2017-04-11

壺にお願い♪

以前、新幹線の車内誌の通販で見かけて「面白いな~」と思っていたグッズが、また別の雑誌でも紹介されていました。



・・・そんなに、需要はあるのの?







17675903284f3a2765e58cb.jpg
(写真はお借りしました






叫びの壺 ドリーム株式会社







ドリーム 叫びの壺

どうにも気持ちが収まらない!!大声出してストレス発散!! どんな「大声」も、小さな「ささやき声」に!! あなたの『ストレス』をゴクンと飲み干す不思議な壷が誕生。たまったイライラ、モヤモヤ、誰にも言えない秘密ごと…、叫びたい衝動を壷に向かって吐き出すだけで、たまった心もスッキリ。大きな声がささやきに変わるので、場所を選ばす『ストレス』を存分に吐き出せます。カラオケ練習や声の発声練習にも。

(Amazonの商品説明より)



ゴム製っぽいので、壺というよりは水枕の入れ物みたい・・・。





昔ばなしでもありましたよね~
「王様の耳はロバの耳」。


改めて読んでみると、こんな深い話だったのか~と驚き


よく知っているような話でも、大人になって読むとまた感じ方が違いますね





「王様の耳はロバの耳」


昔々ある国にとても帽子の好きな王様がいて、その王様は夏でも冬でも、耳まですっぽり隠れる大きな帽子をかぶっていたのです。

どんな時でも帽子を脱ごうとしない王様が、髪を切る時はどうするかとういうと、いつも床屋さんをお城に呼んで、散髪してもらっていたのです。

けれど、不思議なことに、お城へ行った床屋さんは誰一人帰ってこず、町の床屋さんはだんだんと少なくなっていきました。



「この国の床屋も、とうとう僕とおじさんの二人だけになってしまった。次にお城に呼ばれるのは僕なんだろうな。嫌だな。怖いな。」




若い床屋さんはいつもびくびくと震えていましたが、とうとう若い床屋さんにおよびがかかったのです。

床屋さんが怯えながらお城に行くと、王様が大きな鏡の前に座って待っています。

早速髪を切ろうと、床屋さんは王様の帽子を取ってみると、そこにはロバのように大きな耳がたれているではありませんか。




その姿があまりもおかしくて、床屋さんは笑ってしまいそうになりましたが、

「ここで笑ったら、きっと殺されちゃう」

そう思った床屋さんはじっと堪えて、どうにか笑わずに髪を切り終えると、王様は床屋さんに、「私の耳は長すぎると思うか」と尋ねたのです。


床屋さんは恐ろしくて、「いや、普通だと思います」


「そうか、ならいい。しかし、耳のことを誰かに話したら、命はないと思え」

「はい、絶対に誰にも喋りません」




それから、床屋さんはたくさんご褒美をもらって、街に帰ってきました。

町の人たちは、城から戻ってきた床屋さんに、王様の帽子をかぶっている理由を興味津々で尋ねましたが、床屋さんは 「王様がただ帽子が好きだけなんだよ」とはぐらかしていましたが、そんな風に嘘を付き続けるうちに、お腹がどんどん膨れてきて苦しくなってきました。


医者にみせると、

「おお、これは言いたいことを我慢過ぎてお腹膨れる病気だ。このまま放っておくと死んでしまうぞ。誰かに話すか、せめて穴を掘って、その中に叫びなさい。」


そう言われたので、床屋さんは早速、大きな穴を掘り、穴に向かって「王様の耳はロバ耳。王様の耳はロバ耳。王様の耳はロバ耳」 そう叫ぶと、気持ちがすっきりしました。



床屋さんはすっきりした気持ちで穴を埋めると、家に帰りました。

そのとき穴の中に木の種が一つ転がり落ちてきました。木はやがて大きくなり、たくさんの枝を付けました。



ある日、笛の好きな羊飼いがその木のそばを通りかかり、枝を折って、笛を作り、早速吹いてみると、不思議なことに、笛から「王様の耳はロバ耳」と聞こえて来るではありませんか。



変な笛だなと思った羊飼いは、みんなにその笛の音を聞かせてあげたので、王様の秘密は皆に知られてしまったのです。

その噂を聞いた王様は、かんかんに怒って、床屋さんと羊飼いを呼びつけ、


「誰かに喋ったら命はないと言ったはずだか」

「僕、僕は誰にも喋っていません、本当です。だた、穴を掘って叫んだだけなんです。」

「俺は、そこから生えた木で、笛を作っただけさ」

王様がその笛を吹いてみると、笛は「王様の耳はロバの耳」と本当に聞こえてきました。

王様は溜息をつき、「噂はもう広がっている。これ以上隠すのは不可能だな。まま、いい、隠す必要がなくなって、むしろ、楽になったよ。お前たちのおかげだな」

そう言って、床屋さんと羊飼いにたくさんの褒美を取らせました。

(昔話童話童謡王国より)




今は穴を掘って叫ばなくても便利な壺があるのですねぇ・・・


皆さんは、欲しいですか?


そっと心の叫びを受け入れてくれる壺






そういう便利な壺はないけど、意外と家にたくさん持ってました


背高壺

イランの背高壺





壺

イランの遺跡「プレセポリス」のレリーフが彫られてます。






壺

リサイクルショップで買った、壺風の花瓶





オウム

お土産で貰ったヨルダンの素焼きの壺
スポンサーサイト

theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽・映画鑑賞・読書。エスニック音楽が好き。
現在はイベント等で手作りアクセサリーを販売している。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア