fc2ブログ
2009-11-12

福よ、来い・来い♪ 上野・浅草てくてく買い物旅

今日は先月3年ぶりに会ったHさんとお出かけ。

目的は東京国立博物館で開催中の「皇室の名宝 日本美の華」展を見るため。
(12日から15日は天皇陛下御在位20年慶祝行事の一環で入場料が無料なのです)

しっかし、混雑が予想されるので朝っぱらから行って寒い中で延々と並ぶのは嫌よね~・そうよね、そうよね・・・ということで、まずはアメ横でお買い物。

ナッツ屋さんに乾物屋さん、服屋さんでそれぞれに必要なものを購入して早めの昼食に。
マグロうに丼
マグロうに丼にサーモンをトッピングしてもらって800円!
うにの粒が大きくて感激。
こんなウニ、見たことな~い!
週末ならきっとお店には入れなかったでしょう。いや~、堪能、堪能。福腹・福腹(そんな言葉はない)
昼食も済み、てくてく博物館へ歩いて行きました。

で、結果。

見られませんでした。いや、もう見ませんでした。

だって~、90分待ちだとか言うんだもの。1度目は時間つぶしに動物園に入ったけど(そして買い物)2度目に行っても80分待ちとか言うしぃ~!

結局、博物館の敷地内の庭園を散策しましたが、これもまた大外れ!
「こんなんで金取るんかい!サギじゃ!」「めっちゃ無駄な時間やったな!」
・・・と、非難GOGO 無料だったからまだこれくらいで済んだけど、お金払って入ってたら発狂モノよね!

というわけで、さっさと庭園を後にし、今度は前回行けなかったかっぱ橋を目指して歩きます。

象
一応、無料で入ったので記念にパチリ。

パンダ橋を越え、かっぱ橋方面に向かって歩いていると面白いお店が。
「縁起いい屋」
ふ、ふふふ・・・。

歌舞伎てぬぐい
また、買っちまったとさ。

なんと、この渋い歌舞伎手ぬぐい・・・。破格のお値段なのです。
いったい、おいくらなのかって?

一枚100円ざんす!

「外国の人へのプレゼントでもいいよね(そんな知り合いはいないが)」

ちょいと粋に風呂屋で使ってもいいし、台所でまな板とか包丁を拭いてもいいし(料理人のイメージで)・・・。

歌舞伎タペストリー
もちろん、タペストリーにしてもいい(後でアイロンで皺を伸ばしておきます)。

そして、この「縁起いい屋」さんのお姉さま。とっても陽気でおもろいお方だと思ったらなんと、本職は手品師さんなのだそうです。
久美さん
ブログに載せてもいいですか?と聞いたら喜んでポーズをとってくれました。
おまけに千社札シールと金のカエル(お金が返ってくる)も頂きました。

日本奇術協会
日本奇術協会会員 花島久美

話が弾み、聞いたところによるとこちらは芸人一家だそうです。
プロフィールを拝見すると・・・(ご本人のプロフィールより抜粋)

楽団スイングシラブルのコンダクターでギターリスト、作曲家でもあり多方面で活躍していた音楽プロデューサー、高橋明美を父にもち、夫婦漫才の高波志光児・光菊を祖父母にもつ。
その父は、又、落語家という芸能一家の四代目。16才で松旭斉すみえに入門、師事。
国立演芸場、浅草木馬亭、浅草東洋館、新宿末広亭、ライブハウス・BePointでフジテレビアナウンサー牧原俊幸氏とジョイントマジックライブ、NHK BSの名人寄席特選会等々、舞台やテレビで活躍するかたわら、銀座、蒲田、綾瀬、日暮里、新百合丘に手品教室を開講。

・・・だ、そうです。ううむ、気さくなお姉さまだったけど、すんばらしい経歴の持ち主だったのですね!

普段はお店にいないことが多いそうですが、今日はたまたまおられたとか。

芸の世界ならではのならわしとかゲン担ぎ(?)も教えて頂き、おめでたい招き猫の足袋風靴下を購入しました。足元から福が来るといいなぁ!

※他にも歌舞伎や七福神、宝船など、縁起のよさそうなイラストの派手な5本指靴下もありましたよ。
ウケ狙いにどうですかね?

※お店のHPはありませんが、JR上野駅のパンダ橋(たしかこんな名前)を越えてかっぱ橋方面に行く途中にあります・・・(浅草通り)この後に入ったお店「東京松屋」さんの少し手前のお店です。東上野6丁目あたり?)

「今日は酉の市に行くんですか?」
「えっ、酉の市ですか?」

思わぬ情報に色めきたつHさんと私。

「これはぜひとも行って福をひっかけねば!」


・・・と、その前に。
素敵な和紙のお店があったので入ってみました。
「江戸からかみ版元和紙問屋 創業元禄三年 東京松屋」

江戸からかみ 東京松屋

お店の中は和紙の素敵なポチ袋や便せんなどがセンス良く並べられています。

※「江戸からかみ」は和紙に様々な装飾を施して作られた工芸品。歴史は古く平安時代まで遡り「からかみ」は唐紙とも書く。

「2階にふすま紙のショールームがあるので、もし、お時間があればどうぞ見て行ってください」と声をかけて頂いたので階段を上がってみました。

ショールーム
明日からイベントがあるというのに、素人の私たちにも技法などを細かく教えてくださいました。

ふすま紙

個人でもオーダーできるそうですよ。竹の障子紙があって凛とした雰囲気が素敵でした。
全面に絵を入れるとものすごい価格になるだろうけど、一部だけ窓から見える景色っぽく竹林の風景が見えたら素敵かも・・・♪

「もし、私が創作和食の店を開くなら・・・」という、勝手な想像遊びにうってつけの場所でした。

さて、酉の市。

すぐ近所でやっているのだろう・・・と思って気軽にのぞく気分だった私たち・・・。

歩きましたよ・・・。途中3人にも道を聞いて・・・。永遠に歩きましたよ・・・。

酉の市
入口ではばっさばっさお祓いしてくれます。
熊手
私もおととしイベントに出展するときに縁起担ぎで購入しました。

祝い酉の市

浅草酉の市
浅草酉の市

今回は行き当たりばったり歩きだったけど、思いがけず出会いがあったり、珍しいものが見られました。
皆さんにも福が来ますように。

がっちり掴もう 幸運 金運 商売繁盛 愛の手で!(熊の手?←標語風)

PS.Hさんと別れた後も街をぶらついたので、家に帰って歩数計をみたら19765歩でした(8時45分現在)
※今回も結局、時間切れでかっぱ橋には行ったけど見られませんでした。寄り道しすぎや~!
スポンサーサイト



theme : 30代のライフスタイル
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア