fc2ブログ
2008-11-15

タコに乗って、クルージングに出よう

実家に帰ったときに、思い立って母と小旅行に出ました。

takofe.jpg
明石の「たこフェリー」です。兵庫県明石市から向かいの淡路島まで行くフェリーです。

chantaco.jpg
明石海峡大橋が供用されている現在でも、明石市中心部と淡路島を結ぶ最短ルートであり、車もバイクも乗船可。たった20分で渡る事ができます。
料金も片道380円と格安。

明石市と言えば、東経135度が通っている子午線の町。
hunenori.jpg
私が以前住んでいたのは、明石市の小高い丘の方でした。
こっちは駅をはさんで海に近い方。カモメも飛んでいます。潮のかおりもします。

akashiyaki.jpg
明石名物「玉子焼き」。別名「明石焼き」。見た感じはたこ焼きですが、タコは入っていません。柔らかくたこ焼きの具のないものをダシ汁につけて食べる・・・という感じでしょうか。

hunatabi.jpg
どんどん街が小さくなってきます。

akairuka.jpg
おっ、赤いイルカを発見!

awaawa.jpg
白い泡です。まるで、天ぷらでも揚げているよう・・・。

akashioohashi.jpg
あっ、みなさ~ん!明石大橋が見えてきましたよ~

hashigeta.jpg
橋の下をくぐりますよ~。カメラの準備はいいですか~?

daigeta.jpg
そ~れ!

mechadeka.jpg
橋を越えたらあっという間に、淡路島です。

iwaya.jpg
ん~、これと言って何もないところです。しかし、町の寂れ具合がなんだか新鮮。
たった20分、船に乗っただけなのに、とても遠くに来た気分です。

eshima.jpg
淡路で獲れた魚を使った寿司が食べたい!とさまよい歩いたものの、これといった店がない。
で、ふと変わった島にたどり着きました。

hatuni.jpg
なんと、みなさん。この島は「日本発祥の島」だそうですよ・・・。

tisou.jpg
とても小さな島なのですが、波で削られた地面は指でこすり取れそうです。なんだか、とても不思議な感触の土で、日本発祥の島・・・と言われると納得できそうな雰囲気なのです。

eshimakanban.jpg
ここは「絵島」といい、高さ約20mの小島。『古事記』では、イザナギ・イザナミの二神が海原を天の沼矛(ぬぼこ)でかき回して造った最初の島『おのころ島』に降り立ち、国生みを始めたと書かれています。その最初の島『おのころ島』が、淡路島とも沼島(南淡町)ともこの絵島ともいわれているらしい・・・って、まぁ、よくわかりませんが。

郷土記念物のこの島ですが、みなさんは優雅に釣り糸をたらして魚釣りをされていました。

結局、寿司を諦めて絵島の隣にあるステーキハウスで「淡路牛」を食べる事にしました。
gennici.jpg
お手ごろ価格のランチなのに、鉄板で焼いてくれて、お兄さんのパフォーマンス付き

awajigyuu.jpg
柔らかくて筋もなく、おいしゅうごさいました。

banntann.jpg
帰りは目の前から出ている播但汽船で、明石まで10分で帰れました。

車で来る場合はたこフェリーか明石大橋を利用するしかありませんが、車なしでちょっと淡路まで・・・という場合は播但汽船が早いです。

淡路島淡路島
(2008/06/11)
増田政夫

商品詳細を見る

「ますだおかだ」のちっちゃい方が歌ってます。

淡路島。シンガポールとほぼ同じくらいの大きさだそうです。
神戸からだと淡路は四国へ渡るための通り道ですが、たまには島めぐりもいいかも・・・。
今度は車で来たいです。

だれか~、乗せてってちょ~












スポンサーサイト



theme : 兵庫県
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア