fc2ブログ
2018-08-24

「その時」の覚悟

最近読んだ記事で、心に残るエピソードがありました。




もし、アナタが「あなたの余命は一年です」って、信頼している主治医に告げられたらどうします??



もちろん、戸惑い、恐怖に怯え、嘆き悲しむでしょう。



しかし、それを苦しみながらも受け入れるとすると「できるだけ、残された家族に迷惑をかけたくない!生きているうちに、自分でできることの整理はしておかなければ!」と思うのではないでしょうか?



なにせ、残された時間は限られているのです。



そこで、気になるのがこの記事です。







余命宣告トラブル 医師から「1年」、それから5年…仕事や財産手放し困惑

 「余命1年もないと医師に宣告されながら、5年たっても生きています」。難治性血液がんの成人T細胞白血病(ATL)と診断された男性から、特命取材班に悲痛な声が届いた。


男性は死を受け入れ、仕事や財産などの整理も済ませたという。「何も手元に残していない。どう生きていけば…」。そもそも余命宣告とは-。





この方は「医師から『次の誕生日は120パーセント迎えられない』と説明を受けた」ので、取引先にあいさつして回り、経営する設計企画事務所を閉じ、財産は売却。子どもに譲ったりしたほか、親族には別れの手紙を書いた。ホスピスにも一時入所したそうです。


しかし、診断から5年。体に痛みがあり通院しているものの、「死」が訪れる気配は感じておらず、抗がん剤治療の影響で歩行が難しくなり、車の運転もできなくなった。


生きていることは喜ばしいことだが「もしや、誤診だったのでは?と納得できない想いも・・・。



※この方によると、双方の代理人弁護士がやりとりした書面の中で病院側は「次の誕生日は120パーセント迎えられない」との発言を否定。「診断に誤りはなく、治療が奏功して症状が改善した」などと説明しているという。病院側は本紙取材に「コメントを控えさせてもらう」とした。

=2018/07/29付 西日本新聞朝刊より=






う~む、あり得る話ではないですか?


信頼していた医者から「次の誕生日を迎えられる可能性は120%ない」 なんて、言われたら悲しんでいる間もなく「今のうちに!」と、すっきりと身の回りのことを整理する行動もわかります。





もし、自分だったら・・・と思うと、それこそ年会費のかかるクレジットカードなどを解約したり、貯金を全部おろしたり、ブログも閉鎖するかもしれません。


デジタル遺品とも言われますが、本人しかわからないサービスを停止し、解約したり・・・などの手間も時間もいります。

それを告げられた「期限」までに、整理して家族に迷惑をかけたくない!という想いを抱いたとしても、責める気になるどころか、むしろ感謝したい気持ちにもなるでしょう・・・。


この男性は、仕事や財産などの整理も済ませたので、余計に「なぜ?」という想いがつのるのもわかります。





P7290001_convert_20180824153346.jpg




しかし、医者も人間だし「絶対」はないし、それを責めるわけにもいきません。


余命よりも生かされていることに感謝するべき、とう意見もあるでしょうし、覚悟を決めた本人と家族の考えの違いもあるでしょう。


しかし、なんだか「こういう事はあり得るかも」と、思う事だけに衝撃を受けました。



う~ん、でも「自分だったら」、ある意味「受け入れる覚悟」ができるかもしれないけど、それが家族とか身近な人だったら・・・と、思うと受け取り方も違う気がします。





P7130169_convert_20160731180853.jpg








あきらめない 無理はしない がんを受け入れる「余命宣告」より長生きする人の生活習慣




医師の近藤誠さんのこういう本も出てますね


「余命3カ月のウソ」


内容紹介

「進行性胃がんで、余命3カ月です。今すぐ手術を」
医者にこう言われたら、あなたなら、どうしますか?

本書を読めば、余命宣告のカラクリと、がん治療の真実がわかること間違いなし!
医者のすすめる「がん治療」で、あなたの余命が削られないように、
話題沸騰の近藤誠医師が余命宣告のウソにメスを入れた1冊です。

【目次】
第1章 偽りだらけの余命宣告
第2章 余命とはなにか
第3章 がんとはなにか
第4章 余命を縮める抗がん剤の正体
第5章 予防医学が余命を削る!
第6章 限られた余命を、どう生きるか
Q&A 余命のギモン ケーススタディ

内容(「BOOK」データベースより)

歩いて通院できるほど体力のある人間が、ある日突然「余命3カ月」と診断され、手術や抗がん剤治療の挙句、本当にあっけなく死んでしまう―このような悲劇を身の周りでも見聞きされていないだろうか。実は、余命宣告の多くはいいかげんである。治療が命綱の医者にとって、余命は短く言うほど「うまみ」が増すのだ。余命を告知される病気としては、圧倒的に「がん」が多い。がんの本質に迫り、余命宣告のウソを暴くことで、患者本位の治療を提言する。

(Amazonより)
スポンサーサイト



theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
フリーエリア