FC2ブログ
2012-02-19

ダンナに引かれて善光寺・・長野①

「旅」。



・・と、言うとなんだか心のどこかがざわつきませんか?




     切符

(ま、ちょっと前の話になってしまいますが)



ガイドブックを買って、ネットで調べていく旅もあれば、ふと思い立って見知らぬところへ行くのも旅・・・。


ふっ・・・


方向音痴の私は行ったことのない場所に行くには必ず「案内人」がいないと「旅」ではなく「失踪」になっちゃいそうですが・・・。



そんな私でも「案内人」がいれば、何の気兼ねなしに旅を楽しめます。
それはダンナと言う名の執事・・・

お~ほっほ!




グリーン車


うちの旅行のパターンといえば、たいていがお得プランの日帰り旅行。


この旅も大宮~長野まで往復グリーン車で、なおかつ1000円分のお蕎麦券がついて1万円ちょっとのプランでした


ふふふ・・・グリーン車って足を置く台もついていて快適♪




しかし、行ったことのない場所に行くのって、いちいち新鮮な気分になれて楽しいものですね~



かたまり


これ、なんだかわかりますか?


ホーム


どうやら、どこかから少量の水が漏れたのが凍って固まったのだと思います。



「う~む。まさに、チリも積もればなんとやら、だね!」


・・・と、まぁ、いちいち盛り上がって写真を撮ります。





鬱陶しいですか?

どうもすみません。




長野駅

長野駅です。



行ったことがない場所だと「ふ~ん・・・」という感じですが、一度でも旅行で行くととたんにそこは「なんか、懐かしい場所」になるんですねぇ・・・


ここんとこ、インフルエンザやら何やらで旅をしていないから余計にそう思うのかしら・・・



オリンピック


「おおっ、これが、あの!」


こんな感じでいちいち立ち止まっていては先に進まないので、話を進めます。


 
    駅前

これが、長野駅前です。



まず、善光寺に行く前にお得なバスの切符を購入しました。
でも、行く場所によっては「ぐるりん号」という、100円均一の市内循環バスを利用しても♪



ぐるりん号




善光寺入口


はい、これが善光寺です。


      善光寺



「牛に引かれて、善光寺」で有名ですね~

信州 善光寺公式HP



善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立寺院である。山号は「定額山」(じょうがくさん)。

山内にある天台宗の「大勧進」と25院、浄土宗の「大本願」と14坊によって護持・運営されている。「大勧進」の住職は「貫主」と呼ばれ、天台宗の名刹から推挙された僧侶が務めている。「大本願」は、大寺院としては珍しい尼寺である。住職は「善光寺上人」と呼ばれ、門跡寺院ではないが代々公家出身者から住職を迎えている。2010年(平成22年)現在の「善光寺上人」(「大本願上人」)は鷹司家出身の121世鷹司誓玉である。

善光寺の住職は、「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。
(ウィキペディアより)



うし

はい、私がその牛ですが、何か?



日本国語大辞典と大辞泉によると「牛に引かれて善光寺参り」とは・・・


《信心のない老婆が、さらしていた布を角にかけて走っていく牛を追いかけ、ついに善光寺に至り、のち厚く信仰したという話から》 牛に引かれて善光寺参りとは、思いがけず他人に連れられて、ある場所へ出掛けること。また、他人の誘いや思いがけない偶然で、よい方面に導かれることのたとえ。

・・・だそうです。



一度はその気がなくても、行ってみたらそれがよい方向に作用する・・・ってことがありますね。

何事もあれこれ言う前に、行ってみて、見てみて感じてみることも大事なんですね~(と、行く前に「興味ないしぃ~」とゴネたのはワタシ)



ことりっぷ 小布施・長野 野沢温泉・湯田中渋温泉 (ことりっぷ国内版)ことりっぷ 小布施・長野 野沢温泉・湯田中渋温泉 (ことりっぷ国内版)
(2011/01/10)
不明

商品詳細を見る



また、善光寺に行ったらぜひ、体験して欲しいのが「お戒壇巡り」。



本堂の本尊下にある真っ暗な回廊を手探りでたどり、本尊真下にある「極楽のお錠前」と呼ばれる鍵に触れると、本尊との仏縁が深まり、極楽往生が約束される・・・というもの。

死の疑似体験と光のありがたさを知るという、深い意味も込められているそうです。



これが、ほんと~に真っ暗。


一筋の光でもあれば、それを頼りに進んでいけばいいのだけど、何の目印もなく、戻るわけにもいかず、その場にたたずむわけにもいかず、ただ手探りで鍵を探し、出口へと進まないと出られない。


仁王


唯一、右手で回廊の壁をなぞりながら進んでいるので「そこが壁」だというのはわかるけど・・・。


でも、ひんやりと冷たい壁をなぞる指は凍りつきそうに冷たい。
冷たいけど、手を放したらとたんに「つながり」がなくなってしまいそうで怖い・・・。


う~む。

何にも見えないってことがこんだけ不安なことだったとは・・・。



             たぬき

導いてくれる光があるって、ありがたい事なんだね~





信州長野 善光寺 お戒壇巡り




そばや



この後はバスで温泉に行くつもりなので、長野の有名なお蕎麦を食べます。



ポスター


お出汁は甘いんだけど、しみじみと美味しかったです。



そば麺



では、駅に戻る前にこの周辺を散策してみましょう・・・。




建物





 
     建物2






入口





                            わらじ






雪






3建物
     





建物4


      
観光客が多いのに、一本道をそれるととても静かでした。



つづく


スポンサーサイト



theme : 旅日記
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
FC2カウンター
フリーエリア