fc2ブログ
2010-02-21

櫻の園

はる、るんるん♪

花粉の問題さえなければ、春は大歓迎・・・?

河津さくら
20日に千葉・房総方面へ行って来ました。河津桜が満開でしたよ
※その記事はまた次回に・・・


一足お先に「春きぶん」をお届で~す

櫻の園
19日にエルクールさんに行って作品の入れ替えをして来ました。
今回のテーマは「櫻の園」。

桜の造花をアーチ状に設置して「桜並木」風に・・・(見えます?)

芝生道

黒い砂利石と芝生で「庭園」風に・・・(見えないって?)

芝生庭園アクリル
透明のアクリル板で下の「庭園」が見えるようになっています。

ピンクコーラル作品
これから服の色も明るくなってくるし、生地も薄くなってくるのでアクセサリーも軽く明るい色にしなくっちゃ♪

スワロ指輪 白・青
指先にもキラキラ♪
スワロフスキーのクリスタルは本物のジュエリーでは出せないキラキラ感が・・・。
目につくところにキラキラと輝くものがあると気持ちが浮き立ちませんか?

耳元きらり
耳元でキラリと輝けば、表情も明るく見えるかも?

めのうグレーエキゾチックネックレス

「前回出していた茶色い石のついたネックレス。あれは、一度は悩んで買わずに帰ったお客さんが次の日に”やっぱり欲しい”と言って買いに来られたんですよ~。ラーダさんの作品はそういうパターンが多いですね」

「ううう、ありがたいことです」(涙)

最近は以前のように全部の作品を写真に残して記録していなかったので、「茶色の石のネックレス・・・?えっと、どれだっけ?」と、すぐに思い浮かびませんでした(いや、一応リストでは書いて残しているんですよ)。

しかし、そういう話を聞くと作る方もちゃんと一つひとつの作品を覚えて管理しておかなければ・・・と反省。

でも、こうして作家の知りたいことを覚えてちゃんと教えてくれるお店のスタッフさんに感謝です。
どうしても、お客さんと自分の作品の間にある「やりとり」とか「想い」はその場にいないとわからないものだから。

「売れること」はもちろん嬉しいです。
でも、それだけじゃない間に立つ人たちの「想い」を知る事はとっても大切だし、作る側としても励みになります。

入園バック

お店にはいろいろな作家さんがいるので、お客さんもいろいろな人が集まります。

そろそろ入園とか入学のためのバックを作ったり揃えたりする時期ですね。

お気に入りの布作家さんに自分の気に入った布を託して入園・入学のためのバックを作ってもらう事もできるのだとか。しかも「え?いいんですか?この金額で・・・」という手数料で・・・。

「でも、お裁縫の苦手なお母さんもいるしねぇ~」

・・・と、お客さんたちの話を聞きながら頷いたりして。

皆さんは春の準備、できましたか?


クリームのスープ
フォカッチャとクリームのスープ
優しい、まったりと美味しいスープでした。フォカッチャもふんわり


櫻の園 白泉社文庫櫻の園 白泉社文庫
(1994/12)
吉田 秋生

商品詳細を見る

内容はなんとなく知っているけど、読んだことはなし。

スポンサーサイト



theme : ハンドメイドの作品たち
genre : 趣味・実用

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア