機のエコノミークラスの座席もこのくらいの広さならいいのに!」

ゆったりとした幅でクッションもいいし、足元も広くて快適



新神戸から小倉まで行き、小倉から青いソニックへ。

P5060108+(2)_convert_20140518003805.jpg


P5060109_convert_20140518003845.jpg

座席はミッキーマウスの頭みたいな形でファンタジーの世界へ行く列車みたい(うふっ、め~る~へ~ん~



P5050046+(2)_convert_20140518003130.jpg

さて、今回は途中下車してちょこっと観光気分を♪


P5050048_convert_20140518003210.jpg

別府と言えば、温泉でしょう!



しかし!温泉なんぞ、どこでも入れる!

せっかくならば、一味違った温泉に行こうじゃあ~りませんか!


それが!

P5050050+(2)_convert_20140518004757.jpg

砂湯ざんす!



P5050051+(2)_convert_20140518004832.jpg

10年くらい前に車で行ったことがあったのですが、今回はバスで。

別府駅から亀の井バスが30分に一本出ています(いろんな番号のバスが次々に来るし、わかりにくい)。




P5050056_convert_20140518004908.jpg

さて、これが砂湯です。

浴衣に着替え、四角い枠の中の砂の上に寝転ぶと係りのおばちゃんが上から砂をかけてくれます。

ずっしりと温かな砂が体に圧し掛かってくる感じ。

顔だけ出してあとは砂の中。

これで15分間待ちます。


この砂浜全体が温かいのかと思ったら、この四角の枠の中を掘って温水が通る管を埋めているそうです。
だから、下からじんわりと温められ、砂をかぶって蒸し鶏状態(蒸し豚・・・?)


P5050057_convert_20140518004949.jpg

15分経ったらシャワーで砂を流し、温泉で温まります。


P5050058_convert_20140518010252.jpg

外には足湯もあるけん(大分弁)



P5050060_convert_20140518005036.jpg

別府駅まで戻って商店街をブラブラし、竹細工のお店でも見る・・・というつもりだったけど、別府駅に戻るバスよりも大分駅に行く本数の方が多かったので、プラン変更してバスで大分駅へ・・・。



P5050061_convert_20140518005114.jpg

昔はフェリーで神戸から大分へ帰ってきたものです。




P5050062_convert_20140518005147.jpg

子供の頃はマリンパレスという古~い水族館だったけど、今は「うみたまご」という名に・・・。

この建物のすぐ向かいにあるのはボス猿が失踪して話題になった「高崎山」があります。




P5060098_convert_20140518011717.jpg

大阪駅も変わったな~と思ったけど、大分駅も新しくなっていました。



P5060096_convert_20140518011749.jpg

駅内で小さな汽車に・・・。
お子ちゃまに人気だそうです。



P5060102_convert_20140518011845.jpg

何だか銭湯の入り口みたいなトイレ


P5060100+(2)_convert_20140518012238.jpg



P5060084+(2)_convert_20140518011632.jpg

升盛り!






P5060063+(2)_convert_20140518011110.jpg



今回の目的は高齢のお婆ちゃんに会う事と祖父母のお墓参りだったので、お風呂に入った以外は観光はしませんでしたが・・・。


久々に親戚と語らい、お酒を酌み交わすことができて良かったです。






P5060067_convert_20140518011317.jpg






P5060078_convert_20140518011542.jpg







P5060077_convert_20140518011504.jpg







P5060072_convert_20140518011245.jpg


お爺ちゃんが毎日散歩に出かけていた神社





P5060070+(2)_convert_20140518011351.jpg


「いつもここで一休みして帰るのよ」




その場所で静かに微笑んでいるお爺ちゃんの姿が見えた気がしました。





家族のためにいつも足を運んできてくれていたんだね。




ありがとう。







P5060073+(2)_convert_20140518011425.jpg








P5060074_convert_20140518011204.jpg




これからもずっと、ありがとう。








theme : 大分県情報
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア