FC2ブログ
2019-02-01

ラーダ・ダンナ+ゲスト 錦帯橋3人旅?! 岩国・白蛇伝説



タイトルで驚かれたでしょうが、最終日の15日にゲスト登場!



朝、9時半にホテルのロビーに来たのは・・・なんと、



私の母で~す




神戸から新幹線に乗って来て、広島で合流しました。



もともと、ダンナとの二人旅のつもりでしたが、ダンナが「お母さんも誘ったら?」と言ってくれました。


「○○のはなし」は予約済で無理だったので、最終日の岩国・宮島観光なら来られるのではないか・・・?と・・・。


その話が出たのが、出発前の12日の土曜日で、ちょうど大宮の氷川神社をお参りして帰る途中でした。


突然の話に驚いていましたが、父のOKも出て切符も無事に取れました。




PC240220_convert_20190201003205.jpg

そんなワケで、添乗員がダンナで3人で旅の始まりです






PC240219_convert_20190201003229.jpg

母も転勤族の子供だったので、岩国にも住んでいたそうです。

叔母が岩国生まれというのも初めて知りました。





PC240221_convert_20190201003250.jpg

岩国駅前からバスに30分ぐらい乗って錦帯橋に向かいます。






PC240222_convert_20190201003331.jpg


錦帯橋(きんたいきょう)

日本三名橋や日本三大奇橋に数えられており、名勝に指定されている。藩政史料には「大橋」と表記されることが多く、また「凌雲橋(りょううんばし)」、「五竜橋(ごりゅうばし)」、「帯雲橋(たいうんばし)」、「算盤橋(そろばんばし)」などとも呼ばれていた。

(ウィキペディアより)





PC240226_convert_20190201004023.jpg



5連のアーチからなるこの橋は、全長193.3メートル、幅員5.0メートルで、主要構造部は継手や仕口といった組木の技術によって釘は1本も使わずに造られている。石積の橋脚に5連の太鼓橋がアーチ状に組まれた構造で、世界的に見ても珍しい木造アーチ橋として知られる。

また美しいアーチ形状は、木だけでなく、鉄(鋼)の有効活用がなされて初めて実現したものである。杭州の西湖にある堤に架かる連なった橋からヒントを得て1673年に創建された。西湖の錦帯橋とは2004年に姉妹橋となっている。現在そのほとりには錦帯橋友好の石碑が建立されている。

1950年(昭和25年)の台風で全て流失したため、現在の橋は1953年(昭和28年)に建造当時のまま復元されたものである。

桜の名所として、吉香公園と共に日本さくら名所100選に選定されている。



PC240229_convert_20190201004049.jpg

釘が一本も使われていないなんて、すごい技術ですね~





PC240224_convert_20190201004324.jpg

300年以上の伝統を誇る、岩国の夏の風物詩「錦帯橋の鵜飼」。

期間は6月1日~9月10日だそうです。このころは混むんでしょうね~








では、渡ってみましょうかね



PC240235_convert_20190201004659.jpg








PC240238_convert_20190201004727.jpg

こういう細かい段がついています。オシャレなヒール靴など履いて行くと危ないでっせ~






PC240240_convert_20190201004814.jpg







PC240241_convert_20190201004846.jpg

雨がポツポツ降ったりやんだり・・・






PC240243_convert_20190201004918.jpg










PC240237_convert_20190201005420.jpg










PC240244_convert_20190201004948.jpg

桜の頃も絵になるんでしょうな






PC240246_convert_20190201005551.jpg

これはいったい、何でしょう?


PC240247_convert_20190201005734.jpg

中身が気になります・・・


PC240249_convert_20190201005618.jpg

瓦せんべいの詰め合わせですね。うまい事考えたな~





PC240248_convert_20190201010016.jpg

いろいろなお土産屋も見て回りたいところですが、夕方の新幹線で帰らないと行けないので時間がありません。



PC240250_convert_20190201005759.jpg







PC240252_convert_20190201005826.jpg

江戸時代に岩国を治めた吉川家の居館や家臣の屋敷跡を整備した公園。


PC240251_convert_20190201010515.jpg




PC240254_convert_20190201005850.jpg

早々と梅も咲いていました。





さて・・・。


岩国でぜひ、行ってみたかったところがあります。




PC240255_convert_20190201005948.jpg

岩国シロヘビの館。





なんでも、岩国には「白蛇伝説」があちこちに残っています。


PC240257_convert_20190201010633.jpg


岩国のシロヘビ(いわくにのシロヘビ)は、山口県岩国市に生息する白蛇で、白蛇は遺伝によって白化が子孫の代にも受け継がれています。

昭和47年に日本国指定の天然記念物に指定されました。






PC240256_convert_20190201010540.jpg

白蛇は、アオダイショウが白化したもの(アルビノ)である。アルビノは、突然変異によってメラニン色素を合成できなくなった生物であり、劣性遺伝のため通常個体との間にできた次世代(ヘテロ個体)では通常体色である。

また、体色が白くて目立つため天敵に捕食されやすい。一般には自然下ではアルビノの出現は稀であり、ハツカネズミやシロウサギのように、飼育下で系統をコントロールすることにより維持される。




PC240278_convert_20190201012628.jpg






PC240279_convert_20190201012655.jpg



岩国のシロヘビの場合、人間の飼育下ではないにもかかわらず、高い頻度でアルビノが出現していた。これは、地域の人々が昔からシロヘビを神の使いとして特別で大切なものと扱ってきたのが理由であろうといわれている。

(ウィキペディアより)





PC240258_convert_20190201010602.jpg

蛇の骨ってこんな構造なんですね~

PC240259_convert_20190201010659.jpg





この先より、カワイイ白蛇ちゃん(本物)が出て来ます。

苦手な方はスルーしてね♪





PC240272_convert_20190201012311.jpg

赤いお目目がカワイイ




PC240267_convert_20190201012241.jpg

にょろりんちょ💛





PC240269_convert_20190201012337.jpg

と~ぐろ巻き巻き、と~ぐろ巻き巻き♪






PC240275_convert_20190201012442.jpg

今日もいいお天気ですな~

そうでんな~






PC240276_convert_20190201012511.jpg

生まれて間もない白蛇は赤いんですな

PC240277_convert_20190201012540.jpg






PC260373_convert_20190201013529.jpg

毎日飲んでます♪






PC240253_convert_20190201012925.jpg

ロープウェイに乗るつもりでしたが、点検中でお休みでした。






PC240282_convert_20190201012721.jpg







PC240283_convert_20190201012841.jpg


では、またバスに乗って駅に戻り、宮島へ向かいましょう







PC260363_convert_20190128182327.jpg

いつもは旅先で実家に葉書を送っていますが、今回は母がいるので、錦帯橋のカードに皆で寄せ書きをしました。




PC260379_convert_20190201014224.jpg




つづく



スポンサーサイト

theme : 旅日記
genre : 旅行

2019-01-29

やまぐち幕末ISHINきっぷ 萩の町を自転車で、ぶらり


長らく乗っていた「〇〇のはなし」の旅もここで終わりです。


PC230173_convert_20190123181642.jpg










PC230175_convert_20190128000743.jpg

東萩駅






PC230212_convert_20190128182141.jpg


JR西日本が運行している豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」もこの駅に立ち寄るのですね~

最高は2名1室2泊3日で、250万円!










PC230176_convert_20190128000454.jpg


それでは、駅前のレンタサイクルで自転車を借りて萩の城下町あたりに向かいましょう。









まずは「萩に行くなら買って来て」と、母に頼まれたお店へ向かいます。

PC230178_convert_20190128000810.jpg



光國本店



萩 光國本店



萩と言えば、夏みかんが有名だそうですが、なかでも「光國の夏みかん丸漬け」は有名だそうです。



観光案内所で頂いた地図には載っていませんでしたが、レンタサイクルの方に尋ねたら丁寧に教えてくれました。


地元では有名なお店だということで、もっとわかりやすい場所にあるかと思ったら普通の昔ながらの住宅街にあって驚きました。










PC230179_convert_20190128000842.jpg



これが、その夏みかん丸漬けです。



~大正5年に3代目・光國義太郎により創製されて以来、伝統の製法そのままに、丹念に手づくり~

五日間かかる総工程は、伝統の製法をそのままに全て熟練の技による手作業です。

夏蜜柑の皮に含まれる風味とほろ苦さはそのままに、その上品な甘さで全国にファンを持つ逸品です。


皮を漬ける蜜は大正5年の創製から継ぎ足し使っているうちに、エキスが混ざって独特の旨味を生み出します。
お茶はもちろん、洋酒との相性も抜群。
人気の一品です。

(お店のHPより)






PC230180_convert_20190128000914.jpg


贈答用としてもつかわれているようで、他にもお客さんが訪ねてきて買い求めていました。










さて、頼まれていたものを無事に手に入れたので、再度自転車に乗って目的地へ向かいます。







PC230189_convert_20190128002352.jpg


萩城跡


PC230188_convert_20190128002422.jpg









PC230187_convert_20190128002515.jpg


萩城は慶長9年(1604)に毛利輝元が指月山麓に築城したことから、別名指月城とも呼ばれ、山麓の平城と山頂の山城とを合わせた平山城で、本丸、二の丸、三の丸、詰丸からなっていました。


本丸には高さ14.5mの五層の天守閣がありましたが、明治7年(1874)に天守閣、矢倉などの建物は全て解体され、現在は石垣と堀の一部が昔の姿をとどめ、ここ一帯は国の史跡に指定されています。


旧本丸跡に歴代藩主を祀る志都岐山神社が創建された際、総面積約20万㎡の境内が指月公園として整備されました。城跡の構造をよく残していることが特徴で、園内には天守閣跡、梨羽家茶室、旧福原家書院、万歳橋、東園などの旧跡があります。

(「ぶらり萩あるき」 萩市観光協会公式サイトより






PC230190_convert_20190128002447.jpg











PC230191_convert_20190128003341.jpg


地元の中学生ぐらいの男の子たちが集まって釣りをしていました。

水が澄んでいて底が見えました。


う~ん。いったい、いつの時代?!









PC230193_convert_20190128003653.jpg


萩城城下町周辺エリア










PC230194_convert_20190128003727.jpg












PC230195_convert_20190128003752.jpg

萩と夏みかん


萩は長年長州藩の政治経済の中心地として栄えた城下町ですが、文久3年(1863年)に藩主が萩から山口に移ったため、藩経済に依存していた萩の町民は侍の流出に大打撃を受けることとなりました。

更に明治政府樹立後の士族の給禄奉還が、萩に残された武士の苦境に追い討ちをかけ、その不満で明治9年の萩の乱勃発の要因となっています。


丁度この時、新政府の要職を歴任した小幡高政が萩に帰郷し、困窮した士族を救済するため、廃屋同然となった広大な侍屋敷の土地に夏橙を植栽しようと、明治9年に種を蒔き、翌年に苗木を接木し、明治11年に苗木を士族達に配布。

明治22年には、夏みかんの果実と苗木の収益が当時の萩町の財政を追い越すまでになり、その後萩の町全体に夏みかん畑が広がりました。

(萩 夏みかんセンターHPより)













PC230197_convert_20190128003839.jpg


萩城城下町エリアは、江戸時代につくられた古地図を使って現在でも町歩きができるほど、往時の町筋がそのまま残っているそうです。


白壁やなまこ壁・黒板塀の美しい町並みが続きます。











PC230198_convert_20190128003904.jpg





















PC230202_convert_20190128004634.jpg


高杉晋作誕生地








PC230201_convert_20190128004611.jpg











PC230200_convert_20190128004545.jpg


結婚してすぐのころにダンナと一緒に萩に来たことがあります。



でも、その時は駅でレンタカーを借りて旅行したので、町の隅々を歩いておらず、正直、あまり覚えていませんでした・・・。








PC230209_convert_20190128182112.jpg

松陰神社にもその時に行ったのですけどねぇ・・・









PC230206_convert_20190128182022.jpg


松下村塾:吉田松陰が主宰した私塾










PC230207_convert_20190128182046.jpg


身分や階級にとらわれずに教育を行い、高杉晋作や伊藤博文など、維新の原動力となった人材を育てました。









PC230205_convert_20190128181955.jpg












PC230181_convert_20190128002304.jpg


母が子供のころ、この松陰神社の近くに住んでいたそうで、立派な壁のある家だったそうです。


さすがに、その家は残っていないだろうけど、もしかしたら壁は残っているのかな?









PC230196_convert_20190128003816.jpg


萩焼の専門店が多いけど、どれもよいお値段・・・。








でも、初めて萩に行った時に高杉晋作の家の隣の萩焼のお店で記念に・・・と、買っていました。

PC310359_convert_20190128184600.jpg


お店の前の「どれでも500円」の籠の中のものでした。









今回は自転車の旅だし、高価なものを買って割れても嫌だし、でも、何か記念になるものを買いたいし・・・ということで。



PC260383_convert_20190128182502.jpg



一つ、250円の「ふく」(ふぐ)の箸置き。


まぁ、電車の中で「ふぐさし」も食べたしね・・・








PC260374_convert_20190128182433.jpg


ついでに、缶入りのマーマレードを発見!

缶に入ったジャムって珍しくないですか?!



珍しさと安さにバカ買いしてカバンがすっかり重くなってしまい、途中で見かけたホームセンターで肩掛けできるバックをわざわざ買いました・・・。アホですね~








PC230213_convert_20190128182207.jpg


駅に戻ってバスで途中まで帰ります。


なんと、キティちゃん号♪








PC230214_convert_20190128182234.jpg

座席もキティちゃん








高杉晋作の家にて・・・



P1010368_convert_20190128185332.jpg



「で、高杉晋作って何した人だっけ?」とダンナに聞いて絶句されました・・・



皆さん、答えられます・・・・?




つづく



theme : 旅日記
genre : 旅行

2019-01-23

やまぐち幕末ISHINきっぷで「〇〇のはなし」 

萩には「やまぐち幕末ISHINきっぷ」を利用し、「〇〇のはなし」という観光列車で行きます。



PC230123_convert_20190123003612.jpg

やまぐち幕末ISHINきっぷ

山口自由周遊区間までの往復新幹線普通車指定席と、自由周遊区間内のJR線(特急・普通列車普通車自由席)、指定された路線バス3日間乗り放題と施設がセットになった往復+フリータイプのきっぷ。利用開始日の1ヶ月前~3日前まで発売。






PC230108_convert_20190123165643.jpg


まずは、下関へ向かいますが、窓の外からは煙をはく工業地帯が見えます。






PC230111_convert_20190123165714.jpg







PC230115_convert_20190123165807.jpg

下関です。

2・3歳ごろに住んでいたことがあるのですが、全然覚えていません・・・・。



PC230112_convert_20190123165742.jpg




列車の出発時間までまだ時間があるので、電車で一駅乗ります。



PC230116_convert_20190123165938.jpg

関門トンネルをくぐって行った先は・・・






PC230114_convert_20190123165827.jpg

門司駅です。





そこで買ったものは・・・・

PC260378_convert_20190123165913.jpg

SUGOCA(すごか)です。


関東で言うSUICAみたいなものですね。


ホントは「はやかけん」が欲しかったのですが、門司駅には売ってなかった~





で、時間があまりないので、また下関へ戻ります・・・。



「〇〇のはなし」には3時間ぐらい乗車するので、下関駅の目の前にある地元のスーパーでお弁当や飲みものを買います。



下関って言ったら・・・・ふふふ


まぁ、これは後でのお楽しみに♪





PC230117_convert_20190123170901.jpg

これが「〇〇のはなし」です。


なんと、「やまぐち幕末ISHINきっぷ」にプラス500円で乗れます。





PC230121_convert_20190123004105.jpg








PC230131_convert_20190123170952.jpg

全席から海が見えます。




PC230119_convert_20190123171628.jpg




PC230130_convert_20190123171016.jpg

特産品を展示しているコーナーも・・・。



○○のはなし(まるまるのはなし)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が新下関駅 - 東萩駅間を、山陽本線・山陰本線経由で運行する観光列車(臨時列車)である。


2017年に開催される「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」を契機に運行を開始し、主に土曜日・休日に運行されている。

列車名は、「沿線の萩(はぎ)・長門(ながと)・下関(しものせき)には、日本と西洋を引き合わせた志士達の歴史や文化、海の幸や地酒など、見て、聞いて、感じてみたい様々な「はなし」が息づいている」ということからこの名称が付いた。

(ウィキペディアより)




PC230118_convert_20190123170922.jpg

ホームではスタッフの方々がお見送りをしてくれます。

こちらも頂いた旗を振って笑顔でお別れ






PC230125_convert_20190123172128.jpg

さてさて、海が見えて来たので、そろそろお弁当を食べましょうかね


特製弁当を予約することもできましたが、2,500円だったので止めました・・・。




で。


PC230127_convert_20190123170820.jpg

さすが、下関!普通のスーパーでフグですよ!(山口では「ふく」と呼ぶそうですが)

価格もぶっとびの、980円!


まぁ、お高いお弁当を買うことを思えばね~ぇ




PC230128_convert_20190123172152.jpg

う、美しい!



PC230132_convert_20190123170841.jpg

380円のカキフライ弁当・・・・。


ホントは日本酒かビールでも飲みたいところですが、萩ではレンタサイクルに乗るので我慢です



てっさ(ふぐ刺し)を堪能していた時、ハプニングが!




フグが吹っ飛ぶほどの急ブレーキ!(シャレっぽいけど)







なんと・・・



PC230129_convert_20190123172216.jpg



オーバーランです。




停車すべき駅で停車できず、ホームを通りすぎてしまったんですね~



運悪く、私たちの隣の席の方々がこの駅で降りる予定でした。




また、停車した場所も悪く、田んぼの中にある踏切・・・・。



踏切前でずっと待ち続ける車やバス



窓から見た感じ、数メートルはみ出ただけなので、


「すみませんが、ここから歩いて貰えますぅ?」と言えば歩ける距離なのですが、そういうワケにはいかない決まりがあるんでしょうなぁ


電車はウンともスンとも言わず、40分も停車。



結局、一駅先に進んで停車し、降りる乗客を降ろし、乗るべき乗客の到着を待ち・・・という・・・・。


「この電車が遅れたら、乗り継ぎのバスに乗れへんねんけど!」とかいう声があちこちで聞こえました。



うちは特に帰りの電車を予約していなかったので「ギリギリのプランを立ててはアカン」という教訓を得ました。



さて・・・。


やっと、電車も動き出しました。





PC230143_convert_20190123174259.jpg

水の色もキレイ

PC230140_convert_20190123174331.jpg







PC230151_convert_20190123174459.jpg








PC230149_convert_20190123174424.jpg

いろんな色に変化する海の色






PC230155_convert_20190123174711.jpg

「こっとい」駅・・・。


さてどんな漢字を書くでしょうか?(答えは後で)






PC230159_convert_20190123174536.jpg







PC230161_convert_20190123175314.jpg

オレンジ色のガードレールです。






PC230166_convert_20190123174625.jpg

行ってみたいけど、行くのにはかなり不便そうです。








PC230168_convert_20190123174740.jpg







こういう観光列車ではお約束ですが、イベントとしてちょっとしたクイズのコーナーなどがあります。


さて、問題です。



この中で、(現)長門市出身ではない人は誰でしょう?


①金子みすゞ

②香月康男

③中原中也



全員参加で「これは!」という答えの時には手をあげなければなりません・・・(ツライ)

答えに正解した人の中から3人にプレゼントが



なんと、じゃんけんに勝ち抜いて景品を貰いました。


PC260370_convert_20190123180045.jpg

答えは③番


●金子 みすゞ(かねこ みすず、1903年(明治36年)4月11日 - 1930年(昭和5年)3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。本名、金子 テル(かねこ テル)。

山口県大津郡仙崎村(現・長門市仙崎)の生まれ。



●香月 泰男(かづき やすお、1911年10月25日 - 1974年3月8日)は、山口県大津郡三隅町(現・長門市)出身の洋画家。昭和を代表する洋画家の一人。


●中原 中也(なかはら ちゅうや、1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日)は、日本の詩人、歌人、翻訳家。旧姓は柏村。

1907年(明治40年)4月29日、山口県吉敷郡山口町大字下宇野令(しもうのりょう)村(現在の山口市湯田温泉)生まれ。







PC230171_convert_20190123181510.jpg





次の問題です。

長門市は「焼き鳥の街」だそうですが、「これは、長門の焼き鳥ではない」というものは次のうち、どれでしょう?


①お洒落なハーブソルトが振ってある

②ガーリックパウダーが振ってある

③ネギの代わりに玉ねぎを挟んである


知らんがな~



PC260368_convert_20190123180111.jpg

でも、またまたじゃんけんに勝ち抜いて賞品をゲット♪

答えは①です。






PC230170_convert_20190123174837.jpg






PC230173_convert_20190123181642.jpg

やっと、終点の東萩駅です。









PC230172_convert_20190123181600.jpg



荷物を駅のコインロッカーに預けて、レンタサイクルで萩の城下町まで出かけます。


長々とお付き合い頂き、ありがとうございました!(^^)!


つづく








答え:特牛(こっとい)
 
知ってました?

theme : 旅日記
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア