FC2ブログ
2019-07-14

ラーダ・ダンナの夏休み③ ミキモト真珠島

さてさて、皆さんの予想は当たりましたか?



ホテルの送迎バスでまずは、伊勢湾フェリー乗り場に向かいます。




そこで、いったん重い荷物をコインロッカーに入れて目的地へ移動します。





P6120073_convert_20190713173812.jpg

鳥羽城跡?





P6120072_convert_20190713173623.jpg

鳥羽水族館にしかいないっていう、人魚のモデルとなったマナティがいるけど、今回はスマン。






P6120075_convert_20190713173539.jpg

やっぱり、ここですよ~


ミキモト真珠島。

ミキモト真珠島は明治26年(1893年)に御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島です。




P6120076_convert_20190713173939.jpg

宇宙トンネルか?!





P6120077_convert_20190713174038.jpg

土曜日の午前中なのに、お客さんがいません・・・。





P6120078_convert_20190713174202.jpg

昔ながらの白い磯着を着た海女さんにお出迎えされました。




P6120079_convert_20190713174721.jpg

海女さんの実演があと10分くらいで始まるので、急ぎましょう





P6120080_convert_20190713174847.jpg

あのイカダのようなところの下に養殖用の貝をぶら下げてあるんでしょうかね~


P6120081_convert_20190713175118.jpg






P6120085_convert_20190713175637.jpg

舟で海女さん登場




P6120087_convert_20190713175251.jpg

海女さんは2人で、船頭さんが一人。舟の中にはストーブがあるそうです。そりゃ、寒いわな





P6120099_convert_20190713175935.jpg

この日は小雨で肌寒く、水温は22℃だとか。

こんなに寒いのに、ウェットスーツを着るのは12月になってから。

伝統的な磯着を着て作業の実演を見せるのは、今やこのミキモト真珠島だけだそうです。



P6120100_convert_20190713175538.jpg

黙々と潜っては水面に上がってくる、海女さんたち。


一緒に見ていた修学旅行らしき高校生たちはいったい、何を思ったんでしょうかね~・・・・




P6130102_convert_20190713180012.jpg

御木本幸吉像

もともとは、鳥羽のうどん店の息子だったとか。


でも、勉強熱心で、時代の先を見つめる鋭い勘とセンスがあったようです。



ミキモト・ヒストリー


エジソンをうならせた日本人 御木本幸吉





P6130103_convert_20190713180104.jpg

天然石やパールなどを使ってアクセサリーを制作するにあたり、真珠の種類や養殖方法やらには興味があり、自分なりには調べていました。

ミキモト真珠島




P6130104_convert_20190713180424.jpg


海女さんの実演ショーを見た後に、パール・プラザでミキモトのジュエリーや真珠島だけのオリジナルジュエリーを扱うショップでいろんな種類のパールを見ました。



300px-Various_pearls.jpg
(Wikipediaより)


ダンナはよく知っている丸い真珠の他にいびつな丸の淡水パール、個性的な形のバロックパールに、米粒のような小さなケシパール、白・グレー・グレーがかった緑や黄色・薄色ピンクの真珠があることを知り、「真珠ができる仕組み」はとても興味深いものだったようです。




さて、今回のお楽しみは、ずばり、記念の真珠を買うこと!


別に狙ったわけではないのですが、来年で結婚20周年になります。




せっかくなので、ミキモト製品のコーナーを見ましたが、とてもじゃないけど、手が出ません・・・。

出たところで、あまりにも洗練されすぎてわたしの好みには・・・ねぇ・・・(強がり?)





P6170003_convert_20190713003823.jpg


でも、真珠島だけのオリジナル製品を売っているコーナーで、淡水パールのネックレスを見てすぐに気に入りました。


真珠の色が白と薄いピンクと濃い紫っぽいものがあり、どれにするか悩み、その場で決められないのでいったん場を離れ、ミキモトの真珠博物館や美術工芸品などを見て気持ちを鎮めました・・・。




そして、選んだのがこれ↓

P6200004_convert_20190713172800.jpg



淡水パールのネックレスとブローチです。


P6170007_convert_20190713003550.jpg

2つ買っても一万円しない価格ですが、個人的にはとても気に入りました。






P6170004_convert_20190713003322.jpg


ネックレスはデザインだけ参考にして自分で安い淡水パールで作ったろか!とも思ったのですが・・・。


う~む、でも、なかなかこのデザインを再現するのは難しいし、ここまで思い入れが深くないかもな~・・・なんて。


素材が純銀でないせいか(錆びにくいメッキだそうです)、想像していたよりもお手頃で記念の品が手に入って嬉しかったです。






ミキモト真珠島の近くには何軒もの真珠を扱ったお店があります。


ここでは、お手頃価格のものから、オリジナリティのある特別な製品があるようです。


しっかし、どこも外から見ると似たような感じだし、他にもお客さんがいないので、入ったらガッツリ店員さんにつかまりそうな雰囲気・・・。



でもな~

やっぱりな~

自分でも何か、手頃なモノを買いたいしな~



結局、3軒入って最後の店で気に入ったモノが買えました💛




P6170013_convert_20190713190845.jpg

東京の問屋街で買うよりもお安い、淡水パールのネックレス。

独身時代に買った淡水パールのブレスレットよりもお安いなんて・・・。




P6170015_convert_20190713190918.jpg

母とお揃いで買いました(待っててね~) !(^^)!




P6170018_convert_20190713190948.jpg

本真珠つきの耳かき・・・。

もったいなくて、耳かきとしては使えないので「かんざし」にしようかな~




さて。



またもや、時間がないです。




P6120088_convert_20190713180702.jpg

急がないとフェリーが出てしまいます。




ラーダ・ダンナ。


伊勢湾を渡ります。



つづく










「ダイヤモンド」とか「サファイア」のピアスじゃないってところが、さすが、ユーミン・・・





スポンサーサイト



theme : ちょっとおでかけ
genre : 旅行

プロフィール

Radha Doona

Author:Radha Doona
2001年から旦那の仕事でイラン(テヘラン)へ赴任。その後、タイ(バンコク)へ異動になり、4年3ヵ月を過ごす。
2006年・8月、帰国。
趣味は音楽鑑賞(ワールドミュージック・クラシック・J-popなど)・読書・旅行・アクセサリー制作(アジアン・エスニック系)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
フリーエリア