2017-03-14

ノンアルコールワインの実力

先週から歯痛でした。


耳鼻咽喉科に行ってレントゲンを撮ってもらったところ、軽い副鼻腔炎でした。さらに歯医者にも行って歯のレントゲンを撮ってもらったらちょこっと炎症が起きていたので、抗生剤を出されて飲んでいます。



抗生剤のおかげで歯の痛みがだいぶ治まっていますが、まぁ、まだ「あと一歩」という感じ?

抗生剤と言うのは、治っても途中で飲むのをやめてはならず、一週間なら一週間、処方されたものを飲み切らないといけません



歯がなんとなくスカッとしない、なんとなく違和感があるって時は気持ちも落ち込みます・・・。

人間、どこが悪くても困りますなぁ



そんな時、新聞で“約5万年前のスペインにいたネアンデルタール人も悪化した虫歯に悩み、現代の鎮痛剤や抗生物質の成分を含む植物やカビを口にしていたことがわかった“という記事を読んで「アンタも辛かったのね~」なんて、妙に親近感(?)を感じてみたり・・・。




ちなみに、西洋では歯痛には「クローブ」というスパイスを使うようです。


220px-Cloves.jpg
(ウィキペディアより)


歯痛にはホールのクローブを痛い歯と頬の内側に挟んでじっと待つと、しばらくするとジンワリと痺れてきて痛みがかなり楽になるそうです。

ダスティン・ホフマンも「マラソンマン」という映画の中で急な歯痛の時にこのクローブオイルを塗ってしのいだとか。


日本でもおなじみの正露丸の成分の中にもクローブ(丁子:チョウジ)が含まれています。
正露丸は虫歯の穴に詰めておくと痛みが治まるそうですよ~



P2280003_convert_20170314091300.jpg

ちなみに、日本でも急な歯痛につける歯痛剤「新・今治水」があります。
成分を見たら、これにも「チョウジ油」が入ってますね~





まぁ、そんなワケでただいま禁酒中です。


飲まなきゃ飲まないでやり過ごせるけど、テレビCMってなんでこんなにお酒のCMが多いんでしょ?

調子が良く飲める時はいいけど、飲めない時にはちょっとイラッとします。

「今のこの私に酒のCMなんか見せるんじゃねぇ!」みたいな。



まぁ、しかし、普段から特にビール好きでもないのでちょっと甘く感じる(個人的には)ノンアルコールビールだと「別にわざわざ飲まなくても」って感じだし、かといって、ノンアルコールのカクテルはジュースみたいだしな~


普段飲むのはワインかハイボールなので、ノンアルコールのそれってないの?



実は、ノンアルコールのワインは数年前からあって一度飲んだことがあります。

007_convert_20120719232417.jpg

お値段は普通の安いワイン程度の価格だったかな?


味は「う~ん・・・。これってワインだっけ?」という・・・。頑張ってはいるけど「ワイン」じゃないな~という感覚。
ジュースっていう感じ・・・でもないけど、ジュース寄りなワイン風な飲み物・・・


こういうのって、飲みたいのに飲めない時って余計に「違い」を感じてしまって、逆に「本物」への想いがつのってしまうのよね~(って、どんだけ酒好きやねん)




P2280001_convert_20170314005241.jpg

しかし!今回、ヨーカドーで初めてこんなワインを見つけました!




P2280010_convert_20170314005210.jpg

ノンアルコールの赤ワイン!



P2280014_convert_20170314005341.jpg

お値段はいつも飲んでいるワインのほぼ倍の価格・・・。


しかし、なんと、我が家ではお馴染みの「シャトー勝沼」のワイン!

シャトー勝沼




ウチではシャトー勝沼の「生産者還元ワイン」(赤)が好きでよく飲んでいたのです。


まさか、ノンアルコールワインも販売しているとは・・・これは、期待できるかも!


P2280005_convert_20170314005313.jpg



amazonの商品案内によると・・・



ワインの本場・山梨県勝沼にある、明治10年創業シャトー勝沼の伝統と技術で開発したノンアルコールワインテイスト飲料。

お食事との相性も抜群。

甘くないノンアルコールワインテイスト飲料。果実味と酸味が特徴的。緑茶成分により、ワインを連想させるバランスのとれた渋みが、洗練された飲み心地を演出します。健康を重視したポリフェノール、カテキンが含まれた飲料です。深みのある飲みごたえだから、お食事との相性も抜群です。




P2280025_convert_20170314005412.jpg

う~ん、色はそれっぽいですね




P2280030_convert_20170314005441.jpg

感想と言えば、葡萄ジュースよりはワインよりの味って感じかな~

添加物無添加の赤ワインってちょっと甘みがあるけど、それっぽい甘み・・・。

amazonの購入者のコメントでは酸味があるとか酸っぱいとかあったけど、私はベリー系の甘さを感じました。

でもまぁ「ワイン風飲料」と言う事なので、ワインではないし、そういう意味ではまだ納得できるかな。

ただし、この味でこの価格となると「高いな~」と思うレベルかも。




P2280011_convert_20170314005511.jpg

早く本物のワインが飲みたいよ~ぅ




P2250022_convert_20140301011336.jpg

気分を変えて漆塗りのワングラスで飲んでみようかな
スポンサーサイト

theme : 食品・食べ物・食生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア