FC2ブログ
2011-07-13

夏だから、冷やさない②

「身体が冷えるから、冷たいモノは飲んではいけない」・・・

これは、鍼灸の先生にきつく言われています。


なので、やかんに麦茶や杜仲茶のパックを入れ、沸騰させてから飲んでいます。
そして、冷めてきたらまた再度熱くして、魔法瓶に移し変えます。
そうすると、ずっといつでも温かいお茶が飲めるんですね~



山本漢方のダイエット 杜仲茶 8g×24袋山本漢方のダイエット 杜仲茶 8g×24袋
()
山本漢方製薬(株)

商品詳細を見る


今はダンナのダイエットも兼ねて「ダイエット 杜仲茶」を麦茶とブレンドしています。
いろんなお茶がブレンドされているけど、飲みやすいですよ~ん




では、なぜ、冷たいモノを飲んだらダメなのか?


それは、口の中に冷たいものを入れた瞬間に身体の熱が奪われ、血管が収縮してしまうから。

口の中の熱が奪われると、その冷えは全身に影響します。

さらに、冷たさは交感神経を刺激して血管を収縮させるため、血行が悪くなって体温が低下してしまうのだとか。


冷えた部分を温めようとして、ぐわ~っとそこに血が行ってしまい、手足まで血がうまくまわらなくなってしまうので手足の先が冷える・・・と、聞きました。


ううむ。

お茶を良く飲む中国では、お茶を冷やして飲まないというのは常識だと聞いたことがあります。
(最近はペットボトル入りの冷たいお茶もありそうですが)

最初は料理の油を溶かして流すためでしょ?と思っていたけど、身体を冷やさないための常識なんでしょうかね・・・。


そうは言っても、私は優秀な生徒ではないので、やっぱり暑くて汗がダラダラ出るような時には冷たいものをぐぐっと飲んでしまいます。だって、すっと汗が引くしぃ~

すみません・・・うううっ


どれがカラダを温める食材か、冷やすのか、またそのどちらでもないのか・・・について、過去に書いた記事です

カラダの陰と陽



今は「生姜紅茶」または「にんじん・りんごジュース」を飲んでいます。


生姜紅茶の効能


朝食の代わりに飲むといいそうですが、なんだかんだとバタバタしててつい忘れてしまいます。


それに、カフェインが入っているのであんまり遅くに飲むと目が冴えて眠れなくなってしまうんですよね~


なので「にんじん・りんごジュース」は気付いた時に作って飲んでいます。

※にんじんとりんごは、カラダをあたためる食材です。


にんじんジュース



あれこれ良いと言うものは試しているけど、まだまだあま~いワタシです。





いっちょ、やったりますか!
頑張って体温あげよっと!
スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア