fc2ブログ
2016-10-06

グローバルフェスタ2016

今年もグローバルフェスタに行って来ました。



グローバルフェスタ2016


グローバル・フェスタとは、国際協力活動を行っている政府機関、NGO、企業などが一堂に会する国内最大の国際協力イベントです。





P9200001_convert_20161005164014.jpg





グローバルフェスタJAPANとは

「グローバルフェスタJAPAN2016」は、一般国民(若い世代からシニア層まで)を対象に、楽しく分かりやすい行事を通じて、来場者に国際協力をより身近なものに感じてもらうと共に、ODA を含む国際協力の現状や必要性、政府とNGO ・市民社会の協力などについての理解と認識を深めてもらうこと、及び、これらを通じて国際協力への参加を促進することを目的としています。

(グローバルフェスタJAPAN2016 HPより抜粋)





昨年から会場がお台場センタープロムナードになりました。

去年行った時の様子はこちら↓
グローバルフェスタ2015



2008年から毎年行っていますが、その時々でさまざまな学びがあります。

「国際協力」とか「ボランティア活動をする」と言うと何やら敷居が高そうですが、自分が支援したい団体の欲しい製品を買ったりするだけでも立派な協力です。


キリンビールの「熊本づくり」も一本買うと10円が熊本地震の復興支援にあてられるそうです。
それも素晴らしい計らいですね。

一番搾り 熊本づくり






日本の企業もグローバルにいろいろな活動をしています。

今回、驚いたのは「関西ペイント」の活動です。


「関西ペイント」は総合塗料メーカー。

関西ペイント




関西ペイントは、これまで外国人留学生への奨学金支援やインターシップの機会提供、医療・福祉施設への塗料提供など、さまざまな国際協力を行ってきました。


そして、2015年、日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞 日経産業新聞賞を受賞した塗料がこちら↓


P9200033_convert_20161005170541.jpg

室内のビニールクロス壁面や塗装壁面に塗装できる虫除け塗料「アレスムシヨケクリーン®」




P9200024_convert_20161005170441.jpg

皆さんは「世界で一番人を殺している動物」は何だと思いますか?


鮫や熊、蜂や蛇ではなく、実は「蚊」だそうです。

その被害者は世界で70万人を超えるとも言われているのだとか。


関西ペイントが開発したのは「壁に塗ることで、虫が寄り付かなくなる虫除け塗料」。


P9200031_convert_20161005170612.jpg


なんでも、この虫除け塗料「アレス ムシヨケクリーン」を壁に塗り、その壁に蚊が止まると神経が麻痺して常に興奮状態になり、吸血行動を起こさない状態になるそうです。



つまり「血ぃ吸うたろか~ アヘアへ~」と、蚊がプ~ンと室内に入って来て、「アレス ムシヨケクリーン」を塗った壁に止まると「なんや、血ぃ吸う気なくなったわ ほな、さいなら~」と変化するのだとか。


塗料に虫が嫌う成分を配合することで、虫の侵入を防いだり、神経を麻痺させて血を吸う力を喪失させるのです。

つまり“虫にさされない“ため、危険な感染症にかかるリスクも減るということです。



南アフリカ共和国ヨハネスブルクのNGOが運営するHIV患者の終末医療センターの施設すべての病室・子供部屋に日本大使館のサポートにより、塗装を実施。とても良い効果が出ているようです。


また、南アフリカの他にもインドネシアやマレーシアにもこの製品は輸出されています。

日本の技術が世界中の人々をウイルスや菌による感染リスクを減らす手助けに役立っているのですね。



この優れた機能をもった壁紙やステッカー、タペストリーなども製品化される予定で、そうなれば災害地の仮設住宅や塗装することが難しい場所でも使用可能になるようです。




P9200002_convert_20161005170000.jpg


他にもいろんなボランティア団体のブースを回りました。

こちらは、NPO法人 レインボー国際協会


NPO法人 レインボー国際協力




P9200042_convert_20161005170840.jpg

2014年のグローバルフェスタで出会って購入した革の定期入れがとても丈夫で使い勝手が良かったので、今年も覗いてみました。


レインボー国際協会は、病気や貧困のために親の養育を受けられない子供たちを引き取り、自立に向けた具体的活動を行う自立支援施設「ひまわりホーム」の運営を支援し、子供たちが安心して生活し、教育を受けるための資金を援助しています。

また、学費を払えない極貧家庭の子供たちの教育費を支援しているのだとか。




P9200039_convert_20161005170811.jpg

レインボー国際協会ではワークショップを2011年から開始。

彼らが製作した作品は、日本での催しで販売したり、ホーム来訪のお客様にお買い上げ頂き、その売上金を子供たち一人一人の預金口座に貢献度に応じて貯めているそうです。




P9200045_convert_20161005170910.jpg

柔らかい革の名刺入れ。1,000円




P9200048_convert_20161005170936.jpg

使い勝手の良さそうな小銭入れ。700円。



これらの売り上げ金等は、いずれ彼らが施設を出て就職したり、結婚したり、高等教育を受けたりする時に活用される予定だそうです。


もちろん、支援になるから購入する・・・という考えもありますが、使い勝手が良く丁寧に作られている製品はとても可愛らしく、魅力的です。そういう製品を作るために、スタッフたちの試行錯誤があるのでしょうね





P9200052_convert_20161005171042.jpg

毎度おなじみ「NPO法人 ミランクラブジャパン」のガーゼタオル400円。


ミランクラブが支援しているネパールの里子たちが作ったタオルです。

ガーゼで包まれたネパール伝統のダガ織柄の布。吸収性が良いので、私は行くたびに購入しています。
今ではグローバルフェスタだけでなく、他のイベントにも出店されているので購入しやすいです。


ネパールの女性を支援する ミランクラブジャパン





P9250074_convert_20151004212241.jpg

自分が良いと思ったものは人に勧めたいタイプなので、そのかいあってか今ではこの製品のファンも増えました♪


「毎日使っています」「イベントで毎回買ってます」「人にも勧めています」と、団体をお手伝いしている方に伝えるととても喜んでもらえます。

それがまた、作っている子供たちの励みになってくれるといいなぁ




P9200065_convert_20161005171225.jpg

カンボジアシルクのバック。

この製品も私のまわりでも人気が高いです。
日本にはない、独特の色彩と輝きですね




P9200062_convert_20161005171253.jpg

2014年に買った時は1000円だったのに、去年のグローバルフェスタでは1,500円でした。


「去年は1,000円で買ったんですけど」と売り子さんに言いました。

お店の人は「それは小さいサイズの方でしょ?」と言うので「いいえ、これと同じ大きさで同じデザインです」と言ったら「税金が上がったのよ!だからよ!」・・・って言われ「チャリティなのに、そんないい加減でいいわけ?人の足元見てんじゃね~よ!」と腹が立ちましたが・・・。

今年は1,000円でした・・・。去年のアレはなんだったんですかね・・・




P9200055_convert_20161005171114.jpg

こちらも、カンボジアシルク。
肩からかけられるポシェット(?)500円。

ポケットが幾つもあって使い勝手が良さそうです。
これも人気製品なんだとか。




P9200066_convert_20161005171325.jpg

NPO法人 アジア教育支援の会のカレー

「チキンカレー」とか「茄子とひき肉のカレー」とか「チャイスパイス」など、いろんなスパイスがあります。

今回買ったのは「バターチキン・カレー」。
カレースパイスを2袋購入すると、一人の子供が1ヵ月学校へ通う事ができるそうです。



NPO法人アジア教育支援の会




P9200005_convert_20161005170038.jpg





P9200006_convert_20161005170416.jpg




P9200009_convert_20161005170123.jpg





P9200016_convert_20161005170158.jpg





P9200018_convert_20161005170227.jpg





P9200071_convert_20161005171351.jpg

フェアトレード製品のカタログも出ています。

フェアトレード クラフトリンク




P9200076_convert_20161005171549.jpg



●フェアトレードとは

適正な賃金の支払いや、労働環境の整備などを通じ、持続的に労働者の生活改善と自立を目指すしくみ。




P9200072_convert_20161005171423.jpg

ネパールの可愛いニットや手織り布のバック。

大震災発生後、仕事を続けるのが難しい状態だった生産者たちも現在は無事に職場復帰し、生産を再開できたそうです。




P9200073_convert_20161005171516.jpg







P9200082_convert_20161005171628.jpg

タイに住んでいた時に雇っていたお手伝いさんの出身地・チェンマイのシルク。

一枚の布ですが、無地の部分と刺繍が入った部分に分かれています。
これでも3,000円もしないのです(シルクの質はピンキリですが)


P9200080_convert_20161005171730.jpg

お手伝いさんの住んでいる地元の「町の仕立て屋さん」で仕立ててもらいました。
ブラウスとワンピースを仕立てても5、000円しないくらい。

バンコクの駐在員御用達の仕立て屋だとその倍くらいの価格です。

しかし・・・いくら安く仕立てても日本でクリーニングに出すとお高い




P9230158_convert_20161005171804.jpg

さてさて、私のブログの横にこんな感じのイラストがありますね。



これは、グリムスというサービスで、ブログを投稿するごとに樹木が成長していきます。

自分のブログにブログパーツを貼り付けるだけで、エントリー(投稿) と共に苗が成長します。大人の樹へ成長すると実際の森へ植林されます。つまり、ブログでどんどん樹を育てて苗に変え、世界中に緑を増やして行こう!という活動なのです!(^^)!


ちなみに、今回大人の樹になりました。
これで13本目です。

グリムス




P9220089_convert_20161005171838.jpg

今年も赤い羽根の共同募金の時期がやって来ました。

さっそく、住んでいるマンションでも募金が回って来ましたよ~


身近な地域を支援するための活動・・・これも大事なことですね。



今朝見たニュースでは、長野県在住の方が熊本の仮設住宅に住んでいる方々に手作りの表札をプレゼントするというボランティアをされていました。

慣れ親しんだ家を離れ、慣れない仮設住宅に住む方々も力強く彫られた木の表札を手にして意識が変わってきたと言います。


できる事をできる方法で、できる時にする。


毎年、そんな事を思いながらイベントに参加しています。



スポンサーサイト



theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア