2017-03-08

もったいない!をヒントに ~アヒージョのパスタと後始末のアレの正体~

いきなり質問ですが「アヒージョ」っていったい、いつから流行ってます?


P2230010_convert_20170308194809.jpg

オリーブオイルにニンニクと唐辛子とマッシュルームなどのキノコ類やエビやタコなどを一緒に入れて煮る「キノコと魚介のオリーブオイル煮」みたいな料理で、スペインではお酒のお供のおつまみ的な立場の料理・・・。



アヒージョ(西: ajillo)はスペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉であり、オリーブオイルとニンニクで煮込む、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一種である。マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと供される。

日本では、「アヒージョ」と表記するが、正しくは「アル アヒージョ」であり、海老を使用する場合は「ガンバス アル アヒージョ」となる。

素材は魚介類を中心に海老、牡蠣、イワシ、タラ、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、野菜など多種多様で、熱が通った具材をそのまま食すのと併せ、バゲットやチュロスをオリーブオイルに浸して食べるのが一般である。日本のスペインバルではバゲットやチュロスの提供は必須ではないが、スペイン人の中には「バゲットやチュロスと一緒でないと成立しない料理」と主張する向きもある
(ウィキペディアより)


まぁ、ともかく以前は「なんかカロリーが高そうな料理」と思っていたのですが、一度「アヒージョの素」なるものを(セールで)買って作ってみたら美味しかったのです。

パッケージにはアヒージョのオイルをパンに浸して食べてもおススメってあったのですが・・・。


せっかく、キノコや魚介から美味しいダシが出ているのに、捨てるのって勿体なくない?と思い付いてパスタソースとして利用する事にしました。



P2230016_convert_20170308194840.jpg

材料はとりあえず、マッシュルームと蛸とブロッコリー





P2230018_convert_20170308194907.jpg

ブロッコリーはパスタを茹でる時にさっと入れて軽く茹でておきます。




P2230020_convert_20170308195009.jpg

アヒージョのパッケージに書かれている分量通りにマッシュルームと蛸を炒め、最後に茹でたブロッコリーを入れて軽くソースをからませます。



P2230024_convert_20170308195059.jpg

あとは、ソースと具材を茹でたパスタにからめます。
好みで黒胡椒を振るといいですね~

全部の量のソースを入れてしまうと濃すぎると感じる場合もあるので、様子を見ながら絡めて下さい。

パッケージを見るとひとり分の塩分が2.4g・・。
ううむ、パスタを茹でる時に塩を入れないとかちょっと控えめにすればいい感じかも。






さて、ウチでは普段、家で揚げ物をしないので、使いかけの油が残る事はほとんどないのですが・・・。

それでも、少しは残りますよね?

そんな時、皆さんのお宅ではどう処理してます?


ふふふ・・・。



P1190007_convert_20170308201322.jpg

ウチではコレですよ・・・。

奴ら、いい仕事するんですよぉ~へっへっへ



こいつらの正体を知りたいって?


ふふふ・・・。


アンタも好きねぇ~



P1190011_convert_20170308201422.jpg

まず、用意するのはコレです。

お茶の葉とか入れてポットで煮だす時に使いますね~




それに・・・。

もし、持っている人は奴の力を借りましょう。


P1190002_convert_20170308201223.jpg

シュレッダー♪




P1190005_convert_20170308201257.jpg

読み終わった新聞紙にも最後の一仕事をしてもらうぜ!




P1190008_convert_20170308201353.jpg

へんし~ん!




P1190051_convert_20170308201524.jpg

古新聞紙と紙パックのフルパワーでいい仕事しまっせ!




P1190055_convert_20170308201556.jpg

A隊員とB隊員のおかげで、悪い油もグングン吸い取られるぜ!




P1190014_convert_20170308201449.jpg

まぁ、ウチでは他に「使い古されたスポンジ隊」もいるんですけどねぇ

今のところ、出払っていないので古新聞隊に頑張ってもらいましょう


シュワッチ!
スポンサーサイト

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア