2017-11-27

諏訪湖の意外な穴場観光地(?)

長らくお付き合い頂いた長野旅行記もこれで終了です。



PB010163_convert_20171126235038.jpg

翌日の18日はあいにくの雨




PB010164_convert_20171126235533.jpg

船内もレトロですね~

古い脱水機のようなガタンゴトンと大きなエンジン音が・・・。

湖の真ん中で突然止まってしまったら、どうやって戻るんでしょ?






PB010167_convert_20171126235641.jpg

約25分間のクルーズです。







PB010169_convert_20171127000158.jpg

花火大会の時はここから打ち上げるそうです。








PB010172_convert_20171126235709.jpg

わかさぎ釣りのテント




PB010186_convert_20171126235752.jpg

ストーブもトイレも設置されているそうですよ~





PB010161_convert_20171126235842.jpg







PB010160_convert_20171126235818.jpg






クルーズを終えても帰りの電車の時間までまだまだ時間があります。

しっかし、どこに行きましょうかね・・・雨風にさらされた湖畔は寒い・・・うううっ







PB010232_convert_20171127002422.jpg



とりあえず、前回も行った間欠泉を見に行ってみます。


PB010197_convert_20171127001055.jpg

前回は朝食後の散歩の時に来て噴き出していなかったのですが、今回はタイミングが良かったです。

観光客の方々もそれを狙って来るのですね。結構混んでました。




ところで、上諏訪温泉・下諏訪温泉にはちょっと面白い伝説があるようです

神代の 昔、建御名方神とケンカした八坂刀売神が上社から下社にお移りになる際に、化粧用の湯を綿に含ませて湯玉にして持ち帰りました。

その途中で、湯の雫を落としたところに湧いたのが上諏訪温泉。

下社に着いて湯玉を置いたところから湧いたのが下諏訪温泉と言われています。




PB010198_convert_20171127001900.jpg

中では卵を買って温泉卵を作る事もできます。




PB010200_convert_20171127001935.jpg

でも、じっくり待ってもいられないので、茹でてあるものを買いました。




PB010237_convert_20171127002920.jpg

持ち帰りの場合は殻入れと塩を頂けます(帰りの電車の中で食べました)




さて、この後はどうする?

ダンナがスワンフェリーの中から見つけたこちらへ行ってきます。



PB010210_convert_20171127002021.jpg

何の建物でしょう?




PB010211_convert_20171127002053.jpg





PB010214_convert_20171127002154.jpg

わっかるかな~?





PB010212_convert_20171127002120.jpg

タケヤ味噌会館です



PB010227_convert_20171127002823.jpg


いろんな味噌が試食・購入できます。





PB010217_convert_20171127002246.jpg








PB010219_convert_20171127002559.jpg






PB010222_convert_20171127002631.jpg







PB010225_convert_20171127002758.jpg

イートインコーナーもありましたが、さんざん味噌の味見をしたのでやめました・・・。






PB010224_convert_20171127002701.jpg







PB040006_convert_20171127004818.jpg

減塩味噌は他のメーカーでは食べた事のないくらいあっさりとした味でした。





PB040012_convert_20171127004902.jpg

ほうれん草のペーストと味噌をミックスしたスープ。クルトンやクラッカーを浮かべて食べても美味しいらしい。





PB040013_convert_20171127005257.jpg

砕いたピーナツが入った少し甘い味噌。



PB010220_convert_20171127002727.jpg

あまりの衝撃に買ってしまいました。




PB010229_convert_20171124001459.jpg

タケヤ味噌会館、思いがけず面白かったです。













PB020238_convert_20171127002949.jpg

駅の売店で買ったカップ付きのご当地ワイン




PB030241_convert_20171124000311.jpg

長野に行ったらぜひとも買いたかった七味の詰め替え用(地元のスーパーは安い!)

諏訪大社にもお供えされていた地元のお酒「真澄」。
スポンサーサイト

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-11-24

ラーダ・ダンナてくてく旅 諏訪湖のほとりを楽しむ

PA310104_convert_20171123233513.jpg

前回と同じ宿に宿泊するために上諏訪駅へ・・・。






この駅のホームには「お楽しみ」があるんですよ~

PA310101_convert_20171123233559.jpg

無料の足湯です。



上諏訪駅の1番線ホーム脇には上諏訪温泉がひかれている。かつてはこれを利用した露天風呂形式の公衆浴場が設置されておりマスコミにもたびたび取り上げられたが、2002年(平成14年)にこれを足湯に改装され、脱衣の手間なく気軽に利用できるようになったほか、一度に利用可能な人数が増加した。湯は50°C前後の熱めで、足のみを暖める足湯としては一般的な湯加減である。

利用後に足を拭くタオルなどは備え付けられていないので、利用者自身で用意する必要がある。コンコースのNEWDAYSにはオリジナルのタオルが販売されている。また、更衣室が設置されている。

(ウィキペディアより)



PA310095_convert_20171123233638.jpg

前回来た時は、時間の余裕がなく入れませんでしたが、今回は他に利用客もいなかったのでゆったり入れました。







宿にチェックインして荷物を置いたら、徒歩5分の諏訪湖へと向かいます。

PB010106_convert_20171123233717.jpg









PB010107_convert_20171123233749.jpg










PB010114_convert_20171123233904.jpg











PB010124_convert_20171123234040.jpg











PB010121_convert_20171123235401.jpg

しばしの間、日没を待ちましょう










PB010108_convert_20171123233826.jpg













PB010127_convert_20171123234120.jpg











PB010129_convert_20171123234214.jpg

暮れてしまうと暗くなるのも早いですね~







PB010148_convert_20171123234254.jpg

諏訪湖のほとりにある、「養命酒」プロデュースのショップ・ベーカリー・レストラン。








PB010140_convert_20171123235929.jpg

諏訪湖を眺められる展望ガーデンもあります。








PB010142_convert_20171124000018.jpg










PB040016_convert_20171124000522.jpg

健康を考え、安全性の高い信州こだわりの食材を集めたという1階のお店で信州味噌と養命酒酒造プロデュースの鍋の素を購入。








PB040017_convert_20171124000549.jpg

醤油仕立ての薬膳スープ



醤油味以外にもトマト味とかトムヤムクン味、白湯スープ味とかあったけど、これがいちばん入れる具材に違和感なく(?)味の想像がつきそうだったので・・・。


●具材

豚肉・春菊・白菜・長ネギ・大根・かぼちゃ・えのき・厚揚げ・糸こんにゃく
〆には、うどんや餅、にゅうめん







PB010155_convert_20171124000120.jpg

宿に戻ってお楽しみの夕飯







PB010154_convert_20171124000208.jpg


信州牛の食べ放題に飲み放題プランもプラスしてパラダ~イス!









PB010190_convert_20171124001425.jpg

翌日はあいにくの雨







でも・・・



思いがけず、懐かしい「あの人」に会えました。






さて、そこはどこでしょう?







PB010229_convert_20171124001459.jpg

長々とお付き合い下さり、ありがとうざいます




つづく

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-11-21

信州てくてく彷徨い歩き旅 諏訪大社上社本宮・上社前宮

この週末に前回行けなかった諏訪大社の上社本宮と上社前宮に行って来ました。




PA310006_convert_20171120163427.jpg

スーパーあずさ




前回の記事はこちら↓

電動自転車でエッサッサ坂道ぐんぐん諏訪大社+松本







PA310004_convert_20171120163312.jpg








PA310007_convert_20171120163459.jpg


駅のコインロッカーに荷物を預け、観光案内所で地図を貰います。


諏訪大社へ向かうにしてもバスの本数が少ないので、4㎞歩くことに・・・








PA310010_convert_20171120163522.jpg
茅野駅











PA310012_convert_20171120163544.jpg


その前に駅前の蕎麦屋さんで腹ごしらえ。







PA310021_convert_20171120164243.jpg









PA310024_convert_20171120164314.jpg
水が綺麗!






しっかし、茅野駅は下諏訪駅ほど大きくもなく、レンタサイクルのお店もない。

わざわざ徒歩で行く人もいないのか、これといった表示もない・・・。



「ほ、ホントにこの道で合っているわけ?」






PA310027_convert_20171120164216.jpg


のどかな風景の中、歩いている人はいない・・・ので、誰にも聞けない・・・。








PA310038_convert_20171120165255.jpg










PA310035_convert_20171120165224.jpg










PA310040_convert_20171120165321.jpg










PA310042_convert_20171120165359.jpg










PA310044_convert_20171120165445.jpg

おお!やっと、前宮の鳥居を発見!








PA310053_convert_20171120165517.jpg









PA310055_convert_20171120170223.jpg










PA310056_convert_20171120170252.jpg


散った銀杏の葉で黄金の階段になっています。








PA310059_convert_20171120170329.jpg










PA310060_convert_20171120170403.jpg









PA310065_convert_20171120170919.jpg









PA310068_convert_20171120170556.jpg

前宮は本宮の東約2㎞にあり、その昔上社祭祀の中心をなしていました。

本殿は豊富な水や日照に恵まれた高台にあります。








PA310066_convert_20171120171105.jpg


前宮はご祭神が最初に居を構えられた、諏訪信仰の発祥の地と伝えられています。


現存する数少ない建物は昭和7年(1932)伊勢神宮のご用材を用い、建てられたものだそうです。









ここからまた徒歩で上社本宮へ向かいます・・・。



PA310070_convert_20171120172026.jpg









PA310071_convert_20171120172144.jpg


日が照っているところは暖かいのですが、日陰に入ると寒い・・・。







PA310073_convert_20171120172116.jpg




すっ、すごい霜柱!こんなに迫力のある霜柱は初めて見ました。




PA310074_convert_20171120172219.jpg









PA310072_convert_20171120171948.jpg










PA310077_convert_20171120172248.jpg









PA310078_convert_20171120172312.jpg

あんな高台に神社が!







PA310079_convert_20171120172341.jpg


なんと、北極星を祀っているそうですよ


夜なんて綺麗なんでしょうね~


浪漫を感じつつも、さんざん歩いて来たので階段を上るのは無理でした(>_<)







PA310080_convert_20171120172417.jpg


うお~、やっと鳥居が・・・。長い道のりでした・・・









PA310083_convert_20171120173247.jpg










PA310084_convert_20171120173323.jpg









PA310086_convert_20171120173924.jpg










PA310089_convert_20171120173406.jpg


諏訪大社は、本殿を持たない「諏訪造り」という独特の形で構成されてます。
なかでも、本宮はその代表的なものです。


本宮は諏訪大社の祭事の中心であり、四宮の中でも最も貴重な建造物が多く現存されています。

神体山をお祀りするというのも大きな特徴。




信濃国一之宮とも呼ばれる諏訪大社は、諏訪市の上社本宮と茅野市の上社前宮、下諏訪町の下社秋社と下社春宮の二社四宮からなり、氏子は諏訪地方の6市町村にわたっています。


また、歴代の天皇や武将からも深く崇拝され、多くの人々が諸国へ分霊を持ち帰り祀ったことから、諏訪信仰は各地へと広がりました。


現在では、分社だけでも沖縄県を除く全国46都道府県5,000社以上、摂社・末社を加えるとその数実に1万有余社を数えています。
(信州諏訪 上諏訪温泉のリーフレットより)




この諏訪大社巡りだけでどんだけ歩いた事でしょう・・・。


帰りは宿へと向かう電車の時間もあるし、また同じ距離を駅まで歩いて帰るのは辛かったのでタクシーを呼びました。



タクシーで駅まで10分。


超楽チン♪




とほほ



つづく

theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2017-01-27

お土産で思い出旅めぐり

旅に出ると普段は見かけない珍しいモノに目が行きますね~

でも、あそこに行ったら絶対アレを買う!と決めているものがあります。
皆さんはありますか?


まずは・・・。

郵便局で買える、ご当地フォルムカード

皆さんは郵便局に行った時に地元の有名観光地や名物のイラストが描かれたポストカードを見た事がありませんか?



P1110005_convert_20170127003549.jpg

こんなに溜まりました。





P1110007_convert_20170127003617.jpg

ウチでは今まで自分たちが行った都道府県の郵便局で「その土地らしさを」感じられるフォルムカードを購入しています。

フォルムカードはだいたい5種類くらいあるのですが、そのなかで「行った事がある場所」やら「食べた事があるもの」「名産品」など“こ、これは!“と思うものを選んで買います(一枚180円なので、全部買ってたら大変)


そして、その中で「この県らしい!」というカードを一枚選んで、実家に送っています。


観光地の郵便局だと「風景印」というその土地らしいイラストのスタンプを押してくれます。



郵便局 ご当地フォルムカード





ちなみに、今回は山梨と長野で買いました。


PC300016_convert_20170127004222.jpg

山梨では武田神社に行ったので「武田信玄」のカードで送りました。



PC300020_convert_20170127004246.jpg

長野では松本城に行ったので、松本城のカードで送ったのですが、よく考えたらNHKの大河ドラマで真田丸を放送していて両親も見ていたので「真田幸村」のカードで送れば良かったな~・・・と、あとでちょっと後悔しました。




001_convert_20120825161234.jpg

これが一番最初に買った青森のカード。


いろんな場所に行っているけど、このカードを集め始めたのは2012年の青森だったので、実は今まで行ったけど買ってない県のカードがたくさんあるんですよねぇ・・・。

あと、せっかく行っても郵便局が閉まっている休日とかだったり・・・。

ま、集める楽しさもあるので、ボチボチ集めます( *´艸`)





さて、長野と言えば「これだけは絶対買って帰りたい!」と思っていたものがあります。

PC290006_convert_20170127005233.jpg

以前、善光寺に行った時に入った蕎麦屋さんに置いていた七味がとっても香りが良く、辛さも良くて感動して買ったものです。

それ以来、七味は香りと程よい辛さが命!とばかりにコレです。


ダンナに引かれて善光寺


根元 八幡屋磯五郎


去年だったか、波留さん主演のドラマにも登場したそうですね。
長野出身の主人公が母の形見だという、八幡屋磯五郎の七味を持ち歩き、食べる物になんでもこの七味をかける・・・とかいう(見てないけど)



善光寺

今回は行ってないけど、善光寺


元文元年(1736年)創業で、善光寺名物で最古のものだそうです。
御高札前で販売され、卓絶な風味は「善光寺参りの手形」とまで言われたそうです。




PC300026_convert_20170127011625.jpg

今回は長野駅の中に入っているお店で購入。

いろんな種類がある中で悩みに悩んで買ってきました。ぐおおおお!せめて東京にも出店してほし~!




PC290008_convert_20170127005301.jpg

ユズの爽やかな香りはうどんや蕎麦に欠かせません!意味もなく蓋を開けて香りを嗅いでしまうほど・・・
まるで・・・

七味アロマやぁ~!

ひと缶の中に2回分入ってます。




PC300030_convert_20170127005346.jpg

七味ガラムマサラ。

七味の焙煎技術を活かした、香り豊かなミックス・スパイス。

ひと振りしただけで「あいつは変わっちまったよ・・・」的な異国的なふうになるわけでもなく、本場モノと違って和の奥ゆかしさがあります。

カレーうどんなどに入れると香りも楽しめ、粋な味に♪


インド人だけでなく、日本人もびっくりやぁ~!


す、すみません・・・。



次に駅の中で買ったのはコレ。

PC300022_convert_20170127005152.jpg

なんと、これ、あの「養命酒製造株式会社」のハンドクリームなのですよ!

養命酒のスキンケア クーラ・ナチュア

まぁ、1つ1,000円という価格にちょっと腰が引けますが・・・。

私の求めるハンドクリームは

●ベタつかない
●さっと肌になじむ
●伸びがよい
●しっとりとする
●水洗いしても潤いが続く

・・・という、条件です。

このハンドクリームは、信州の天然水「養命水」が配合されています。
5種の和漢植物エキス・セラミド・シアバター・スクワラン配合で、天然由来ハーブの香り(ゼラニウム&ローズ)

1、000円だと何個もまとめ買いできないけど、潤いが続き塗る回数が少なくて済むならば・・・ううむ・・・。


ハンドクリームは常に「これは!」というものを探しているので、使い終わったらまた別のモノを使って気持ちもリフレッシュしています。





さて、長野と言えばリンゴですね~

PC300011_convert_20170127005127.jpg

駅の出店で1個100円!
特に傷もなく、何の問題もないのに100円!

ちなみに、ジュースも100円でした。



P1120012_convert_20170127013820.jpg

いろんなところで林檎のお菓子やジャムを見ましたが「りんごバター」って見た事あります?


P1120016_convert_20170127013849.jpg

すっごくシンプルな材料しか使っておらず、しかも開封したら2週間以内には食べきらないといけません。
また、食べる量だけスプーンですくって別の皿に移さないといけないというデリケートさ。



素朴で酸味の少ないすりおろし林檎にバタースカッチを混ぜたような味・・・かな~

「アナタにもチェルシー、あげたい」とかいうCMであったああいう、香ばしいバターの香りが入ったような・・・。

ネットで調べたら「りんごバター」って出てきますね。作れるのかも?

軽井沢 手作りジャム沢屋


私はこんがり焼いたデニッシュパンにつけて食べたけど、美味しかったです!(^^)!





PC230059_convert_20170127014918.jpg

宿泊したホテルで「飲み放題プラン」を頼んだら、ご当地ワインも飲み放題!

デキャンタにたっぷり入っていて時間までに飲み切れずにいたら「部屋に持って帰って飲んでもいいよ」と言ってくれ、なおかつ惜しみなくまた継ぎ足してくれて・・・。

ロゼって甘いしぃ~・・・とか思っていたけど、フルーティで飲みやすく、すっかりファンに。

でも、白まで飲めなかったので購入。


P1110009_convert_20170127014822.jpg

埼玉のワイン専門店でも売ってました♪


まだ飲んでないので、感想は言えないけど・・・・ふふふ・・・さて、いつ飲もうかな?

五一わいん林農園 長野塩尻市




PC300038_convert_20170127013719.jpg


どこかで食事を・・・と長野駅周辺を散策し、たまたま入ったお店で発見!


紺色のフェイク・ファーのコート・・・。


PC300043_convert_20170127013745.jpg

内側の袖の中も全部、ファー!


ちょっとエキゾチックな模様のリボンがポケットについていて・・・。



これぞ、私の求めていたデザインだぁ~!


値札を見たら、ちょうどセール中でなんと、70%オフ・・・。

な、70%オフ???!!!!



・・・と、テンションマックス


でも、ちょっと持ち合わせが足りなくて(クレジットカードで買い物しない主義)、ダンナに借金して買いました・・・。


旅先で、かさ張るファーコートを衝動買いして、宅急便で家に送るって・・・(かさ張るお土産とかもう着ない着替えなどと共に)


アナタ・・・



アホですか~?




まぁまぁ、旅とは「なんで、ここで?」的なモノに出会ってしまうものです。


でも、それでもいいじゃあ~りませんか


それもひっくるめて「旅」なのです。



なんちゃって

theme : 各地のお土産・特産品
genre : 旅行

2017-01-22

雪まみれの景色を見るハズが・・・観光列車「おいこっと」 上田・真田神社 別所温泉

普段、雪深い場所に住んでいないので「雪まみれ」の景色を見て見たい・・・と思って飯山線「おいこっと号」を予約しました。



PC250239_convert_20170122001335.jpg


長野駅から約1時間。豪雪地帯を走ります。



PC250245_convert_20170122001448.jpg

全席予約制なので、安心。


おいこっと号


ちなみに「おいこっと」とは、信州・長野~十日町を走る観光列車で、日本の懐かしい田舎の風景やおもてなしでくつろげる列車です。








PC250268_convert_20170122001556.jpg






PC250280_convert_20170122002407.jpg

野沢菜とオニギリのサービスがありました。

オニギリのお米はモッチリとしてただの「塩むすび」だったけど、食べごたえがありました。





PC250292_convert_20170122002525.jpg

途中下車した駅では地元の方の手作りの名産品を買ってちょっとした交流を・・・。

PC250294_convert_20170122002609.jpg

すっごくシンプルな材料しか使っていないのに、ものすごく美味しかったアップルパイ





PC250286_convert_20170122002445.jpg








PC250288_convert_20170122003401.jpg







PC250298_convert_20170122003649.jpg

さすが観光列車。
藁でできた子供用の雪よけをかぶって記念撮影





PC250272_convert_20170122002324.jpg






PC250299_convert_20170122003815.jpg







PC250304_convert_20170122002658.jpg

終点の駅に着いたところで、何もない・・・。





PC250306_convert_20170122002741.jpg

電車の折り返しまで20分・・・ツライ・・・。







PC250316_convert_20170122004601.jpg







PC250322_convert_20170122002814.jpg

皆さま、すでにご存じだと思いますが、ちょうどこの旅の一週間後は大雪でした・・・。

でも、雪に不慣れな旅人にはこれぐらいで良かったのかも?





長野駅に戻った後は、大河ドラマで話題になった上田へ・・・。


PC250346_convert_20170122003744.jpg





PC270005_convert_20170122004956.jpg





PC270007_convert_20170122005025.jpg

うちでは大河ドラマを見ていないので、いまいち「真田フィーバー」について行けず・・・。



数年前に松代に行ったけど、その頃はまだ全然話題になっていなかったので、しずか~な町だったけど、今はどうなんだろう?↓

ダンナに引かれて善光寺~松代へ




上田に戻った後は・・・。

PC250374_convert_20170122005755.jpg

ローカル列車で別所温泉へ・・・。




PC250368_convert_20170122005826.jpg





PC250362_convert_20170122005858.jpg

日帰り温泉だったせいか、地元の人たちばっかりでした。
方言を聞きながらの入浴・・・




PC250375_convert_20170122004747.jpg

旅の最後は上田に戻って上田名物「美味だれ」の店へ・・・。


美味だれ・・・。焼き鳥にかけるタレですが、お店によって味がそれぞれ違うかも・・・。


まるで、吉田類の「酒場放浪記」に出てくるような、昔ながらの個人経営の、常連客オンリーのようなお店で、
お店のママ(?)も「いかにも!」みたいな、映画のような雰囲気でした・・・。


写真はとてもじゃないけど、撮れませんでしたが、旅の終わりにまさかのドラマチックさに妙に感動してしまいました。



長々と旅の思い出にお付き合いいただき、ありがとうございました!

theme : 長野県
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
フリーエリア