FC2ブログ
2015-11-01

あの道、この道、そこの道 マイ・ウェイ

早いもので、11月に入りましたね~


ボチボチ紅葉して来ましたが、今年はどこに紅葉狩りに行こうかな~?




ところで、皆さんこの歌は御存じ?


「マイ・ウェイ」。


フランク・シナトラなどが歌った、有名な曲ですね。


日本で知られている歌詞はこんな感じ↓




いま船出が 近づくこの時に ふとたたずみ 私は振り返る

遠く旅して 歩いた若い日よ すべて心の決めたままに

愛と涙と ほほえみに溢れ いま思えば 楽しい思い出を

君に告げよう 迷わずに行くことを 君の心の決めたままに

私には愛する歌があるから 信じたこの道を 私は行くだけ

すべては心の決めたままに


愛と涙と ほほえみに溢れ いま思えば 楽しい思い出を

君に告げよう 迷わずに行くことを 君の心の決めたままに

私には愛する歌があるから 信じたこの道を 私は行くだけ

すべては心の決めたままに
                             [詞:中島淳]








英語の歌詞・訳だとこんな感じです↓


My way  マイ・ウェイ

そして今や終わりが近づいている
僕は人生の終幕を迎えているのだ
友よ、はっきりと言おう
確信を持って言うことが出来るよ
僕は精一杯生きてきた
どんな道も避けずに通ったが
更に、それ以上に自分の道を歩んで来たのだ

少しは後悔することもあったよ
いまさら言う程の事ではないが
目を逸らさずにするべきことはしたし
自分で立てた人生の設計図をもとに遠回りをしながらも慎重に歩み
更には、それ以上のことを自分なりの方法で成し遂げたよ

だが君が知っての通り
自分の力を超えたことをして持て余したこともあった
だけどどんな時でも、疑問が残れば
それを食い尽くしてからそいつを吐き出してやった
僕はひるむことなく何にでも立ち向かい、自分の道を生きてきた

僕は愛し、笑い、泣いた
欲しいものは手に入れたけれど、失うこともあった
そして今や涙は乾き、楽しい思いで一杯になったのを感じるよ
僕がして来たいろいろなことを考えると
ためらい無く言えるだろうけれど
「ああ、いや、そうではないんだよ、僕に限っては、自分の信じることをしてきたのさ」

男として何をすればいいのか、何を得れば良かったのか?
自分を偽れば、彼が本当に感じた事を言う事も出来なければ
祈りの言葉も口にすることは出来ないだろう
僕の人生の履歴は僕が戦いながらも
自分の信ずるままに生きてきた証なのだ!

そうさ、それが僕の生きる道だったのさ
(ポール・アンカ)









そう、多くの人が前向きなイメージを抱く歌ですね。
死期の近づいた男性が自分の人生について「自分の人生は良い人生だった。自分は自分の思うままに生きた。後悔はない」という想いを声高らかに歌っています。


日本では、フランク・シナトラの英語版の歌詞を和訳された歌が有名ですが、実際はフランスのポップスシンガー、クロード・フランソワが創唱したフレンチポップスだそうです。


フレンチ・ポップスって・・・。なんか、歌のイメージと全然違うなぁ・・・と思うでしょ?

そして、驚きと言えば歌詞の内容も全然違います。


お~い!前向きな歌詞はどっから来たんじゃ~?!って感じ。

それは、英語版の歌詞のような前向きな内容ではなく、倦怠期の夫婦の淡々とした日々を歌ったもの。

そこにあるのは、悔いなき人生!というよりも、むしろ「なんで、こうなっちゃったのかな~」「自分の人生、これで良かったのかな~」という嘆き・・・


ポール・アンカが書いた英語詞との温度差が随分とありますね~

ポール・アンカはきっと、「いやいや、そういう人生ばっかりじゃないでしょ!もっと前向きに生きなきゃ!」と思い、あえて明るい内容にしたのかもしれないですね~



クロード・フランソワの最後は悲惨なものだったそうです。
自宅アパートの割れた電球で浴槽を照らそうとして感電死したのです。

歌の歌詞のように「なんだかな~」な、トホホな終わり方だったのね・・・




それが、この歌詞↓



フランス語(原曲)の歌詞・訳


Comme d'habitude  いつものように


僕は起きて君を揺するけれど
いつものように君は目を覚まさない
風邪を引かないように
いつものように君の体にシーツを引き上げ
いつものように僕の手は君の髪を撫で
本当のところ面倒くさいのだが
だけど君は僕に背を向ける
いつものように

そこで僕はすばやく着替える
いつものように寝室を出て
一人でコーヒーを飲み
いつものように遅刻し
音も立てずに家を出る
いつものように空はどんよりと曇って
寒さを覚え、襟を立てる
いつものように

いつものように、一日中
僕は同じようなことを繰り返し
いつものように微笑むだろうし
いつものように笑いさえするだろう
結局のところいつものように生きようとするんだ
いつものように

そうして一日が過ぎていく
僕はいつものように帰って来るけれど
君は、出かけているだろう
いつものようにまだ帰っていない
たった一人で僕は寝るだろう
この冷たいでかいベッドでいつものように
僕の涙、それは隠そう
いつものように

いつものように、夜も
それらしく振舞おう
いつものように君は帰ってくるだろう
いつものように君を待っているだろう
いつものように君は僕に微笑みかけるだろう
いつものように

いつものように君は服を脱ぎ
いつものように君はベッドに入って来るだろう
いつものようにキスをするだろう
いつものように

いつものようにそれらしく振舞い
いつものようにセックスをし
いつものようにそれらしく振舞う







「MY WAY」。

自分の前に道があるのなら、どの道を選びますか?

体力に合わせて選ぶのもよし、景色がいい道を選ぶのもよし。
道草してもいいし、走って先を急いでもいい。

ただ、大事な事は、自分のペースで進むこと。

無理して人に合わせても、いつか息切れする。

人と自分の歩幅も、心地良いと思えるスピードは違うのだから・・・。



大事な日々を積み重ねて行って、進むべきゴールを目指して下さいね



今年もあとわずかですよ~



今月はちょっとリフォーム工事もするし、フリマにも参加するので、個人的には師走な気分です。








アナタの道はどんな道?

どの道がお好み?



スポンサーサイト



theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア