2012-09-13

ラーダ・ダンナ 青森てくてく旅④ 弘前・金木・五所川原

ちょっと間があきましたが・・・青森旅ネタもこれで最後です。


ホテルをチェックアウトしたら、駅のコインロッカーに荷物を押し込んで駅周辺を散策します。



331_convert_20120913091453.jpg


魚市場です。

自分で好きなネタを選んでお好み丼にする「のっけ丼」というものもありますが、いちいち選んで行ったら結構いいお値段になりそう・・・。

こちらの魚市場は観光客向けというよりも、地元の人向けっぽかったです。





335_convert_20120913091542.jpg


こちらは、駅近くのビルの地下にある魚市場。

食事ができる広いスペースもあるし、お土産を買うにはここがいいかも。


334_convert_20120913091630.jpg




340_convert_20120913091718.jpg

ぎょぎょぎょ~ッ


ホテルで朝食を食べたし、まだ別の場所に移動しないといけないので駅に戻ります。




347_convert_20120913092409.jpg


弘前です。

発車のベルの音楽がなんと、津軽三味線です。渋い!




348_convert_20120913092510.jpg


よ~く見ると・・・。


    349_convert_20120913092559.jpg
       うふっ りんごでぇ~すラブリー♪



364_convert_20120913094449.jpg






356_convert_20120913093110.jpg


駅前からバスに乗って、弘前城に・・・。





青かった空がだんだん曇ってきて、なんと雷まで鳴り出したので、ほぼ走りながら駅まで帰るバス停を目指します・・・!



359_convert_20120913093200.jpg


それでも、途中で写真をパチリ。
まだ蓮も咲いていたか!(8月末)



363_convert_20120913093250.jpg


か~なりヤバいグレイの空でしたが、なんとか危機一髪雨には当たらずに済みました。

この後、まさにバケツをひっくり返したような雨が・・・!


弘前の街には素敵な洋館がたくさん建っていたり、りんごの産地で有名なのでアップルパイの美味しいお店がたくさんあったりしたのに、すごい雨でそれどころじゃなかった・・・。



373_convert_20120913094741.jpg
岩木山


しかし。

せっかく買った傘は結局、一度も使うことなく嫌味なほど晴れました・・・。



374_convert_20120913095555.jpg
旅情を誘うボロさ・・・。


あの雨はいったい何だったのでしょう。

運がいいんだか、悪いんだか・・・。



371_convert_20120913094635.jpg




369_convert_20120913094541.jpg


津軽と言えば、りんご。

あちこちでりんご畑を見ることができました。




379_convert_20120913100200.jpg




     380_convert_20120913100410.jpg




378_convert_20120913095737.jpg



津軽鉄道に乗って、太宰治の生家がある金木まで行きます。


この津軽鉄道は人気で、バスツアーなどでも「途中で津軽鉄道に乗る」というプランが組み込まれています。

面倒なところはバスでささっと移動。

でも、あの有名な津軽鉄道にもちょこっと乗って雰囲気が味わえるわよ~ん・・・でしょうか。


行きは会わなかったけど、帰りの電車で一緒に・・・(でも、一般客とツアー客では車両が分かれます)。

結構、マナーの悪いやりたい放題の年寄・中年客が多かった・・・!



382_convert_20120913100558.jpg


この津軽鉄道ですが、期間ごとに車内でいろんなイベントがあります。

私たちが乗った時期は「風鈴列車」で、天井から幾つもの風鈴がぶら下げてありました。


381_convert_20120913100504.jpg
吉本芸人・ピースの又吉の言葉を地元の書道家が書いて展示されていました。



七夕時期にはアテンダントが浴衣姿になるし、秋には駅員が飼育した鈴虫が入ったかごを車内の棚に置き音色を楽しめる「鈴虫列車」に。

また、8月上旬には「真夏のストーブ列車」になります。


乗務員さんがお客一人一人に行先を訪ね、その周辺地図を渡してくれます。
なまの津軽弁炸裂で津軽の旅を満喫できます。



383_convert_20120913102105.jpg


金木駅です。

次の列車の時間まであまり時間がないので、かなり駆け足で見てまわらなければなりません・・・。




389_convert_20120913102152.jpg


最初に行ったのが、津軽三味線会館。

もし、斜陽館も一緒に見る予定ならセット券を買うとお得です。

津軽三味線会館



楽器の世界コレクション3 -津軽三味線- 一音に込める 激情繊細の世界 [DVD]楽器の世界コレクション3 -津軽三味線- 一音に込める 激情繊細の世界 [DVD]
(2011/01/19)
多田あつし、弘前大学津軽三味線サークル 他

商品詳細を見る



いろんな興味深い展示物があったけど、とにかく時間がないので先に始まっていた津軽三味線の生演奏を聴くことに・・・。



ところで、津軽三味線の皮はなんだか知ってますぅ?


普通の三味線は猫の皮ですが、津軽三味線で使われる皮は犬・・・。


背の部分を用いるそうですよ~。材質は、秋田犬の雌が最高級だそうですが、現在は大半がアジア全域からの輸入品だそうです。

でも、音質に劣る上に価格がさほど変わらないため好まれないそうです。

お値段はうる覚えだけど、400万円くらいだったような・・・・。




この時の演奏者の女性は大きな病を抱えておられるとかで、現在も治療中。

でも、津軽三味線のある曲に励まされているとか。

ある曲がなんだか覚えてないけど、その曲は、悲しみや不安や戸惑いや苦悩を強い炎の中に撥(ばち)で叩き飛ばしていくような力がある気がしました。





392_convert_20120913104534.jpg


さて、ゆっくりと余韻に浸る間もなく斜陽館へ・・・。


394_convert_20120913102337.jpg





   405_convert_20120913102738.jpg





400_convert_20120913102457.jpg



かなり裕福なお宅だったのですなぁ・・・

いったい、何が不満やねん?

と思うのは凡人の他人だからなのでしょうなぁ




太宰治の本は、走れメロスは学校で習ったけど、積極的に読んだことがない。


でも、他の女と心中したダンナの遺体を引き取りに行く妻の話でラストがなんか印象的でした。

悲しいとか淋しいとか悔しいという感情ではなく、なんか、阿呆らしくて亡骸を引き取りに行く電車の中で笑えてきた・・・とかいう。



それを読んだときに太宰治に対して「ああ、この人。ホントに死にたかったのね。・・・あの~、願いが叶ってよかったね」みたいな気になったのを覚えています(すまん。アホな感想で)


↓あ、調べたら「おさん」でした。

太宰治 おさん

どこにも最後、笑えてきた・・・とは書いてないですね~
いったい、なんでそう思いちがえたのでしょうかね・・・





      401_convert_20120913102638.jpg




408_convert_20120913112133.jpg




409_convert_20120913112546.jpg





412_convert_20120913112224.jpg




414_convert_20120913112321.jpg





     415_convert_20120913112638.jpg




413_convert_20120913112735.jpg




そして、最後に印象深かったのが五所川原。

418_convert_20120913113157.jpg



なんというか・・・。

街全体のムードがなんかヘン・・・。


419_convert_20120913113253.jpg




422_convert_20120913113531.jpg



ヘン、というか、奇妙というか・・・。




423_convert_20120913113622.jpg




たぶん、うちの親世代だと青春時代に戻ったようで懐かしい!な、感覚なんだろうけど・・・。


その「懐かしい」を知らない世代が、いきなり、あんな映画のセットのような現実の世界に行くと妙な世界に電車で来てしまったような気になって・・・

う~む、なんというか、怖い。



421_convert_20120913113438.jpg
いまどき、手描きの時刻表なんて・・・



待合室に入ったダンナも「なんなんだ、ここは?!」と思わず言ってしまったほど。





420_convert_20120913113346.jpg




現実じゃないようで、現実だけど、なんか、そこだけ時が止まっているような・・・。

ここにいる人たち、現実に存在している人?

なんて、妙な(失礼)気持ちになってしまうんですよね・・・



424_convert_20120913113957.jpg



ここから青森駅に向かうバス、ほんとに行くの?・・・みたいな。



425_convert_20120913113721.jpg



いやいや、別にここだけじゃなく、地方に行けばこういうレトロなムード漂う場所なんていくらでもあると思うんですが・・・。




427_convert_20120913113810.jpg



現代から過去へタイムスリップしてしまう映画なんかがあって、話としては面白いけど、
ここはなんだかそれが現実になってしまいそうで・・・う~ん・・・とにかく、妙な気持ちになります。



428_convert_20120913113901.jpg





青森・函館。

どっちも初めて行ったけど、それぞれの良さがありました。


青森。

行く前は正直言って遠くてあんまり興味ないところだったけど、幾つか好きな風景を見つけました。


ミツバチのようにあちこち飛び回っていいトコどりしかしていない旅だけど、舐めた蜜の味は忘れないわ、きっと~


009_convert_20120913115701.jpg

弘前でアップルパイ、アップルパイと言ってたのに、結局食べられなかった・・・
残念に思っていたらダンナが東京で買ってきてくれました。



      025_convert_20120913120637.jpg



スポンサーサイト

theme : 青森のあれこれ
genre : 地域情報

2012-08-30

ラーダ・ダンナ 青森てくてく旅③ 青森駅周辺

さてさて、駅周辺をまだ紹介していませんでしたね~


111_convert_20120830161613.jpg


この船の前には、あの歌の歌謡碑が・・・!



  108_convert_20120830161951.jpg

歌謡碑の前に立つとセンサーが反応して、ジャジャジャジャ~ンと、どでかい音であの曲が・・・!

♪うンえのぉ はぁつぅのぉ やぁこぉれぇっしゃ おりぃたとぉきぃかぁらぁ~ あ~おもりぃえきぃはぁ ゆぅきのぉなぁかぁ~


軽くひるむくらい大きな音量です・・・。


歌の中にあるような、雪が降る時期に来たらまた感じ方が違うかもしれません。


この後ろにある船は「メモリアルシップ 八甲田丸」で、博物館になっています。


084_convert_20120830162635.jpg


1964年から1988年まで、日本国有鉄道及び北海道旅客鉄道の青函航路に就役していた八甲田丸の船体をほぼ往時のまま利用して展示した、博物館です。

085_convert_20120830162728.jpg

中にはいろんなシーンに合わせて人形が設置されています。


091_convert_20120830162834.jpg

094_convert_20120830163848.jpg


さすがブリッジは見晴らしのいい場所にありますね~。


105_convert_20120830162926.jpg

1階の車両甲板には、鉄道車両を輸送するためのスペースがあり、郵便車両など9両の本物の車両が当時のまま展示されています。



博物館を出て周りを歩いてみます。


130_convert_20120830164323.jpg

青森のレインボーブリッジ?




132_convert_20120830165559.jpg

A-FACTORY
青森産りんごの発泡性果実酒、シードル工房や青森の特産品やオシャレなお土産が手に入ります。

ベーカリーやスイーツ、海鮮丼などを食べられるスペースも。
2階にはシードルと相性のいいガレット専門レストランもあるそう。




115_convert_20120830165828.jpg





  113_convert_20120830165741.jpg




116_convert_20120830165920.jpg




121_convert_20120830170015.jpg

後で三角形のビル(アスパム)の上にある展望台に行きます。




123_convert_20120830170114.jpg



182_convert_20120830171157.jpg

おお~、なんだかオシャレな雰囲気になってきたぞ


189_convert_20120830171245.jpg



194_convert_20120830171335.jpg

アスパムの展望台からの景色


199_convert_20120830171439.jpg



202_convert_20120830171533.jpg



203_convert_20120830171627.jpg




夜は郷土料理を食べたいなぁ~と思いつつも、いったい、どこに行ったら良いのやら・・・。


206_convert_20120830172148.jpg

知らない街を歩くのは楽しいけど、せっかくなら・・・!と、気負いすぎてなかなかそれっぽい店が見つからない。


途中で雰囲気のいいお店を見つけたけど、中の様子がわからない・・・。


けど、勇気を出して入ってみたら大当たり!

お店の人は親切だし、お手頃価格だったし、なんやかんやとオマケがついたし・・・。

炭火串焼き助六 



津軽 じょっぱり 本醸造 1.8L 1本津軽 じょっぱり 本醸造 1.8L 1本
()
津軽

商品詳細を見る


おススメしてもらった「じょっぱり」。

飲みやくて美味しかったです♪

333_convert_20120830172253.jpg

昼間に撮った写真。夜は雰囲気がいいです。


青森は今まで行ったことがなかったので、どうも演歌的なイメージでしたが、夏のせいかカラッとしててそういうじめ~っとした感じではなかったです。


青森駅周辺と弘前ではまた雰囲気が違うけど・・・。


今回は時間が許す限りあちこち移動していろんな風景を見ることができました。
でも、忙しかった~!




青森2日目は朝から函館に行きます。



初めての函館も楽しみ~

theme : 青森のあれこれ
genre : 地域情報

2012-08-27

ラーダ・ダンナ 青森てくてく旅 ② ねぶたの家 ワ・ラッセ

青森に行くと言ったら「ねぶた祭りは見ないの?」と言われそうですね~。


今年のねぶた祭りは、8月2日~7日だったので、確かにせっかく行くなら・・・とも思いますが、きっとこの時期はどこのホテルもいっぱいだったと思います。

JR青森駅前からねぶたが出るので、きっと今回泊まったホテルもその時期は満室だろうな~

005_convert_20120825013416.jpg


でも、せっかくなら雰囲気を味わいたいなぁ・・・・って思いますでしょ?


ええ、そんなアナタやワタシにとってもいい施設がJR青森駅近くにあるんですよ~。

その名も「ねぶたの家 ワ・ラッセ」。


079_convert_20120826233525.jpg

赤い洒落た建物がそうです。


この施設では、あのねぶた祭りが一年中楽しめます。

特に、今はついこないだ行われた祭りで活躍したねぶたが展示されています。

ねぶたの家 ワ・ラッセ



              172_convert_20120827000514.jpg



では、一緒に青森ねぶたを鑑賞しましょう
※写真撮影可



138_convert_20120827001023.jpg


ところで、“ねぶた”と“ねぷた”いったい、どっちなんでしょう?


私はずっと「ねぶた祭り」だと思っていましたが、いつだったか「ねぷた祭り」という文字を見つけ「“ねぶた”は“ねぷた”だったのか!」と思ったことが・・・。


これって“すぶた(酢豚)”だと思っていたものが実は“すぷた”だった!って言われるくらい衝撃!(ウソ)



「いったい、ねぶたとねぷた。どっちやねん?」と思っていましたが・・・。


  
     157_convert_20120827001427.jpg



どうやら「青森ねぶた」と「弘前ねぷた」「五所川原立佞武多(たちねぷた)」「黒石ねぷた」とそれぞれ違うんですね~


何が違うのかというと、まず、かけ声が違う。


159_convert_20120827001523.jpg




青森は、 ラッセラー

弘前は、 やーヤドー

五所川原は、ヤッテマレ


黒石は・・・、やーれやーれや



140_convert_20120827001627.jpg




また、ねぶたの形が地域によって違うそうで・・・。

351_convert_20120826234646.jpg
JR弘前駅にて


右の立体的な人形のねぶたが「青森ねぶた」。

真ん中の扇形のが「弘前ねぷた」。

左の高さのある人形のねぶたが「五所川原佞武多」。

黒石のねぶたの展示がありませんでしたが、黒石のは人形ねぶたと扇ねぶたの両方があるようですねぇ・・・



161_convert_20120827002227.jpg

やっぱり、他県民のイメージする「ねぶた」は青森の迫力ある人形のねぶたかな~




青森ねぶたと弘前ねぷた。


その違いはよく“動”の青森、“静”の弘前と表現されるそうです。


166_convert_20120827001740.jpg




青森の「ねぶた」が歌舞伎風の人形の灯籠なのに対し、弘前は扇形が主体。「ねぷた」の表面には三国志などの勇壮な鏡絵が描かれ、見送り絵と呼ばれる裏面には美人画や水墨画が描かれています。

五所川原立佞武多は、高さが20mを超える巨大な山車が街を練り歩くわけですね。


168_convert_20120827001840.jpg



ねぶたの家 ワ・ラッセには青森ねぶたの展示しかありませんが、また、それぞれの地でこういう施設があるようです。


↓弘前ねぷた

津軽藩ねぷた村


↓五所川原立佞武多
立佞武多の館





ワ・ラッセのパンフレットに「祭りが“動のねぶた”なら、ここは“静のねぶた”・・・」と書いてありますが、ねぶたが引き立つ暗いライティングで雰囲気を盛り上げるお囃子が絶えず流れ、なかなか粋な演出でした。



146_convert_20120827003616.jpg



  170_convert_20120827003910.jpg



134_convert_20120827003713.jpg



176_convert_20120827004014.jpg



  177_convert_20120827004115.jpg



151_convert_20120827003811.jpg



いつか、動くねぶたを見てみたい!

そんな気持ちに搔き立てる、静かだけど、熱い空間でした。



theme : 青森のあれこれ
genre : 地域情報

2012-08-25

ラーダ・ダンナ 青森 てくてく旅 ①  浅虫温泉

「青森・函館」。



       004_convert_20120825013327.jpg



関西にずっと住んでいたら、きっと、いや、たぶん、一生縁のない土地だった気がする。

それくらい、遠い。



005_convert_20120825013416.jpg



遠い、というか、もうそういうのを超えている。


「そういう土地があるのは知っているけど」みたいな。

002_convert_20120825013630.jpg




まさか、埼玉(大宮)から新幹線で3時間ほどで行けてしまうとは!

遠い、と思っていた土地でもヒョイと行けてしまう時があるんですなぁ~



008_convert_20120825164056.jpg

おおっ、駅から海が近いです!




思いがけず、青森行きの安くていいプランがあったので、それに青函トンネルを通って函館(日帰り)に行くという予定をプラスして2泊3日で行って来ました。


329_convert_20120825013959.jpg


ホテルのチェックインは3時で、まだまだ時間があるので荷物を駅のコインロッカーに預けて旅を続けます。



行先は「浅虫温泉」。

JR青森駅から電車で約20分というアクセスの良さ!


ここでは、温泉に入るか、クルーズ船に乗るか・・・。


さて、どっちにしまショー!


330_convert_20120825014330.jpg

利用するのは「青い森鉄道」。

青い森と書いて、青森・・・。

県名の由来を調べると・・・。

「江戸時代に津軽藩が現在の青森に港を開いたが、このあたりは松林が青々と広がっていたため、この港を青森と呼んだ」と、あります。

青い森・・・。

う~ん、なんだか神秘的じゃあ~りませんか



009_convert_20120825014817.jpg

青い森鉄道のキャラクターは「モーリ」。


ううむ、安易だけど、そんなもんよね・・・わかりやすいのが一番!


出入りするときは入口の「開・閉」ボタンを押しましょう(観光客は押すのをつい忘れる)。


010_convert_20120825015532.jpg



のどかすぎる、浅虫温泉駅周辺。

あらかじめ調べていたけど、道の駅の日帰り温泉はこの時期はお休み・・・。

観光案内所で日帰り温泉をやっているところを聞いても良かったけど、ちょうどクルーズ船の時間にぴったりだったので乗ってみることに・・・。




076_convert_20120825015817.jpg

観光遊覧船 青い森


カモメの餌のかっぱえびせんとりんごジュース付きで、大人一人 1,000円!

青森マリーナ



013_convert_20120825154643.jpg

りんごジュース、旨かった!



026_convert_20120825154750.jpg

ライフジャケットを着て展望デッキに立つとさっそくカモメたちがやってきます。


032_convert_20120825154849.jpg


ぎゃ~!近い、近いッ


展望デッキには屋根がないので、海の暴走族たちが目の前やら頭の上をびゅんすか、びゅんすか飛び交います!

今まで、いろんな観光遊覧船に乗ったけど、屋根付きだったのでこの遊覧船が一番カモメに近い!



046_convert_20120825155326.jpg

ちょっくらヒッチコックの「鳥」気分を味わえます・・・。

集団で来られると怖え~!


038_convert_20120825155421.jpg

要領のいい奴らもいる。


039_convert_20120825155815.jpg


わっさわっさ飛んでくるカモメとぶつからないためのコツは、風に乗せてできるだけ遠くに餌をまくことでしょうかね・・・。

中には運動神経のいい、さっとキャッチするナイスなカモメもいます


058_convert_20120825160340.jpg

凛々しい目に惚れそう


047_convert_20120825160144.jpg



  073_convert_20120825160442.jpg



016_convert_20120825160531.jpg


東北って言ったら、涼しいんじゃないの?
いや、もしかしたら肌寒いんじゃない?

・・・と、思っていましたが・・・。


めっちゃ、暑かったっす!



海水浴でいい感じに日焼けしている人が多かったです。



077_convert_20120825161037.jpg

道の駅でホタテラーメンを。



駅前の郵便局で、ご当地グリーティングカードを購入。

001_convert_20120825161234.jpg

おおっ、ねぶたのイラストです!

一枚180円。

これからは旅先の郵便局でご当地グリーティングカードを購入していこうかしら・・・。

またまたモノが増えるけど。


でも、窓口で職員の方に美味しいお店や見どころを聞けるし、いいアイデアだと思いますよ~



さて、電車の時間もあるので、そろそろ青森駅前のホテルに向かいましょう。




47都道府県 女ひとりで行ってみよう47都道府県 女ひとりで行ってみよう
(2008/06)
益田 ミリ

商品詳細を見る



つづく

theme : 青森のあれこれ
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア