fc2ブログ
2014-10-27

昔話サプリメント

なんとな~くイメージでは知っていても、詳しい内容を知らない昔話ってありませんか?

で、読んだり聞いたりしてみて初めて「えっ!?そんな深い話だったのか!」って驚くことがあります。



このところ、親の介護に悩む子供世代の話題をよく耳にするようになりました。
遠距離介護だとか、親の家のガラクタを整理するとか、老々介護に共倒れ・・・。

中年世代向けの雑誌の見出しに「理想は“ピンピン・コロリ”」という言葉が書いてありましたが、私も理想はそうだな~
「長生き=シアワセ」とは単純に言い切れないような・・・。
「長生き」の前に(元気で)という言葉をつけたい。

「元気でイキイキと長生きし、逝く時にはコロリと」っていうのが理想・・・という、意味なのでしょうね。







さて、最初の「どういう話かはなんとなくは知っているけど、詳しくは知らない」の話です。



それは、ドリフターズのコントにもあった「姥捨て山」(うばすてやま)というお話。


ザ・ドリフターズ 結成40周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 DVD-BOX (通常版)ザ・ドリフターズ 結成40周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 DVD-BOX (通常版)
(2004/01/07)
ザ・ドリフターズ

商品詳細を見る




ある国の殿様が、年老いて働けなくなった者を不要として山に遺棄するようにというお触れを出しました。ある家でもお触れに逆らえず、泣く泣く老親を山に捨てようとするが、結局捨てることができず、密かに家の床下にかくまう。

しばらくの後、隣国からいくつかの難題が出され、解けなければ国を攻め滅ぼすと脅されるが、それらの難題を老親の知恵によって見事に解き、隣国を退散させる。

老人には長い人生の中で培われた知恵があり、それが粗末にできぬものであることを知った殿様は、お触れを撤回し、老人を大切にするようになった。

(Wikipediaより)


しかし、こんな説もあるようです。


山に老いた親を捨てるために背負っていく際に、親が道すがら小枝を折っている(あるいは糠を撒いていく)のを見た息子が何故か尋ねると、「お前が帰るときに迷わないように」と答える。自分が捨てられるという状況にあっても子を思う親心に打たれ、息子は親を連れ帰る。

(Wikipediaより)


また、こんな説も・・・。

年老いた親を捨てに行く際に自分の幼い子供も連れて行った息子。

息子が担いできたもっこ(背負い籠)ごと親を捨てようとした時・・・。

連れて来た自分の子供に「おっ父を捨てるときに使うから、もっこは持って帰ろう」と言われ、親を捨てる非道さに気付き(あるいはわが身に置き換えて思い知った恐怖から)姥捨てをやめるという内容のものがある。
(Wikipediaより)


う~ん・・・。

「親の背中を見て子は育つ」と言いますが・・・。


電車やレストランの中で走りまわり騒ぎまくっている子供がいて、周りは「親はいったい何をしているんだろう?」と思って見ると、じっとスマホの画面だけを見ている・・・・という場合が最近は増えた気がします。

「アンタが見るのはスマホの画面じゃなくて、自分の子供だろうが!」って思いますが、どっちが大事なんでしょうか。


そりゃ、大事な情報を見逃したくないこともあるでしょう。
夢中になっているゲームもあるでしょう。
お友達からのメールのやり取りが忙しい時もあるでしょう・・・。


しかし、子供は「自分よりもスマホに関心のある親」の背を見ているんですよぉ~
そういう背中を見せてもいいんですか?
あたしゃ、知りませんよぉ~




いやいや。。。

そうじゃなくって。


漫画だけじゃなくって、たまには昔話、読めよ~!

風呂入ったか~?

歯、磨いたか~?

ためになる昔話、読んだか~?


って、ドリフターズの「8時だよ!全員集合」のごとく問かけたいですわ。

そうは言っても、私も別に人さまに褒められるような行いはしておりませんが ((+_+))




ちなみに、ドリフターズのコントの「姥捨て山」のオチは

●捨てたはずの親が家までついて来た

●捨てられた者同士、夫婦になっていた

●捨てられた親同士のコミュニティが発達し「老人村」が出来きてにぎわっていた


だったような・・・。


子供の頃はただ単純に笑えたけど、笑えない子供もいるんだろうな~



自分の親・ダンナの親には「ピンピン・コロリ」ではなく「ピンピン元気で逝く時には眠るかのごとく、シアワセでした」・・・みたいな人生を終えて欲しいと思う。


でも、まだまだ長生きして貰いまっせ!




                  PA090002_convert_20141026200956.jpg
スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア