FC2ブログ
2019-06-25

今年もなんや、かんやで「紫陽花のお守り」






6月に入る頃から気になることがあります。



「今年は紫陽花をどうやって手に入れよう?」




古くからのブロ友さんは覚えておられるかもしれませんが、毎年6月に紫陽花のお守りを作っています↓

紫陽花のお守り


梅雨の邪気を祓うアジサイのお守り





こういうのは「信じる者はなんとやら」で、絶対に大丈夫!というのではなく、まぁ、心の平安を保つ【おまじない】みたいなものでしょうか。




6月の6のつく日に(6日・16日・26)紫陽花の花を切って、ドライフラワーにしたものをトイレに飾っておくと、女性は下の病気にならないとか、下の世話で迷惑かけない・・・などという言い伝えがあるそうです。





実家では毎年続けており、若い頃の私は玄関やトイレに紫陽花のドライフラワーのお守りが吊るされていても「ふ~ん・・・」という感じでしたが、気になるお年頃になったこともあり(?)母に習って自分でも作るようになりました。






P5290010_convert_20190625175037.jpg



ホントは6月の6のつく日の午前中に吊るした方が良いそうですが、そんなことを言われても紫陽花の手に入る期間は限られているし、焦るので「良い紫陽花の入ったときに作って吊るすのが吉日」と自分に言い聞かせています。





庭に紫陽花を植えていていつでも取れる方はいいけど、紫陽花の切り花ってなかなか売ってないんですよね~



紫陽花は切り花にしてしまうと日持ちしないので、花屋さんではあまり扱わないそうです。





それでも、毎年、6月中になんとか切り花を手に入れていたのですが、今年はもうやめました。


切り花で買うのを・・・。




P5290008_convert_20190625175003.jpg

鉢植えが安くなっていたので、鉢植えで買いました。





婦人科系のこともちゃんと検診にも行って「異常なし」のお言葉を頂いて「ま、今年からはもういっか~」と思うのですが、やはりこういうのって「でも、今年から止めて来年何かあったら?」とか思うものですねぇ・・・



結局、止め時もわからぬまま、続けています・・・。




皆さんにもありますか?



止め時のわからない事やモノ、行事、習慣など・・・。










P6020007_convert_20190625175953.jpg











P6020011_convert_20190625180028.jpg






ヘンな形の「えんぴつ削り」。






P1290054_convert_20160212175639.jpg


アイブロウ(眉墨)が鉛筆型なので、鉛筆削りは幾つか持ってます。






アイブロウの芯って、柔らかいからすぐ折れるんですよね~




芯が詰まって削れなくなった鉛筆削り、めっちゃ多いです




スポンサーサイト



theme : **暮らしを楽しむ**
genre : ライフ

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
フリーエリア