FC2ブログ
2021-04-08

「出す」って大事





まず始めに・・・



本日の記事を食事中に読むのはおススメできません





新聞をめくったら、すみだ水族館のこんな広告が・・・。






P3100008_convert_20210407175644.jpg


金魚の便秘なおる



金魚って・・・便秘するの?





と、思って調べてみるとさまざまな症状があるようですが、便秘の症状として転覆したまま泳ぐ「転覆病」という病気があるそうです。




転覆病とは、金魚が自分の浮力を コントロールできなくなる病気で、


転覆には二つのタイプがあり、水面に浮いてしまうタイプと、底に沈んでしまうタイプがあります。


この中でも浮いてしまうタイプの転覆病の原因は「消化不良」だとか。





P3100010_convert_20210407175718.jpg





消化不良を起こすと、金魚はおなかの中で発生するガスをうまく排出できなくなり、浮いてしまって転覆します。


便秘になる理由は餌の与えすぎだとか、水温が低いだとかいろんな理由があるそうですが、驚いたのはなんと、


金魚や熱帯魚などの「観賞魚用クロレラ」が販売されているとか!




クロレラって、人間だけでなく魚にも効くんですね~







さて・・・。



み、皆さんはちゃんと出してますかぁ?(聞くなよ)








日本内科学会によると便秘とは「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」と定義しています。




また、日本消化器病学会では、「排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指す」としています。






さて、その便ですが、健康な人の便は、80%が水分で、残る20%のうち3分の1が食べカス、3分の1が生きた腸内細菌、3分の1がはがれた腸粘膜だとか。




わずか1g(乾燥ベース)の便に、約1兆個の腸内細菌が含まれいるのだそうです。









では、便秘になるとどんな影響があるのでしょう?






便秘は、腸内に便が長期間溜まった状態。



便がエサとなって「クロストリジウム」などの悪玉菌が増殖し、




発ガン物質、発ガン促進物質、アンモニア、硫化水素などの有害物質や、おならの元となるガスを発生させます。
(なので、便秘時の便は臭いのですね)







そして便秘が続くと、それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐり、肌荒れや様々な病気を引き起こすことに・・・。






健康に良い食べ物とは?と食材を選んでも「食べたモノをちゃんと出す」のが大事なんですね~








ところで、「デトックス」って言葉があるけど、あれってどういう事なのでしょうかね?






なんでも、身体にたまった有害ミネラルなどの「毒素」を追い出すメソッドだそうですが・・・。

直訳すると「解毒」。





その手段として岩盤浴で汗を出したり、腸を洗浄したり、断食をしてみたり・・・などなど・・・。







身体に溜まった毒素は、酵素と結びついて本来の身体の機能を低下させるのだとか。






そうなると、脂肪を燃焼させる酵素の働きが低下し、太りやすく痩せにくい体質となるらしい。







デトックスは身体にたまった有害な物質を排出することで、デトックスで大事なのは「便」。






体内に溜まった毒素の75%は便から、20%は尿から、3%は汗から、2%は毛髪と爪から排出されるそうです。





やっぱり、デトックスって大事なのね!と思っていたら、







「デトックスには医学的根拠はない」という専門家が多数・・・。




そもそも肝臓や腎臓などの臓器は、体内に入った食べ物の栄養を吸収し、必要なものは取り込み、不要なものは尿や便などで排出しています。ですから排出されない不要なものが体内に溜まれば、肝機能や腎機能にまずトラブルが発生します。そういった臓器にトラブルが起きていないのであれば、デトックスする必要はないはず

(法政大学:左巻健男教授)





わざわざ過剰に心配する必要はないにしても、スムーズな排便リズムに整えたいものです。









P9030007_convert_20210407192952.jpg


去年、大腸がん検診を受けました


検診の前日から専用の食事を食べます







P9050013_convert_20210407193126.jpg


意外と美味しい







でも・・・



P9050016_convert_20210407192931.jpg


2ℓの下剤を飲んで出すのはしんどかった・・・




結果は・・・




「異常なし」で何より!






そして・・・





(まぁまぁ)快調






たまに






ほぉ~お・・・





・・・と、しばし「ウン鑑」したくなる事も・・・ふふふ(言うなよ)





スポンサーサイト



theme : 食生活
genre : ライフ

2021-03-03

それって、薔薇?




皆さんはストレスで胃が痛くなることってありますか?






私の場合「歯」に来ました・・・。






憂鬱度・星みっつ★★★




と、いうような出来事があった日に・・・。




ちょうど歯医者で定期検診を受けたばかりで、全部の歯もお手入れしたばかりだし、虫歯でもなさそう・・・。




しっかし。




ストレスで歯って痛くなるの?





調べてみたら、精神的ストレスを感じると、血液の中に含まれる「カテコールアミン」と呼ばれる神経ホルモンが増加し、歯の周りにある血管が充血し、歯痛が引き起こされるそうです。






こんな時、市販の鎮痛剤って飲んでもいいのかな?





一晩我慢し、翌朝、ちょっと鼻水が出そうだったのでいつもの薔薇水を飲みました。




P1250004_convert_20200222234301.jpg

イランのダマスクローズの薔薇水です。




この薔薇水を飲むと、ちょっとした風邪のような症状ならばすぐ治まります。





ビタミンの含有量も多いので、いつもの通り水で割って飲んだら・・・なんと、





歯の痛みが引いてしまいました。





薔薇には確かに過敏になっている神経を抑える鎮静効果や解毒効果などがありますが、歯の痛みにも効くの?





おかげで、痛くてモノが噛めなかったのも薬を飲むことなく良くなりました。





う~ん・・・植物の力ってすごいな~




ちょっと胡散臭いと思っていた、ホメオパシーとかフラワーレメディとかってのも効果があるのかも・・・






●ホメオパシー

ホメオパシーとは、「その病気や症状を起こしうる薬(や物)を使って、その病気や症状を治すことができる」という原理のもと、1796年にザムエル・ハーネマンが提唱した。


●フラワーレメディ

フラワーレメディとは、英国の医師エドワード・バッチ博士によって1930年代に完成された自然療法。すでに80年以上のときを経ており、今では世界各国に広がっている。

創始者であるバッチ博士によって導き出されたのは38種の花から抽出されたエッセンス。それだけでも2億9200万通りの組み合わせが可能なため、あらゆる感情に対応できるという。






さて、その薔薇水ですが、日本でもかつては医療の現場(?)で使われていたそうです。





P5200037_convert_20140524192527.jpg


それはなんと、江戸時代。



江戸時代に世界で初めて乳がん手術を行った華岡青洲が乳がんの手術の際に、平賀源内が蘭学書を見て作った水蒸気蒸留法の機械から生成したローズウォーターを消毒として使用していたとの文献が残っています。

 ※島根大学付属図書館「大森文庫」の出雲国に伝播した華岡流医術より




華岡家では、傷口の消毒や口腔の処置にロウザワアトル(ローズ水)を使用していた。




そのため、門人は野薔薇(出雲のカタラ)を採取し、ランビキを模範し、桶を用いて作った道具によりロウザワアトル(ローズ水)を製造していた出雲の地では、昔から薔薇を薬用に用いていた記録が残っています。



220px-Ranbiki.jpg
(ウィキペディアより)

これがランビキ

ランビキまたは兜釜式焼酎蒸留器(かぶとがましき しょうちゅう じょうりゅうき)は、日本で江戸時代に薬油や酒類などを蒸留するのに用いた器具で、「羅牟比岐」、「らむびき」、「蘭引」、「らんびき」とも表記されるとか。







P5200027_convert_20140524192639.jpg


薔薇を愛でるだけでなく、その秘めたるパワーまで頂く・・・




ウチでも薔薇水は医薬品として常備しておかなければ・・・




また谷中のイラン料理屋に買いに行かなきゃな~





ノスタルジィ






theme : 日常の暮らし・趣味
genre : ライフ

2021-01-06

今日も私の細胞は生まれ変わっている






年が明けてしまうと早いですね~




もう、すっかり正月ムードが薄れてしまいました"(-""-)"




いや~、しっかし。




どこにも行かず、これと言ったことをせず、ぼけ~っと過ごしていたせいか、ネタがないっす・・・










そんな変化のない日常でも、私たちの身体の細胞は日々、生まれ変わっているんですね~










あるエッセイを読んでいたら、分子生物学者の福岡伸一さんのインタビューについて書かれていました。








福岡さんの話によると、人間の身体をつくる物質は絶えず、入れ替わっているそうです。






調べてみると、私たちの身体の細胞が、ほんの少しずつ、毎日入れ替わっているとか。






細胞が生まれ変わるには個人差があるそうですが、私たちの身体は、骨も血液も内臓も、細胞が日々少しずつ入れ替わっています。






成人の細胞が生まれ変わるサイクルのめやす





腸(腸管の上皮細胞)


3~4日でつくられて吸収などの機能を担いますが、1~2日で役目を終え、便として排出されます。






約1ヵ月




血液(赤血球)

約4ヵ月







約5ヵ月

古くなった部分が壊されて、新生されるまでに約5カ月。

その周期を繰り返し、成長期では約2年で全身の骨が入れ替わるといわれています




私たちの身体の細胞は、約60兆個もあるそうです。






その、身体を構成する約60兆個の細胞は、成人以降も一部(神経細胞や骨格筋細胞など)を除いて、ほんの少しずつですが、毎日入れ替わっています。



それが、細胞の新陳代謝と言われるしくみで、






スキンケア用品などの広告では「お肌のターンオーバー」などと言う言葉も出て来ますが・・・



●お肌のターンオーバーとは


「肌の新陳代謝」のこと。

古い細胞が新しい細胞に押されて皮膚の表面にまで上がり、最終的に自然にはがれ落ちるサイクルのこと。
つまり、肌が新しく生まれ変わるサイクルのことです。





私たちの身体はお肌だけでなく、身体のほとんどの部位で同じような“細胞のリニューアル”が行われているのだそうです。




身体の古くなった細胞を、新しい細胞に替えて行くことで私たちは健康と生命を維持することができているのですね~







PC090061_convert_20190101004344.jpg


カモン!新しい細胞!新しいワタシ!





theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

2019-12-10

ワイングラスを持たないで



ラジオを聞いていたら、思わず手が止まったニュースが・・・。



少量の酒でもがんリスク5%増 1日ワイン1杯程度でも


(東京新聞 2019年12月9日 18時20分)


1日ワイン1杯程度の少量のアルコールでも10年間飲酒を続けると、がんになるリスクが5%上がるとの研究結果を東京大などのチームが9日、米医学誌に発表した。少量の飲酒は循環器病などのリスクを下げるとの報告もあるが、がんに関しては量に応じて危険性が高まるとしている。

 少量のアルコールで、がんのリスクが高まるとの研究は最近、海外でも報告されているが、日本人を大規模に調べた研究は初めて。チームの財津將嘉東大助教(公衆衛生学)は「リスクを自覚してお酒と付き合ってほしい」と話している





そんな~!


こんな本まで買っちゃったのに・・・(ブックオフで)




PB130003_convert_20191210222012.jpg



内容紹介

無理せずメタボから脱出!

コレステロールや中性脂肪が高い脂質異常症は、それ自体は病気ではありません。
しかし、脳梗塞や狭心症など血管の病気に直結する怖い症状です。
もしも、健康診断で基準値を超えていることが分かったら、一刻も早く下げる努力をしなければいけません。
しかし、分かっていてもなかなか腰を上げられないのが人間です。
特にそれ自体につらい症状を感じないコレステロールと中性脂肪は、つい「面倒くさい」と見逃しがちです。

本書は、「肉を食べてはいけない」「酒を飲んではいけない」は一切やめ、
食べながら飲みながら、楽にコレステロールと中性脂肪をコントロールできる方法を伝授します。

(Amazon商品説明より)






ちなみに、この本によると・・・


1日のお酒の適量


・ビール(5%)・・・・中瓶1本(500ml以下)

・日本酒(12~14%)・・・1合以下

・ワイン(11~14%)・・・グラス2杯(200ml以下)

・焼酎(20~25%)・・・・・0.6合

・ウイスキー(40~43%)・・・・ダブル2杯(50ml以下)

参考資料:板倉弘重監修「ここが知りたい!コレステロールを下げる新常識」永岡書店




お勧めは、赤ワインをグラスに2杯程度の、ちびちび飲み。

つまみは、食塩無添加のナッツ。コレステロールの排出を促すタウリンを含む、イカやタコ、ホタテ。

飲み方とつまみの選び方がポイントだそうです。






しっかし。




ワイングラス2杯なんて「さぁ~、これから楽しい飲み会だ~い!」っていう「始め酒」(迎え酒?)みたいな量じゃないの?

ここでストップ!としたら、逆にめっちゃ飲みたくなる・・・。




そこで。



PB130001_convert_20191210221853.jpg


「ヘタに飲んだら、飲みたくなるから、最初から飲まない」と、決めました。


まぁ、休肝日ですね~


ホントは、休肝日は2日続けての方が良いようで、さらに言えば、もっと休肝日があった方がいいワケで・・・。



飲まなくてもいけそう!って日はそのまま頑張り、もし、翌日も「あれ?今日もいけるかも~」と思えば続行。

ちょっと飲みたい気分の時はノンアルコールの力も借りて(ノンアルビールの「零ICHI」はお勧めです。一番ビールっぽい)




PA140007_convert_20161104175620.jpg

夜は早々にハーブティに切り替えます(ダンナも巻き込んで)






でも~



毎日、飲酒日!だった日々を思えば、自分としてはかなりの進歩なのです。


しかも、うっかり飲んで「なし崩し」にならないためにも、定期検診を受けている主治医に「結果を報告しま~す!」と宣言しちゃったしな~


カレンダーの飲んだ日の色が続けて塗ることがないようにしよう!と今は思ってます。(ちなみに、オレンジ色)








PA260010_convert_20191210223615.jpg

「アルコールを飲みたい気持ちを抑える薬」というのがあるのですね

なんでも、この薬を飲んでいるのに容量オーバーのお酒を飲むと気分が悪くなったり、吐き気がしたりするとか。

アル中になって、自分でも制限できず命の危険があったら、こういう薬でも使ってでも治すしかないのかな~




アナタは「アルコール依存症チェック度」はいかが?↓
アルコール依存症チェック





ブロ友さんたちには、お酒を嗜む方が多いけど・・・

別に脅すワケじゃないんですぅ~

一緒に、ちょいとお酒を控えて寿命を延ばしましょうよ~ぅ

ねっ?ねっ?ねっ?







PA270023_convert_20191210223802.jpg


世の中には酒のCMが多すぎる~!






theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2019-11-08

歩く速さと寿命の関係



皆さんは、普段から歩いていますか?



以前、テレビ番組で俳優の市村正親さんの歩く速度について解説がありました。



実は、“速く歩くことができる人”ほど健康寿命が長いという調査結果があるそうです。





調査結果では「歩く速度が速い人ほど生存率が高く、遅い人ほど生存率が低い」結果が示されました。



例えば・・・

65歳の男性を例にとると、秒速1.6m(時速5.76㎞)で歩行する人の平均寿命は95歳以上


秒速0.8m(時速2.88㎞)で歩行する人は約80歳、秒速0.2m(時速0.72㎞)で歩行する人は約74歳

※歩く時の歩幅は、おおむね身長×0.45が理想とされています。





この傾向は男女ともに共通し、歩行速度と平均寿命は比例しているという結果が導き出されました。



このことから、歩く速度が速い健康な人は寿命が長く、速く歩くことができなくなると、寿命がどんどん短くなることを示しています。


歩く速さと寿命は密接につながっているのですね~





皆さんは「足は第二の心臓」という言葉を聞いたことはありませんか?


そのわけは、足は体の部位の中でも心臓からもっとも遠く低い位置にありながら、血液を上に押し戻すという心臓につぐ大切な役割を果たしているからです。


ウォーキングすることで、足がポンプの役目を果たして心肺機能を向上させてくれることがわかっています。




P9300007_convert_20191108131214.jpg

原宿で若い子ちゃんたちにに交じって買ってきました・・・。意外と、よく歩けます・・・







以前、新潟の長岡市にあるタニタカフェに行きました。


PC090063_convert_20151223171800.jpg

足湯やハンモックがあり、なんと、栄養管理士の方が常駐し、無料で健康診断もしてもらえるのです。



長岡市では地域の皆さんが中心となって作成した「長岡ウォーキングマップ」というのがあり、市民の皆さんが自ら健康づくりに取り組んでいるそうです。










一日の平均歩数


男性 20代:8600歩   30代:9150歩   40代:9300歩  50代:7860歩 65~74歳:8310歩 75歳以上:7280歩

女性 20代:7550歩   30代:8160歩   40代:8600歩  50代:9730歩 65~74歳:7070歩 75歳以上:7950歩




目標は1日平均+1,000歩
理想は、1日 10,000歩


歩数計がないときは、10分=約、1,000歩と考えましょう。





☆ウォーキングの効果


①認知症予防:足腰の筋肉を使うことで大脳が刺激される

②体脂肪の燃焼:多くの酸素を体内に取り込み、効率よく体脂肪を燃焼させることができる

③自律神経のバランスを整える:足の裏を刺激することで効果あり

④高血圧・動脈硬化などの生活習慣病の予防改善

⑤骨粗しょう症の予防:骨に刺激が加わり、骨が丈夫になる




P9300009_convert_20191108131149.jpg

普段のウォーキングにはこれ。







人の筋肉は、運動をしないでいると20歳以降1年に約1%ずつ衰えていくと言われているそうです。

理想的な歩幅で足の筋肉を鍛えて、筋肉の減少を防ぎましょう!(^^)!





PB130161_convert_20161128185151.jpg

紅葉もボチボチ始まっていますね~


PB130164_convert_20161128184903.jpg

時々、休憩しながら歩きましょう♪







theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア