fc2ブログ
2015-10-20

先輩に学ぶ

図書館ではいろんなジャンルの雑誌が並んでいますが、皆さんは手に取りますか?

ファッション雑誌などはよほど気に入らないと買わないし、今は定期的に買う雑誌はないです。




でも、図書館だったら「タダで借りられるから、借りてみようかな」となります。

PA090002_convert_20151019174151.jpg


「ゆうゆう」という雑誌は、50代からが対象の雑誌のようですね。

「年金生活を無理なく楽しく暮らす」とか「夫婦の距離のとり方を考える 定年夫とのつき合い方」など、私にはまだ少し早い話題ですが、なかなか興味深い記事もあります。


「いくつになっても元気な人の 食べる健康生活」や「50代からの生き方磨き」など・・・。




PA090007_convert_20151019174217.jpg


コーセーで日本初の女性取締役だった女性で、メイクアップアカデミーやビューティー学院などの校長を務めて、現在もメイクアップアーティストとして幅広く活躍している美容家の女性・小林照子さんは80歳。


バリバリ働いていた40代後半に胆のう手術を受けた時に、担当医から言われた言葉が紹介されていましたが、ドキッとしました。


「あなたの体は、ほとんど贅肉のついていない『痩せ度3』ですね。40代まではフットワークも軽くて、それで良かったかもしれない。でも、50代からは体にも貧富の差が出て来るんです。"貧しい体"は50代以降はダメ。食べ物で"富の体"をつくりなさい」


これを聞いた小林さんは、もっと自分の食生活に気を配ろうと考えたそうです。

(ゆうゆう 2015年 夏の特大号7月号より)



体にも貧富の差が出る・・・。
豊か過ぎる脂肪は良くないだろうけど、痩せすぎっていうのも身体にとっては負担になるんですね・・・。

50代以降に今までの自分が積み重ねてきた健康への取り組みと向き合うことになる・・・。
もっと早くからあちこち不調は出て来るのでしょうが、そうなる前の段階から気をつけないといけないなぁ~・・・




他の料理研究家の言葉にもこんな言葉が・・・。

「サビたものを食べたら体もサビる。だから鮮度は大切」


わかっちゃいるけど、たまに「ああ、今日だけは勘弁して~」ってつい、ジャンクなものを食べてしまったり・・・。




PA090009_convert_20151019174242.jpg


なかなかストイックにはなれないけど、時々知識を仕入れて実践してちょっとした自己満足・・・。



PA090014_convert_20151019174426.jpg

押麦は続いてますよ~
今や、入れないと白米だけでは落ち着かないくらい。

ちょうど、押麦がなくなったので、実家でもらった発芽米を食べ始めました。

押麦を使う以前は使っていたのすが、ちょっとお高いので麦でもいいかと・・・。

久々に食べましたが、違和感ないです。




以前、深刻な冷え性だったので薬膳に興味を持ったことがあります。

薬膳料理というと「難しそう」とか「材料が手に入りにくそう」とか「手間がかかりそう」とか思いがちですが、そんなに複雑じゃなくてその辺で手に入る食材でOKです。




薬膳の考え方の一つに「五性」というのがあります。

体を冷やしたり、温めたりする性質のある食材などをその日の体調に合わせて摂ると良いのだとか。



●体を温める力が強いものが「熱性」。冷えや寒さを改善し、気や血のめぐりを良くします。
熱性=トウガラシ、ニンニク、胡椒、シナモンなど。


●熱性と同じ性質を持つけど、作用が緩やかなものが「温性」。疲労や食欲の回復にもよい。
温性=カボチャ、生姜、シソ、ミョウガ、玉ねぎ、桃、アジ、イワシ、みかん、ライチなど。



●温めも冷やしもしないものが「平性」。熱性、寒性の強い性質を緩和する働きもある。
平性=枝豆、トウモロコシ、ピーマン、パイナップル、ウナギ、赤パプリカ、キャベツ、にんじん、葡萄、ブルーベリー、ブロッコリーなど。


●体の余分な熱を取るものが「涼性」。作用は穏やかで、のぼせ・ほてりの改善に。
涼性=キュウリ、茄子、オクラ、レタス、セロリ、マンゴー、いちご、青梗菜、りんごなど。

食材のなかで一番多い性質は平性ですが、夏には体の熱を冷ます涼性や寒性のものが多く出回ります。



●熱を冷ます力が強いものが「寒性」。発熱、のどの渇き、熱性便秘などの改善に。
寒性=トマト、ズッキーニ、トウガン、スイカ、メロン、ゴーヤ、れんこんなど。


それぞれの季節に合わせ、これらの性質を知った上で調理すると体調のバランスを取りやすくなるそうです。




マクロビオティックの本によると、人にも陰と陽があるそうです。

自分はどっちのタイプかな~?と気になった方は調べてみて下さいませ~(って、丸投げ)


それぞれの体質によって摂った方が良い食べ物と減らした方がいい食べ物があるそうです。





PA090004_convert_20151019174307.jpg

こんなものを見つけました!


PA090005_convert_20151019174332.jpg

原材料は蜂蜜だけ!

以前、蜂蜜専門店で同じようなキャンディを買った事があります。6個で400円って・・・ねぇ・・・。



PA090006_convert_20151019174358.jpg

ウチではのど飴がわりに舐めてます。

ちなみに、蜂蜜は「平」に分類されます。



五性で調べるともっと詳しい食材が出て来ますよ~


スポンサーサイト



theme : 食品・食べ物・食生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
フリーエリア