2017-06-04

港のキリンに会いに行く ヨコハマ今昔物語 ~赤レンガ倉庫 横浜クルーズ~

皆さんは契約している新聞屋さんで美術館や何かのイベントのタダ券を頂いたりします?


毎月、月初めにチケット・プレゼントの懸賞があります。

まったくそそられないイベントの時もあれば、ぜひ行ってみたい!と思える美術展の招待状だったり・・・。




今回は、横浜赤レンガ倉庫前から出航するクルーズ船の招待券が当たりました♪



P5190004_convert_20170603172300.jpg



赤レンガ倉庫 横浜クルーズ

ひなびた寒村だった横浜が、開港(ペリー来航)以降港を中心に急激な発展を遂げるというロマン溢れる歴史をたどっていきます。ベイブリッジをくぐり、行きかう巨大船やガントリークレーンでのコンテナ荷役をダイナミックに体感。
横浜発展の起源である黒船の錨泊地「ペリーポイント」を経て、都市としてさらなる発展の可能性に思いをはせていただきながら美しい景色を眺めます。!
(HPより)



P5190007_convert_20170603172330.jpg

おお~!なかなか素敵なクルーズ船ですね




P5190011_convert_20170603172423.jpg



赤レンガ倉庫前から出航し、ペリー提督の乗船していた黒船来航当時の歴史と現在の横浜港の風景や建造物を見ながらの約45分の旅です。


P5200135_convert_20170603175359.jpg





P5190017_convert_20170603175505.jpg

現代の山下公園のあたり




P5200137_convert_20170603174348.jpg

大正・昭和初期の山下公園周辺はまだこんなにのどかだったのですね~




P5190020_convert_20170603172514.jpg


現代の姿はこうですが・・・



今の風景に黒船が来た時の様子を重ね合わせると・・・

P5200139_convert_20170603174314.jpg


わ~・・・映画みたい・・・




P5190025_convert_20170603172636.jpg

では、皆さまもご存知のあそこへ行ってみましょうか




P5190030_convert_20170603172603.jpg

ベイブリッジで~す♪




P5190034_convert_20170603172719.jpg

ラーダ、くぐりま~す♪




P5190036_convert_20170603172755.jpg



橋の下を越えた先は・・・




海の動物園だった・・・


P5190043_convert_20170603172839.jpg

き、キリン?


ベイブリッジを越える辺りから、まるで「キリン」のような姿のガントリークレーンの群れが見えます。



P5190058_convert_20170603173044.jpg






P5190065_convert_20170603173157.jpg

おおっ!あちらに見えるのは恐竜!?



現代のジュラシック・パークですな!


P5190059_convert_20170603173118.jpg

お仕事中の恐竜・・・いったい、何を吊り下げているのでしょうね





P5190061_convert_20170603173332.jpg

船体にハングルの文字が・・・。あの船は韓国の港町・プサンあたりから来たのかな?






P5190055_convert_20170603173014.jpg








P5190076_convert_20170603173250.jpg

お仕事中、失礼しました~





P5190091_convert_20170603173443.jpg

ベイブリッジと客船







P5190094_convert_20170603173516.jpg






P5190099_convert_20170603173556.jpg





P5190106_convert_20170603173708.jpg

すみませ~ん

写真撮影に忙しくて船内アナウンス、全然耳に入らないまま出発地点の赤レンガ倉庫前に戻って来てしまいました・・・


横浜港の歴史が気になる方は、どうぞご自身でお調べくださいませ・・・。





横浜まで来たら、中華街でお茶を買いたい!
ついでに、中華も食べたい!とういうことでバス停を探します。



P5190108_convert_20170604173613.jpg

横浜にも屋形船があるんですねぇ




・・・と、言いつつ気になったのが


P5190111_convert_20170603173741.jpg

く~ら~げ~


スゴイっすね~

クラゲの丸いリングがバッチリ見える・・・。

餌も豊富だし、海水温も上昇して余計に増えるんだろうな(たくさんいました)



P5190113_convert_20170604174048.jpg





P5190121_convert_20170603174019.jpg

結局、バスの時間が合わなかったので馬車道駅から地下鉄に乗って中華街へ・・・。




P5190122_convert_20170603174056.jpg


今の時期って、修学旅行の時期なんですね・・・。


想像以上の人の多さにビビり、中華街で食事なんか無理かも・・・、と諦めつつも個人商店のお茶屋さんで「地元の人が行く、観光客も知らない美味しいおススメのお店はどこですか?」とダメ元で聞いてみたところ、とっても穴場のお店を教えてくれました。



P5190119_convert_20170603173916.jpg

カウンターの目の前にどど~んと漢方食材(?)が並んでます・・・。

「めっちゃ、虫」とか「魚の頭のナントカ漬け」みたいなのとか「乾燥しているけど、高級食材のツバメの巣で~す」とか、すごいものが目の前に並んでいる「料理人も店員も客も中国人」なお店でした。



P5190115_convert_20170603173817.jpg

七面鳥の丸焼き!みたいなのをでっかい包丁で骨ごとガッツン・ガッツンさばいたもの。




P5190117_convert_20170603173846.jpg

知っている「五目焼きそば」とは別物ちっくなエビ塩風味(だと思う)五目焼きそばと、ラー油の効いたたれにつけて食べる水餃子。



どれも、美味しいのですが、あえて言えば「本格的すぎ」。


自分たちの知っている「お馴染みの味」というのは、長い年月を経て日本人に受け入られるように改良されていっている味なのでしょうね


とは言え、観光客の来ない狭い店の寡黙な料理人と、素朴であれこれと気がまわるお店の人の対応はとても新鮮でした。

・・・と、いうワケで、次回もまた行きたいので、お店の名前は秘密で~す♪




P5200130_convert_20170603174242.jpg

長年使っていた鍋掴みの中の綿が薄れてきて、そろそろお役御免





・・・と言うワケで台所の強い助っ人を探して来ました!

P5200132_convert_20170603174211.jpg

しっかり、お守りするぜ!アチョ~!!




P5210003_convert_20170604175834.jpg

工芸茶




P5210005_convert_20170604175906.jpg

普通は耐熱グラスに入れますが、今回はガラスのポットに入れて熱湯を注ぎます





P5210007_convert_20170604175940.jpg

徐々に茶葉が開いてきます





P5210011_convert_20170604180043.jpg

工芸茶とは、中国緑茶の茶葉を糸で縛りつけ、熱湯を注ぐと茶葉が開くとともに中に仕込んだ花が飛び出す仕組みになっています。


透明なガラスのコップに入れて茶葉の開く様子を見ながら楽しめる工芸茶は、飲める芸術品ですね


幾つか、今度会う友達のお土産用に買いました!(^^)!
スポンサーサイト

theme : 横浜!YOKOHAMA!
genre : 地域情報

2016-12-16

横浜の初めて散歩

横浜には今までに何度も行っているけど、それでもまだ行っていない場所があります。

PC020033_convert_20161216171327.jpg

今年は横浜が舞台のドラマがいくつかありましたね~

「逃げ恥」も見てますよ
来週はとうとう最終回かぁ~うううっ


PC020037_convert_20161216171357.jpg
赤レンガ倉庫




さて、今回目指すのは、横浜大さん橋 国際旅客ターミナル。


280px-Osanbashi.jpg

ウィキペディアより


大さん橋(おおさんばし)は、神奈川県横浜市中区にある横浜港の港湾施設。1894年に完成した鉄桟橋を前身とし、税関桟橋、横浜桟橋、山下町桟橋等のさまざまな名称があったが、その後、大桟橋に落ち着いた。その他、太平洋戦争後連合軍に接収されていた間は、サウスピアと呼ばれ、明治の末頃から1970年頃までは、メリケン波止場とも呼ばれていた。前身施設は名実ともに桟橋であったが、2002年に完成した現在の大さん橋は構造的には「桟橋」ではなく「岸壁」であり、平仮名混じりの「大さん橋」が正式の表記である。

横浜港大さん橋ふ頭及び横浜港大さん橋国際客船ターミナルにより構成され、横浜港における国内及び外国航路の客船の主要発着埠頭である。横浜港の象徴的存在であると同時に、横浜市や横浜港における主要観光地としても知られている。

日本郵船のクルーズ客船である飛鳥IIは横浜港が船籍港(母港)であり、大さん橋を拠点としている。また、横浜港周遊船であるロイヤルウイングや伊豆諸島への離島旅客航路も持っている。

ウィキペディアより



PC020056_convert_20161216172010.jpg

今回、別に船に乗ってどこかに行くわけでもないんですけどね~


PC020063_convert_20161216172448.jpg

中はこんな感じ。




PC020066_convert_20161216172538.jpg

ちょうど客船が出港する時でした。



PC020058_convert_20161216171926.jpg

さん橋からは「これぞ横浜」的な風景が見えます。




PC020071_convert_20161216172613.jpg






PC020073_convert_20161216172646.jpg

木の床の曲線の多い変わった形の建物です。




PC020075_convert_20161216172723.jpg






PC020059_convert_20161216172316.jpg





PC020069_convert_20161216174421.jpg

あの、ヒョロっと長いのがマリンタワーです。あそこまで歩きますよ~




PC020085_convert_20161216174707.jpg

山下公園





PC020086_convert_20161216174301.jpg

ホテル・ニューグランド




PC020089_convert_20161216174457.jpg

宴会場へ上がる階段


ホテル・ニューグランドというと「ナポリタン発祥の地」です。

他にも「プリン・アラモード」とか「ドリア」もこのホテルから誕生しました。


ホテル・ニューグランド


何年か前に、このホテル発祥のナポリタンを食べたのですが・・・。

「麺が・・・やわらかい・・・」


2代目総料理長 入江茂忠が、接収時代、茹でたスパゲッティに塩、胡椒、トマトケチャップを和えたモノを米兵が食べているのを見て、アレンジ加えて生み出した一品で、当時のままのレシピで食べる事ができます。



ホテル・ニューグランドの並びにあるマリンタワー。


PC020091_convert_20161216181443.jpg

何度も前を通っているのに、登ったのは今回が初めて。




PC020106_convert_20161216181620.jpg

上から見た山下公園。





PC020108_convert_20161216181708.jpg

横浜の有名観光地全体が見えますね~





PC020116_convert_20161216182055.jpg


元町商店街に行ったあと、中華街へ・・・。



PC020120_convert_20161216182200.jpg






PC020122_convert_20161216182235.jpg

ああ、やっぱり神戸の南京街とは規模が違いますね~

広すぎてどこで昼食を食べたらいいのかわからん。




PC020129_convert_20161216182339.jpg





PC020131_convert_20161216182408.jpg






PC020124_convert_20161216182305.jpg

五目焼きそば。
どこに行っても必ずオーダーしてしまう・・・。

他にもいろいろオーダーしたけど、気づいた時には食べ始めてました・・・。

でも、裏路地の昔からあるような家庭的な雰囲気の店で落ち着いて食べる事ができました♪



PC020132_convert_20161216182437.jpg





PC020139_convert_20161216182512.jpg

横浜スタジアム



PC020137_convert_20161216182543.jpg





PC020142_convert_20161216182613.jpg

大好物のエッグタルト2個300円




PC030157_convert_20161216182646.jpg

アンタは茶の行商人か!と自分でもツッコミ

だって・・・やっぱり、お安いんだも~ん!



PC030160_convert_20161216183524.jpg

クコの実。眼精疲労によろしいざんすよ~




PC030159_convert_20161216183451.jpg

ジャスミンの花と薔薇の蕾。やっすいお茶に混ぜると灰かぶり娘もシンデレラに






PC020054_convert_20161216171444.jpg

長らく、明石・神戸で暮らした身としては、久々の港や中華街のある風景に心がなごみました



この日の歩数、18,222歩!

さすがに、帰りの電車で爆睡でした




theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

2010-02-24

ラーダ・ダンナ 東京湾フェリーに乗って★横須賀てくてく散歩

東京湾フェリー
さて、南房総・金谷のフェリーのりばから、今度は三浦半島の久里浜までクルージング。
たった700円で(片道)40分の旅が楽しめます。

東京湾フェリー 景色
カモメがすぐ近くを飛んでいたり、白いヨットが見えたり時間の長さを感じません。

横須賀のみなと
房総から行くと都会だわ~

ペリー公園
フェリー乗り場周辺を散策していたら「ペリー公園」がありました。しかし、特にペリーに深い思い入れもないし、ちょうど駅までのバスが着たので、中には入らず。

059_convert_20100223234151.jpg
絵になる風景・・・。
いいなぁ。こんな海岸沿いを犬でも連れて散歩したい。

横須賀のまち
ペリー公園前からバスで京急・久里浜駅まで行き、今度は横須賀中央駅へ。
う~む。意外と普通の街だわ・・・(いったい、どういう想像を?)

横須賀海軍カレー
私のオーダーしたチキンカツカレー

横須賀名物「横須賀海軍カレー」・・・・。

海軍カレー
明治時代の味を再現したらしい。

カレーの街よこすかHP

日本のカレーのルーツは海軍にあるそうです。
イギリス海軍の軍隊食だったカレーを明治時代に日本海軍が取り入れ、日本海軍の「軍隊食」になったそうな。

そして、そのカレーは故郷に帰った兵士たちによって全国に広まり、家庭でも作られるようになったそうです。


さて、この横須賀海軍カレーのお味は・・・。

う~ん。マイルドでクセもなく、辛くないからおこちゃまでも大丈夫かも。

しかし・・・。あの~。正直に言わせて頂くと

ボンカレーをちょっと高級にしたような味・・・かなぁ・・・。

明治時代にはたぶんこれが「新しい味」だったんでしょうなぁ。

ところで、何で牛乳がついてくるのでしょうか。ついでに、このお店ではふくしん漬けとチャツネもついてきました。チャツネ・・・。初めて食べたけど・・・。なんだか、あんずのジャムみたいな味だな。
※チャツネってえっと、マンゴーのペーストですか?(無知ですみません)

米軍横須賀基地
米軍横須賀基地

食事のあとは横須賀のアメリカを感じられるエリアという「どぶ板通り」に行ってみることに。

米軍基地は沖縄で見たことがあるけど、あまりなじみのない施設なのでちょっとドキドキ・・・。
しゃ、写真なんて撮ってもいいのでしょうか(ビビり)

両替所

Oh,サスガデスね

不動産屋の英語

Oh,エイゴヒョウキデスね

横須賀駅
「どぶ板通り」からバスに乗って横須賀駅へ・・・。

横須賀駅から逗子まで行って、逗子を少し散策したら湘南新宿ラインで「どぴゅ~っと」大宮まで帰る予定です。

でも、せっかくなので、横須賀駅周辺を少し散歩してみました。

潜水艦
「ヴェルニー公園」には、米軍横須賀基地と海上自衛隊横須賀基地に停泊する日米の艦船を見ることができます。
よ~く見てみると黒い潜水艦がチラリ、と出ていますよ・・・。
なんだか、真っ黒で鯨の背中みたいです。

ヴェルニー公園のベンチ

港街と言っても横浜とは流れている空気が違う・・・。

グリーン車逗子
横須賀駅から逗子まで3駅ほど乗り、一応降りてみたものの意外とふつ~の住宅街の中にある駅っていう雰囲気でした(いや、もっと海が近くにあってセレブな雰囲気かと・・・←期待しずぎ)。

結局、逗子から大宮まで湘南新宿ラインのグリーン車券を購入。

ホリデー・パス使用なので、別途払うのはグリーン車の料金だけ!(確か、700円だったっけ?)

グリーン車ビール
そして、いつもの旅のようにビールとチュウハイをそれぞれ買って飲んで爆睡。

はぁ~

次はどこに行こうかな?

お知らせ

argonautaさんのブログ「Ha-la ! handcraft diary」をリンクさせて頂きました。

偶然にもargonautaさんもWANOMAさんに作品を出しておられました。

木彫りの素敵なアクセサリーは絵画のようです。
ご興味のある方はargonautaさんのブログやWANOMAさんのHPで作品を見てみてくださいね。

theme : 神奈川
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア