fc2ブログ
2014-11-13

新米の季節

たまに行く自然食品のお店で新米が入荷されていました。


PB010004_convert_20141106153123.jpg



埼玉県民なら知っている(のか?)「彩のかがやき」(さいのかがやき)というお米です。
そのお店では生産者さんの名前も公表されていて安心。

玄米を白米に精米して貰いました。

PB010006_convert_20141106153154.jpg


ところで、こんなお話を読みました。


「人間の身体の部位の名前は稲から名付けられた」。


なんでも、稲の「芽」「花」「葉」「穂」がそれぞれ人間の「目」「鼻」「歯」「頬」にあたるのだとか。

そして、それらを地中でしっかり支えているのは「根」。

「根が真面目」とか「息の根を止める」などと言いますが、それらの言葉は「心」や「命」のように目に見えない大事なものを表現する言葉として用いられてきたそうです。



ほほぅ・・・と思って少し調べてみると・・・。

例えば、頭のてっぺんの髪の毛がうずを巻いているところ「つむじ」の語源とは・・・。

つむじは「旋風」の意味が古く、髪の毛のうずをつむじ風になぞらえた・・・という説があります。
”つむ” は「紡ぐ」など回るもの、”じ” は風や嵐を意味し、これらを組み合わせてできた言葉だそうです。



目尻と耳の上の間、おでこの両端あたりの部位「こめかみ(蟀谷、顳顬)」は・・・。

ものを噛むと動くこと、日本人の主食が米であることからこめかみと呼ばれ、「米噛み」とも表記されるそうです。
知らなかった~

昔は米を生のままボリボリと食べていたために、よく噛み、よく動くことでついた名前と言えます。


農耕生活を送っていた古代日本人にとって稲やお米、それを育てる自然環境は大事なものだったので
人間の身体を稲や自然になぞらえたのでしょうかね・・・。



子供の頃に茶碗に盛られたお米を残すと叱られました。

「お百姓さんが汗水たらして一生懸命作ったお米を残すと目がつぶれる」などと言われましたが・・・。


最近は米の消費量が減ってきているという話ですが、ウチではやっぱりお米は欠かせません。
そりゃ、パンや麺類も食べるけど、一日一回は米を食べないと落ち着かないです。

皆さんのお宅ではいかがでしょうか


PA300001_convert_20141106155333.jpg




PA160005_convert_20141106155526.jpg

米を食べた後でも食べたい・・・



初めての調味料を試してみた

C・J 牛肉ダシダ 100gC・J 牛肉ダシダ 100g
()
C・J

商品詳細を見る



おお~、韓国焼肉屋で出て来るワカメスープはこの調味料で作っていたのね!

まだまだいろいろと試してみなきゃ、使いこなせない~
スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア