fc2ブログ
2009-09-26

ラーダ・ダンナ 伊豆珍道中★2

伊豆に行ったのはほんの数日前なのに、すでに「遠い昔」という気分・・・。

でも、なんとなく余韻が残っているのです。あの土地の独特のムード、ものすごく濃い潮のかおりとか・・。

その余韻が日々薄れていくことが少し寂しくて、またどこかに行きたくなってしまいます。

旅、クセになりますね~(ただし、18きっぷみたいな辛い旅はイヤ)

たぶん駅
う~ん、これがたぶん「熱海駅」だと思うのですが・・・。

今回はどこでも乗り降り自由の旅だったので、あちこちの駅で降りました。
なので、ぱっと見ただけではどこの駅だか思い出せなくなってしまいました。

前回の記事では、埼玉の大宮駅からスーパー・ビュー踊り子号に乗り、伊東まで来て、伊東駅周辺を散策しながらその1つ手前の「宇佐美駅」まで歩いたところまでお話しました。

そして、今度は宇佐美駅から伊東駅まで戻って来てからの話。

伊東駅のコインロッカーに荷物を預けていたので(重い荷物を持つのは嫌い)それを受け取り、遅くなった昼食を食べようと今度は「熱海駅」へ向かいます。

熱海駅前
伊東駅前もそれなりに活気があったのですが、熱海駅はものすごい数の観光客でいっぱい!

「熱海はすたれている、とか聞くけど活気あるじゃない」
「やっぱ、新幹線が止まる駅だと違うんじゃない?」

美味しい魚介類でも食べようと、駅前にある商店街を物色。

しかし、どこの飲食店も人が並んでいて入れない・・・。
人・人・人・・・

「連休を甘くみちゃイカンね・・・」
「そうだね・・・。やだね、まったく・・・」

熱海は早々に切り上げ、今度は宿泊する宿のある方向へ向かいがてら、適当な場所で食事をしようということに・・・。電車の乗り換えの事も考えて三島駅で降りるつもりでしたが、沼津の方が街が栄えていそうだから・・・ということで沼津で下車。

熱海駅
ここが沼津駅。
一応、西武百貨店とかあるものの特にこれといった見どころはなさそう。

「じゃ、沼津港でも行ってみようか。まだ時間があるし・・・」

・・・と、いうことでちょうどバス停に停まっていたバスに乗って沼津港へ・・・。
沼津港

「ここまで思いつきで来たのはいいけど、帰りはちゃんとバスあるのかな~」
「駅まで歩くと30分だって・・・。ちょっと辛いよね」

そして、時間にして3時。すでに空腹・・・。こんなとこまで来てお店が閉まっていたらどうしよう・・・。何も周りになさそうだし・・・。

しかし、沼津港にできた「沼津港マーケットモール」は人・人・人・・・。ここでもか~い!

どんなしょぼい店でも人だかり。

「こんな時間なのに・・・。おっかしいんじゃねえの!?」(ダンナ、空腹のためキレ気味)
「うえ~ん!もう、沼津駅付近とかにあるマックでもいいよ、この際!」(へこたれる嫁)

皆さんはまさか、こんなおバカな旅なんてしてないでしょうね・・・。ううう

鮭いくら丼
なんとか、ありつけました。
海鮮丼
ダンナには今回、いろいろと手間をかけさせたので、ここは私がおごる事に・・・。うふっ(滅多にしないから、ここぞとばかりにデカイ顔)

その後、沼津駅行きのバスもあまり待たずに来たのでラッキーでした。

沼津駅から三島駅まで戻り、そこからまた電車を乗りかえ、なおかつ宿近くまでバスで行く予定でしたが、なんと沼津駅前のバス停から宿近くのバス停まで行く事がわかり、またバスに乗ること1時間・・・。

泊まるのは、伊豆長岡という山の中なので海岸沿いや住宅街や山道を通ります。

途中で地元のおばあさん達が乗ってきて世間話を始めると、それを聞きながら心の中で相槌を打ったり・・・。そういう経験も旅ならでは。
そんなちょっとした事なのに、バスに揺られながら見た夕日でオレンジ色に染まっていく海とか、どこかの家の庭に咲いていた花とか山の深い緑色とか何かの瞬間にふと、思い出すんですよね~

皆さんは、たまに思い出す旅の風景とかありますか?
私は旅先では自分の中でテーマを決めて、そのテーマにあった音楽を聴いています。
そうすると、その曲を何の変哲のない日に聞くと「あの日」に戻れるんですよね~、記憶が・・・。

ザ・ルック・オブ・ラヴザ・ルック・オブ・ラヴ
(2001/09/05)
ダイアナ・クラール

商品詳細を見る

今回はまったり系ジャズ。少しハスキーな声の彼女の声が静かな海辺に合う気がして・・・。
秋風が吹く頃に聴くとハマれそう。

会席
宿は特に素敵、という訳ではなかったのですが料理は会席料理でちょっと嬉しかった♪
バイキング形式とかって落ち着かないし、バイキング=朝食のイメージなのでなんとなく寂しい気持ちになっちゃうんですよね~。

お献立(長月)

先付:鮎と茄子の焼き浸し もずく酢
前菜:五種盛り
造里:三種盛り
焼物:魚介ホウ葉焼き
煮物:冷やし冬瓜蟹あんかけ
揚げ物:鱧の香揚げと野菜二種
蒸し物替わり:カボチャコキール
強肴:タラバガニバター蒸し
食事:白飯 赤だし汁 糠漬け
水菓子:無花果葡萄酒煮 葡萄

献立表があると楽しいですね。食べる楽しみもあるし・・・。
ああ、でも、こんなお料理が出てくるならちゃんとマナーの本を読んでおけばよかったな~。

夜は温泉に入ってゆったり。

しかし、夜はテレビを消したら何の音も聞こえない。

ウチだと虫の音だとか、電車の通り過ぎる音(夏場で窓を開けると)やバイクの走る音とか聞こえるのに・・・。

馴染みない場所での静寂・・・。ちょっと怖い・・・。

伊豆半島・おもしろ路線バスの旅 [VHS]

テレビ番組で、太川陽介と漫画家の蛭子さんとあと、女優さん一人(これは毎回人が変わる)の「路線バスだけで目的地へ移動する旅番組」があります。
※もう、3回目くらいになる人気企画・・・?

しっかり者で頼りになるリーダー・太川陽介。
全然頼りにならず、足手まといになる蛭子さん・・・。

私は旅行中でもお気楽で我がままでマイペース・・・らしい。急いでいるときにでも「トイレ行きたい」とか言うので(だって、しょうがないじゃ~ん)「エビス」って呼ばれてます。

時刻表であれこれ調べるのも切符を取ってくるのも、宿を予約するのもダンナ・・・。

何か素晴らしいこと、いいアイデアが出てきて感動したときは「偉いね、ルイルイ♪」と言ってやると、ものすごく嫌な顔されます・・・。

GOLDEN☆BESTGOLDEN☆BEST
(2007/09/21)
太川陽介古川登志夫

商品詳細を見る

あら~、昔は格好よかったのね・・・!

ところで「ルイルイ♪」って言葉が出るのって、なんていう曲なんでしょうかね?

「路線バスの旅」という旅行番組の旅先で太川陽介に会うとある年代の女性は「ルイルイって言って~♪」と黄色い声を出していますが・・・。

ワタシは知らないの、教えて、ルイルイ(←あ、ちょっとイヤな感じ・・・)



スポンサーサイト



theme : 旅の思い出
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
フリーエリア