fc2ブログ
2013-02-05

暮らしのヒット★アイテム

さっむ~い日があったり、春みたいな暖かさの日があったりしてまだ気が抜けませんね~

なんて言ってたら、今夜から大雪が降るのだとか・・・。


そういう不安定な気候が続いたりして春に近づいているのね・・・


120_convert_20130205150628.jpg

そんな春の訪れを感じさせてくれるフレッシュなジュースが「春イチゴ」。

以前、母に貰った「飲む生姜の力」を買いに大宮駅内・エキナカにあるSAISON FACTORYに行った時に見つけました(結構いろんな地域のデパート内にお店が入ってます)。


甘いイチゴに少しほどよい酸味のラズベリーがブレンドされ一口飲むと「ああっ、春るるるん♪」とその場でスキップしたくなるような新鮮さ


「飲む生姜の力」は高知産の手搾り生姜汁にはちみつとレモンをブレンドしただけのシンプルなドリンク。

生姜の力、というだけあって飲むと体の底からメキメキと活力が湧いてくる感じです。



生姜の辛味も「キツイ!」ってほどでもなく、ストレートで飲めます。



もっと、パンチがきいた生姜がいいぜ!な方には「甘くない!飲む生姜の力」があります。

ストレートで飲む他にもビールや焼酎(店員さんによると麦がおすすめらしい)などのアルコールで割ってカクテル風にしてもいいし、炭酸で割ってジンジャーエールにしてもOK。
あと、お料理にも使えます(甘くない!飲む生姜の力の方は)。



一度「生姜汁とはちみつとレモンだけなら家でも作れるんじゃ?」と思って作ってみたけど、いや~、辛すぎるし、手間がかかるし手軽に飲むのは難しそう・・・。


市販の粉末のしょうが湯も家にありますが、あれはお湯を沸かさないといけないし(いや、別に冷たい水で割っても可)砂糖とかいろいろ入って甘いしね~


・・・な、「もっと手軽に、もっと美味しく生姜のパワーを得たい!」という、冷え症女子におすすめです。

ま、ちょっとごくごく飲むには高いですが(265mlで1050円!)


016_convert_20130205150922.jpg

お猪口に少しついで飲むくらいでOKです。

飲む生姜の力 セゾンファクトリー Web Shop




内側からあたたまったところで、着るものにもこだわりたい・・・ってことで。

008_convert_20130205150830.jpg

シルクのパジャマ!


憧れだったのよ~

なんだかバブリーな人とかがドラマで着てるけど、生地もテロンテロンでつるんつるんで肌触りもよくあったかいんだろうな~

な~んて。


シルクの靴下と手袋で味をしめ、どっかで安く売ってないかな~と思っていたら・・・。

ある日、あの松方弘樹がシルクのブルゾンを着てポーズをとっている某通販の広告が。


「最近、こんなことやってるのね」としみじみ見ていたら、なんと。

求めていたシルクのパジャマが!

し、しかも、1980円・・・。


う~ん・・・。
いったいどんなモンでしょ?

肌触りは?縫製は?質はどうなの?安かろう、悪かろうじゃあ・・・?


と、頭の中で激しくいろんな思いがよぎるものの「あったか、ふんわり、つるつる、てろてろ、とろとろり~ん」というBGMが(勝手に作曲)。



013_convert_20130205155025.jpg



結果。



中国製で縫製はイマイチだけど、肌触りも保温力もあってこのお値段にしては良し♪

お手入れはネットに入れて洗濯機のドライモードで洗わないといけないのが面倒だけど、すぐ乾く。


「何枚か洗い替えに買うか!」と思っていたら・・・。

ズボンの脇が破れました・・・。

薄くて繊細な生地なので、裂けたんですな。



あったかいので、フリースのズボンの下にはいてルームウエア風にしてたら・・・(さすがに、ずっとパジャマ姿なわけにはいかないので、上着は普通のルームウエアに)


パジャマで寝る時だけ着るもので部屋中をアクティブに動いたらアカンかったのね。


上着は破れていないけど、次に買うときはもう少し張り込んだ方がいいのかも。



短い夢をありがとよ!




003_convert_20130205150730.jpg

弟のインドネシア・タイ土産。

インドネシアのバティックは柄が細かくて色合いも面白いです
肌触りも滑らか♪

ジム・トンプソンのBoxはダンナの身の回りの物入れに(鍵とか時計とか)


南アフリカのルイボスティにロクシタンの石鹸とシャンプー・コンディショナー



005_convert_20130205151647.jpg

実家とお揃いのドアストッパー

アジアンな柄のカモがいい感じ♪


次はバリの細密画を頼む!(ダメ?)





スポンサーサイト



theme : ■ オススメ ■
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
FC2カウンター
フリーエリア