FC2ブログ
2018-06-27

皿の上の恋  

皆さんは、お持ちの食器の柄をじっくりと鑑賞したことはありますか?





飾り用の食器だと飾って絵柄などを楽しむものでしょうが、日常使いの食器って料理や飲み物を入れて使ってこその役割なので「なんとなく、こんな感じの絵だったような・・・」という印象。




そんなワケで「なんだか、中国風の風景だったような・・・」とまでは記憶にあったのですが、思いがけず、その食器の絵柄に物語があると知りました。



このブログでも何度か見たことはあると思いますが、このお皿です。



P6050100_convert_20180627091059.jpg


ロイヤル・ドルトンの「ブルー・ウィロー」。



“ウィロー”は英語で柳のことで、 柳、二羽の鳥、楼閣、橋、小舟などを描いた図柄を「ウィロー・パターン」と呼び、白地に青で描かれた製品が多いことから「ブルー・ウィロー」とも呼ばれてます。



P6070156_convert_20180627091638.jpg

これって、柳だったのか?!




中国風の絵画ですが、デザインはイギリス人によるもので、ウィロー・パターンは18世紀後半に、英国の陶磁器メーカー「ミントン」の創始者トーマス・ミントンによって創作されたといわれています。






その後、このウィロー・パターンは、ウェッジウッドやロイヤル・ドルトンなど数多くのメーカーによって生産されるようになった人気の柄だそうです。



実は、これらのデザインは中国人の男女の悲恋物語をモチーフにしたもので、「中国版・ロミオとジュリエット」のようなストーリーがあるそうです。




昔むかし、中国に「クーン・セ」という裕福な家に一人娘がいました。

彼女は、父の秘書である「チャン」と恋に落ちました。

しかし、そのことを知った父は激怒し、娘を屋敷内に閉じ込めてしまいました。


彼女は悪徳高官である父により、無理矢理に軍人の「ター・ジン」という男と結婚させられることになってしまいました。


彼女の婚礼の日、婚礼の席に潜り込んだチャン。


チャンはクーン・セを連れて逃走。


しかし、大軍を連れたター・ジンにチャンは敗れてしまいます。


それを悲しんだクーン・セも自ら命を絶ち、後を追いました。


現世では結ばれなかった二人は、二羽の鳥に姿を変え、一緒に空を舞い続けるのでした。





P6070157_convert_20180627091711.jpg




どっひゃ~!まさか、普段使っている食器のデザインにそんなストーリーがあったとは・・・。




他にも、いろんなバージョンがあって、身分の違う男女が駆け落ちして船に乗り、嵐に遭って溺れ死んでしま うが、不死の鳥になって永遠に空を舞う・・・という説。


そして、身分の低い男が、政略結婚させられそうになる花嫁と駆け落ちして小島で幸せに暮らしていたが、花婿の軍に攻められ、家に火を放って自ら死を選び、二羽の小鳥となって永遠に飛び続けるという話などなど・・・。



う~ん・・・。


おめでたいお話ならまだしも、悲恋って・・・。


まさか、皿の上にこんなストーリーが?!



しかも、なんとこのお話は中国で生まれた話がイギリスに伝わったのではなく、ミントンが発案したもの。



あの~・・・



もっと食欲が増すような、おめでたい話にしてくれれば良かったのに!





このウィロー・パターンですが、「大草原の小さな家の小さな家」にも登場するそうです。

十七世紀ごろイギリスに持ち込まれた青い磁器はヨーロッパで大流行して、十八世紀になってアメリカにも広がったようです。




大草原の小さな家のローラは、ブルー・ウィローのパターンが好きで、紅茶のセットやお皿など、いろんな食器を取り揃えて、お客様をもてなしていました。


ローラは亡くなる時、すべてをローズに遺し、「できたらあなたに使って欲しい」と遺言したそうです。

それぐらい、ブルー・ウィローのセットがお気に入りだったのですね。


ちなみに「赤毛のアンシリーズ」でもブルー・ウィローが登場するシーンがあるようです。




日本の食器に描かれている文様にもいろんな意味がありますが、時にはじっくりと描かれている絵や模様などに想いを馳せても良いかもしれませんね!(^^)!







電気屋さんでこんな機械を見つけました。





P5300023_convert_20180627001349.jpg

「ポケトーク」


翻訳機を超えた、夢の「通訳」機


POCKETALK™ は、互いに相手の言葉を話せなくても、まるで通訳がいるように対話ができる音声翻訳機です。
超小型ながら、英語はもちろん、中国語、韓国語 ロシア語、フランス語、タイ語、ベトナム語など、
63の言語で双方向のコミュニケーションができます。
(商品説明より)



ポケトーク




P5300027_convert_20180627001420.jpg






P5300029_convert_20180627001447.jpg



もうすでに、有名チェーン店の喫茶店やアパレルメーカーなどで、外国人客にも対応できるよう、接客に取り入れられているそうです。



滑舌の悪い人での声でもちゃんと通訳してくれるんですかね~









最近、FMやらお店のBGMでよくかかっている曲です。







初めて聞いたとき「カモンベイビー アメリカ・・・・って・・・何これ、ダッサ~!80年代のアニメの曲とか?」って思ったのですが・・・。



ブックオフでおばちゃん二人が「そうそう、この曲流行っているんだってね」と話してました。




ホントかよ~、おばちゃん!






YouTubeで検索したら、まさかのDA PUMP(ダ・パンプ)


まだ活動してたんだ・・・(メンバーはISSAしか残ってないけど)





しっかし、めっちゃキレッキレのダンスにドヤ顔



これって・・・真面目に受けとめる曲じゃなくて、ダサい曲をかっこよく歌って踊る遊び・・・なの?





この曲が流れるたびにイラつくけど、ついつい動画をまた見てしまうのはナゼ?







スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
フリーエリア