FC2ブログ
2017-06-19

大人の社会科見学 迎賓館赤坂離宮

P6020022_convert_20170619180345.jpg

迎賓館赤坂離宮に行って来ました。


普段は事前予約し、もしくは当日の整理券なしでは見学できないそうですが、5月25日から5月30日まで、6月1日から6月3日まで及び6月15日から6月30日までの本館・主庭は、事前の予約なし又は当日の整理券なしで、料金を支払うと参観できるそうです(1,000円)

※和風別館は事前の申し込みが必要
※7月は、事前の予約なしで参観する場合は整理券を配付





去年、某ドラマの撮影にもロケ地として使われましたが「ここって、自由に出入りできるんだっけ?」と思ってたら・・・。


んなワケないじゃ~ん!



空港のセキュリティ並みに持ち物検査や金属探知機などの厳しい検査があります。


10時開門に合わせて行ったら、すでに長蛇の列でした。

結局、入場するまでに約30分かかりましたが、見学し終わって出て来た頃には待ち人数もなくすぐ入れそうでした。

もし、期間中に見学に行かれる方は少し時間をずらして行った方がスムーズに入場できるかも(お約束はできませんが)


迎賓館赤坂離宮の一般公開について 内閣府



室内は撮影できません。

なので、ポストカードの写真で紹介します。


P6020062_convert_20170619181246.jpg

最初に案内されたのが「花鳥の間」(かちょう-の-ま)。

天井に描かれた36枚の絵や、欄間に張られたフランス製ゴブラン織風綴織、壁面に飾られた濤川惣助作の『七宝花鳥図三十額』に由来しているそうです。

周囲の壁は茶褐色の木曽産のシオジ材で板張りしてあり、その壁の中段を飾るのが七宝。

室内の装飾はアンリー2世様式であり、シャンデリアはフランス製で重量は迎賓館の中で一番重く、約1,125㎏もあるのだとか。

重厚な雰囲気を醸し出しているこの部屋は、主に国・公賓主催の公式晩餐会が催される大食堂であり、最大約130名の席が設けられています。また、それ以外にも首脳会議等の場としても利用されています。





P6020060_convert_20170619181212.jpg

彩鸞の間(さいらん-の-ま)

左右の大きな鏡の上と、ねずみ色の大理石で作られた暖炉の両脇に、「鸞」と呼ばれる架空の鳥をデザインした金色の浮き彫りがあることに由来しているそうです。


室内は19世紀初頭ナポレオン一世の帝政時代を中心にフランスで流行したアンピール様式であり、白い天井と壁は金箔が施された石膏の浮彫りで装飾されています。

10枚の鏡が部屋を広く見せており、広さは約160平方メートル。

この部屋は、表敬訪問のために訪れた来客が最初に案内される控えの間として使用されたり、晩餐会の招待客が国・公賓に謁見したり、条約・協定の調印式や国・公賓とのインタビュー等に使用されているそうです。




P6020055_convert_20170619181134.jpg

朝日の間(あさひ-の-ま)

天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車(チャリオット)を走らせている姿」の絵に由来しているそうです。
周囲の16本の円柱はノルウェー産の大理石。

天井画は長径8.26m, 短径5.15mの大きな楕円形で、壁には京都西陣の金華山織の美術織物が張られています。

家具・室内様式はフランス18世紀末の個展主義様式。

この部屋は、国・公賓用のサロンとして使われ、ここで表敬訪問や首脳会談などの行事が行われています。





P6020057_convert_20170619181324.jpg


羽衣の間(はごろも-の-ま)

名称は天井に謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300平方メートルの曲面画法による大壁画があることに由来しています。

室内は朝日の間と同様、フランス18世紀末の古典主義様式で、迎賓館の中で最も大きな部屋だそうです。

正面の中2階には、オーケストラボックスがあり、これは、羽衣の間が舞踏会場として設計されたからだとか。

迎賓館の中で最も大きいシャンデリア(重量800キログラム)があり、広さは約330平米。

この部屋は、雨天の際に歓迎行事を行ったり、また、晩餐会の招待客に食前酒や食後酒が供されるところでもあるそうです。




P6020018_convert_20170619180449.jpg

主庭は全面砂利敷きで、中央には噴水池や花壇が設けられています。

フォード大統領(1974年、ハナミズキ)、エリザベス女王(1975年、ブラウンオーク)、ゴルバチョフ大統領(1991年、フユボダイジュ)の記念植樹があるそうです。






P6020008_convert_20170619184121.jpg








P6020021_convert_20170619184259.jpg


正直、フランスのなんとか様式だの、ギリシャ建築の三様式のなんたら様式だの、フランスの古典主義様式だのと言われても「はぁ、さようでございまするか」って感じ。


キンキラ・ピカピカ 美術館みたい


今の時代にもし、迎賓館を作るとしたら、こういう西洋風なモノじゃなくて「これぞ、ニッポン!」的なモダン・ジャパネスクっぽいものを作るのかな?

(和風別館もあるけど、こちらは予約が必要)





P6020019_convert_20170619180309.jpg







P6020025_convert_20170619180529.jpg








P6020029_convert_20170619184219.jpg








P6020031_convert_20170619180419.jpg







P6020034_convert_20170619184353.jpg








P6020037_convert_20170619184427.jpg








P6020038_convert_20170619184510.jpg

国賓級の方々が来る時はガードレールを抜いて、車でまっすぐ迎賓館まで通れるようになるようですね。
スポンサーサイト



theme : ちょっと、お出かけ
genre : 地域情報

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア