FC2ブログ
2017-12-13

幾つの願いを星に?ふたご座流星群

今朝の天気予報を見て知った方も多いのでは?

今夜から15日の明け方にかけて三大流星群の一つ、ふたご座流星群が見ごろを迎えるそうです。




PB260006_convert_20171213173916.jpg





ネットでもこんな記事が出ていました↓

冬の天体ショー開演迫る!14日は太平洋側を中心にふたご座流星群を見るチャンス


14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となり、比較的雲の少ない太平洋側や沖縄・奄美では、流星観測に期待ができそうだ。


ウェザーニューズは、三大流星群のひとつである、“ふたご座流星群”の観測のため、見頃となる14日夜~15日明け方の全国の天気傾向を発表した。

14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となり、比較的雲の少ない太平洋側や沖縄・奄美では、流星観測に期待ができそうだ。一方、西日本では、高気圧の縁をまわって流れ込む湿った空気と前線の影響で雲が広がりやすくなる。日本海側では雲の隙間を狙っての流星観測となり、九州南部では観測には難しい条件となりそう。また、北陸や北日本の日本海側も雲が多く、観測が難しい予想が出ている。
 この時期としては寒さが控えめとなるところが多い予想ではあるが、晴れるエリアでは、放射冷却現象で冷え込みが強まる。流星観測をする際は、寒さ対策を万全にして星空を楽しんでほしい。

三大流星群のひとつ“ふたご座流星群”は、毎年ほぼ確実にたくさんの流星が出現するのが特徴で、中継でも毎回多くの流星が観測されている。また、“ふたご座流星群”は早い時刻から流星が出現し始め、ほぼ一晩中流星が出現するため、子どもたちをはじめ多くの人にとって観察しやすい流星群といえるだろう。

 今年は出現ピークが新月直前にあたるため、月明かりの影響を受けず絶好の条件で観測することができそうだ。出現ピークは14日16時頃と予想されており、13日夜や14日夜は流星の見頃となる。特に、放射点が空高く上がってくる21時以降の観測がおすすめ。
 流星群はふたご座の周辺のみに出現するわけではなく、放射点を中心に四方八方に流れるため、夜空のどこにでも現れる。街明かりのない、空が開けたところでは、1時間あたりに40個程度の流星が期待できるかもしれない。


(@DIME 12/13(水) 6:30配信  文/編集部 )




PB260003_convert_20171213173842.jpg






PB260043_convert_20171213193023.jpg



ところで、三大流星群って呼ばれるけど、何があるんでしょ?


毎年ほぼ安定して、多くの流星が流れる3つの流星群「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」は、「三大流星群」と呼ばれているそうです。




しぶんぎ座流星群

一年の最初に見られる流星群


しぶんぎ座流星群は、三大流星群のひとつとして数えられますが、流星の出現数は年によってかなりムラがあり、どのくらい流れるか予想するのが難しい流星群でもあります。

熟練の観測者によって1時間あたり100個程度見られた年もありますが、通常は1時間あたり20個から50個程度。

流星群は1月に入った頃から流れ始めますが、日本国内で数が比較的多く観察されるのは、1月4日未明(3日深夜)3時半頃となり、日本では好条件で観察できるものと期待されます。




PB260028_convert_20171213190638.jpg




ペルセウス座流星群

年間でも常に1・2を争う流星数を誇る流星群。条件がよい時に熟練の観測者が見ると、1時間あたり60個以上の流星が観測されます。

ペルセウス座流星群は、7月の下旬には流星が流れ始めると言われています。ただし流星数が増えるのは8月の中旬になってから。極大の時期がお盆の直前なので、夏休みなどの時期と重なり多くの人が注目しやすい流星群です。




PB260034_convert_20171213190759.jpg



ふたご座流星群

毎年ほぼ一定して多くの流星が見られるという点では、年間最大の流星群と言えるそうです。

条件の良いときに熟練の観測者が観測すると、1時間に100個程度の流星を数えることは珍しくありません。


12月の上旬から流星が流れ始めると言われおり、12月中旬に入って数が増加します。

見られる時間帯は、夕方から明け方まで。ただし、夕方の早い時間帯は放射点が低いので、本格的に流れるのは、およそ21時以降。深夜の2時頃には、放射点がほぼ天頂に位置するため、流れ星が真上から降ってくるように見られるそうです。

おススメの観測時間帯は、12月13日深夜~14日明け方や、14日21時~深夜頃。



PB260039_convert_20171213190726.jpg





よく、❝流れ星に願い事をすると、願いが叶う❞と言いますが、このルーツはキリスト教の考え方のようです。

キリスト教では、神が地上の様子を見るために天界の扉を開けると、流れ星が流れると考えられていたのだとか。

その天界の扉が開いている時に願い事をすれば、その願いは直接神に届く・・・と考えられ、叶う可能性が高まるのでは?!と・・・いう・・・。



PB260026_convert_20171213192511.jpg




信じる者は、なんとやら。



流星群が見られる可能性が高いこの時に、ぜひとも叶えたい夢を焦って忘れないように心に留めておきましょう




どうか、皆さまがたくさんの流れる星を目にすることができますように!(^^)!






スポンサーサイト



プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア