FC2ブログ
2009-07-25

夢見る頃を過ぎても。青春よ、ふたたび 日光編

夢見る頃を過ぎても、ふたたび。 感じたいの、青春♪
ああ、もう一度、ああ、もう一度。 アナタと青春、とりもどしたいぃ~♪
(作詞:ラーダ・ドゥーナ 「アナタと青春ポルカ」)

青春時代はとうに過ぎたのに「青春18きっぷ」で小旅行に行って来ました。
jyuuhati.jpg
「青春18きっぷ」とは・・・
旅客鉄道会社線(JR線)の普通列車・快速列車が一日乗り放題となる、期間限定の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)。ちなみに、使用年齢に制限はありません(大人・子供の区別もなし)。

おとなの青春18きっぷの旅 得ワザ&口コミガイドおとなの青春18きっぷの旅 得ワザ&口コミガイド
(2008/06)
おとなの青春18きっぷの旅編集部

商品詳細を見る


最初は新潟の方へ行って海沿いを走り、美味しい魚でも食べて来よう、というプランだったのに天気がアテにならず、それは次回へ。今回は比較的近場の(自宅のある最寄り駅から2時間半くらい)日光と宇都宮へ・・・。

歴史好きのダンナに引っ張られるように、朝っぱらから出かけて来ました。

日光・・・。東京の小学校だとだいたい林間学校あたりに行く場所です。
青春18きっぷはJRだとどこで乗り降りしてもOKなので、お昼は宇都宮で餃子!

tobira.jpg
快速で宇都宮まで行って、日光行きの電車に乗り換えて約40分。
電車のドアは引き戸で乗り降りする人が自分で開けます。まるで、家のふすまを閉めているみたい・・・。

「いらっしゃ~い♪」(桂三枝)
「お邪魔しまんにゃあ」(池野めだか←違うかも)

nikkoueki.jpg
JRの日光駅だとこんな感じ。皇族の貴賓室もあって外から見る事ができます。東武の日光駅はもう少し広くて山のロッジみたいな雰囲気。

JR日光駅から、えっちらおっちら坂を登って日光東照宮を目指します。
駅前の土産物屋や旅館は軒並みつぶれ、うらぶれた雰囲気・・・。

途中、観光案内所に立ち寄って地図を貰います。

stamp.jpg
交通新聞社から出ている「わたしの旅 スタンプノート」の出番です(524円+税)
watasinotabi.jpg
※JRで経営している書店(駅内)で購入できるようです。

hashino.jpg
「神橋」。日本三大奇橋の一つ。寛永13年(1636年)に現在の形に造りかえられたとか。
当時は神事、将軍社参などが参向する時のみ使われたらしい。
しかし、渡るのは無料じゃないのよね~。500円・・・!
・・・と、いう事で撮影だけ。

撮影をしていたら、韓国人のギャルに道を尋ねられた。
でも、このギャルは日本語も英語もできないし、おまけにガイドブックも持っていないが、輪王寺に行きたいらしい。確かに、案内も出ていないし分かりにくい。

ダンナがガイブックを開いて説明するも、日本語も英語も通じないし、こっちも韓国語がわからない。
「あ、そうだ!」
たまたま、観光案内所で韓国語のマップを貰っていたので(後で写真を切り抜いてアルバムに貼ろうと思っていた。その時には日本語のマップが品切れだった)、それを彼女にあげました。

私たちと目指す方向が違っていたので、途中で別れたけど、後で別の道を教えたことが判明。

鬱蒼とした天気で、人もほとんどいなくて(みんな駅からバスで来るらしい)一人で山奥で迷ったら・・・(どうも裏道だったよう)。

「後味の悪い事になったらイヤだね・・・」
「・・・うん。でも、韓国語の地図をあげたし何とかなるよね・・・。きっと・・・」

tousyougun.jpg
雨は降らないけど、すごい霧。

東照宮はなぜか、小学生の集団が多かった。なんで?学校は夏休みでは?
遠足?修学旅行?林間学校?

mizaru.jpg
「とりあえず、猿はおさえておかないと」という事でパチリ。
ちなみに「眠り猫」は見るのにお金がかかる。540円!ネコ、高!

sarusamasama.jpg
「見ざる、聞かざる、言わざる」のキーホルダー。
「サル、商売になるね・・・・」
「うん、ネコは商売にならないみたいだけどね」
なぜ、作らない?「眠りネコグッズ」・・・。

日光・奥鬼怒 (ことりっぷ)日光・奥鬼怒 (ことりっぷ)
(2008/02)
不明

商品詳細を見る

起こさないでにゃ

sironuri.jpg
修復中のところが多かった。
色がはげた上に重ね塗りするのかと思っていたけど、一旦色を全部はがしてから再度塗るのだろうか?

rinnouji.jpg
帰り、道を聞いてきた韓国の人とバッタリ。
「リンノウジ、OK?」
「Oh~、OK,OK!なんたらかんたらトウショウグン」
・・・と、言っていたのできっと、迷いながらも輪王寺に行け、今度は東照宮に行くのだろう。

「デタラメな道、教えてゴメンちょ」

もし、韓国語が話せたら一言謝りたかったな~

※宇都宮編はまた今度

青春18きっぷ。

私はどっちかと言うと、あまりあちこち立ち寄らず新幹線とか飛行機で目的地にどぴゅ~ッと行って、しゅぱ~ッと帰ってきたいタイプ。

ガッタン、ゴットン。えっちら、おっちらと電車に長々と揺られて行く旅は「面倒くさッ」と思うのですが、行ってみるとなかなか楽しかったです。

私は今回の旅は「ダンナ孝行」だと思っていますが、ダンナは「ヨメ孝行」だと思っているようです。

次は新潟か山梨あたりもいいね~、と話しています。

皆さんは、どこに「青春の旅」をしたいですか?







スポンサーサイト



theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア