FC2ブログ
2012-12-16

萌え萌え★パラダイス ~素晴らしき哉、ミニチュアの世界②~

さて、食玩ですが、皆さまソレが何だかご存じ?


食玩とは、食品に付属して販売される玩具の総称です。


グリコ グリコ 4粒×10箱グリコ グリコ 4粒×10箱
()
江崎グリコ

商品詳細を見る


ほれ、あのグリコのおまけもそうですね~。お菓子に小さな玩具がついたものです。


子供の頃、私は「パピー」(だっけな?)という、ハート型のお菓子にプラスチックのお人形がついているお菓子に夢中になりました。

お菓子はいちご味のスナックでしたが、いつしかお菓子よりもオマケの方が欲しくなり・・・


「お菓子なんかいらんから、玩具だけよこさんかい!」と思ったものでした。


まだある。今でも買える“懐かしの昭和”カタログ~食品編~ (大空ポケット文庫)まだある。今でも買える“懐かしの昭和”カタログ~食品編~ (大空ポケット文庫)
(2005/07/01)
初見 健一

商品詳細を見る



大人になってからは「エッグチョコ」にはまりそうになりましたが・・・。

日本チョコエッグ動物大百科―鳥のフィギュア (玩具)日本チョコエッグ動物大百科―鳥のフィギュア (玩具)
(2000/10)
木村 義志

商品詳細を見る



※卵型のチョコレートの中に玩具が入っている。




しかし、最近の食玩はそういう心理がわかっているのか、玩具がメインでお菓子はガム一個。

しかも、一箱300円くらい。


300円と言ったら、子供も買いやすい価格だし、大人だったらまとめ買いできる価格・・・。


「へっへっへ・・・。安く売って大きく儲けたろうやないけ~」という、腹黒さを感じないでもなかったけど、一つ一つオマケの玩具を見ていると・・・。




「いいんですか!こんな価格で!もっと値段取れるでしょ~が!」



と、ドン!と机の一つでも叩きたくなります。

それくらい、完成度が高く、一つ一つの作品が「玩具」とは言えない芸術品なのですよ!



↓では、MAOさんの食玩コレクションから・・・


020_convert_20121215192520.jpg


これは、お店シリーズでしょうか。

レジスターやショッピングカート、トイレットペーパーやパンにバターにパック入りのイチゴなども・・・。


026_convert_20121215195052.jpg

「これを揃えてお店屋さんごっこしたいぃ~!」って気になりません?(やらんけど)





そして、企画者たちも楽しんでいるとしか思えない幅広い「○○シリーズ」。

「きっと、○○シリーズ企画のためのリサーチ・・・とか言って、夜な夜な美味しいものを食べに行ってたんだろうね~」


032_convert_20121215193751.jpg

アジアン料理シリーズ・・・。

031_convert_20121215194327.jpg

「べ、ベトナムのバッチャン焼きじゃん!バンブーのトレーもよく出来ている!」




036_convert_20121215193859.jpg

「トムヤムクン鍋にニンニクや唐辛子をすり潰すすり鉢まであるよ!」


028_convert_20121215194134.jpg

「中国茶セット!うわ~っ、こんな棚持ってる!めちゃリアル!」




もちろん、日本の○○シリーズもあるんですよ!皆さん!


025_convert_20121215194607.jpg

盛岡のわんこそば!

蕎麦も薬味も自分で盛り付けできます・・・。



024_convert_20121215194659.jpg

愛知県民の方々、どうですか?

天むす!

あああ~、ホンモノを食べた~い!



027_convert_20121215195141.jpg

駅弁シリーズ。

兵庫県西明石駅の「ひっぱりだこ飯」もありました・・・。

す、すごい・・・。いったい、いくつ駅弁を食べたんですか・・・?

全国美味駅弁 決定版全国美味駅弁 決定版
(2010/03/26)
小林 しのぶ

商品詳細を見る




038_convert_20121216172302.jpg

「お歳暮シリーズ」


「こういう内職、あるんだろうねぇ・・・」
「そうそう、一つ一つシール貼って箱も仕上げるんでしょうね」
「一個、仕上げて10円くらいかな?」
「でも、全部箱に詰めて仕上げたら達成感ありそうですよね!」
「そうかも~!最初の頃はいちいち萌えそう!」

う~む、やってみたいような、やってみたくないような・・・。



040_convert_20121215193316.jpg


丁寧に、一箱一箱にレシピまでついている・・・。

この、玩具についたレシピを見て「わ~♪」と思って作る人は限りなく少ない気がするけど、それでも「レシピをつけたらいいかも!いや、つけたい!つけるべきだ!」とレシピ検索して文字にして、なおかつ誤字脱字がないように几帳面に文字校正したんだろうなぁ・・・。


039_convert_20121215195609.jpg


「うううっ、日本人はどこまでレベルを上げる気だ!」
「ホントですよね!これで300円なんて!もっと高い値段でも売れるだろうに・・・」



091_convert_20121215200118.jpg

ウチにある食玩・・・少ない・・・。




ちなみに、山形県には「カラカラ煎餅」というお菓子があります。


からから煎餅(からからせんべい)は、三角形に折りたたんだ煎餅の中に小さな玩具を入れ、合わせ目に紙を貼ってとめた菓子である。名は振るとカラカラと音が出ることによる。カラカラ煎餅、がらがら煎餅、ガラガラ煎餅、一部にウントコ煎餅とも。伝統駄菓子の中の食玩で、中に何が入っているかを楽しみにする。主な原料は小麦粉と黒砂糖だが、昔はさらに糠が入っていた。

元禄期(1688年から1703年)の江戸で売られた大黒煎餅が起源とされる。この煎餅では、中に入っていたのが木彫りの小さな大黒であった。それが中にさまざまな玩具を入れるようになって全国に広がった。

明治時代にも駄菓子として人気があり、大正末まで盛んに食べられていた。中に入る玩具は時代とともに移り変わりがあるが、焼き物、鉛、ブリキの小さな模型が多かったようである。子供がわずかな小遣いで煎餅一つを買い求めたのに、大人は袋入りで買い求めた。脚気に効くと言われた時期もある。

昭和に入って廃れ、姿を消したが、山形県鶴岡市で伝統駄菓子として作られ続け、土地の名産になっている。また、山梨県甲府市では、伝統的な祭りである大神宮節分祭の名物として、今でも親しまれている。

(ウィキペディアより)




まるやまからから煎餅まるやまからから煎餅
()
有限会社 宇佐美煎餅店

商品詳細を見る



ふふふ~

「中に何が入っているか楽しみにする」って、わかってるじゃ~ん!このお菓子・このアイデアを考えた人ってオチャメ♪







それでは、日本のミニチュアを堪能していただいた後は、タイのミニチュアです。

今まで何度か紹介したことがあるけど、今回は初めて見る方もいるので再度ご紹介~


056_convert_20121215225012.jpg

これが、タイの町中にある屋台です。


もともとは外国のミニチュアに憧れた王族が「我が国にも!」って作らせた・・・と聞いたような・・・。

タイのミニチュアは屋台を製作することから始まったそうですが、
現在は、屋台を作る作家(職人)が減ってきていてタイでも貴重な商品になりつつあるそうです。


巨大なウィークエンドマーケットなどに行くとミニチュア製品ばっかり売っているお店も何軒かあります。

私は中華街のホテルにある専門店で少しづづ揃えました。



068_convert_20121216171810.jpg

タイ料理のミニチュア・・・。リアルざんしょ?

072_convert_20121216171913.jpg


こういうミニチュアを作れるようになる習い事もありました。習えば良かったな~



060_convert_20121216171409.jpg


タイの伝統的な食器類。素焼きです。



「なんか、土器っぽい・・・」


って、事でコラボを思いつきました!


さぁ、登場して頂きましょう!あの方々です!


063_convert_20121216171511.jpg

タイと埼玉のはにわのコラボレーション!

違和感な~い!


はにわんず

埼玉県の行田市にある「さきたま古墳群」の近くにある「はにわ処 さかもと」で買えます。


↓ネットでも買えるようですね~。 「縄文発掘セット」(1300円)ちょっと欲しいかも・・・。

はにわ処さかもと



この頃はまだすいていたけど、今上映中の映画「のぼうの城」の影響ではにわ屋も儲かっているかしら~


「埼玉県」の県名発祥の地 さきたま古墳群②



さてさて、せっかくなので、このミニチュアたちをディスプレイしてみましょう♪


065_convert_20121216171611.jpg


おお~、屋台♪


066_convert_20121216171714.jpg




078_convert_20121216172129.jpg

こんな食器棚、欲しいぞ。


084_convert_20121216174847.jpg



     082_convert_20121216174940.jpg

        ミニチュアを愛でながら、まったりお茶でもどう?







スポンサーサイト



theme : コレクション
genre : 趣味・実用

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア