fc2ブログ
2014-03-12

ラーダ・ダンナ 茶碗を探して旅ガラス ~水戸・笠間~

かねてより「水戸の偕楽園に梅を見に行きたい」と言っていたダンナ。

そして「新しい茶碗を探しに笠間にやきものを見に行きたい」と思っていた私。



なんと、タイミングよくドンピシャなプランが!


P3050002_convert_20140311161948.jpg


「水戸 梅まつり号」という期間限定の特別列車が走るのです


埼玉から茨城県の水戸まで行くとなると何度も電車を乗り換えて行かなければなりませんが、なんと!

この特別列車は、大宮から目的地の偕楽園まで乗り換えなしで行けちゃうんですね~



P3050003_convert_20140311162016.jpg

降りたら目の前が偕楽園!



偕楽園は、岡山市の後楽園や金沢市の兼六園と並んで、「日本三名園」の一つに数えられています。




P3050010_convert_20140311162720.jpg




P3050032_convert_20140311162829.jpg


しかし、今年はいつまでも寒いせいか、梅の開花もイマイチ・・・。

今週末か来週初めくらいが見ごろでしょうかね~


P3050009_convert_20140311162859.jpg



P3050004_convert_20140311162615.jpg




P3050023_convert_20140311163504.jpg

岡山の後楽園とかみたいにだだっ広いのかと思っていたけど、意外とこじんまりしてました。


P3050027_convert_20140311163429.jpg




今回は梅まつりプランと青春18きっぷを組み合わせて使っているので、偕楽園にはさっさと見切りをつけて笠間へ移動します。



P3050044_convert_20140311164256.jpg

笠間は関東最古の焼き物の町として知られています。

駅周辺には「やきもの通り」や「ギャラリーロード」があり、昔ながらの窯元やギャラリーが点在しています。


P3050043_convert_20140311164214.jpg




笠間観光 ギャラリーロード


P3050045_convert_20140311164332.jpg


とは言え、歩いて回るには大変そうなので、観光案内所で電動自転車を借りました(一台 500円)



まったり、ゆっくり見て回りたいところですが、帰りの電車の時間もあるので与えられた時間は2時間半。

サッサと「こ、これは!」という気に入る茶碗が見つかれば昼食もとれますが、いつ見つかるともわからぬ過酷な旅よ・・・


最悪、食事抜きで茶碗も見つからず・・・という結果に・・・



さぁ、どうなるでしょう・・・。

では、皆さん、覚悟はいいですか?



P3050054_convert_20140311165936.jpg

おっ、なんだかいい雰囲気だぞ~



P3050047_convert_20140311165556.jpg

素敵なものがありそうな感じ




P3050048_convert_20140311165720.jpg

ああっ、好きな色!




P3050051_convert_20140311170240.jpg

やや・・・?!



P3050052_convert_20140311165823.jpg

なに?






戦後、伝統にこだわらない自由な作品が作れる笠間の気風を求めて各地から若い陶芸家たちが集まっているそうです。

「特徴がないのが特徴」と言われている笠間焼。



P3050053_convert_20140311170008.jpg

「ど~よ?」



現在では、安価で実用的な食器から芸術的で斬新なデザインのオブジェまで多種多様な焼き物が焼かれています。



確かに、以前行った暗く重い色彩が多いイメージの益子焼よりもオシャレ度が高い気がします。






「これは・・・案外あっさりと気に入ったものが見つかるんじゃない?」



そう、希望を抱きつつ、移動・移動・・・





P3050056_convert_20140311171300.jpg

陶芸体験もできるんだって~




P3050055_convert_20140311171233.jpg

あら~、素敵~

お揃いの湯飲みはあったけど、茶碗はなし。

茶碗があれば買ってたかも。



お皿やカップ類では気に入ったものがたくさんあったけど、お揃いの茶碗がない。


まず、茶碗の種類が少ない。

そんなに売れないもんなの、茶碗って・・・。




P3050060_convert_20140311171403.jpg


行った店全部を写真に撮っているわけではありません。

ほんの一部。


もう、弾丸ツアー



途中から「お前ら、刑事か!」ってツッコミ入れたくなるほど厳しい目つきになり、店という店をしらみつぶしに見てなかったらさっさと撤収・・・



P3050058_convert_20140311171332.jpg

いい物がないワケではない。

でも「・・・こ、これが私の求めていたものなのよぉ~!」というヒラメキが・・・ない。





「これは?」

「う~ん、ちょっと違うんだよな~」

「これはどう?」

「いや~、な~んかピンとこないんだよね」

「あ、これいいんじゃない?」

「ちょっと~、旅館の朝定食に出てくる茶碗じゃないんだからさ~」



絵に描いて「これこれ、こういうのよ」と説明できるワケではないから、これにつき合わされるダンナも大変だったと思います。


あまりにもこういう事が重なるともう店に入った途端に(入る前からも?)「この店には私が求めているものはないな」とわかるんですよね~



だからって、誰もが褒めるような素敵な趣味なワケでもないんですが。とほほ・・・




結局。



昼ごはんも食べる間もなく、時間もめいいっぱい使って探してみたけど、茶碗は買いませんでした。

最後の方はくじけて「もう、これでもいっか~」と選びそうになったけど・・・。




でも、そういう気持ちで選んであとで「あの時、悩んだけど今はお気に入り♪」ってなればいいけど「やっぱりな~、でもな~、だけど~」とか思いながら使うのなら買わない方がいいかと。




P3070089_convert_20140311171826.jpg

益子焼の茶碗・・・気に入ってたのに・・・。

淵が薄いので、気づかないうちに欠けてたんですよね~うううッ




欠けた茶碗は使いたくないので、とりあえずお気に入りが見つかるまではコレを使います。

P3070067_convert_20140311171532.jpg

茶碗としてはちょっと小さいけど、最近はお米は控えめにしているので。



沢山食べたい時はコレで↓

P3070069_convert_20140311171609.jpg

イランのハマダン焼き。

絶対ごはん茶碗ではないのに、どう見てもごはん茶碗にしか見えない。





ウチにある笠間焼↓

P3070073_convert_20140311171646.jpg


色に惹かれて・・・。

磯秀和さん作の「トルコ青丸皿」




P3070082_convert_20140311171754.jpg

独特の光沢「銀化の皿」




P3070077_convert_20140311171718.jpg

優しいブルーグレーの皿。
ちょっとかさばります・・・。




こうなったら、来年、北陸新幹線が開通して金沢まで行けるようになるから、九谷焼の茶碗を見つけに行くか!


で~は~(派手)な茶碗を買っちゃおうかな!
スポンサーサイト



theme : 茨城県
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア