fc2ブログ
2014-03-06

カモン!エジプト

ブロ友のくろろさんからエジプト旅行のお土産が届きました。


P3030002_convert_20140306123027.jpg

エジプトらしいマグネット。


P3030004_convert_20140306123058.jpg

個性的なお顔よ・・・




P3030006_convert_20140306123127.jpg

ヒエログリフのピカピカ★マグネット



マグネットコレクターとしては「わかりやすい」のが一番!

ぱっと見ただけで「これ、エジプトのでしょ!」とか「いかにもアメリカのものだよね~」みたいなのがいいのです。





エジプトには行ったことはないけど、探してみると意外と家の中に「エジプトもの」があるんですよね~



今まで日本の博物館で3回くらいエジプト展に行っていて、ミイラも何度か見た事があります(もちろん、展示されているものね)。



その時に買ったものや、インターナショナルバザーなどで買ったもの、人から頂いたものなどの「エジプトグッズ」。





青じょうぎ

古代オリエント博物館で買った「ヒエログリフ定規」。


P3030009_convert_20140306123234.jpg

アルファベットをなぞるとヒエログリフが描けます。

わ~、便利~(か?)


P3030021_convert_20140306123650.jpg

ちなみに「RADHA(ラーダ)」をヒエログリフにするとこうなります。



ヒエログリフ(hieroglyph、聖刻文字、神聖文字)とは、ヒエラティック、デモティックと並んで古代エジプトで使われた3種の文字のうちの1つ。エジプトの遺跡に多く記されており、紀元4世紀頃までは読み手がいたと考えられているが、その後使われなくなり、読み方は忘れ去られてしまった。19世紀になって、フランスのシャンポリオンのロゼッタ・ストーン解読により読めるようになった。
(Wikipediaより)




↓自分の名前をヒエログリフに変換してみよう!


ヒエログリフで名前を書こう



ちなみに、本名(名前の方)を変換してみると、3種類の鳥が出てきました。

エジプトハゲワシやフクロウとか・・・。

鳥の他にも角の生えた毒蛇やら下腿(膝から下)足、手なんていうのもあれば、折りたたんだ布だとか取っ手のついた籠、家畜をつなぐ縄、ロールパンなんてのも・・・。

う~む、面白い・・・。




P3030017_convert_20140306123520.jpg



マグネットの中にあるマークで見た事があるものも・・・。


P3030016_convert_20140306123421.jpg

「アンク」です。

どこに描かれているかわかるかな~?



アンクは世界でも最も古いお守りのひとつ、と言われています。
もともとは、エジプトのヒエログリフの「n」の文字で、生命を表すそうです。


神は命をアンクの輪の中に入れたり、両腕に抱きかかえて運ぶと考えられ、エジプトの壁画には神がミイラに命を吹き込むものとして描かれています。

長寿や生命の復活を意味していて、古代エジプトからキリスト教に引き継がれ、各地にお守りとして広まっています。


アクセサリーでも人気のモチーフなので、興味のある人は探してみてね!




P3030014_convert_20140306123452.jpg

そして、アンクの中に描かれているモチーフの中にある昆虫が・・・。


何だかわかります?



P3030011_convert_20140306123308.jpg


ふ~ん~こ~ろ~が~し~


またの名をスカラベ。




P3030013_convert_20140306123342.jpg



古代エジプトではケペレルと呼ばれ、その語が似ている太陽神ケペリルの象徴として「再生」「豊穣」をもたらす聖なる虫とされています。


古代エジプトでは、フンを丸めて転がす姿が太陽をまわす様子をシンボリックに表現しているとされ、神聖視されました。


地中から出てきて地中に帰るところも、太陽が昇ったり沈んだりすることと同一視され、また、ナイル川が氾濫した時にいち早く地中から顔を出すことから、再生の象徴ともされています。




素人が調べるには限界があり、奥深い世界だけど、ちょこっとその意味がわかるとパズルを解くみたいで面白いなぁ~





P3030018_convert_20140306123551.jpg

結婚した時のお祝いにエジプト駐在中の知人が贈ってくれました。



P3030020_convert_20140306123620.jpg

「もったいない・もったいない」としまい込まずに、そろそろ長い眠りから覚めて頂こうかしら




スポンサーサイト



theme : インテリア・雑貨
genre : 趣味・実用

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア