FC2ブログ
2017-04-24

大人の社会科見学 ~雅楽②~ 

2015年に引き続き、今年も縁あって雅楽の演奏会へ行って来ました。


前回と今回も少しばかり自分なりに雅楽について調べてみたのですが、一度や二度、三度行ったところで、なかなかその歴史だとか知識だとか、魅力を感じ取れるものではありません。




P4040005_convert_20170422173647.jpg



日本には上代から神楽かぐら歌・大和歌・久米くめ歌などがあり,これに伴う簡素な舞もありましたが,5世紀頃から古代アジア大陸諸国の音楽と舞が仏教文化の渡来と前後して中国や朝鮮半島から日本に伝わってきました。雅楽は,これらが融合してできた芸術で,ほぼ10世紀に完成し,皇室の保護の下に伝承されて来たものです。
(宮内庁のHPより)





雅楽とは、日本で一番古い音楽と思われているようですが、雅楽はおよそ1400年前に中国大陸や朝鮮半島などを経てもたらされ、のちに日本古来のものと融合して定着されたものだそうです。




3世紀、4世紀から始まる古墳時代、それにつながる飛鳥時代(だいたい、6~7世紀の終わりまで)、この頃は大陸の音楽(アジアの音楽)がどんどん輸入された時代なのだとか。



朝鮮、新羅の国から楽人(音楽家)が独自の音楽と共に楽器を携えて日本へ渡ってきました。
また、その音楽は朝鮮だけでなく、中国の唐楽・インドシナ(ベトナム)、ビルマ、チベットなどに起源をもつ音楽もありました。



P4070014_convert_20170422170807.jpg



そして、それらが日本古来の音楽と融合し、7・8世紀には日本独特の雅楽の形になります。

こうして、雅楽は天皇を中心とする貴族社会の宮廷音楽として、また、大寺、大社の儀式音楽として現在までほとんど形を変えずに残っています。


そういった意味で、音楽ジャンルの中では千年以上も前に音楽理論、形式がはっきりと定まり、なおかつ、今日までほとんど形が変わらずに残っているということで「世界最古」のものと言えるようです。




P4070016_convert_20170422170738.jpg



雅楽には、その起源系統によって「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」「大陸系の楽舞(がくぶ)」、および「歌物(うたもの)」の3つの種類があります。


そのあたりについては第1回目の記事をどうぞ↓

大人の社会科見学~雅楽~




雅楽には「管弦」「舞楽」、および「歌謡」の3つの演奏形態があります。


●管弦:大陸系の雅楽器で演奏する器楽合奏。現在では、もっぱら唐楽を演奏し、ほとんど高麗楽は演奏されません。
 舞を伴わない、合奏だけを楽しむスタイルで、西洋の菅弦楽(オーケストラ)のように、管楽器、弦楽器、打楽器からなっている大合奏。


●舞楽:音楽と共に奏する舞で、歌に伴って舞う「国風舞(くにぶのまい)」と、唐楽の演奏で舞う「左方の舞(さほうのまい)」と、高麗楽の伴奏で舞う「右方の舞(うほうのまい)」があります。


左舞:中国系の楽舞で唐楽に合わせて舞うもの

右舞:朝鮮半島系の楽舞で高麗楽に合わせて舞うもの






今回の演奏会では、前半に「管弦」、後半が「舞楽」でした。





これが管弦の演奏









雅楽と聞くとイメージする「あ、こんな感じ~」の演奏ですね

なんとなく聞いた事があるような・・・みたいな。





これは左方の舞








右方の舞







右方に左方と言われてもピンと来ませんが、右方は「朝鮮系」、左方は「中国系」ね~となんとなく覚えておくと、衣装や音楽にそのエッセンスを感じられます。

被っている帽子や衣装やお面など、また音楽のテイスト(?)など・・・・。








しかし、こんな昔から踊りってフォーメーションを組んでみんな同じ踊りを踊ってたんですねぇ・・・。

アイドル歌手などが、円や向かい合わせになって同じ踊りを規則正しく踊るのをなんか当たり前に受け入れていたけど、こんな古代からそのようなスタイルがあるとは改めて見ると不思議に感じました。




人間って、こうやって一緒に踊ったり歌ったりして何かを表現したり、一体感を感じたりしたのでしょうかね・・・。



雅楽よりも後の時代に、限られた人たちだけでなく、もっともっと広くの人に伝わるように試行錯誤の末に表現していく方向に変化していったのでしょうか・・・。そうやって、踊りや歌のジャンルも細かく分かれて行ったとか・・・。








雅楽は聞いても「共感するわぁ~」というツボが、まだちょっと見つからなくて、もうちょっとわかり易いメッセージならいいのに・・・とか感じたり。







「理解できること」とか「わかりやすさ」が溢れている現代、話せる言葉や知識は増えていても「理解できないこと」に近づかないようになってきている。避けるようになってきている、私。







「理解できること」がすべてじゃないし、完璧じゃなくてもいいんだけどね




あ、意味不明ですか?


へへへ・・・


自分もです。


自分でも何が言いたいんだか、わからなくなっちゃった(;^ω^)


大人の社会科見学の感想文は難しいっす
スポンサーサイト



theme : 楽しく生きる
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア