fc2ブログ
2015-12-01

災いサル・・・?赤い下着でシアワセを呼ぶ?

あるスーパーの広告の「幸せを呼ぶ肌着フェア」で赤い下着を紹介していました。

なんでも、さる年に贈られた肌着を身につけると「下の世話にならない」とか「病が去る」などと言われているそうです。



ネットで調べてみると、このような質問も・・・。

「さる年生まれの人から、身につけられる赤い物(下着やハンカチなど)を贈られると、下の者(子供や兄弟など)に世話を掛けずに人生の最後を迎えられる」という話を聞いたけど、ホンマかいな?



答えとしては・・・。

●申年の猿の日に親に赤い下着をプレゼントすると下の世話になら無くて済むというのを聞いたことがある。
また、 申年に採れた梅はとてもいい梅だとか。
なので申年に採れた梅を誰かにプレゼントすると大変喜ばれるという話を聞いた事がある。


● 近畿地方の「申年の申の日に身内の年下の女性に1日下着を身につけてもらい、それを半紙に包み、水引をかけ、たんすの奥にしまっておくと、年を取っても下の世話にならなくてすむ」という説。

●中国地方の「申年申の日にパンツを4枚贈ると死が去る(サル)」。



看板

赤い下着と言えば、ここでしょ~




まるじ

色気はないですねぇ・・・
色気よりも健康・・・



赤い下着はおへその下3~4㎝のところにある、丹田というツボを刺激し「気」の流れを良くする・・・という効果があります。また、昔からフンドシや腰巻に赤が使われてきたのは「赤い肌着を贈られると一生シモの世話にならない」という言い伝えからきているようです。



イタリアでも赤い下着を恋人に送る日があるそうです。
まぁ、これは健康の効果を狙って・・・ではないんでしょうね



ちなみに、私も巣鴨で赤いぱんつを買った事がありますが、なんつ~か・・・。素材があんまり良くないんですよねぇ~

ファッションセンター し○むら とかの方が素材がいいと思います。

でも、あそこにあんな真っ赤なぱんつなんか売っているんですかね・・・


以前、GUで真っ赤なヒートテックのシャツが290円で大量に売れ残ってました。

あまりにも強烈な色で売れ残ってしまったんでしょうねぇ・・・



ちなみに、色の心理学の本によると・・・。

赤好きな人は「義理人情に厚く、大きな愛を持っている人」だそうです。




赤好きな人の傾向としては・・・

●バイタリティーにあふれる人

●お金を稼げる成功者が多い

●物質欲が強くなりすぎる傾向

●肉体を使う事が得意

●まっすぐで正義感が強い



適職

●ガテンな職業

●モデル

●ダンサー

●格闘家

●スポーツ選手

●冒険家

●セールスマン

●起業家



ちなみに、赤い色には温め効果があるそうです。

血の色である赤は血液の循環を活性化させる働きがあるそうです。赤には暖めるパワーがあるので、冬におすすめの色。

ただし・・・。若い女性が着るとフェロモンまで活性化するので、チカンに注意だそうですよ~



赤いぱんつを手に入れたら・・・。ご・注・意




師走も元気に乗り切りましょ~!

スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア