FC2ブログ
2016-05-02

らん、ラン、蘭♪

何年も前に買った蘭は、花が終わって散ってからず~っと蕾がつきませんでした。


しかし、どういうワケか去年の今頃、いきなり蕾をつけ、花が咲きました。


P5080022_convert_20150517215106.jpg


蘭なんて、もっと手をかけてお手入れするものなのでしょうが、雪が降ろうが猛暑だろうが、ず~っとベランダ住まい。



P4280062_convert_20150507155514.jpg

去年、蕾がついた事に気を良くし、鉢スタンドを買ってさらに日光が当たるようにしました(栄養剤も刺して)。


しかし、まるでプラスチックのような緑の茎と葉と白い根っこが出て来るだけで、蕾が出てこない。


あれは、夢だったのでは?


と、思って諦めていましたが・・・。


なんと!


P4160001_convert_20160502163613.jpg



今年は小さな蕾がいっぱい!




P4160007_convert_20160502163724.jpg



二つづつ小さな蕾がついています。





P4220005_convert_20160502163935.jpg

だんだんと色づいて来ました。




P4220007_convert_20160502164002.jpg

毎朝「いつ咲く?今日咲く?明日咲く?」と、ワクワクしています。



いっせいに咲いたら迫力があるでしょうね~ むふふ





したたかな花、蘭

蘭は甘い香りで昆虫を誘います。
特に、蘭にとって一番いいターゲットは蜂。

蘭の種類によりますが、花びらには蜂が蜜をみつけやすいように「車線のような模様」を持っていて、これは「ハニー・ガイド」と呼ばれるそうです。

そのハニー・ガイドに誘導され蜂は花の蜜を摂り、花粉をつけていきます。


蛾の力を借りる蘭は、夜だけに匂いを放つそうです(夜行性なので、匂いの敏感な蛾にわかるように)

また、メスの蜂そっくりの花を咲かせてオスの蜂をおびきよせ、メスだと勘違いしたオスの蜂は花に抱き着き花粉をつけるのです。
この花は、メスの蜂のフェロモンそっくりの分泌液まで出すそうですよ~

ハンマーオーキッドという名前の蘭は、メスの蜂に似た擬態でオスの蜂に抱きつかせ、その勢いで、ハンマーに似た花が背中からオスの身体に花粉を付けるそうです。


いったん蜂が中に入ったら外に出られない構造に進化した蘭は、困って動き回る蜂に一箇所だけ出口を用意して、そこから出る時に花粉を付けさせる・・・・なんてことも。



蘭と言ってもいろんな形がありますが、それぞれがいかに子孫を残すか考え、進化していったのですね~



それにしても、うちの蘭はいったいどういう理由でいきなり蕾が出来たのかな~





P4210004_convert_20160502170132.jpg


スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
フリーエリア