FC2ブログ
2011-07-07

やっぱり? やっぱり!

前回、記事にも書いた放射線汚泥肥料についてですが、やっと新聞記事になりました。


新聞

7日の日刊ゲンダイです(6日発行)。

その記事に出ていた内科医の方のブログでそのことについて書かれていたのが、6月26日。

少し時間はかかったけど、記事になったことでもっと広く早く情報が伝わって欲しい・・・

だって、あの~、やっぱりかなりヤバいと思います。


まず、農水省は過去の土壌の放射線量にもとづいて基準値を決めると言うけど、内部被ばくについて正しく認識できていない。

セシウムしか測定されていないけど、さらに問題なのは、測定されていないストロンチウムの危険性。



放射性物質が体外から出て行く生物学的半減期で考えると、セシウム137が90日程度なのに比べ、ストロンチウム90は、49年と長い!

ストロンチウムは体内に入ると、カルシウムと間違って骨に吸収さててしまう
ベータ線を放出し、10ミリという狭い範囲で放射線を出し、その分エネルギーは強く毒性が高い。
なので、少量でも取り込むのは避けるべき。

だから、内部被ばくを考慮するなら、セシウムよりも測定されていないストロンチウムが危険だそうです。




放射性物質がどんなに少なくてもリスクがあり、野菜や果物はセシウムをカリウムと間違えて根から吸収してしまうとか。


セシウムは全身の細胞に、ストロンチウムは骨に蓄積してしまう。
だから、自然放射線と同じリスクだと考えてはいけない!

人体に考えられる影響は、骨肉腫をはじめとしたがんなど・・・。

     
          花の咲き



現時点では、セシウムでの危険性しか問題になっていないけど、文科省・環境モニタリングの結果によれば、福島第一原発から60キロの福島県本宮市や80キロの西郷村から採取した植物からもストロンチウムが検出されています。

それは、もちろん生活圏です。



詳しくはその内科医さんがブログで記事にしています。

内科医が教える医者いらずの美容と健康


TV署名

熊子さんの記事でも紹介されていた「署名TV」。

画面での表示を匿名にする事もできます。


テレビや他のメディアで問題になるのを待っているうちに、とんでもないことになっちゃっいます。


判断は個人個人にあると思うけど、おかしいと思うならば思っているだけじゃなく、できる事で行動すべきだと思うな~


署名TV


パソコンで日本の雑誌が読めます

雑誌オンライン.com
スポンサーサイト



theme : 生活の中で
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア