fc2ブログ
2016-07-10

近所のインド

ブロ友・リアル友達のまおさんと近所のインド料理屋に行って来ました。


ここ最近、やたらとインド料理屋が増えた気がします。


「今日はどこのインド(料理屋)に行く?」って感じ。



今回行ったところは、今年の5月くらいにオープンしたお店で「こんな快速も止まらないような駅前にインド料理屋って客は入るのかな?」と思っていました。


んが。

休日にお店の前を通るとお店の外にまで人が並んでいる・・・。



平日の今日だって、一番乗りだったものの、あれよあれよ・・・とお客さんが来て、賑やかでした。

近くに銀行とか大企業の本社ビルとかあるから?



インド料理ランチ








ところで、インド料理と言えばナンがついて来ますが、実は、インドの人はあまり食べないそうです。

日本に来て初めてナンを食べたインド人もたくさんいるそうですよ~




P6270013_convert_20160708171725.jpg


主食ではなく、家庭で日常的に食べられているものでもないでそうです。


理由は、家に「タンドリー窯」がないから。そして、精製した小麦粉が贅沢品であるから・・・だそうです。




レストランやテイクアウトで食べられているそうですが、もともとは北インドのパンジャーブ地方で食べられていた宮廷料理で、インドの家庭では作れない高級食材だそうです。




主に食べられているのは、全粒粉で作られるチャパティやパラタで、チャパティとはちょっと厚めのクレープみたいなものだそうです。



230px-Chapatiroll.jpg

これが、チャパティです(ウィキディアより)
ちなみに、イランでもこういうものを食べました。イランでは「ナン」と呼んでいました。



ナンやチャパティは北インドで食べられており、お米は南インドで食べられているそうで、カレーと一緒にナンとご飯が一緒に出てくる事はインドではなく、日本のインドカレー屋独自の文化だそうです。




ナンは、原料が精製小麦粉で生地を発酵させ、タンドール窯で焼きます。
焼きあがるとパンのように膨らみますが、一方、チャパティは原料が全粒粉で、生地は無発酵。
専用の鉄板やフライパンで焼きます。




このチャパティ作りは、インドでは「花嫁修業必修科目」となっていて、 「チャパティが焼けないとお嫁に行けない」などど言われているそうです。

家族が多い家庭では主婦は1回の食事につき、30枚ぐらいのチャパティを作るそうですよ~








では、なぜ日本のインド料理屋にはお馴染みのナンが出て来るのか?


実は、日本のインド料理店にあるタンドール窯のほとんどは高橋重雄さん(1933~2009)というタンドール窯職人によって作られていたそうです。



1960年代後半。
神田川石材2代目社長の高橋重雄さんは本業のパン焼き窯の発注が激減し、新たな窯の開発を迫られていたところ、たまたま立ち寄った本屋でタンドール窯の記述を発見したのだとか。


”人がやらないうちにタンドール窯を作ろう”


と、考えた高橋さんは、北インド料理店「アショカ」で初めてタンドール窯を目にします。


そして、アショカのチーフシェフにタンドール窯のイロハを教えてもらい、1970年頃、国産タンドール第1号が完成。




しかし、当時はまだ東京にインド料理店は3・4軒しかなく、タンドール窯の需要はなかったそうです。




重雄さんはインド料理にはナンがつきものと思いこみ、ナンを使わない南インド料理店にもタンドール窯を売り込んだそうです。


その結果「日本人はインド料理にはナンがつきものなのか!」と思い込んだ
インド料理屋のシェフは、ナンを使わない地方出身のインド料理店も仕方なくナンを出すようになったのだそうです。




これらの店は当初はインドからタンドール窯を輸入していたそうですが、ほとんどが輸送の途中で割れてしまいました。


インドのタンドールは泥などを固めて天日干しにしたもので、ナンを焼きながら、タンドール窯を焼き上げるのだそうです。
だから、割れやすかったのでしょうね~



しかし、神田川石材のタンドールは高温に強いムライト系セラミックを使用。
素焼きのインドのタンドール窯に比べて、2~3倍の耐久性があるそうです。




すでに日本でインド料理店を開いていたシェフたちによってその評判が広まり、重雄さんのタンドール窯は瞬く間に全国のインド料理店に知れ渡ったのだとか。




そして、重雄さんは炭を使えない商業ビル内の店舗のためにガス式タンドールを開発し、さらに屋外でもナンが食べられるよう、ポータブル・タンドールも開発しました。


生涯約3000台のタンドールを製作し、2009年に永眠・・・。



今や日本のあちこちで焼き立てアツアツのナンを食べられるのは、日本人のタンドリー窯職人さんのおかげだったのですね





P6260004_convert_20160708171830.jpg


うちでもタンドリーチキンを焼きます。窯じゃなくて魚焼きグリルだけど・・・。


タンドリーチキン





P6270016_convert_20160708175113.jpg

インド人と結婚・・・。国際結婚は大変な事もあるだろうけど・・・。食べ物の好みはねぇ・・・








P6270022_convert_20160708202514.jpg

またもや、いろいろと素敵なモノを頂いてしまいました♪




P6270020_convert_20160708202544.jpg

むくみ防止(?)のソックス。

夏場とか、夕方に足が「むくむ」って言いますが、皆さん「むくみ」ます?

朝よりも足が太くなっているような・・・。

これが「むくみ」なんですかね?


むくみ予防に穿こうかな~


足の指それぞれの間を開けられるような、仕切り(?)があります。


女子向け商品って、いろいろ考えられているのですねぇ・・・。




オシャレ黒ストッキング・・・。若い頃は集めてました~


ドット柄とかヒョウ柄の黒いストッキング・・・。



たまにはこういうセクスィ~なのを穿いて、女子力を上げなければ!!!!
スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア