fc2ブログ
2018-11-14

もふもふ睡眠

寒くなって来ましたが、皆さんはぐっすりと眠れています?



私は先週から禁酒しているのですが、眠りにつくのが早くなり、なおかつ途中で目覚めなくなりましたね~


よく「寝酒は眠りが浅くなる」と言われますが、確かに飲まずに寝ると自分でも「質のよい睡眠」を取れた実感があります。




今のところ、睡眠不足は感じていませんが、こんな記事を読みました。




●「30分の寝不足」が脳をダメにする科学的理由




『最高の体調』の著者・鈴木祐氏によると、「たった30分の寝不足の蓄積が脳に大きな影響を与えることもある」のだとか。


たとえば、1日30分ずつの寝不足を「借金」とした場合・・・。

最初のうちは借入額が少ないので気が楽ですが、放っておくうちに返済できなくなり、やがて家計が破綻。心疾患やうつ病などの重大な症状を引き起こすことがあります。


これが、最近よく聞く「睡眠負債」ですね

.

このような現象が起きるのは、睡眠に日中のダメージによる「炎症」を回復させる働きがあるからで、睡眠は体内の「炎症」を回復させる働きがあるそうです。



長期にわたって睡眠負債が続くと、脳と体が受けたダメージを修復する時間はなくなります。

そうなると、処理されずに残った疲労やストレスは少しずつ体を破壊し、最終的には手のつけられないほど重篤な炎症状態にまで陥ってしまうことに・・・。.



では、「良質な睡眠」とは?


スタンフォード大学が行った系統的レビューによると・・・




専門家の意見が一致した「良質な睡眠」のサインは次のようなものです。


・眠りに落ちるまでの時間が30分以内

・夜中に起きるのは1回まで

・夜中に目が覚めた場合は20分以内に再び眠ることができる

・総睡眠時間の85%以上を寝床で使っている(昼寝や通勤電車内での居眠りなどの合計が15%を超えない)



この4つをすべて満たすことが「良い睡眠」の最低条件で、ひとつでも当てはまらないポイントがあれば、睡眠負債の可能性は高くなるとか。



現代人に適した睡眠時間は7~9時間のあいだで、これより少なすぎても多すぎても体には大きなダメージが出るようです。

(Yahoo!ニュース「30分の寝不足」が脳をダメにする科学的理由 10/13(土) 20:15配信 より抜粋)





個人的には良い眠りに入るには、適した室温・湿度が必要だと思います。



ウチでは、敷毛布・掛け布団は「もふもふ系」で、レンジでチンできる湯たんぽを仕込んでいます。


じんわりとした温かさはすっと眠りに引き込んでくれます





PA140007_convert_20161104175620.jpg

ハーブティを飲まずとも眠れるように・・・








NHKの「みんなのうた」で聞いた曲。

不思議すぎていまだに頭の中に残っています
スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
フリーエリア