2017-03-21

お口の中はジャングル?

ふふふ・・・

アナタもお持ちじゃないですか?「小さなジャングル」・・・


そう、それはアナタのお口の中ですよぉ~
へっへっへ・・・


今回「歯が痛い」という経験にほとほと参ったわたし。

今さらながらに「お口の中探検隊」として、捜査に切り出しました。



P3030032_convert_20170320003710.jpg

まずは、歯の奥まで状態を確認できるミラー。

そして、コンパクトヘッドの歯ブラシ。

歯を一本一本磨くのに適している、先端のとがった専用ブラシ。

舌についた汚れを取り除く、舌ブラシ。

歯磨きの最後に仕上げの、辛くない液体歯磨き。



P3030036_convert_20170320004301.jpg

舌ブラシは歯を磨いた後や、うがいをした後は必ずします。

旅行先などでも使えるように携帯用も揃えています。

舌苔ができる9つの理由




P3030033_convert_20170320004234.jpg

辛くないデンタルリンスは非常にいいですね~

今まで使っていたのは、辛くて刺激があって口の中にとどめておくのが苦痛でした。

これは、お子様でも使える低刺激のデンタルリンスなので、家族みんなで使えて便利です。




P3030026_convert_20170320004201.jpg

これは、歯医者で買った専用ブラシです。

一本一本磨くのにもいいし、奥歯の側面などにも毛先が届きます。

また、複雑な構造の歯、まさにジャングルちっくな歯も細かくお手入れでき、歯と歯茎の間もソフトな毛先でうまく磨けます。

出っぱった歯やら、でこぼこの歯にも対応できるので「こいつは怪しげな歯だ!」という歯を念入りに磨きましょう♪






P3060003_convert_20170320231741.jpg

これは、何だ?





PA250105_convert_20151104095432.jpg

ベトナムの爪楊枝と爪楊枝入れです。


竹製の細い爪楊枝ですが、狭い歯と歯の間にうまくフィットします。

日本の爪楊枝は確かによく取れるけど、刺さると痛いのよね~






P3060005_convert_20170320231808.jpg

爪楊枝入れ、どういうワケか幾つも持ってます。





認知症予防に口の健康が大きく関わるとは何かで聞いた事があります。

丈夫な歯でしっかり噛んで食事をする事が脳へ刺激を与え認知症予防につながるのだとか。


認知症患者を調べた結果、機能する歯が少ない程、認知症になりやすい傾向がある事がわかりました。


しっかり噛む事により脳の前頭前野が活性化するということです(前頭前野とは記憶や言葉、行動などをつかさどる部分)

ここが活性化されると認知症予防に関係してくるという事です。



塵も積もればなんとやら。


日々のお手入れで、一本でも多く健康な歯を残しましょう!(^^)!










スポンサーサイト

theme : おすすめ商品案内
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア