fc2ブログ
2017-08-25

浪漫漂う歴史の街 伊豆下田

ついに、夏休みが終わってしまいました・・・。

そうこう言っているうちに、なんだか秋の気配が・・・(どこに?)



さてさて、心配していたお天気でしたが、日ごろの行いが良いのか(?)見事に晴れました!!!


P8060001_convert_20170824233918.jpg

今回行ったのは、南伊豆の下田。



P8060003_convert_20170824233950.jpg

ふる~い踊り子号。

東京から熱海を経由して約3時間半・・・遠いな~



P8060061_convert_20170824235102.jpg

南国ムード漂う伊豆急下田駅




P8060062_convert_20170824235132.jpg

下田は黒船来航の地。




P8060063_convert_20170824235249.jpg

稲取港を中心に全国屈指の金目鯛漁獲高を誇る伊豆。さすが、駅でも売ってます!



P8060021_convert_20170824234401.jpg

私・・・「金目鯛に似てるね♪」って言われるんですけど・・・





さてさて、帰りの電車の時間まであと3時間!急がねば~


P8060007_convert_20170824234159.jpg

静か~な漁村って感じっすね




P8060012_convert_20170824234712.jpg





P8060011_convert_20170824234042.jpg

黒船を模した蒸気船に乗って、ペリー艦隊投錨の地を巡ります(約20分)





P8060016_convert_20170824234247.jpg





P8060018_convert_20170824234310.jpg

お金持ちのクルーザーがいっぱい





P8060019_convert_20170825001720.jpg

吉田松陰が密航を企てて身を潜めた弁天島





船を降りた後は急いで次の目的地へ・・・


P8060024_convert_20170824234604.jpg

寝姿山(下田ロープウェイ)

山の形が女性があおむけに寝る姿に似ているらしい。





P8060032_convert_20170825002204.jpg





P8060031_convert_20170824234742.jpg





P8060036_convert_20170824234646.jpg

約3分で山頂へ到着





P8060038_convert_20170824234825.jpg

しみじみと旅情を噛みしめることなく、とっとと下山・・・







電車とバスを乗り継いで移動する旅なので、いっつも時間に追われ、じっくり座って食事をしていられません(電車の本数が少ない)

なので、金目鯛定食も下田バーガーも食べるヒマなし~( ゚Д゚)





P8060042_convert_20170824234911.jpg

ひなびた商店街を抜け「ホントにこの先に下田では有名な観光地が?」と、駅から不安に思いつつ歩いてきたら・・・。

ここです。



「ペリー・ロード」




ペリー提督一行が条約締結のために了仙寺まで歩いて来たルートが石畳の遊歩道として整備され、ノスタルジックな建物が残っています。




P8060049_convert_20170824234953.jpg





P8060051_convert_20170824235024.jpg






P8060055_convert_20170824235220.jpg






P8060059_convert_20170824235322.jpg





P8060058_convert_20170825003307.jpg

「下田」と言えば、よくこのあたりの景色が写真に出てくるので、個人的には城崎温泉ぐらいの規模かと思っていましたが「ほんの一部」ですね~


えっ?これだけ?・・・という。


でも、インスタ映えしそうな景色だからか、若い子ちゃんたちがたくさんいました。





P8060022_convert_20170824234336.jpg

熱海と言えば、親世代は新婚旅行の地で有名でしたね。


それから廃れたけど、近年・再度人気が出て来たようで、駅前に新しい商業施設ができて激混みでした






でも「下田」は熱海から約1時間半もかかり、電車の本数も少ないせいか、そんなにエゲツナイ観光地ではないです。



今どき、どこにでもいる外国人観光客の姿もほとんど見なかったです。



寂しくない程度に観光客のいる、古き良き時代の観光地そのままの静かさが新鮮でした。



P8060023_convert_20170824234431.jpg






P8090001_convert_20170825005932.jpg

伊豆半島って移動が大変



P8090002_(2)_convert_20170825010224.jpg







P8060072_convert_20170825004148.jpg

宿のある伊豆長岡へ移動中





P8060073_convert_20170825004250.jpg






P8060074_convert_20170825004219.jpg





P8060075_convert_20170825004327.jpg

伊豆長岡駅




P8060077_convert_20170825004354.jpg

有名なアニメのキャラですか?





P8060082_convert_20170825000032.jpg

夜は金目鯛の煮つけ



伊豆下田観光ガイド





スポンサーサイト



theme : 伊豆・箱根・富士五湖
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
フリーエリア