fc2ブログ
2014-10-31

広げる縁 広げない縁

ある方の記事に「縁」について書かれていました。

お友達との会話の中で「縁って意外と広がらない」という話題が出たそうですが「なるほど・・・」と思い、コメントしました。

たしかに「つなげたい!広げたい!」と焦っている時ってなかなか思ったほどにつながらなかったな~と思った事があります。


私は機械音痴だし、興味もないので、いまだにガラケーで、スマホとか持っていないし、ツイッターとかフェイスブックとかも利用をしていません。


「ああ、私って時代に取り残されているのね~」って思う事もあるけど、特に不便も感じないです。

こうやって化石化していくんですかね~


だけど、一生懸命時代の波に乗ろうとしてアタフタするのと「いや~、私ってそ~ゆ~のに興味ないし、ついていけないので」って最初から波に乗らないのではどっちがラクなんだろう・・・。

まぁ、私の場合は別に情報を密に交換しないといけないママ友とか趣味の友達とか職場の同僚とかいないからかな~

もし、その仲間がいる場にいて自分だけ「乗り遅れている!」と感じてしまったなら、「いや~、自分は・・・」とはなかなか言えないんだろうな。



でも、今の時代は繋がって大歓迎な縁もあれば、とんでもない縁もありますからね・・・・

こうも誰もが簡単に自分の顔や名前をさらしたり、細かい情報を公開して大丈夫なんだろうか・・・と思う事はあります。

付き合う際に相手の顔が公開されていて「ああ、こういう人なのね」と知ることは安心だけど、公開されている情報はほんの一部。



「どんどんフェスブックなどを利用して繋がろう!」と呼びかける人もいて、それはそれで得るものはあるんだろうけど・・・。

簡単に「つながること」「仲間が増える」「情報交換ができる」というのは魅力だけど、気をつけないといけないんじゃないかな?とも思います。

「そうやって疑って考えるなんて、知り合えるかもしれない可能性を自ら逃している」とか「後ろ向きな考え」とか言われそうだけど。

いや~、難しいですね(>_<)


結局、縁は自分で見極めて選び、大事にしたい縁ならば適度な距離感を持って付き合うことかな~と思います。

相手と自分の距離感が合わないとやっぱりツライし。

でも、この人に興味あるな~とか、仲良くなりたいな・・・と思うなら、歩み寄って行く努力も必要な気がします。

せっかく畑に種を蒔いて芽が出ても、芽が出た事に安心して肥料や水をあげないと枯れてしまうし。

めでたく花が咲いても時々虫がついていないか、花が倒れていないかチェックして手をかけてあげなきゃ。

手のかけすぎも良くないけど



ところで、私はよほど話しかけやすい顔をしているのか、よく知らない人に話しかけられます。
キャッチセールスにはにこやかにほほ笑んだまま無視して立ち去りますが。

駅のホームや電車の中、スーパーや病院や花屋や温泉(しかも入浴中に・・・とか)などなど

だいたい、オバちゃんやお年寄りが多いです。


今日はスーパーで野菜を選んでいたら・・・。


PA250056_convert_20141031004042.jpg

「これは、どうやって食べるのですか?」と聞かれました。


シールに四方竹と書いてありましたが、一度人から頂いたことがあります。

その時はマヨネーズに七味と醤油を混ぜたものにザク切にして和える、と聞きました。

試してみたところ、美味しかったのでそうお教えしました。


長~く続く縁を見つけようと思うと気張ってしまうけど、一瞬のつながりも心がポッとあたたまっていいものですね



四方竹(しほうちく)

四方竹と書いて「しほうちく」と読むのですね~

高知県南国市中山間地域特産品だそうで、四方竹の旬は、10月中旬からわずか1ヶ月程度。秋しか味わえない希少な山の幸です。

このたび、コメントを頂いたまうさんのお話によると、切り口が四角い形に近いことから、この名がついたそうです。
角竹とも呼ばれるようです。


調べてみると、四方竹は中国南部原産の竹で、高知県に入ってきたのが明治10年頃。

以来、南国市では秋にとれる食用たけのことして、神祭料理やもてなし料理に珍重されているそうです。

今では、白木谷地区をはじめとする南国市中山間地域で、山の斜面などを利用して専門の農家により栽培されているそうです。


大阪でもあまり見かけないそうですが、関東ならなおさらですね~

「どうやって食べるのですか?」と人に聞きたくなる気持ちもわかるわ


独特のしゃきしゃきな歯ざわりで美味しかったですよ~

もし、スーパーや八百屋さんで見かけた時はラッキー!

ぜひ、食卓に乗せてみてくださいな♪



スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア