fc2ブログ
2014-02-01

福は内~鬼は・・・? 日本の昔話

あっという間に2月ですね



早いわぁ~


スーパーなどでよく見かける節分の鬼の面(と、豆)。



鬼退治!鬼のお面 赤鬼 節分 豆まき鬼退治!鬼のお面 赤鬼 節分 豆まき
()
不明

商品詳細を見る





こんな節分の昔話を見つけました。


なんだかちょっと、ホロリとするお話ですよ~ん







「節分の鬼」


むかしむかし、ある山里に、妻と子供に先立たれた一人暮らしの貧乏なお爺さんがいました。



この山里では今年も豊作で、秋祭りでにぎわっていましたが、誰もお爺さんを誘ってくれる者はおりませんでした。
お爺さんは祭りの踊りの輪にも入らず、遠くから見ているだけでした。



猫すわり



妻は病気で早くになくなって、一人息子も二年前に病気で死んでいました。

お爺さんは毎日、妻と息子の小さなお墓にお参りする事だけが楽しみでした。


「かかや、息子や、早くお迎えに来てけろや。極楽(ごくらく→天国)さ、連れてってけろや」
 そう言って、いつまでもいつまでも、お墓の前で手を合わせているのでした。









やがて冬になり、村はすっぽりと深い雪に埋もれ、お爺さんもじっと家の中に閉じこもっていました。

しかし、節分の日・・・。


外からは子供たちの賑やかな声が聞こえて来ます。





「鬼は外~!福は内~!」





村のどの家からも楽しそうな家族の声が聞こえてきました。

お爺さんはしみじみ一人ぼっちが身に染みて、涙があふれて止まりませんでした。


白い森





お爺さんは寂しさに耐えられず、雪に埋まりながらも二人の墓参りに出かけました。



足跡




墓参りから帰ったお爺さんは、息子が生きていた頃に作ってくれた鬼のお面を取り出して、昔の楽しかった時を思い出していました。




「妻も子供ももういない、ましてや福の神からはとっくに見放されている…」





そう思ったお爺さんは、鬼の面をかぶり、わざとあべこべに叫びながら豆をまき始めました。


「鬼は内ー!福は外ー!」


もう、まく豆がなくなって、ヘタヘタと座り込んでしまいました。







その時、お爺さんの家に誰かがやって来ました。



「おばんでーす。おばんです」


「誰だ? おらの家に、何か用だか?」


お爺さんは、戸を開けてビックリ。


「わあーーっ!」


それは、節分の豆に追われた鬼たちでした。



赤鬼くんセットDX赤鬼くんセットDX
(2007/01/15)
ジグ

商品詳細を見る





「いやー、どこさ行っても、『鬼は~外、鬼は~外』って、嫌われてばかりでのう。それなのに、お前の家では、『鬼は~内』って、呼んでくれたでな」
 

おじいさんは震えながら、やっとの事で言いました。


「す、すると、おめえさんたちは節分の鬼?」


「んだ、んだ。こんなうれしい事はねえ。まんずあたらしてけろ」

と、ズカズカと家に入り込んで来ました。



「ま、待ってろや。今、たきぎを持って来るだに」







「おばんでーす。おばんです」


「『鬼は~内』ってよばった家は、ここだかの?」

「おーっ、ここだ、ここだ」


「さむさむ。まずは、あたらしてもらうべえ」



ぞろぞろ、ぞろぞろ、それからも大勢の鬼たちが入って来ました。

何と節分の豆に追われた鬼がみんな、おじいさんの家に集まって来たのです。



この家に客人とは何年ぶりでしょう、たとえ鬼でもお爺さんは嬉しくなりました。








充分に温まった鬼たちは、おじいさんに言いました。



「何かお礼をしたいが、欲しい物はないか?」



「いやいや、何もいらねえだ。あんたらに喜んでもらえただけで、おら、うれしいだあ」


「それじゃあ、おらたちの気がすまねえ。どうか、望みをいうてくれ」


「そうかい?じゃあ、温かい甘酒でもあれば、みんなで飲めるがのう」



「おお、引き受けたぞ」

「待ってろや」



鬼たちは、あっという間に出て行ってしまいましたが、


しばらくすると、甘酒やら、ごちそうやら、そのうえお金まで山ほどかかえて帰って来ました。
 



たちまち、大宴会の始まりです。



「ほれ、じいさん。いっペえ飲んでくれや」


こんな楽しい夜は、妻や息子をなくして以来、初めてです。




鬼たちとお爺さんは、一緒になって大声で歌いました。


♪やんれ、ほんれ、今夜はほんに節分か。

♪はずれ者にも、福がある。

♪やんれ、やんれさ。

♪はずれ者にも、春が来る。






大宴会は盛り上がって、歌えや踊れやの大騒ぎ。


お爺さんも鬼の面をつけて、踊り出しました。



♪やんれ、やれ、今夜は節分。

♪鬼は~内。

♪こいつは春から、鬼は内~っ。



鬼たちは、お爺さんのおかげで、楽しい節分を過ごす事が出来ました。




朝になると、鬼たちは「また来年も来るから」と上機嫌で帰って行きました。





スズメの木




やがて春になった頃、お爺さんは鬼の置いて行ったお金で妻と子の墓を立派に作り直しました。


そして、手を合わせながら言いました。


「おら、もう少し長生きする事にしただ。来年の節分にも、鬼たちを呼ばねばならねえでなあ。鬼たちに、そう約束しただでなあ」


おじいさんはそう言うと、晴れ晴れした顔で家に帰って行きました。




菜の花畑

南房総の河津桜

河津さくら






※ この「節分の鬼」は新作狂言の「鬼は内」として、和泉流狂言野村万蔵家にて年四回講演されています。




妻にも子供にも先立たれ、一人孤独だったお爺さん。

久しぶりに鬼をお客に迎えたお爺さんは、生きる意欲を取り戻しました。

若くて一人でどこにでも行けるうちはいいけど、年老いて知り合いもなく、出かけて行く場所もなく、
語らう相手もいないとどれだけ寂しいのかな・・・


人から避けられる鬼も、まさか受け入れてくれる人がいたとは驚きだったでしょう。





まだまだ寒さは続きますが、ちょっぴり暖かい気持ちになれましたでしょうか?


春はもう、すぐそこですね~


スポンサーサイト



theme : 年中行事
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
FC2カウンター
フリーエリア